語らひの場
語らひの場
| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

「想い出づくり」みたび 上田 亨 投稿日:2019年05月11日 11:10:37 No.22 【返信】

無料BS放送のBS12トゥエルビで、山田太一傑作選がこっそりしっかり始まっていて、「早春スケッチブック」が先週終わり、今週から「想い出づくり」が毎月曜19時から二話づつ放映開始です。
今やあの時代を象徴するドラマはこれで起死回生が始まったフジの「北の国から」という事に成っっているのですが、2クールという物理的長さがなければTBSに迎撃されかねない緊張したドラマ戦争のもう一つの傑作だったのかもしれまいと思うと、デジタル時代にもう一度広く公開されることは感慨に耐えないところではあります。当時の番線番組でTBSの演出陣が「小津映画」の「カメラ位置の低さを意識してみた」との発言の記憶が有るのでちょっと気にしてみたいと思います。


WILL 投稿日:2019年05月12日 10:50:34 No.23
3人家族とか二人の世界から来るのかなとおもっていたら、
いきなり木下恵介離れから始まりましたね。

北の国からとの同枠は本当に悩まされました。
金曜ドラマの再放送がわりと早い時期にあったので助かりました。
>カメラの位置
ただでさえ嫌いだった柴田さんの古手川さん強姦シーンが迫力満点でした。
柴田さんに殺意さえ覚えましたもん。

BS12の取り組みは素晴らしいですね、問題点はナイターシーズンの
番組編成でしょうね。放送時間帯を考えないと連続ものには致命的な
妙な空白ができてしまう。連続ものは早朝か深夜ですよ。



やすらぎの刻ー路 第4週を観て WILL 投稿日:2019年05月06日 19:24:40 No.18 【返信】

正直、郷パートより道パートをもっと観たいかなぁ。
今回の郷は正直面白いと思わない。

風間君のおしい刑事も偶然みてしまいました。
けっこう面白かった。毎週録画してみようと思います。


上田 亨 投稿日:2019年05月06日 22:31:06 No.19
これ言うと何なんですが、菊村先生の頭の中には甲州訛りが浮かんで来なかったンだろうなァと感じております。「花子とアン」の時の中園ミホさんも浮かばなかったと見えます。一人マキタスポーツ氏のネイティヴさが辛うじてVR感を薄めてくれましたが、あれあれ困ったこんじゃんねェ。同じ朝ドラの「なつぞら」はどうでしょうか?北海道訛りは倉本ドラマ以来全国的認知度が上がり役者やスタッフの再現モチベーションが高いようですが、山梨訛りは明らかに再現無用と判断されたようです。なまじ言語野に中途半端な甲州弁翻訳辞書が刷り込まれているばっかりに、ブラウザーの機械翻訳出力の怪しい日本語のように聞こえてしまっており、共通語ではない標準語としてもう一度心してリロードさせ直さなきゃならない手間が、個人的にはきついかなと。
WILL 投稿日:2019年05月07日 20:18:23 No.20
>甲州訛り
確かに、確かにそうですね。

過去前略でも山形弁を使わなかった。
いや使わせなかったと倉本さん自身が山口瞳さんとの対談でのべています。
WILL 投稿日:2019年05月10日 10:11:36 No.21
>なつぞら
 そんな酪農開拓民2世の嫁さんいるわけないべさと
 キャスティング自体が疑問な
 今朝のスキー大会での「とんじる」。

 道民なら「ぶたじる」と言わせないといかんなぁ。



やすらぎの刻‐道 第3週を観て WILL 投稿日:2019年04月27日 08:51:07 No.14 【返信】

確実に広がってゆく戦争の暗い影。
当時の養蚕農家の現実。
十代前半の公平としの。
郷のその後に戻って、新入居の女性陣を紹介した後、
戦時中ミドルティーンになった公平としのとその周囲が描かれるんでしょう。
見所沢山ありそうで・・・


コスモス 投稿日:2019年04月29日 23:12:48 No.15
 WILLさん、今晩は!


