NSP★たんぽぽ おしゃべりBBS
アクセスカウンター アクセスカウンター

| トップに戻る | 検索 | アルバム | 管理用 |

◼️たんぽぽトップページ ◼️NSPの部屋 ◼️NSP248曲やられたフレーズ ◼️天野くんの書き込み ◼️ラジオに耳を傾けて ◼️中村貴之オフィシャル ◼️創作集・インクのかおり ◼️ネコの履歴書 ◼️たんぽぽネットショッピングもどき ◼️たんぽぽな旅
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
編集キー ( 記事を編集・削除する際に使用 )
文字色

◆◆NSPをこよなく愛す仲間たちの掲示板。恒例たんぽぽ旅(OFF会)は青い池~富士の樹海~軍艦島まで旅しています◆◆
黄昏に背を向けて PSN 投稿日: 2023年05月21日 19:15:20 No.330

ちょっと遅れましたが、天野さん、70歳おめでとうございます!

・・・・・・

100万枚突入の5万枚はカラーレコードだと聞いて、発売日に買った記憶があります。
しばらく後に買った友達のレコードは黒かった。

「いつだって衝撃をもたらす奴は静かで素朴だった…」

このコピーは誰が考えたんだろう。秀逸ですね。
掛け軸にしたい。

ただでさえ新しいレコードに針を降ろすのは、どきどきするものですが、
キラキラ輝くオレンジ色、中央には3人の写真。

なんか世紀の一瞬に立ち会うみたいな心境でした。

あれから45年以上経つけど、あんなに胸がときめいたことって他にあったかなぁ。
昨日のことのように覚えています。

もったいなくてあまり針を落としてない。録音してもっぱらカセットで聞いてました。
(スピーカーの前にラジカセを置いて録音した)

やられたフレーズについては後で述べます(^_-)




NSPの残り香をかぐ たまごごはん 投稿日: 2023年05月16日 21:15:49 No.329

◼️ぱんださん&No.SPスタッフさん
お知らせお誘いありがとうございます。
50周年~半世紀、もう歴史ですね。
良かったらみなさんもLINEの友だち追加して、応援しましょう。

ジョージさんの『僕のNSP日記~其の10』まで読ませていただきました。
自身と重ね合わせ、どっぷりとノスタルジックに浸ることができました。

ジョージ少年が始めてNSPの曲にふれた 部活帰りの町中華店、
きっとあんかけソバにがっついていたんだろうな(妄想中)
キクラゲやタケノコ、さやいんげんの緑
エビのピンク、イカの白(具材紹介…以下割愛)
丼のふちから溢れださんばかりによそわれたあんは、一般客より多めだ。
店主からの未来ある若者へ『でっかくなれよ』の心を込めたサービスだ。
この少年がのちの高橋ジョージである。てへ♪

>小春日和の中、人⭕️しも出来るんだ
新青春の歌詞すっかり忘れていた。
令和5年に聴いても色褪せない。天才だね。

◼️まあ⭐️さん&きょん2
円山天使さんと池田森さんのLIVEの延期
残念だけど、健康が一番ですよね。
快復されますように。

お二人会えて良かったですね!
ホントに会える時に会っておかないと
今度、またの機会に、いつか又、が通用しない年齢にワシらも入ってきましたからね。
気力と体力、そして楽しめる力があるうちに、またたんぽぽ旅を再開しましょう。

◼️ぱんださんもお孫さんの子守りの合間にご都合つけて、是非ともご参加ください♪

◼️面さんのGWの過ごし方、半農半漁を読んで
面さんの顔がハンギョドンと重なったw




NSPデビュー50周年イベントのお知らせ No.SPスタッフ 投稿日: 2023年05月15日 13:40:04 No.328 【Home】

皆さん、初めまして。

NSPデビュー50周年記念コラボ<NSP平賀和人&the虎舞竜高橋ジョージ>期間限定ユニットNo.SPを結成致しました。是非応援をよろしくお願い致します。詳しい情報を知りたい方は公式LINEを友だち追加にしてフォローして頂くと優先で情報をお送りします。No.SP公式LINEを友だち追加をよろしくお願いします。↓




