CubaseなBBS


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

ようこそいらっしゃいまし<(_ _)>

こちらはCubase関連専用の掲示板です。
現在試験運用中。since2015/05/16

管理人はみつばむしです。
お名前は固有のハンドルネームでお願いします。
管理人が不適切と判断した内容は独断で削除します。
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )

キーコマンドでインプットモニターon/off設定 C.M 投稿日: 2022年01月07日 10:20:39 No.145 【返信】

はじめまして、C.Mですよろしくお願いします。最近キューベース4から10にアップしました。キーコマンドでテンキーの5を生音録音時の入力音とトラックに録音されている音の切り替えに使いたいのですが、
つまりスピーカーのアイコンが各トラックにありますが、それと同じことをマウスではなくテンキーの5で素早くon/off操作したいのですが、どうしたら良いでしょうか? キーコマンドの設定画面で
インプットモニタリング?のような言葉が見当たらず困っています。
みつばむし 投稿日: 2022年01月08日 09:17:26 No.146
 C.Mさん、こんにちわ。
 お探しのショートカットは「編集」→「モニタリング」と思われます。
 ショートカットを設定して試してみましたら、選択したトラックのスピーカーアイコンをON/OFF出来ました(^_^)

 蛇足となりますが、当方も「インプットモニター」との呼び方に違和感が無かったので以前は「インプットモニター」だったかもですが、Cubase 10のオンライン取説「オーディオトラックのコントロール」↓

https://steinberg.help/cubase_pro/v10/ja/cubase_nuendo/topics/tracks_about/tracks_about_audio_track_controls_r.html

 ↑や、当方の環境(Cubase 11 + Windows)でマウスカーソルをスピーカーアイコン上に待機させると「モニタリング」と出るので、少なくとも現在は「モニタリング」が公式呼称みたいです。
-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073920
C.M 投稿日: 2022年01月08日 13:49:55 No.147
なんと、編集の項目でしたか、さっそく設定しました。助かりました、ありがとうございました!

みつばむし 投稿日: 2022年01月09日 21:06:58 No.148
 解決しましたよーで何よりです(^_^)
-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073925


MIDIのトラックについて ティコ 投稿日: 2021年11月07日 21:16:17 No.138 【返信】

みつばむし様 はじめまして


DTM初心者のティコです。
徘徊(?)しているときにこちらの掲示板を見つけました。
回答いただきましたらありがたいです。

現在、CubaseとMotifでポチポチと曲つくり(?)を行っています。
そこで、トラックについてですが、曲を作るにあたりMIDIでは16トラック(チャンネル)までしか扱えないと
思いますが、インターネットとかで作っている曲のデータの画像を見ると16トラック以上使っている
のを拝見します。
あればどうしてるのか気になります。
恐らく作り始めるとMIDIトラックが16トラックでは足りないような気がしております。
どうすれば16トラック以上使って曲作りをすることができるのでしょうか。

現在使っているインターフェースはUA-4FXでMIDIのIN/OUTが1つずつしかありません。
このMIDIのIN/OUTが複数あるインターフェースを購入すれば複数のトラックが(16トラック以上が)使えるという
ことでしょうか?

また、間違えているかも知れませんが、CubaseについているHalionが
マルチティンバー音源であり、これを使えば、MIDIでは16トラックまでですが、
Halionのインストゥルメントトラックを使えばもっとたくさんのトラックを使っての曲つくりが可能なのでしょうか?

