掲示板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

ハキダメギク とんちの写真館 投稿日:2018年12月07日 06:00:39 No.9830 【Home】 【返信】

ミミ子さんおはようございます。

久しぶりに我が家の駐車場に数年ぶりにハキダメギクの姿を見た。ハキダメギクは牧野富太郎氏が世田谷の掃き溜めで発見したのでこの名前がついた。空き地や畑などで、厳冬期を除いてほぼ一年中現れる。ちょっとの間に芽を出し、あっという間に花をつける。ハキダメギクの神出鬼没ぶりは〝これぞ雑草〟素早い動きのハキダメギクだが、毎年同じ場所に安住することはない。大群落を作ったり、そうかと思うといつの間にか消えたりする。





o('-'*)おはよぅ~♪ Hero 投稿日:2018年12月07日 05:40:54 No.9829 【Home】 【返信】

気温が下がって前日とは違い冬のような寒い日になりました。
一気に冬の寒さが戻りました。
まだ気温は下がるようでいよいよ真冬です。





オオイヌノフグリ とんちの写真館 投稿日:2018年12月06日 05:54:03 No.9828 【Home】 【返信】

ミミ子さんおはようございます。

11月末にオオイヌノフグリの花が見られた。本来この花は早春に青い花を咲かせるヨーロッパ原産の帰化植物で、ヨーロッパからアジア、南北アメリカなど世界中に広く分布しています。日本には元々同属の「イヌフグリ」が自生していましたが、これに対して花姿が大きいことから、オオイヌフグリと名付けられました。明治初期に日本へ渡ってきたとされ、その後急速に全国へと広まり、一般的な野草の1つとなった。





ハコベの花 とんちの写真館 投稿日:2018年12月05日 06:14:37 No.9827 【Home】 【返信】

ミミ子さんおはようございます。

今日のお届けはハコベの花です。この花が狂い咲きなのか、遅れ咲なのはよくわからない。ハコベ(繁縷)は2~9月に咲くナデシコ科の花。田畑や畦道、道端、荒れ地などに生息する多年草。花言葉は「初恋の思い出」。茎のつけ根に花径4~6ミリの小さな白い五弁花をつける。細い花びらが10枚あるように見えるが、実は5枚の花びらがそれぞれ2つに深く裂けているためです。





本谷川渓谷 とんちの写真館 投稿日:2018年12月03日 06:14:32 No.9826 【Home】 【返信】

ミミ子さんおはようございます。

撮友と平成20年6月に環境省により「平成の名水百選」に認定された金峰山・瑞牆山源流 清流を彩る渓流撮影に行ってきた。この渓流は清澄な水の流れと大小さまざまな岩が見事な景観を形成している本谷川渓谷沿いには、親水スペースが整備され、誰でも気軽に水とふれあうことができ素晴らしい渓谷だ。本来ならば紅葉尾時期に十もいつこの時期となってしまった。





<< | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する