本当に… きょん2 投稿日: 2023年05月14日 22:58:48 No.327

私も6月のLIVE@ラヂヲデイズを申し込み、どんなお話が聞けるのかすごく楽しみにしていました。
残念です。
池田さんのご快復を、ただただ祈ってます。

まあ☆さん、この前は来てくれてありがとう!
結構な珍道中だったよね(笑)
「たんぽぽ旅@軍艦島以来だね~」と話し、あれから間もなく5年が経とうとしていることに驚きました。
ホント、今年はみんなと会いたい♪♪

ところで、きのうは合唱団の定期演奏会でした。
前に入ってたところをコロナで休団→実家通いが忙しくなり退団。
去年の夏に改めて通いやすい合唱団を探して、心機一転を図りました。
幸い、明るくて親しみやすい指導者・お仲間に恵まれ、きのうは良い演奏会になった~~!
(コロナ禍も悪いことばかりではなかったかも)
3部構成で、第2部では中島みゆきの「時代」「地上の星」「糸」「宙船」「誕生」を歌いましたよ!
胸に沁みるフレーズがたくさんあったなぁ。。


健康が一番 まあ☆ 投稿日: 2023年05月13日 00:55:15 No.326

昨日残念なお知らせが入ってきました。
円山天使さんと池田森さんのライブが延期になってしまったのです。
理由は池田さんの病気(くも膜下出血)との事でしばらく治療に専念されるそうです。中村月間の素敵な企画だったのに、神様は本当に意地悪ですね。
とにかく回復を祈るのみです。

災害だったり、事故だったり、病気だったり、いつ何が起きるかわからない。
明日、来年、今日と同じように生活出来るかどうかもわからない。
やりたいことは先延ばしに出来ないなぁ~と思うこの頃です。

ところで先月の話になってしまいましたが、東京で久しぶりにきょん2ちゃんと会えました🎵
3年前の計画がコロナで延期になってようやくの実現でした。
お互いに元気で会えて良かった~と思ったら人間欲が出てくるもので。
またみんな一緒に会えたらいいなと思ってしまうのです。
なので皆さんくれぐれも健康第一でね。(そろそろ夜更かしやめなければ★)


ご無沙汰してます(。-人-。) ぱんだ 投稿日: 2023年05月09日 12:02:53 No.325

なんだかんだで忙しく「たんぽぽ畑」になかなかお邪魔出来ませんが、取り敢えず私は元気です゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
BBA業務は忙しくも楽しいのですが…心身ともにBBA化が加速して…めっきり老け込みました(/。\)
恒例のたんぽぽ旅が復活したら参加したいな♪
でも、お久し振りで老化しまくりで誰にも判って貰えなかったら、どーしよう?(・_・;?
アンチエイジング、若返り、頑張るんばp(^-^)q

と、どーでもよい話はこのくらいにして(^。^;)

Twitter徘徊してて見付けた!!( ; ロ)゚ ゚
新ユニットの公式アカウント(認証マーク付いてないから本物か?どうか?謎だけど)
とりま、こんなの有ったよ!
の御報告まで\(^_^)(^_^)/




【黄昏に背を向けて】に思う 投稿日: 2023年05月07日 23:31:08 No.324

さいとうさん、トップバッターでありがとう! 一曲目の『あの夜と同じように』について。
>どこか僕的には「歌謡曲チック」な感じがして、当時洋楽に傾倒しつつあった僕には、何か、緊張感を失ったダサイ音楽に感じられて、刺激を求めるティーンエイジには、物足りなかったのだ
笑いました。さいとうさんの、こういう思ったこと率直に言う書きこみが好きだ(がはっ)


NSP 9枚目のアルバム【黄昏に背を向けて】(1977年11月)。 ←わし、高1
総アルバム売り上げ100万枚を記念して、イエロー盤をプレスしたという話だっけ。

この間、神戸に釣りに行く車で、久しぶりに聴いてみました。帰って『全曲集』の歌詞を眺め、あれこれ思う。
このアルバム、悲しい曲が多い。別れの歌や、別れた後に昔を思い返した歌。つき合っていても、距離を感じさせる曲など。