初歩的なことかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
みつばむし 投稿日: 2021年11月08日 17:24:44 No.139
 ティコさん、こんにちわ。
 以下、基本的にCubaseのMIDIを前提として解説してみますね。

 まずは、既にご存知かもしれませんが初心者さんとのことなので念のため、Cubaseでも使われている用語としてMIDIの「ポート」「チャンネル」「トラック」の区別から。

・MIDIの「ポート」は通路で、1つの「ポート」ではMIDIを16「チャンネル」まで扱えます。MotifやUA-4FXにMIDI端子のINとOUTが1つずつなら、それぞれ1「ポート」なので16「チャンネル」まで扱えることになります。

・MIDIの「トラック」はMIDIの入れ物で、音を鳴らすには出力「ポート」を指定します。扱える「トラック」数はCubaseのバージョンによって異なりますが、ProやArtistなら無制限。1「トラック」には複数の出力「ポート」を指定出来たりしますが、扱えるのは16「チャンネル」までです。

 Googleさんで「MIDI チャンネル トラック」して出逢った↓

・「DTMの基礎知識:MIDI関連 Q1:チャンネルとトラックとポート ...」
 https://jp.yamaha.com/files/download/other_assets/8/321738/read_dtmb_midi.pdf

 ↑の解説がわかりやすそだったので参考にしてみました(^_^)


 続きまして、ご質問の順番とは少し異なりますが回答としては↓

>このMIDIのIN/OUTが複数あるインターフェースを購入すれば複数のトラックが(16トラック以上が)使えるということでしょうか?

 はい。ただし、外部音源を鳴らすのなら外部音源も複数必要です。


>Halionのインストゥルメントトラックを使えばもっとたくさんのトラックを使っての曲つくりが可能なのでしょうか?

 はい。Cubase付属のHALionですとHALion Sonic SEかと思いますが、1つで16「チャンネル」扱えるので、2つ使えば32「チャンネル」、3つ使えば48「チャンネル」と増やせます。ただし、同時発音数が増えるとCPU負荷も上がりますので、お使いのPC環境次第ではあります。


>どうすれば16トラック以上使って曲作りをすることができるのでしょうか。

 前述のよーに外部「ポート」と外部音源を増やしたり、HALion Sonic SEなどプラグインのソフトシンセを使う方法の他として、結果的に再生するのが16「チャンネル」に収まるけど「トラック」をたくさん使うとゆーこともあります。具体的にはドラムとパーカッションは同じ「チャンネル」で鳴らすけどそれぞれを別の「トラック」で作るとか、いくつか思いついたベースラインを試すのに別「トラック」にして切り替えて確認するとかです。創りたい音楽にもよると思いますが、16「チャンネル」って結構いろいろ出来たりします(^_^)

 ↑こんな感じになります。
-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073753
ティコ 投稿日: 2021年11月11日 13:23:18 No.140
みつばむし様

早速の回答ありがとうございます。

まだ、頭の中が整理でききれていませんが、追加で質問させてください。
重複するような内容かもしれませんが、ご了承いただきたく思います。

>>Halionのインストゥルメントトラックを使えばもっとたくさんのトラックを使っての曲つくりが可能なのでしょうか?

 >はい。Cubase付属のHALionですとHALion Sonic SEかと思いますが、1つで16「チャンネル」扱えるので、2つ使えば32「チャンネル」、3つ使えば48「チャンネル」と増やせます。ただし、同時発音数が増えるとCPU負荷も上がりますので、お使いのPC環境次第ではあります。

では、CPU負荷は別として、MIDIトラックで1~15「チャンネル」使用し、インストゥルメントトラックでHALionを起動し16「チャンネル」に設定、HALionの中で1~16「トラック」を使用したとして、その場合のHALion内の「チャンネル」は全トラック同じ16チャンネルでいいということでしょうか?同じであればMIDI15トラック(15チャンネル)+インストゥルメント1チャンネル(16トラック)の計31トラック使えるという考えでいいのでしょうか?

