(公社)日本ローイング協会(安全)インシデントレポート掲示板


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )

人工コースでの1Xの沈と救助について 安全環境委員会 堀晃浩 投稿日: 2022年12月27日 16:43:06 No.435 【返信】

安全環境委員会 委員長 飯田毅、
担当 スタッフ 堀晃浩

アクシデントレポートのご提出ありがとうございました。
人工コースにおいて1Xの沈が発生いたしました。

【事実経過】
場所:人工コース
日時:2022年12月16日金曜日午前6時20分ごろ
関係する艇:1X 男子大学生(1年生)
(救助)社会人男子2-、社会人コーチの連携
人的損害:なし
物的損傷:自艇のシューズ(ストレッチャーボートの取り換えを要する)

【状況】
人工コースの端でターンを行った(仮に0m地点とする)。
航行コースで漕ぎ始めたところ大きなブイ(コースのセンター識別用)にストロークサイドのオールを接触させてしまい、バランスを崩しターンの地点から100m地点で沈した。

近くにいた社会人2-が100m地点から600m地点まで沈した1Xをけん引し、600m地点で岸にいた社会人コーチの補助により接岸できた。選手は、社会人コーチの使用していた自転車を借りて、学生寮に戻り暖を取ることができた。選手が水中にいた時間は15分程度であった。

600m地点の1Xは船体の破損はなく(片足のシューズが外れた)、腕漕ぎで艇庫まで戻った。

なお、この日の気温はレポートにはなかったが、近くで気象観測をしている「環境省:そらまめくんの観測局」では午前6-7時で2℃の気温が観測されており、2-と陸上のコーチの連携がなければ、選手がよりシビアな状況に陥っていたことが容易に想像される。

【安全環境委員会より】
アクシデントレポートのご提出ありがとうございました。
これから冬を迎えるにつけ、選手が無事であったことが何よりでした。

特筆すべきは、救助に当たった社会人2-も社会人コーチも別団体の所属でしたが、
気温の低さ等から素早い対応が必須と判断されて、即刻の救助に当たっていただいたものと思います。誠にありがとうございました。深く感謝いたします。

アクシデントの後からは何とでもいえるのですが、検討を重ねるためにどんなオプションがあったか考えてみましょう。
・2-での救助は大変であったと想像します。もしそばに2Xなどがいたなら、交代せずともそばを並走して何かの時のバックアップに入る方もいたら、2-の方も助かったかもしれませんね。
・もしもっと寒さが厳しいなら艇の曳航をいったんあきらめて、選手だけキャンバスに乗せて運ぶ手もあるかもしれません。

これから春までの季節、どうか単独の練習にならないように、沈した場合の復旧方法をイメージすることは大切であると思います。

ご安全にお願いいたします。


ボート同士の接触インシデント 安全環境委員会:栗林健太郎 投稿日: 2022年12月17日 13:52:36 No.434 【返信】

インシデントレポート投稿フォームより投稿をいただきましたので共有させていただきます。

【発生日時】2022/12/8 17:20ごろ
【場所】  戸田ボートコース
【視界】  不良
【事実経過】
関係艇:A 1x(大学1年生)/B 1x(社会人団体)
人的損害:なし
物的損害:なし

【事故状況】
A艇が2100m地点よりも手前の2050m地点で転回中、3レーンをスタート方向に漕行していたB艇に気付き声をかけ、B艇もそれに気付きブレーキをかけたが、減速が間に合わず双方艇を避けようとした結果、B艇のバウボールとA艇のバウボールから1mあたりのバウサイド側が接触。

【原因と対策】
・本件では、A艇は2100m地点よりも手前の2050m地点で転回していたが、戸田ボートコースの航行ルールでは2100m地点(中央に浮かぶ大きなブイ)を越えずに転回することが原則として禁止されている。今後このような事故を起こさない為にも、航行ルールの認識、順守の徹底を行っていかなければならない。

・B艇については、夕暮れ時であること、コース使用に慣れていないクルーや初心者がいること等を念頭におき、常に周囲に注意を払う必要がある。

・特に夕刻の乗艇では、周囲が暗く見えづらい為、より一層周囲確認に細心の注意を払う。危険を察知した際は、速やかにその危険を回避するような行動をとる。また、ルールを守るだけでは自分の身を守ることにはならないということを認識する。


