濃淡の深淵なるもの


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

これから先も生き残る手立ては。 邦彦 投稿日: 2023年02月05日 04:13:11 No.143 【返信】

一体全体、何処に向かって行こうとしているのか、よく分からない。

  AIで今の仕事の大半が消滅すると、予言しているが、AIで失業者を
  増やしてどうするつもりなのか、消費者がいなくなると、困るのは、
  誰なのか。

  失業者の受け皿は、朝鮮戦争をバネにした成長期には、低賃金の集団就職
  集団を地方から都市部に大移動することで、輸出大国として経済が躍進、
  世界第2位の名誉ある国へと変貌させた。
  
  成功への道を驀進していたのに、 豈図らんや、現在はとんでもない。
  不安が漲っている

  なんて、バカ田での私にも、なんとなく透けて見える。
  IT時代にはプログラミングが必須ではありますが、コンピューター
  に関わった端くれとして、30数年前でさえ、プログラムがプログラム
  を造っていると、プログラマーから耳にしたことがありました。

  まして、AIの益々の進化によって、超高度なプログラムは別として、
  需要としてのプログラマーは必要とされなくなる。また、アジア諸国
  には、優秀な人材が掃いて捨てるほど増加していることでしょうから。

  さらに、難度の高いプログラムは誰でもと言うわけにはいきません。
  習得するのは針の穴を通す程に、難しく、特別に選ばれた人しかでき
  ない、と言っても過言ではありません。

 また、プログラムにはバグが憑き物ですが、それもAIの深化で、
  先回りして解決できてしまい、人手不足解消になるのかも

  それでは身も蓋もありませんが、入り込む隙間があるとすれば、
  将来も外国より、他国より賃金が少ないとしたメリットがあれば、
  何とか仕事は残されているのかもしれません。

  あくまでも、素人の戯言ではあります。


「今からでも遅くはない」の殺し文句。 邦彦 投稿日: 2023年01月31日 02:46:34 No.142 【返信】

ジャン。ジャンさんの一文が目に焼き付いた。

  早速、インターネットで検索すると、ライブでアメリカがでてきた。
  ニッポンの遭難事件がジャパンしか分からなったが。

  近ごろ、なんで、アジア人と侮蔑されても、日本をでるのかと、
  思っていたが、それ以上に有り余るような欧米には自由があり、
  手足を伸ばせるのかもしれない。
  
  今、この国は受け入れてくれぬ、息苦しい。

  異国の緊張感があっても、それなら、いっそ空気感からおさらば。
  なんて、先立つ丸いものがないからできないが、

  この国にいて外国の生が知りたい。

  嗚呼、英語が分からない。ままよ。それなら、それで。

  昔、お袋が洋画は字幕がいい。外人の声がいい。
  なんて、言っていたが、今になって納得である。

  英語も大体で、日本語だって何処までわかっているのか。
  それでも、70余年も生きてきた。


墓前に供える 邦彦 投稿日: 2023年01月29日 23:09:35 No.141 【返信】

グループによる全国規模の集団強盗が勃発した。

  まるで、火付盗賊改方の長谷川平蔵。盗賊・雲霧仁左衛門の
  時代劇のようだ。

  これから起こる、エピローグ(序章)ではないのか。
  
  なぜ今か、ひょっとしてこれから起こるある殺人事件を
  隠すための、カモフラージュではないのか。
  
  それと、悲惨な、福岡市でのストーカー殺人。

  これで福岡市で高齢者殺人でもあったら、ニュース性
  がなく、ただのローカルニュースが面白い。

  なに言おう、その死体は私です。

  その事象が至る所で現れてはいる。

  なんちゃって。


不思議な国のアリス 邦彦 投稿日: 2023年01月28日 16:39:32 No.140 【返信】

私が暮らすバラエティ満ちた世界は、軽いお笑いと馬鹿笑いで、
  重い笑いは御法度である。

  そこには犯罪性を含むもの、下ネタ、他人へのあらゆるハラスメントが
  排除されている、条件が許せばその限りではない
  けれど、掟を破ろうものなら、明日がなく、骨を拾うものが居ない。
  きめ細かい配慮ができ、賢く上手に立ち回る能力があれば、これ以上の
  世界はないであろうと、疎い私にも思われてしまう。

  一線を画す。大衆はバラエティの世界。それ以上の人には、
  また別の世界があり、大衆は入場は拒まれていないようであるが、
  決して、口を挟むことはできない決まりである。