極端ですが、Cubase Artistではインストゥルメントトラックが32使えるということですので、最大でインストゥルメント32×16チャンネルで512トラック使えるという考え方でいいのでしょうか?(さすがにここまでは使いませんが、、、すみません(汗))

皆さん曲を作る時に何トラックぐらい使っているのでしょうか?(曲にもよると思いますが、、、)オーケストラだと多いような気がしますが。
みつばむし 投稿日: 2021年11月12日 17:21:38 No.141
 前回の回答に記したMIDIの「ポート」「チャンネル」「トラック」は、以下も同様に単に「ポート」「チャンネル」「トラック」と表記しますね。

 まず、Cubase付属品なHALion Sonic SE(以下「HSSE」)前提でお話ししますと、新たな用語として「スロット」が登場します。「スロット」は音色を読み込む場所で、HSSEには画面左側に16「スロット」あり、各「スロット」は初期値で1~16の「チャンネル」に対応します。インストゥルメントトラックにHSSEを起動すると「トラック」の出力先(出力「ポート」)としてHSSEが選べるよーになりますので、「トラック」の出力をHSSEの「ポート」に設定すればHSSEが鳴らせます。「トラックは」MIDI信号を送る側、HSSEはMIDI信号を受ける側になりますので、「トラック」で設定したのと同じ「チャンネル」に設定した「スロット」(に読み込んだ音色)が発音する訳です。


 ご質問の回答としては↓

>では、CPU負荷は別として、MIDIトラックで1~15「チャンネル」使用し、インストゥルメントトラックでHALionを起動し16「チャンネル」に設定、HALionの中で1~16「トラック」を使用したとして、その場合のHALion内の「チャンネル」は全トラック同じ16チャンネルでいいということでしょうか?同じであればMIDI15トラック(15チャンネル)+インストゥルメント1チャンネル(16トラック)の計31トラック使えるという考えでいいのでしょうか?

 いいえ。インストゥルメントトラックでHSSEを起動すると1つの「トラック」しか現れませんが、HSSEを複数「チャンネル」で鳴らすには他に「トラック」を作成して「チャンネル」を設定して出力「ポート」をHSSEにします。ここまでの解説に登場した「ポート」「チャンネル」「トラック」「スロット」の合わせ技になるので少々混乱するかもですが、試しに「トラック」の出力「ポート」をHSSEにして、「トラック」の「チャンネル」を変つつ「スロット」の反応具合を確認するとわかりやすいかもです。また、16パートマルチな外部音源と一緒に使う場合は、HSSEと外部音源で「ポート」が異なるので外部音源用も16「チャンネル」使えることになり、各「トラック」で1つの「チャンネル」を扱うとすれば、32「トラック」使えます。


>極端ですが、Cubase Artistではインストゥルメントトラックが32使えるということですので、最大でインストゥルメント32×16チャンネルで512トラック使えるという考え方でいいのでしょうか?

 はい。Cubase Artist 11だとインストゥルメントトラックは無制限らしいですが、仮に32だとして全てにHSSEを起動すると最大512「チャンネル」扱えますので、各「トラック」で1つの「チャンネル」を使うならば512「トラック」となります。CPU負荷だけでなくRAMも大変なことになるかもです(^_^)


>皆さん曲を作る時に何トラックぐらい使っているのでしょうか?(曲にもよると思いますが、、、)オーケストラだと多いような気がしますが。

 これは既にご自身で記したよーに、人それぞれ曲それぞれなのだろうと思います。実際に同時発音するパート数は編曲次第ですし、前回の回答にも記しましたよーに複数トラック使って1パートを作成したりもしますし。オーケストラだと20パート前後だったかと思いますが、1パート1「チャンネル」ならともかく、実際は100人以上で演奏してたりもするので1人1「チャンネル」で組むとなると…まぁ、やる人は少ない気がしますが(^_^;

 ↑こんな感じになります。
-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073762
ティコ 投稿日: 2021年11月14日 14:37:19 No.142
回答ありがとうございます。

テストしながらいろいろと試してみたいと思います。

ありがとうございました。
みつばむし 投稿日: 2021年11月15日 17:40:05 No.143
 ちびっとでも参考になりましたら何よりです(^_^)
-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073771


Groove Agent SE 5の操作方法 toko 投稿日: 2021年07月27日 19:14:49 No.134 【返信】

みつばむし様 いつも拝見させていただいております。
いつもありがとうございます。

Groove Agent SE 5の操作方法についてなのですが、
長いサンプル(2小節のループとか)を鍵盤を押してる間だけ再生する設定(HOLD)に出来ますか?
それとも「ONE SHOT」しか選べないのでしょうか?