アルバムのタイトル、「黄昏に背を向けて」って何でしょう。と、ふと思う

アルバムB面1曲目、中ちゃんが歌った『五月雨』(天野さん作詞作曲)に次のような一節があります。
♪人は黄昏 年老いて 遠い想いに背を向けて 歩き疲れ泣き尽くす

どういう意味? 「黄昏」と「背を向けて」のフレーズが出てくるけれど、意味は分かりにくい。


「黄昏に背を向けて」と言うと。
勝手に思いつくのは、「黄昏」=『夕暮れ時はさびしそう』や『黄昏に語りて』であって。
夕暮れ時を好きな女性と一緒に過ごす時間なんですね。
それこそ♪「肩を並べていたいよ」とか、♪「小さな灯りを頼るように僕の背中にすがりつけばいい」と歌われた、二人の時間。

だから、「黄昏に背を向けて」と言われると。そんな夕暮れに溶け込んだ二人の関係(過去)に背を向けて、と感じてしまう。

また、妄想爆裂してしまいました。ま、自由に自分の思いを書けるところなので許してね。
でも、このアルバム、全体にそういう悲しいイメージの曲が多いやん。。 ←しつこい?


さいとうさんの↓とも、ややかぶるけど。自分も洋楽に傾倒しつつあったので、アップテンポなギターがかっこいい曲には惹かれた。
思い返すと、アルバムB面の『踊るダンスは君ひとり』や『夕凪ぎの池』はよく聴いたなあ。

・『踊るダンスは君ひとり』 いま聴くと恥ずかしい。ダンスって、当時のディスコ?
https://www.youtube.com/watch?v=mO1TVyYnM24
♪みんなの視線 君にそそがれ 心配してる僕さ
う~ん、わかるなあ。

・『夕凪ぎの池』 以前、愛を誓い合った「夕凪ぎの池」に、いま再び来てみて。
変わらない「せみしぐれ」や「松の枝」に、当時のことを昨日のように思いだす。名曲です
♪遠い遠い記憶を たどってみるたび まるで昨日来たような気がする風景
https://www.youtube.com/watch?v=Rm6-G_oZMkU

個別の曲は、また時間を見つけて書きます。皆さんもよろしくね。




GWも終わり 投稿日: 2023年05月07日 23:29:50 No.323

ご無沙汰です。GW、コロナ禍の規制も解けて、観光地は人でいっぱいだったとか。
皆さんも、あちこち旅行に行ったんかな。

自分は家に居て、裏庭の畑を耕したり釣りに行ったり。久しぶりにゆっくり過ごしました。
去年、ここにナス科を植えたから、今年ここは葉物やなとか。
なんとか釣れたチヌを、ガスバーナーで炙って食べたり。半農半漁の生活をしてました。


思えばGWって何?と振り返ると。何十年と、大阪の実家に子どもたちを連れて帰省していたわけで。
親父やおふくろが亡くなってからは、どこか気の抜けたような期間になってしまった。
時間の経過を感じてしまうな。


としこさんやごはんさんが貼ってくれた桜の写真、めちゃきれいやね。
うん、そして日本列島が長いことを あらためて実感しました。

コロナ規制も外れて、ようやくみんなで会える条件が整ってきた。
今年は4年ぶり?「たんぽぽ旅」のチャンスですね。コロナ前は小豆島に行こうと言ってたっけ。
ぽぽんず、皆さん また話していきましょう。


能登半島での地震、震域は北陸全般に広がっていた様子。ここには新潟の人も多いけど、大丈夫ですか。





NSPタンポポの皆さんへ、今日は5/6日りっか立夏でがす! 歳時記 立夏 天野滋シーズンズセレクションを聴いていますか?ー今日の一関市の岩手日日新聞よりー天野滋さんが大好きな青葉町の有名な
直利あんのソバ(うどんみたいに太い)とソバつゆ(血管中のコレステロールをとりのぞく?レチン??)一関市民にいまも大人気です!一関市上空の天野さんにいちばん近い、祝、栗駒山の令和5年の山開き!5月21日(日)9=00より
須川ビジター前、安全祈願祭
終了後、名残が原トレッキングツアーとガイド付き山頂登山を予定。(参加料無料)所要時間=トレッキング約1時間、山頂登山約5時間 お問い合わせ先(一社)一関市観光協会
PSいつか 一関市上空の天野さんにいちばん近い栗駒山の須川温泉にてNSPタンポポの旅行会があるといいですね、NSP聖地一関市の巡礼記念。いつかきっと!ここ数年のレディースのトレッキングブームにはびっくりします、栗駒山は気軽るに
登れるルートですので、NSPタンポポの皆さん、須川山頂にて、一関市上空にて、世界一近い!天野さんに向かってNSP Cryを大声でどうぞ??須川温泉付近一帯にて、時期はずれの桜🌸が咲いています。天国の天野さんが咲かせているので(笑い)GWの天野滋さんからのプレゼント! 5/8日には岩手県北にて、季節はずれの雪が降りました。えー(゚Д゚)。




