GUEST BOOK




| ホーム | ワード検索 | 管理用 |

何でも思い付いた事、聞いて欲しい事、聞きたい事等を書き込んで下さいね。

Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Icon [イメージ参照]
Key (英数字で8文字以内)
Color

2019 29回目 (・_★) 投稿日:2019年07月20日 03:01:21 No.92 【返信】

の土曜日です。

7月21日は深谷智子の誕生日(1963)、



砂浜のメモリー はだしの恋
涙色ダイアリー 彼のせい

もう恋するなんて(んーやっぱり)
メイビブルーのため息 今も

もうあいつなんて(んー大好き)
ネイビーブルーのキッスをもう一度

波にさらわれた おしゃれな恋
思い出もフライアウェイ 彼のせい

もう忘れたいの(でも好きなの)
ネイビーブルーの幸せ 今は

もう悲しくない(でも涙が)
ネイビーブルーの恋を
どうぞ もう一度


何だかとても懐かしい。
学生時代は良かったなあ。
しみじみ ...( = =) トオイメ





海の日 お餅★ 投稿日:2019年07月15日 07:06:06 No.91 【返信】

なのに。。寒いです~




2019 弐拾八回目 (・_★) 投稿日:2019年07月14日 03:16:43 No.90 【返信】

の日曜日です。

7月15日はリンダ・ロンシュタットの誕生日(1946)。



この世界の片隅の
青白い月の光に照らされた,どこか知らないそんなところに
自分のことを考えて
気遣ってくれる人がいる

この世界の片隅で
今も誰かが祈ってる
いつかお互い会えますように
この広い世界のどこか片隅でって

今はすごく遠いところで離れ離れになってるし,そのこともわかってるけど
だからこそこう思えるの
お互いに同じ夜空のあの星に願いをかけているのかもって

夜になって風が吹き,その音を聞いてると,ひとりぼっちが身に沁みるけど
だからこそこう思えるの
お互いに同じ大きな空の下,こうして眠ってるんだって

この世界の片隅で
もし2人に縁があるなら
いつかはきっと一緒になれる
この世界の片隅で
2人の夢が叶うはず

今はすごく遠いところで離れ離れになってるし,そのこともわかってるけど
だからこそこう思えるの
お互いに同じ夜空のあの星に願いをかけているのかもって

夜になって風が吹き,その音を聞いてると,ひとりぼっちが身に沁みるけど
だからこそこう思えるの
お互いに同じ大きな空の下,こうして眠ってるんだって

この世界の片隅で
もし2人に縁があるなら
いつかはきっと一緒になれる
この世界の片隅で
2人の夢が叶うはず





2019 28回目 (・_★) 投稿日:2019年07月13日 02:49:04 No.89 【返信】

の土曜日です。

7月13日は中森明菜の誕生日(1965)。



オリーブの葉を 腰にまきつけて
サンバで歩く 波打際まで
くちづけなら 今のうちよ 誰もいないわ
かけてきてね 浜辺に Bon Voyage

南の風の ラインダンス
ふたりだけを 熱く包む
恥じらいも 消えてしまうわ
もういちど 云わせて・・・ 好きです

夢じゃないのね この砂の痛さ
ひんやりとした サンゴ礁の海
いたずらっぽい その両手で 目かくしされて
あなただけを 感じる Bon Voyage

貝殻踏めば パールピンク
頬に染まる 愛のつづき
いつまでも ときめかせてね
何度でも 云わせて・・・ 好きです

南の風の ラインダンス
ふたりだけを 熱く包む
恥じらいも 消えてしまうわ
もういちど 云わせて・・・ 好きです

中森明菜のファーストアルバムの曲。
当時流行っていたドンシャリ
サウンドは、これも当時流行っていたフュージョン系
でも、いい感じなんです
このアルバムは中森明菜にどんな曲がむいているか、調べている様な作りで、しかも山口百恵の影響が強く感じられます。
まだ向かう先のはっきりしていなかった中森明菜そのままというアルバムでした。