また 鳴らしてしまった長いサンプルの再生を止める方法はあるのでしょうか?
(AKAIのMPCシリーズでは停止ボタンを2回押すと止まります)
2小節聴き続けるのはツラいです。

何卒よろしくお願いします。
みつばむし 投稿日: 2021年07月28日 18:28:32 No.135
 tokoさん、こんにちわ。

>長いサンプル(2小節のループとか)を鍵盤を押してる間だけ再生する設定(HOLD)に出来ますか?

・インストゥルメントパッド
 https://steinberg.help/groove_agent_se/v5/ja/halion/topics/working_with_pads/instrument_pads_c.html

 ↑にアサインしたサンプルのホールドでしたら↓

・「Sample」タブ
 https://steinberg.help/groove_agent_se/v5/ja/halion/topics/beat_agent/sample_tab_r.html

 ↑の「Loop Mode」を「No Loop」か「Continuous」にすると良いかもです。


>また 鳴らしてしまった長いサンプルの再生を止める方法はあるのでしょうか?
>(AKAIのMPCシリーズでは停止ボタンを2回押すと止まります)

 同様の機能を持つ外部MIDI機器から鳴らすのなら前述の方法(ホールド)で良いかもですが、Groove Agent SEそのものには同様の機能は無いかもです。
 ご希望の感じとは異なるかもですが、パッド操作で再生を途中で止めるだけでしたら再生用と停止用でパッドを2つと↓

・「Main」タブ
 https://steinberg.help/groove_agent_se/v5/ja/halion/topics/beat_agent/main_tab_r.html

 ↑の「Exclusive Group」を使って、例えば↓

・再生用パッドの「Exclusive Group」を「32」に設定。
・停止用パッド(音は何でもok)の「Exclusive Group」を「32」に設定し、ミュート状態に設定。

 ↑こんな感じにすると、再生用パッドをクリックしてから停止用パッドをクリックすると止まるハズです(^_^)

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073444
toko 投稿日: 2021年07月29日 14:21:43 No.136
大変丁寧にありがとうございます。
検証してみます。

まずはお礼申し上げます。
みつばむし 投稿日: 2021年07月30日 19:26:31 No.137
 ちびっとでも参考になりましたら何よりです(^_^)
-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073447


スケールアシスタント機能について フラッシュ 投稿日: 2021年07月17日 11:38:53 No.130 【返信】

初めまして、フラッシュと申します。
5年ぶりくらいに久しぶりにCubaseでDTMをと思っていろいろと探していたらCubaseも11になっていたんですね、、、
私のCubaseは7で止まったままですが。

そこで新しいいろんな機能をみたら「スケールアシスタント」を見つけました。
以前にやっていたときもスケールというのは何となくは理解していました。
「トニック(T)」、「サブドミナント(SD)」、「ドミナント(D)」だったり。

この新しい「スケールアシスタント」というのは具体的にどのような機能なのでしょうか?
以前に曲の中でAメロ、Bメロ、サビが繋がらなかったりしてこのスケールを少しだけ勉強しました。

DTMを再開するのにこの機能は使えるのかなぁ?とふと思いました。
買い換えた方がいいのか、それとも昔の7をそのまま使うのか、、、

また、7から進歩してこんな機能が増えてるとか、使えるのではというのがあると助かります。

5年も空いているので初心者としてはじめたいと思っています。

購入前の初歩的なことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
みつばむし 投稿日: 2021年07月18日 14:55:50 No.131
 フラッシュさん、こんにちわ。

 Cubase 11のスケールアシスタントは私的に活用してないのですが、MIDIノートを指定したスケールに合わせる機能と理解しております。
 スケールの指定にはコードトラックも使えるのでコード進行から外れなくすることも大丈夫そですが、途中で転調や移調して境目をまたぐ際には工夫が要るかもです。