5月5日 りぷる 投稿日: 2023年05月05日 09:51:32 No.321

毎年恒例、我が家は柏餅ではなく、おはぎです✌️

風ちゃん、ジョージさんの本、とっても読みやすくて面白いよ😆





天野滋さんの誕生日の5/5磐井川堤防の田舎の青葉町側にて、お祭りがありますので、一関市に、来てね!NSPメモリアルスポットの向い側にて、No.316を見てねー磐井川マーケットですよ!祝!天野滋さんの誕生日は、子どもの日でもありますので、それで。NSPタンポポの皆さんもぜひともお越しください。天野滋さんの70歳時記念日 ハッピー バースデイ 天まで届け! 見あげれば 雲か!70個の風船🎈NSPタンポポの皆さんと一緒に、飛ばしたいなあ!天まで届け!一ノ関の上空の天野さんまで、この思いを届け!天野滋さんにやられたNSP大ファンのタンポポより!



皆さんのやられたシリーズ楽しみにしてます。 としこ 投稿日: 2023年05月03日 16:01:17 No.319

風信子さん
お願いしたやられたシリーズありがとうございました。
うなずきながら、何度も読み返していたのですが、文才無く気の聞いたお返事が出来ないので、取り敢えずお礼だけですみません🙇‍♀️

YSPが歌い継いでくれる事はとても嬉しい、けど、若い声で、アレンジも違うので、私は、毎日、天野さんのCDの歌声で満足してます😊

その点では、ベンチお披露目会の磐井川で聞いたさいとうさんの歌声は、天野さんを彷彿とさせる歌声で😍
色々イベントに出られてるようですが、さすがに遠すぎて、行かれませんが😅


今日は八十八夜ですね 風信子 投稿日: 2023年05月03日 00:09:26 No.318

♪引き出しの中から あの人の写真 みんな捨ててしまったはずなのに♪

と、思わず歌いたくなる八十八夜。
地元の茶畑で早乙女が茶摘みをしたというテレビのニュースに、
そうか~八十八夜なんだなぁとしみじみ思う5月2日でした。
「八十八夜の別れ霜」という言葉があるせいか、
八十八夜には、好きな人と別れる歌が多いように感じます。(気のせい?)
岸田敏志さんの『八十八夜』聴いたことがある人いるかな?
岸田さんの愁いを帯びた声で切ない別れを歌ったこの曲も私は大好きです。

☆としこさん
>YSPのゆりえさんと平賀さんのライブ、見に行ったけど、若すぎて、、、、何か自分的に違うかなって、涙。

わかります。YSPはあくまでYSP。NSPとは別物ですものね。
いろんな人がNSPを歌い継いでくれるのはいいことだけど、
NSPが好きだからといってすべてを受け入れられるものではないですよね。
ジョージさんのライブ、行けるといいですね。

☆まあ☆さん
>先日話題に出てた円山天使さんと池田森さんのライブ「詠い人の道」。東京と東北だけで残念に思ってたんですが、追加公演が決まり、今日無事に大阪のチケットを予約しました♪

いいな、いいな~♪
私も円山さんたちのライブ、気になってて…
こっちのほうにもぜひ来ていただきたいです。
中ちゃんのお話、たっぷり聴けるといいですね。

☆りぷるちゃん
>ジョージさんの「東北ロックンロール物語」にNSPの名前がちらほら出てくるよね。

ジョージさんがNSPのファンだったことはよく知ってたけど、
この本のことは知りませんでした。
タイトルからして、ジョージさんのやんちゃだった青春時代が伺えます。
いつか私も読んでみますね。

☆エマひろこさん
今日、私も50周年企画「N.S.P スーパーヒットセレクション20」ゲットしました。(生協で♪)
若かりし頃の3人の写真がどれも可愛いですよね。
まだ、曲は聴いてないのですが、平賀さんの解説を全部読みました。
知らなかったエピソードもたくさんあって、読み応えありましたよ~
あの曲が出たころ、私は〇〇歳で、あんなことしてたな~とか、
しばし、思い出に耽ったりして…(回想法にいいかも)
50周年という時の長さに驚いてしまいます。
そして、それだけの時間ずっとNSPを好きだった自分自身にも…

☆さいとうさん
>天野クンの歌詞は、実体験をもとにしたものも多々あるとは思うけど、僕的には言葉ありきだったり、ストーリーだったり、語呂にこだわった創作が多いと思うのだが、みなさんはどうですか?

