画像サイズの変更:標準サイズ元画像
投稿画像
投稿者:Genka
 昨日は奥多摩へ。例年この時期はクリやリョウブの花を掬っているところだが、今回は立ち枯れと倒木に専念。花掬いのエリアまで行かないと体力的にかなり楽なので、広大な原生林に点在するギャップを渡り歩きながら夏の虫を探す。事前にイメージしていた状況とは若干違ったものの、長年狙っていた虫にはだいたい出会うことができた。  ただし、その代償も大きかった。3連休ということで、ものすごい数の観光客。帰りはバスに乗れず自主的に駅まで歩き、温泉も入場制限があったので電車の時刻の都合で入れず。登山靴で舗装道路を下るのは負荷が大きく、両足のかかとの裏には大きなマメ。温湯消毒もできなかったため、帰宅後にシャワーを浴びていると臀部に小さな塊が固着していた。