・スケールアシスタント
https://steinberg.help/cubase_pro/v11/ja/cubase_nuendo/topics/midi_editors/midi_editors_scales_in_key_editor_r.html

・スケールアシスタントの解説頁
https://youtu.be/-NWc5Wotq7A
https://www.soundhouse.co.jp/contents/staff-blog/index?post=1537
https://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-cubase/cubase-11-new-features/#title2

 ↑あたりが参考になるかもですが、スケール(「エディタースケール」の右欄)の一覧情報が見当たらなかったので画像を添付しておきますね。


 Cubase 7から11への変更点はいろいろありますが、私的には安定性や操作性の向上の他、プラグインが増えたりするのが単純に嬉しかったです(^_^)
 流行りの音楽ジャンル向けの機能強化も多かった印象ですが、残念だったのは32bitプラグインが使えなくなったことくらいでしょうか。

・Cubaseの使い方 上級者編
https://sleepfreaks-dtm.com/category/for-advance-cubase/

 ↑の下のほーにCubase 7以降の新機能解説記事がありますので、そちらが参考になるかもです。
 公式的には↓

・Cubase 7.5の新機能
https://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_7/new_in_75.html

・Cubase 8、8.5の新機能
https://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_8/new_features_8.html
https://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_8/new_features.html

・Cubase 9、9.5の新機能
https://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_9/what_is_new.html
https://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_9/what_is_new_95.html

・Cubase 10、10.5の新機能
https://steinberg.help/cubase_pro/v10/ja/cubase_nuendo/topics/new_features/new_features.html
https://steinberg.help/cubase_pro/v10.5/ja/cubase_nuendo/topics/new_features/new_features.html

・Cubase 11の新機能
https://new.steinberg.net/ja/cubase/new-features/
https://steinberg.help/cubase_pro/v11/ja/cubase_nuendo/topics/new_features/new_features.html

 ↑こんな感じでしょうか(^_^)

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073415


フラッシュ 投稿日: 2021年07月26日 09:32:21 No.132
みつばむし様

返信ありがとうございます。

やっぱり7と11ではかなり違うみたいですね。
安定性は重要ですよね。

参考にさせていただきます、ありがとうございます。
みつばむし 投稿日: 2021年07月27日 08:22:26 No.133
 ちびっとでも参考になりましたら何よりです(^_^)
-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
073438


DigitaktとCubaseの連携 ヨーヨーマ 投稿日: 2020年09月05日 02:00:26 No.124 【返信】

初めまして。elektron DigitaktとCubaseの接続で困っています。もしご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけたら幸いです。

Digitaktで作ったリズムパターンをCubaseにパラって録音したいのですが、やり方がわかりません。キック、スネア、ハイハットなど計8chを、Cubase上で8トラックにバラバラに記録したいということです(最終的にPCでミックスをしたいため)。

Overbridge(Basic)のインストールはしており、Cubase上でもちゃんと認識しています。

ご教授のほどよろしくお願いいたします。
みつばむし 投稿日: 2020年09月06日 17:27:33 No.125
 ヨーヨーマさん、こんにちわ。
 私的にDigitaktやOverbridgeとは無縁なので的外れになるかもですが、概略だけ記してみますね。

 まず、ちと探ってみましたら↓

・Elektron Digitakt VST (Beta) recording independent audio tracks in Cubase 10 Pro
https://www.youtube.com/watch?v=pjWX7rsxduM

 ↑と出逢いまして、軽く眺めた感じでは↓

・Digitaktのパラ出力を有効(1分30秒から)
・グループトラックを作成(2分15秒から)
・オーディオトラックを作成(3分17秒から)
・オーディオトラックの入力をグループトラックに設定(3分35秒から)
・オーディオトラックのモニターを有効(4分15秒から)
・再生ボタンを押して確認(4分20秒から)
・キックの出力をグループトラックに設定(4分40秒から)
・オーディオトラックに録音(4分57秒から)

