日比国際結婚アドバイスコーナー > 記事観覧
誠実な婚姻相手を選ぶのは日本人には難しい ( No.9541 )
日時: 2018年04月20日 11:09
名前: Cavite [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコンつまり、フィリピン人との結婚相手を取り上げさせて頂きましたが、殆どの方が兎も角苦労しているのが金銭かなと思います。

幾つかに絞って取り上げて見ました。

 フィリピン人嫁の働くと謂う意欲は十分位感じられます、問題は得た報酬の使い道かと思います、自身の生活費も惜しんで比国の関係者へ送金三昧、一方受け取ったフィリピン側は慢性的に働かずもいれば、博打や賭け事に使ったり、利益の出ない商売を次々と始めたり、幾度も潰す事でちょっとは能力が増して行けば本望ですが、商法管理も能力もない人々に、、、

送っても送っても、歯止めのない送金、嫁が底を着くと今度は幾度も日本人夫へ金銭のおねだり、慢性化すると、中には日本人夫も嫌気を指し、嫌う様に、今度はケチ呼ばわりするフィリピン人妻もけして少なくない。

では、何故そこまでして送金三昧をする必要があるのだろうか? 

前置きして置きますが、フィリピン人すべてと謂いません、、、、が在日のフィリピン人に限っては非常に多い様です、何故在日のフィリピン人に限ってか、っと申せば、それは歴史から潜って来なければ説明がつきません。

第二次大戦がもたらした戦争土産が根底にあり、日比間国交回復後、乱脈的な興行ヴィザを長年に渡って乱発発給し続け、人身売り買い国の温床国と日本が名指しされるまで、続いて来ました。
興行ヴィザと称した実質フィリピン人女性ホステスビザ、これを日本国として行って来ましたが、フィリピン共和国に対し、この様な受け入れ方をしている国が日本以外に沢山あるでしょうか。

だいたいは、女性であれば家政婦、男性であれば船乗り、技術職で海外へ行くフィリピン人はほんの僅か、そこへ日本は年間当たり数十万のフィリピン人を興行と称した実質ホステスビザで来日を認めておりました、その先の仕事を通した【質】を重視しますと、万札が飛び交う、しかも金銭で溢れあう場を毎日の様に見て、なんて日本人は金持ち大国なんだろう!!

大半の在日フィリピン人は浮かれあがって仕舞います。

この人と結婚すれば、一生遊んで暮らせる=苦しい送金もしなくてもよい、、、っと勝手に思うフィリピン人もいたでしょう!!


反面、その酷さ、辛さ、人権無視、は多くの日比結婚者の方がご存知かと思われます、やがてこれらが一掃された頃より、日比間では偽装結婚者が流行し、次々にニュースで見かける様になりました。
これが、日比離婚者数を更に押し上げる結果となりました。

一方、興行ヴィザを受給したフィリピン人女性の初期来日者の多くは重婚者、つまり本国に子供がいて、フィリピン人夫がいる。
しかし夫はいる者の既に疎遠か、破局している、だからといってフィリピンには協議離婚制度すらない、苦しい生活から何とか逃れ多くの金銭を得る為に、出生証明の再登録を試みる、これらを意図も簡単に起こし、独身を装って次々に日本人男性と結婚、フィリピンパブで働き、意気投合した日本人男性と結婚、裏には送金を結婚することで補えると信じ、勝手な解釈をされたフィリピン人嫁もいたでしょう。

フィリピンの事情は殆ど知らない日本人夫、やがてフィリピン人嫁との間に我が子が産まれ、中にはすべてを知る日本人夫もいたり、離婚する迄知らない日本人夫もいたり、やれ騙された、日比双方が押収し合う盛んな時期もありました!!

これも何故この様な事が起きてしまうのか?

日本人夫はいらない!! 欲しいのはお金だけ、内心こう思って日本に居座る離婚フィリピン人女性も多いでしょう!!

それではいったい何に使うお金が欲しいの? 

知らない日本人は初めて嫁に連れられフィリピンの首都マニラを見る、とてつもない巨大な都市、貧困層で埋め尽くされた街から、日本の新宿を思わせる様な街に至る迄、ぐしゃぐしゃに絡み合った大都会、フィリピン人嫁がここでこんな商売を始めたら、あっと謂う間に儲かるよ!! っと囁く(ささやく)

日本人夫自らもその様に視えだけでなく、心からそう思えて仕方がない、

それじゃ、僅かな蓄えだが、フィリピン人嫁の為に何かしてあげようか?