2019 弐拾七回目 (・_★) 投稿日:2019年07月07日 03:00:30 No.88 【返信】

の日曜日です。

7月9日は細野晴臣の誕生日(1947)。



月をよこぎる舟はとぶよ どこへゆくの
雲の彼方に浮かぶ島に ゆらり ゆらり

ゆらり ゆれるゴンドラは はこぶ子供の夢のせて
夜毎迎えにくる 舟が見えるかい

泣いても涙出ぬのなら 一緒に行こうか
妖精の粉ふりかけりゃ ほら身体が浮かぶよ
ボクとキミのララバイ エクゾティカ ララバイ

ゆらり ゆれるゴンドラは はこぶ子供の夢のせて
夜毎迎えにくる 舟が見えるかい

泣いても涙出ぬのなら 一緒に行こうか
妖精の粉ふりかけりゃ ほら身体が浮かぶよ
ボクとキミのララバイ エクゾティカ ララバイ

夜毎むかえにくる ゴンドラに乗り込もう


月を見る度に、この曲を口ずさんでしまう。
シンコペーションが効果的♪





2019 27回目 (・_★) 投稿日:2019年07月06日 03:41:40 No.87 【返信】

の土曜日です。

先週の土曜日、草むしり中、何かに刺されたらしく、気が付いたら全身が赤いボツボツだらけ。
イボガエル状態 ( ノД`)シクシク…

7月7日はリンゴ・スターの誕生日(1940)




通りに面した表から戸口までの露地に鳴る、
君の足音に、僕 耳を澄ませて注意してるんだ、
でも、それはやって来ないよ。 
それに、いつものように君が玄関を叩く音を待ちわびている 
でも、それも聞かれない。 
君はもう僕のこと好きじゃない、
と言うことなんだろうか? 

僕の耳にも炉棚の上で時計が鳴っているのは聞こえるんだ。 
秒針も分針も時針も動いているのは見える、
僕はまだ一人、 
君は一体どこにいるんだろうと思う、
僕が一人の訳は何故、君がわからないんだ。 
君はもう僕のこと好きじゃない、と言うことなんだろうか? 

僕の家を通り過ぎないで、泣かせないで、鬱にしないで、 
だって、僕は君が好きだって、君は分かっているのだから。 
こうして待っているのはとても辛いって、君が去って行く 
のを見るのは嫌だって、君には分からないだろうね。 
通り過ぎて行かないで、泣かせないで。 

ああご免、君を疑ったりして、自分のことばっかりだったよ、 
君は自動車事故に巻き込まれたんだね、身の毛も弥立つ思いだったね、 
遅れるかも知れないって言ってたよね、一時間かそこらね、 
僕は分かった、って言っていたよね、忘れてた。 
僕はうちで待っているよ、君が何か言って来るのを待ってるからね。  





2019 弐拾六回目 (・_★) 投稿日:2019年06月30日 02:49:17 No.86 【返信】

の日曜日です。

今日はトランジスタの日。



シャンデリアの街で眠れずに
トランジスターラジオでブガルー
今晩ひとり 情熱だけほえて
ジェームス ディーン気取りの
ティーン・エイジ・ブルース
ネオンライトに誘われて ささやく夜の小鳥たち
ブルル・・・エンジンうならせて 夜の闇の中
消えてゆく

オーアンジェリーナ 君はバレリーナ
ニューヨークから流れてきた 淋し気なエンジェル
今夜も愛をさがして
今夜も愛をさがして
今夜も愛をさがして

サーキットシティ 駆けぬけて
星のささやきランデブー
車の窓から身をのりだし
街角の天使にグッドナイト・キッス
プロムナードにたむろしてる 望みを失くした
ポップコン・ガール
今晩誰かの車が来るまで
闇に くるまっているだけ