 ↑こんな感じでキックのみ録音しているみたいです。これを各パーツで繰り返すか、あるいは最初から各パーツ用のグループトラックとオーディオトラックを作成しておけば、同様の手順で各パーツをオーディオ化できるかと思います。


 また、最近のCubase Proですと「オーディオミックスダウンの書き出し」でマルチチャンネルの書き出しが可能ですので、ひょっとするとDigitaktとOverbridgeの組み合わせでも簡単にパラ出力をオーディオ化できるかもです。その際は↓

・Digitaktのパラ出力を有効
・書き出し範囲を指定
・「オーディオミックスダウンの書き出し」で「複数 (Multiple」を選択
・書き出したいトラックにチェック
・「書き出しオプション (Export Options)」で「実時間での書き出し (Realtime Export)」にチェック
・「書き出し後の処理 (After Export)」で「オーディオトラックを作成 (Create Audio Track)」にチェック
・書き出し実行

 ↑こんな感じの手順で大丈夫かもです。

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
072514
ヨーヨーマ 投稿日: 2020年09月13日 22:11:29 No.126
みつばむしさん

こんばんは。ご返信が大変遅くなりすみません。

ご回答ありがとうございます!
動画の手順でも、オーディオミックスダウンからでもパラで書き出すことができました。
ただ、パラの音にはなぜかDigitakt側でかけているエフェクトがかからず、そこはまだ課題として残っています。そのような仕様なのかもしれませんが…。
みつばむし 投稿日: 2020年09月14日 17:32:43 No.127
 とりあへづ各トラックのオーディオ化が成功しましたよーで何よりです(^_^)

 エフェクトは、センド方式だとパラ出力先に出力されず、メイン出力にしか合流しないかもです。
 センド方式の場合に各パートをエフェクト付きで書き出すには、Digitaktをパラ出力にせず、Digitakt側でパートを1つずつソロにして(あるいは他のパートをミュートして)メイン出力を使って書き出しを繰り返すと良いかもです。

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
072537
ヨーヨーマ 投稿日: 2020年09月15日 21:18:29 No.128
みつばむしさん

サポートにも確認したのですが、内部エフェクトはステレオアウトだけに適用されるとのことでした。
おっしゃる通り、ソロで録音するしかなさそうです。

この度は本当にありがとうございました。
みつばむし 投稿日: 2020年09月16日 17:43:43 No.129
 ちびっとでも参考になりましたら何よりです(^_^)

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
072543


Groove Agent SE が表示されない なつツバメ 投稿日: 2020年07月28日 22:58:22 No.120 【返信】

はじめまして。初心者です。ふさわしくないな内容でしたら申し訳ありません。

Zoom R8にバンドルされていたCubase LE 9.5を使っています。

Groove Agent SEというものがあるのを知り、使ってみようと思って、ネットで立ち上げ方を調べてその通りにやってみたつもりなのですが、表示されず、立ち上げられません。
スクリーンショットを添付します。

Groove Agent SE がインストールされていないのかと思って、Cubaseの公式サイトに行って最新版のパッチをダウンロードしてあててみました。正常に完了したというメッセージが出たので、インストールはできているような感じもします。

なにかアドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。


みつばむし 投稿日: 2020年07月29日 22:08:56 No.121
 なつツバメさん、こんにちわ。
 Groove Agent SEの対応具合をオンライン取説で確認してみたところ↓

・9.5
https://steinberg.help/cubase_nuendo_plugin_reference/v9.5/ja/_shared/topics/plug_ref/groove_agent_se_r.html

・10
https://steinberg.help/cubase_le_plugin_reference/v10/ja/_shared/topics/plug_ref/groove_agent_se_r.html

 ↑LE 10からは対応しているけどLE 9.5だと対応外っぽいので、それで表示されないのかもです。


・FAQ: Free update to latest Cubase AI / Cubase LE version for all registered users
https://helpcenter.steinberg.de/hc/en-us/articles/360011791099-FAQ-Free-update-to-latest-Cubase-AI-Cubase-LE-version-for-all-registered-users