同感です。特に語呂にこだわった創作が多いというのは私も感じていました。
谷川俊太郎さんとかのように、優れた詩人は、韻を踏んだり、言葉遊びをよくされますよね。
語呂にこだわるというのも、一種の言葉遊び。
天野くんの詩にはキラリと光る文学性の高さを感じる。それも大きな魅力です。

「黄昏に背を向けて」のつづきのやられた、お待ちしていますね♪

☆一関のあまのじゃくさん
>5/5は天野滋さんの誕生日に何かしらイベント開催は?ありますでしょうか?お知らせください。よろしくお願いいたします。

残念ながらたんぽぽ主催のイベントは何も予定していません。
それぞれがそれぞれの方法で天野くんのお誕生日を祝っているはずです(たぶん)
昔、何かで、天野くんがおばあちゃんにおはぎを作ってもらったという思い出話を読んで、
5月5日におはぎ(春だからぼたもちか?)を作ってひとりお祝いしたことがあったっけ。
今年もあちこちで密かに天野くんのお誕生日を祝う人々がいることでしょう。
NSPを歌う会とかもきっとどこかで開かれることでしょうね。
情報に疎くてすみません。なにか情報をお持ちの方は教えてくださいね。


亀レスしてたら、日付が変わっちゃった。
八十九夜になってしまいました…トホホ。


投稿画像に関して ぽぽんず管理人 投稿日: 2023年05月02日 11:57:38 No.317

いつもカキコミ&閲覧いただきありがとうございます。

◼️個人宅の画像
◼️本人からの承諾を得ていない顔出し画像
上記画像は削除といたします。

了解なく自宅がネットにUpされていたら、とご自身に置き換えてお考えいただけたらとおもいます。
よろしくお願いいたします。


昭和の茶の間のフリー素材をみつけました。
懐かしのコケシ、熊の置き物等々に癒されてください





今日の岩手日々新聞に5/5日に磐井川マーケット開催、NSPメモリアルスポット向かい側、磐井川の田舎の堤防。
山目側青葉町にて磐井川マーケット開催




久々のやられたフレーズです 風信子 投稿日: 2023年04月26日 23:02:25 No.315

としこさんに「お待ちしてます」と言っていただいたのに力を得て、
やられたフレーズ、いっきに行きます。
さいとうさんみたいに「黄昏に背を向けて」に行きたいのですが、
やっぱり途中だった「明日によせて」が気になるので、続きから。

<ペンペン草>
天野くんの詞には珍しく、自分のことを“おいら”と表現しているのが新鮮ですね。
そのせいもあって、ほかのNSP作品とは違った独特の世界が広がっているように感じられます。
印象的なのは♪泣いたからすが 笑ったひょうしに 愛しているよは いきだぜ♪ の部分。
なぜ泣いていたのか、そしてどうして笑ったのか、全く語られぬまま、いきなり愛の告白。
それを“いきだぜ”とさらっと歌い上げる絶妙なテクニックにやられました。
♪どこか遠くへ連れてって♪という彼女(?)のセリフにも“いきだぜ”と感じる彼。
このフレーズは前に面さんも書いてたと思うけど、
『海辺に語りて』の ♪地図をひろげて指さすところ 僕もあなたも はじめての駅♪ と通じる感覚。
どこか知らない世界へ二人で行きたいという漠然とした願望。それは天野くんのなかでの“いき”なのかもしれない…。