ところが、3年もしない内に跡形もなく消えて無くなる。 

内訳など説明もなければ、まったく解らない、しまいに問いただすと、日本人夫はヒツコイ!! 煩い、バカヤロー、

(嫁)私は貴方を(日本人夫)騙してなどいない、貴方が勝手にお金を出したんでしょう!! 
私が貴方から盗んだことなど一度もないでしょう!!

婚姻関係者間の心理をうまく突くのがフィリピン流、フィリピン社会構造を理解していない夫、不の社会フィリピン共和国とは、朧気ながらも少しずつ肌で解って来る様になります。

一個人(外国から、或いは外国帰りの)がちょこちょこ投資された位で続けられる様な商売など、ホンの一握りもあればよい方ではないでしょうか。

外見と中身の極差、これが著しい国がフィリピン共和国 日本とは商売全般に対し、商売ともなると、信頼感を掴むのがかなり難しい、それから結果的に嘘だったが非常に多い、配下の配下から滲むように崩されてくる事が多い、

昼夜問わず入交るのが盗み、万引き、強盗、、その中に日本ではあまり例の見ない親族や親兄弟迄が加わってたり、もっと悲惨なのが雇ったガードマン迄もがグルであったりも全然珍しくもありません。

こう謂った母国の社会事情を考慮して初められる在日フィリピン人がどれだけいるのでしょう!!

残念ですが、”注意”をすれば立派な返事は返ってきますが、まぁ~ ほとんどがぶっ潰れます。

それでまた、今度は、今度は儲かると謂いなが工面して得た持ち金すべてを出して始まるのです、これがフィリピン流なのでしょうか?

やらない方がマシなのですが、夫の謂う事はまったく聴かない嫁と何時まで婚姻生活が楽しめるでしょうか。

無理な決婚、、、、っと外野から見て感じるカップルは目立ちます、共和国社会を僅かな円でいくら叩いても反応は零であり

ゆがんたフィリピン社会の歪みは簡単には治らんでしょう、

真面目で誠実なフィリピン人嫁=両親・兄弟・親族とはまったく結びつきません、根本的に同一などあり得ない国で、その比率も都市部へ向かう程著しく汚くなります、それならまだ陸の孤島の人々の方が純な人々は沢山いるのであります。

日本語の話す身近なフィリピン人との出会いから奥底まで、どの婚姻者も解りません、しかし、それこそ慎重にならないとこの様な事態が必ずと謂うくらい待っています。

恋は盲目と謂いますが、そうじゃなく故意は暴走します。

日本語を話す身近なフィリピン人程、お付き合いする事は簡単な様で、簡単ではありません。 

タイミングよく水面に浮きあがった鯉(恋)と謂う場合が多いですね。

日本で働いた報酬を生活費にあてる、これ当たり前のことなのですが、興行ビザで来日されたフィリピン人と結婚された方の多くは、生活費を入れる=それは日本人夫がだして当然でしょう!!

この様な考え方が、ほんとうにフィリピン人の本意でしょうか、日本に居る在日フィリピン人が興行ヴィザを通し、金銭でずっぽり漬かった副作用?かも知れません。

フィリピンでも都会から遠ざかるにつれて、純な人が住む孤島や離れ島では、上記の様な考え方よりも、皆で助け合う、分けあう精神は基本で、一人の人にばかり送金を激しく強請り苦しめる様な人はかなり少なかったのを憶えております。

しかし、そう云うフィリピン人との出会いが中々出来ません、自ら片言の言葉でも全然かまわないのですが、本気なら向かうしかありません、向かいたくとも、休めない、時間がない、、、誠実なフィリピン人と出会い

ですから何時まで経ってもこの状況から抜け出せず、堂々巡りが続いて仕舞います。

毎度、同じ文句に、同じ苦情、ほんとうに目に見えない殻ってあるのですね。

題名
名前
E-Mail
パスワード(記事メンテ時に使用)
コメント
画像添付


文字色
アイコン [イメージ参照]
Powered by Rara掲示板