 ↑をGoogleさんで日本語訳したのを抜粋しますと↓

『2020年2月に送信されたメールで、スタインバーグはCubase AI 4以降およびCubase LE 4以降のすべての登録ユーザーに最新バージョンへの無料アップデートを提供しました。』

『無料のアップデートを利用できる場合は、アクティベーションコードをメールで受け取っているはずです。メールボックスを確認してください。

ダウンロード(下記のダウンロードソースを参照)してソフトウェアをインストールしたら、アクティベーションコードを使用して必要なライセンスをダウンロードできます。

メールが見つからない場合は、MySteinbergアカウントのサポートフォームからサポートにお問い合わせください。』

 ↑とのことなので、最新版(LE 10.5)に無料更新すればGroove Agent SEを使えるよーになるかと思います。

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
072435
なつツバメ 投稿日: 2020年07月30日 22:39:31 No.122
みつばむしさま、ありがとうございます!
なるほど!!! そうなんですね。勉強不足でした。すみません。

本体を最新版に無料更新・・・、初心者としては操作方法が変わってしまうのかと若干、不安はありますが、折を見てやってみたいと思います!
ありがとうございました!!!
みつばむし 投稿日: 2020年07月31日 17:19:17 No.123
 ちびっとでも参考になりましたら何よりです(^_^)

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
072440


レガシーなCubase ビタミンドロップ 投稿日: 2020年07月23日 14:31:29 No.116 【返信】

古いCubaseの話ですが、Cubase SL3やStudio5などのレガシーなソフトは起動しません。

ライセンス的にはアップグレードをしたので残っているはずですが(現在はCubase10にアップグレード済み)、ソフトウェアが起動しないのはなぜでしょうか?

そこまでレガシーなソフトをサポートしていては新しいバージョンのソフトが売れないのは理解できますがライセンスが残っているのに起動しない???とはどういう意味なのでしょうか?

ライセンス的な話ですが、お分かりならば教えていただきたく思います。

不適切な発言と思われたら削除をお願いします。
みつばむし 投稿日: 2020年07月24日 17:19:58 No.117
 ビタミンドロップさん、こんにちわ。
 私的に不適切と感じた箇所は1つもありません(^_^)
 私の理解の範疇でお答えしますね。

 まず、ご存知かと思いますがお話しの前提として改めて記しますと、Cubase SL3やStudio5は既にサポート対象外であり、現行のOSでの起動は保証されていないよーです。

・この製品は最新のOSに対応していますか?
http://yamaha.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/7497/c/194

・音楽制作環境について
https://japan.steinberg.net/jp/support/support_pages.html

 「ライセンス的な話」となると私的に難し過ぎて詳細不明なのですが、もしかすると「有効なライセンス」にはサポート期間や使用が保証される動作環境も含まれるのかもです。


 一方、当方の環境(Windows 10)ではCubase 10のライセンスでCubase SX3(SL3と同時期の製品)の起動を確認しており、Windowsであればサポート対象外でもライセンスがあれば起動するかと思いますが、そちらの環境はどんな感じですか?
 また、起動を試みた際に、エラーやアラートは出ていますか?

 もし、Macをお使いでしたら、私的にそちら方面は無知無縁なので提供できる情報を持ち合わせておりませんが、ひょっとするとOSのバージョンによって起動すらしないとゆーこともあるかもです。

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
072424
ビタミンドロップ 投稿日: 2020年07月25日 08:31:26 No.118
なるほど…。

スマートフォンも10年前のアプリが動作しないようにもう起動しないのが当たり前と思ってよいですね…。

そういえば、CubaseSL3は15年に近く前の商品だったのを思い出しました。

大変に参考になるご意見をありがとうございます。
みつばむし 投稿日: 2020年07月26日 11:35:47 No.119
 ちびっとでも参考になりましたら何よりです(^_^)

-----
by みつばむし
http://mitsubamushi.yana.jp/
072426


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する