 こちらにお邪魔するのが遅くなってしまいました。
 「平成」のうちにと思って、ようやくパソコン触ってます。

 私も「一週間分」纏めて観てます。
 前回のメンバーに加えて、懐かしい顔が見られそうですね。
 先週の「橋爪 功」さんの一言、一言が心に響きました。
 確かに、故郷の山や川、橋の上から見た「日の出」「夕日「」はいまだに覚えてますもの。
 砂利道から、アスファルト舗装に変わった道路は、馬車(馬橇)から、バス、自家用車に、
 交通手段も変わってしまいましたもの。

 それぞれの方の「道」の歩みをこれから振り返っていくかと思うと、愉しみです!

 これからもちょくちょく、お邪魔しますね。

 お互い、無理をしないで過ごしましょう!「インフルエンザ」が流行っているとか。
 くれぐれも、注意してくださいね!
WILL 投稿日:2019年04月30日 17:27:50 No.16
こんにちは。

自分もベッドにいる時間が長くなったせいか、やたら昔の
昭和43年、44年頃の風景の中にいる自分の姿の夢を見ます。

あの風景が自分にとっての原風景なんだろうな。
野球のイロハを教え合った三角ベースの空き地。
すぐ横にあった教員住宅。初恋のMちゃんの家。
小林養鶏場へと続く小道まで飛べばホームランだった、あの風景・・・
随想集になんか書こうっと。
WILL 投稿日:2019年04月30日 17:28:22 No.17
こんにちは。

自分もベッドにいる時間が長くなったせいか、やたら昔の
昭和43年、44年頃の風景の中にいる自分の姿の夢を見ます。

あの風景が自分にとっての原風景なんだろうな。
野球のイロハを教え合った三角ベースの空き地。
すぐ横にあった教員住宅。初恋のMちゃんの家。
小林養鶏場へと続く小道まで飛べばホームランだった、あの風景・・・
随想集になんか書こうっと。



嗚呼ショーケン・・・ WLL 投稿日:2019年04月14日 06:20:16 No.2 【返信】

驚きと自分の中の70年代の象徴を失った消失感は
いいようのないものがありました。
北の国からでもなく、昨日、悲別でもなく
前略おふくろ様は最も大切な作品でした。
半妻さん、利夫さん、かすみちゃん
みんな逝っちまったんだよなぁ・・・


きみどり 投稿日:2019年04月20日 17:43:20 No.10
こんなに早くショーケンがいなくなってしまうなんて!

代表作はたくさんありますが、前略おふくろ様は、特別な作品って感じがします。
ホントみんな逝ってしまいましたね。
WILL 投稿日:2019年04月21日 08:21:24 No.13
「海ちゃんだけッスから。

前略おふくろ様。恐怖の海ちゃんは未だ頑張ってるわけで。

彼女は年齢とともに逆に若返っていくようで。

利夫さんはこっちに来てもまだ彼女を見守っており。」

サブのテーマイン。



やすらぎの刻‐道 第2週を観て WILL 投稿日:2019年04月20日 04:29:26 No.9 【返信】

2年前
やすらぎの郷の終了間際やっと倉本ドラマのコメディ性にきづいていただけたけっこう若い世代や
年輩層から、やすらぎの郷の続編を望んだ声が上がったのを記憶しています。

その頃から思っていました。郷のその後だけを描いてもつまらんだろう。
そんな仕事に脚本家倉本聰はペンを取らない。では。

こういうやり方があるんだなと思わせてくれた第2週でした。
道面白いです。清野さん可愛い。風間君、いろんな意味で似合っている。
主題歌進路樹実にイイ。


きみどり 投稿日:2019年04月20日 18:20:26 No.11
遅ればせながらやっと挿入劇のイメージがつかめてきました。
これから1年間の長丁場、倉本さんの描きたいように進行していくといいですね。

みゆきさんの主題歌「進化樹」ですね。
WILL 投稿日:2019年04月21日 01:00:43 No.12
そうですね、きみどりさん。進化樹。

進路樹って、どうも昔の仕事の記憶がまだ残ってるようで。

劇中劇 道
倉本聰が朝のテレビ小説を書いていたらとふと思わせてくれる
仕上がりになってますね。



1 | 2 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する