水難救助訓練の紹介 安全環境委員会:栗林健太郎 投稿日: 2022年11月14日 09:03:34 No.433 【返信】

横浜市ボート協会が取り組まれている水難救助訓練についてご紹介いただきました。皆様の参考になれば幸いです。


<<水難救助訓練について>>
鶴見川コースは両岸が壁になっており、自力で上陸することはできません。スカルで沈した
ときは「自力でスカルに再乗艇できること」の『自助』が原則ではありますが、利用者の
多くがシニアであり、若かったころとは違って自力回復が難しくなっています。
このような背景があって、仲間うちで助ける『共助』とは何かを自覚するために訓練した
模様を紹介いたします。利用者の有志で何回か意見を出し合って導いたものですが、解決
方法のひとつとしてご理解ださい。
映像は昨年の訓練ですが、今年は地元の鶴見消防署と共催で行いました。消防署とは日ごろ
から交流を深めるように努めており、好意的に接していただいていることに感謝しております。

横浜市ボート協会
安全推進委員会
久保田芳晴

https://1drv.ms/v/s!Aqg2eQ2SEwBlojRpVjtflKN0fJls?e=MbaFHf


トラッククレーンアイボルト落下のインシデント 安全環境委員会:栗林健太郎 投稿日: 2022年10月04日 19:32:12 No.432 【返信】

札幌市ボート協会の亀山様より、以下のインシデントについてご報告いただきました。
ありがとうございました。


日 時;2022/4/9 午前
場 所;茨戸川漕艇研修センター前
事 象;ランディング(10×3m)をワイヤー2本で吊り上げ中、片方のアイボルトが外れた。
もう一方のワイヤーのみとなったが、地面に設置している部分があったため、落下・転倒はしなかった。
トラック架装のクレーン(2.9t吊、借用)を使用。風は極弱く、無関係。

原 因;アイボルトがランディング側のナットに十分ねじ込まれておらず、外れた。

今後の対策;吊り上げ前には、吊り上げのオペレーターが自身の手・目でアイボルトが十分ねじ込まれていることを確認する。(背景;たくさんのボランティアの方が携わって作業をしている。彼らの中の誰かがアイボルトを差し込んでいた。その人たちは、単に差し込んだだけで、スパナを使って十分ねじ込むことはしていなかった。そこに責任はない)。




2×と1×の接触(アクシデントレポート概要) 安全環境委員会 投稿日: 2022年10月04日 19:27:49 No.431 【返信】

 河川水域において2×と1×の接触事故の報告がありましたので、概要を転記いたします。

【事実経過】
場所:河川、センターブイ折り返しから100m付近
日時:2022年7月30日(土) 午前7時30分ごろ
風向・風速:南東4m
関係する艇・船舶:M1×(大学2年生)、W2×(大学1年生、2年生)
人的損害:なし。
物的損害:なし。

【状況】
・M1X艇がW2X艇が逆走していることに気付き、声をかけたが間に合わず、咄嗟に艇の方向を逸らして回避しようとした。
・W2XのバウのSサイドオールが、M1Xの右耳下辺りに当たった(目立った外傷、痛みはなかった)。艇同士の接触は無し。
・接触後、2艇ともすぐに艇を揚げて状況確認を行った。

【対策・計画】
・乗艇中の後方確認の徹底。

【安全環境委員会からのコメント】
 アクシデントレポートのご提出ありがとうございました。
 艇の逆走による接触事故は、ボートでは各水域でしばしば発生しており、特に折り返し後の進行方向の確認には注意が必要です。本件は幸いけがや艇の損傷が無かった様ですが、オールの先が漕手の顔をかすめたとのことですので、紙一重のところであったと思います。
 事故発生区間はほぼ直線のコースではありますが、対岸の茂みが若干蛇行していることもあり、そちらを見ながら距離を取ると知らないうちに逆走してしまうことが予測されます。進行方向については正面方向に見通しを定めて、その方向を都度確認しながら漕ぐことを再度気をつけてみてはいかがでしょうか?また、ハード面で言えば、例えば橋梁に見通し版を設置する等の対策が考えられます。
 本件はW2×の漕手に大学1年生がおられたということもあり、これから進行方向を安定させる技術を身につけていく時期かと思われます。ご指導の程よろしくお願いいたします。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る