  よく分からないが、私が住む福岡市には、多種多様な文化圏があり、
  知らない世界が存在しているようであるが、日常をそれなりに過ご
  していれば、別に気にすることもなく、知らないでも、日々は平穏
  に過ぎて、行く。

  長野市の善光寺には、極楽の錠だったか、地下の階段を下りていくと、
  真っ暗な闇の通路が続き、周りが見えず何が何だかわからない。
  誰かを触ろうと、誰かに触られようと皆目見当が付かない。
  通路の壁を伝っていくと、やがて極楽の錠が手に当たる。
  
  なんだか、よく分からないがこの世界みたいである。
  まるで、「アイズ ワイド シャット」。


たかが豚汁、されど豚汁 邦彦 投稿日: 2023年01月28日 04:49:26 No.139 【返信】

昨日のTVで、「豚汁」が「ぶたじる」か「とんじる」かの
  呼び方について、興味を引かれる放送があった。
  なんでも、福岡市内では「とんじる派」が70%を占めていた。

  10年前までは、「ぶたじる派」が70%だったのに、知らない
  内に逆転していた。
  全国的には、「とんじる派」が70%らしく、「ぶたじる派」は、
  九州北部に多いらしい。

  確かに、「豚足」「豚舌」「トンカツ」「トン骨ラーメン」と、
  トンが冠しているのでは、仕方がない。

  勿論、北部九州生まれの爺さんの私は、子供のころから「ぶたじる派」
  で過ごしてきた。
  中学1年生のときに、対馬の白岳山頂で家族4人で、火をおこし鍋で
  調理した「豚汁」を食べ、美味しかったこと、そのとき食べた「豚汁」
  の味を越える「豚汁」に、未だにお目にかかったことがない。

  ちょっと、話が堅くなるが、仏教で禁忌とされていた、肉を日本人が
  口にするようになったのは、明治初年からで、仏教伝来の戒めを破る、
  コペルニクスの転回を凌駕するような、肉食への穢れの発想を解いた。

  イスラム教では豚肉はコーランの戒律で、食することを禁止されていると、
  見聞している。欧米文化に浸るようになっても、破戒は許されていない。
  厳格な戒律を守るためには命を絶つことさえ厭わないのかもしれない。
  文化圏の違いとは言え、カルチャーショックではある。
  
  しかし、日本人の中にも頑なに、肉食を忌み嫌う人々が居ることも確かだ。
  けれど、敢えて言うなら、弱肉強食の動物の世界では、弱い動物は強い
  動物に食べられるのは自然の摂理である。人間が考える論理を遙かに越えた
  生きることの尊さを、私は感じてしまい。。
  それ故に、人類誕生から延々と他の生き物たちを食し、命をいただきながら、
  人間の糧とし、倫理的な「良いも」「悪いも」ないと思はざるを得ない。

 


ブロンズ像はかく語りき 邦彦 投稿日: 2023年01月26日 03:24:27 No.138 【返信】

「ロダンの考える人」

  先日、郊外の公衆トイレで用を足した。その時の外気温の寒さに、

  便器が丸で氷でできているのではないかと、ゾッとしてブルブルと

  身体が打ち震えた。

  極寒のマイナスの冷気の中では、下手をすると、お尻が凍傷してしま

  わないかと、真面目に考えてしまう。

  そんな中で、気張ると血管が切れ、命がけで、ウンを天にまかすこと、

  全く関係ない温かい室内で思う。

  それにしても、未だに世界では、3人に1人が、屋外で用をたしている、

  
  「うんこドリルシリーズ」や「おしりたんてい」等を遡れば、

  戸川純さんの「おしりだって洗ってほしい」に辿り着くのかも、

  知れない。(諸説あります。)

  夢夢、考えてはいけないことかも知れませんが、

  綺麗なお姉さんたちも、ひょっとして、ひょっとしなくても、

  お下品で誠に失礼しました。


僕らはみんな生きている。 邦彦 投稿日: 2023年01月22日 17:22:04 No.137 【返信】

2050年のバラ色の未来が待ち遠しい。

  現在、よくよく考えてみれば、年金で可もなく不可もなく、

  不安もなく、平凡で幸せに満ちた生活です。

  今春からコロナも2類から5類になるようで、第8波も先が

  見えたようです。

  物価の値上がりで大変になりそうですが、いざとなれば、

  年寄りは梅干しとアメリカヒジキで、凌げばいいのです。

  その分を孫たちで分かち合う。

  少子高齢化に向けて、高齢者や若者たちはモチベーションが高く、

  いい時代がきそうです。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する