画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:yanta
リアショックのFloat CTDは、ポーターにつけている Monarch RT3と同様に3段階の圧縮ダンピング切り替えレバーがついているが、後者はロックアウトがあるのに対して、前者にはそれがない。舗装路の走行ではロックアウトがないのは大いにマイナスである。CTDにはロックアウトの代わりに登り用のモードがあるが、その効き具合はMonarchのpedalモードよりも弱い感じで、十分な圧縮抑制効果があるとは言えない。 一方で、ワンシーのリアサス機構はVPKという方式で、ピボットがメインとサブの2つあり、ペダルを踏んだときにはこれらを繋ぐリンクが動いて、リアサスの動きを妨げるように機能するようになっていて、このサスペンション機構がペダリングロスを減らしてくれている分が補償となっている感もある。 いずれにせよ、リアサスがある程度ロスの少ない動作をしてくれて、ロングトラベルの割りにはペダリングがキツくないバイクだとは言えよう。