(オーアンジェリーナ 君はバレリーナ
ニューヨークから流れてきた 淋し気なエンジェル
今夜も愛をさがして
今夜も愛をさがして
今夜も愛をさがして

車のエンジンを止めて シートに深く身をうずめ
曇ったガラスを 指でぬぐい
お前の夜に話しかければ
街のため息も 色あせて ひとりぼっち 雨の中
フッと迷ってしまいそうな時でも
二人でいれば 大丈夫だぜ

(オーアンジェリーナ 君はバレリーナ
ニューヨークから流れてきた 淋し気なエンジェル
今夜も愛をさがして
今夜も愛をさがして
今夜も愛をさがして





2019 26回目 (・_★) 投稿日:2019年06月29日 02:46:03 No.85 【返信】

の土曜日です。

梅雨梅雨梅雨


6月29日はビートルズが来日した記念日。
あの時も台風と一緒にやってきたのだ。



雨が来ると、みんな走って雨宿りする。
まるで濡れると死ぬかのようだ。
もし雨が来ると、もし雨が来ると。

太陽が照ると、みんな日陰に入る。(太陽が照ると)
そんでレモネードを飲む。(太陽が照ると)
太陽が照ると、太陽が照ると。

雨、俺は気にしない。
光、天気がいいね。

教えてあげようか、雨が降り始めても(雨が降る)
全ては何も変わらないんだよ。(雨が降る)
教えてあげよう、教えてあげよう。

雨、俺は気にしない。
光、天気がいいね。

分かるかい、雨が降ったり晴れたりなんて(雨や晴れ)
ただ心持ち次第なんだよ。(雨や晴れ)
分かるかい、分かるかい?





2019 弐拾伍回目 (・_★) 投稿日:2019年06月23日 02:40:46 No.84 【返信】

の日曜日です。

6月22日はエディ藩の誕生日(1947)。



僕の魂君に上げよう 悲しい程に
愛しているんだよ 君を君を

僕の魂君に上げよう この手のひらに
夜毎の歌声を 君に上げよう

愛する君をいつまでも
はなさない はなしたくない
僕の魂君に上げよう うちひしがれた
心に勇気を 与えてくれた

愛する君をいつまでも
はなさない はなしたくない
僕の魂君に上げよう 僕のすべてを
誰より愛する 君に君に

誰より愛する 君に君に……

この曲はシングルより、このライブの方が圧倒的に出来がいい。
かっこいいのだ。





2019 25回目 (・_★) 投稿日:2019年06月22日 02:42:02 No.83 【返信】

の土曜日です。

6月22日はトッド・ラングレンの誕生日(1948)。



昨日の夜の遅い時間
なんだか違和感を感じたんだ
そこには誰も何も見えなかった
きみのほかには誰もね

二人でしばらく歩いてみたよ
けれどもおかしな想いが消えない
すると突然 とても強い感情が沸いてきた
きみへの想いだったんだ

そのとき きみが僕を見上げた
ああ答えがそこにはっきり見えたよ
光がきみの瞳のなかに
きみの瞳のなかに

ひとときの遊びのつもりだったのに
この感情は疑う余地もない
小さい鐘の音が僕の頭に鳴り響くまではね
とても素敵な鐘の音が

でも僕は逃げだそうとした
逃げたって仕方ないってわかってたけど
僕は今まで誰も愛したことなかった
自分でそう口にしてきてたんだ

でもきみへのこの感情
素敵な気持ちを感じたのは初めてさ
“光”がきみの瞳のなかに
きみの瞳のなかに見るまでは

きみを誰よりも愛してる
冗談じゃこんなこと言えないよ
だってきみは他の誰とも違う女の子さ
僕の瞳にそう映ってる

一度は逃げ出そうとした僕だけど
もうそんなことしやしない
だって僕の瞳に光が見えるだろう?
僕の瞳に
僕の瞳に
きみを愛する愛の光が...





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る