<あなたこっちを振り向いて>
彼と彼女の心のすれ違いを繊細な言葉で歌っているのに、曲はアップテンポのノリの良さ。
このアンバランスが魅力的です。
好きなフレーズは ♪くもり空です くもり顔です♪のところと、
♪僕の後ろをトボトボついて もうすぐ涙 くもりのち雨♪ の部分。
彼女の表情を天気に例えてサラッと歌う天野くん、うまいな~と感動しちゃいます。
僕の後ろをトボトボついてうつむいて歩く彼女、私の中ではチッチとサリーみたいだと勝手にイメージしておりました(笑)

<白い椅子の陰>
まず、なんといってもイントロがいい!
そして、その物悲しいギターの調べのあとに聞こえてくる天野くんの
♪ガラス窓の向こうには♪の声にやられました。
その天野くんが切なく歌うこの歌の内容はとっても辛くて…
“君の心に誰かさんがいつも住んでいたのでしょう”や、
“今までの君との出来事がとても色あせてしまうじゃないか”といった「僕」の言葉が心に刺さります。
「白い椅子の陰」にいるのは、僕の知らない思い出を抱えた、遠くなってしまった君なのでしょうか。

<もう人生の秋>
まだ20代でこの曲を書いた平賀さん。いったいどんな気持ちだったのでしょうね。
♪まだ若いけど もう人生の秋♪とか、♪熱いコーヒー さめるように♪とかいった言葉に人生の悲哀を感じてしまいます。平賀さん、老成しすぎ~。
人生のある時期を四季に例えるという感覚をもつきっかけになった曲でした。

<めぬき通りイチョウの木>
やんちゃな天野少年の思い出アルバムを開いてるみたいな感覚の曲。
バアさん元気でやってるかとしきりに気にする優しい天野くんの言葉は、
家計のやりくりが大変だと知っているのに、小遣いをチョロまかしてしまった幼い日の自分に対する罪悪感から来てるのかな、なんて思いつつ、
たびたび登場する「ミヨちゃん」にちょっとだけジェラシーを感じながら聴いていました。

<きみは地下鉄日比谷線>
「地下鉄」「日比谷線」「東横」「自由が丘」なんて単語がバンバン出てきて、
田舎に住んでる少女(当時)にはまぶしすぎる曲でした。
ひとつ前の曲では「もっと北では大雪だべな」なんて歌ってたのにこの落差は何?と思ってしまう。
自由が丘を“おかじゆう”なんてさらっと歌ってしまう天野くんのカッコよさにキュンキュンし、(死語)
♪かわいい かわいい 君だけど きれいになるワ 僕にいう♪と、君をみつめる僕のやさしいまなざしに憧れ、こんな恋をしてみたいと思ったものでした。
巨人ファンでもないのに、巨人が負けて悔しがってみた女の子、いたんじゃないかな。(はい、私です)

<青春に後始末>
テニス部だった天野くんの実体験を歌った曲なのかなと思いながら聴いてた曲。
相合い傘とか、下じきの手裏剣とか、当時でもレトロな雰囲気を醸し出していたように思います。
昔使ってた国語の辞書の書き込みや線引きをみつけて、いっきに昔の記憶がよみがえることってありますよね。
天野くんの辞書には、友達がふざけて書いた「君」と「僕」の相合い傘が書かれていたのかな。
そんな青春の甘酸っぱい思い出は、懐かしくもあり、もうあの頃には戻れないんだと寂しくもあり…。
『青春に後始末』というタイトルにいちばんやられました。


ラジオでNSP↑ としこ 投稿日: 2023年04月22日 21:36:52 No.314

さいとうさん
やられたシリーズ、ありがとうございます。
今朝のFM本間千代子さんの番組で、ちょうど、紹介してくれた、北北東の風が流れ、午後のあのグラでは、八十八夜が流れ、NSPをラジオリクエストで2曲も聞けて嬉しい1日でした。

風信子さん
のも、お待ちしてます。

りぷるさんさん
ジョージさんの本、取り寄せて読んでみました。
東北の図書館から来ると思ったら川崎でした!?
あちこちにNSPが載ってましたね❤️
ジョージ君のやんちゃ話にはびっくりでしたが💦

エマひろこさん
ブルーな気持ち、、、CD聞いて少しずつ元気出ましたか?
私は、、、まだまだ過去を悔やんでばかりで、ブルーな気持ちにすぐになってしまうので、CD聴いて元気出そうと、思って頑張っていますが、、、😂




