画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:YAMKEN
新しい出会いなどがあったわけではない、出来る限りのステイホームを守っている(実は無精でゴロゴロと)のである。 ネット上での情報が増えている。今まで不明だったものが何とかわかるようになってきている。 ということで、今回は過去を振り返り見直すことになった。 トップ蛾像  第47代目 ヨツモンマエジロアオシャク ♀ 今回の初物  853種目 オオミノガ ♂+幼虫+蓑+蛹  854種目 チャバネツトガ ?   不明蛾016より  855種目 ウスイロネマルハキバガ ?  不明蛾067より  856種目 フタテンホソバヒゲナガキバガ ? 不明蛾028より  857種目 クロオビリンガ ♂  858種目 ハチノスヒロズコガ ?  859種目 ウバメガシハマキキバガ ?+幼虫+蛹+巣  不明蛾075より 羽化蛾達  2007年6月  ウバメガシハマキキバガ  5月  アカヒトリ、オオミノガ、ゴマフリドクガ、ヨツモンマエジロアオシャク 新しい試み  明石の蛾達の表紙ページを飾っている蛾像は今回で47代目になります。今までのトップ蛾像たちを振り返って見れるようにしました。  「トップ蛾像」で見れます。 写真は、ヒカゲチョウ の終齢幼虫。蛾達の幼虫に出会えぬまま疲れ切った目に飛び込んできた。 日本では蛾と蝶は別物のように扱われているが本来は同じ仲間・・・ということで連れて帰ることとなった。