画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:ととろ
あんずさん  何時もありがとうございます。さて、「発展途上国で生産された製品を適正な価格で購入するフェアトレードについて知ってもらおうと大学生が1日、徳島市内にフェアトレードのコーヒー豆を使ったコーヒーショップをオープンしました。フェアトレード」は、発展途上国で生産された農産物や製品を品質などに見合った適正な価格で購入し、生産者や労働者の自立を支援しようという活動です。このフェアトレードを知ってもらおうと四国大学の2年生、井坂詩音さんが徳島市のJR二軒屋駅にあるシェアスペースを間借りしてコーヒーショップをオープンしました。店ではフェアトレードや有機栽培のコーヒー豆を使った3種類のブレンドコーヒーを1杯350円で提供しているほか、フェアトレードと書かれた看板やチラシを置いてその大切さを呼びかけています。このうち、『FairTradeBlend』はすっきりとした味わいでさっそく訪れた客が井坂さんと話をしながらコーヒーを楽しんでいました。井坂さんは『初日から人が来てくれてうれしかったです。誰がどこでコーヒー豆を作っているのかということにもっと目を向けて欲しい』と話していました。このコーヒーショップは3月末までの期間限定で開かれ、井坂さんは売り上げの一部を発展途上国などに寄付することも考えています。」とのことです(3月1日、16:51のNHK徳島のニュースより)。