待ってました❗ 風信子 投稿日: 2023年04月19日 00:53:46 No.313

さいとうさん
満を持しての<やられた>、ありがとうございます。
とっても嬉しく読ませていただきました。
そうそう、そうだよね~とうなづくことしきり。
NSPが実は密かに男性ファンが多かったという事実、
男の子の繊細な心情を絶妙な言葉で語る、
天野くんの詩の世界の魅力によるものだと思います。
詳しい感想と私のやられたフレーズは、
今抱えているレポートが片付いたら続きますので、待っててくださいね~


黄昏に背を向けて さいとう 投稿日: 2023年04月18日 05:19:51 No.312

では、久々のやられたです。


【あの夜と同じように】

実は当時この曲はなじめなかった。

理由は、「二年目の扉」の「春をみつけた」、「シャツのほころび涙のかけら」の「みつからないように」、「明日によせて」の「明日によせて」と、大好きなアルバム達のオープニングは、いずれもシリアスな曲ばかりで、そのことをとても気に入っていたから。

そしたら、マリンバ(?)で始まる、このチャカボコした曲は、どこか僕的には「歌謡曲チック」な感じがして、当時洋楽に傾倒しつつあった僕には、何か、緊張感を失ったダサイ音楽に感じられて、刺激を求めるティーンエイジには、物足りなかったのだ と、今は思う。

実際、歌ってみると、「口紅」という言葉が2回続く部分には、少々違和感を覚えたときもあったのだが、今はそこも愛しい。

やられたのは、それぞれの思い出には、必ず「今年最初の雪が降る」部分。
初雪ではなくとも、シーズン初めの雪は、まだ気温も高いせいか、あっという間に溶けて消えるはかなさもあり、「その時雪が降ってたんだよね」と、一つ一つの出来事を思いだす言葉「あの夜とおなじように」の前置きとしては、最高のシチュエーションだと感じる。

天野クンの歌詞は、実体験をもとにしたものも多々あるとは思うけど、僕的には言葉ありきだったり、ストーリーだったり、語呂にこだわった創作が多いと思うのだが、みなさんはどうですか?

また、青春のほろ苦さや、失敗、男の子の弱さが等身大で語られていて、そこに魅力を感じる。

有名作詞家が作る、研ぎ澄まされ、むだがない歌詞もいいけど、素朴さや柔らかさ、ユーモアや斬新的な表現をおりこんだ天野クンの歌詞にはいつでもやられっぱなし♡
(さいとう)


【北北東の風】
前のアルバムの「弥生つめたい風」が、「シングルカット間違いなし」と思って聴いていたけど、この曲もイントロ聴いただけで同じ感想を抱いた。しかし、いい曲つくるよねえ、天野クン♡

僕と君の対比 寒さと暑さ、お祭りより小遣いの僕・純粋にお祭りを楽しむ君、そして、女性は幼い僕を見限って大人の男性へとひかれ嫁いで行ってしまう。 こういう出会いから別れを一曲に詰め込むパーターンは天野クンの歌詞には多いように感じるけど、シチュエーションが多彩なので飽きない。

やられた的には、いろんな方角があるなかから北北東を選んだところ。 なんでも風水的には「北北東は、仕事運や金運アップに通じる方角です。」とのこと。 さすが天野クン 笑
(さいとう)


届きました エマひろこ 投稿日: 2023年04月15日 13:50:25 No.311

今日ついさっき、届きました
メール来てないのか、拒否しちゃったのか見てなかったので、いつ届くかなぁ?と、楽しんで待とうと 思っていたら、無事早々と届きました!
これから聴きます
この川は、磐井川ですよね😃
ずっと以前 新しいCD出るとかコピーしてる人の集まりとか 2,3人に声かけてたんですが、「新曲ではないでしょう?!」「本人ではないしねえ」等、喜んでもらえなくて。N.S.P好きだよっては言うけれど〰️ なんだかお誘いしてもつれない返事ばかりで。だから色んな話しを教えてくれる人に会うのには 何かがあって、N友が集まることがないとできなくて。
こうして、この場が有ることに改めて感謝です。実は今日宮城県のお寺さんで、様々なバンドのライブがあって、NSPのコピーしてる人達も出るそうなんてすが、お天気も悪くなる予報でしたし、ちょっと遠いので 諦めました 少しブルーな気分だったので、このCDかけて家事をがんばります!




<< | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る