画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:サイモン・ウェスト
[YouTube:3T0m9nvGws0:R] コン・エアー(原題: Con Air 米国) 1997年 全米年間興行収入ランキング14位 不運な事件に巻き込まれ、8年の刑期を終えて出所した元軍人のキャメロン。彼は一刻も早く愛する妻子の顔が見たいと、連邦保安局の空輸機に乗り込んだ。だが、その空輸機は凶悪犯サイラスが率いる囚人グループにハイジャックされてしまう…… *Con Air アメリカ連邦保安局の空輸隊の名称で、出廷、医療緊急事態、囚人輸送などを行っている。 監督 サイモン・ウェスト 代表作 『トゥームレイダー』『メカニック』『エクスペンダブルズ2』 脚本 スコット・ローゼンバーグ 代表作 『デンバーに死す時』『60セカンズ』『ヴェノム』 音楽 トレヴァー・ラビン、マーク・マンシーナ 主演 ニコラス・ケイジ(ポー) 代表作 『フェイス/オフ』『アダプテーション』『ナショナル・トレジャー シリーズ』 上映時間 116分 登場人物 キャメロン・ポー: 元アメリカ陸軍の第75レンジャー連隊 隊員。 サイラス・グリサム: 囚人・冷酷な知能犯。通称 "猛毒のサイラス"。(ジョン・マルコヴィッチ)  ネイサン・ジョーンズ: 囚人・元ブラック・ゲリラ 通称 "ダイアモンド・ドッグ"。(ヴィング・レイムス)  ジョニー・バーカ: 囚人・連続強姦犯。通称 "ジョニー・23"。(ダニー・トレホ)  マイク・オーデル: 囚人・ポーの友人。通称 "ベイビー・オー"。(ミケルティ・ウィリアムソン)  ジョー・パーカー: 囚人・放火強盗犯。通称 "ピンボール"。(デイヴ・シャペル)  ウィリアム・ベッドフォード: 囚人・一家皆殺し犯。通称 "クレイジー・ビリー"。(ニック・チンランド)  ファルゾン: 護送官。(スティーヴ・イースティン)  サリー・ビショップ: 女性護送官。(レイチェル・ティコティン)  ヴィンス・ラーキン: 連邦保安官。(ジョン・キューザック)  フランシスコ・シンディーノ: 囚人・麻薬カルテルの御曹司。(ジェシー・ボレゴ)  アール・ウィリアムズ: 囚人・パイロットとしての腕前を持つ。通称 "スワンプ・シング"。(M・C・ゲイニー)  ラモン・マルチネス: 囚人・オカマ。通称 "サリー=キャント・ダンス"。(レノリー・サンチャゴ)  ダンカン・マロイ: 麻薬取締局(DEA)捜査官。(コルム・ミーニイ)  ウィリー・シムズ: マロイの部下。(ホセ・ズニーガ)  【起】 米陸軍レンジャー隊員だったキャメロン・ポーは退官の日、酔っぱらい数人に絡まれた身重の妻トリシアを守ろうとして1人を殺してしまいました。正当防衛は適用されず、ポーは過失致死の罪で収監され、その間に娘が誕生しました。ポーにとっては家族との再会が唯一の希望でした。それから8年後、娘の7歳の誕生日、模範囚としてようやく仮釈放が認められたポーは、連邦保安局の囚人輸送機「コン・エアー」に乗り込みました。しかし、そこには冷酷な頭脳犯サイラス・グリサム、元ゲリラで今はサイラスの舎弟であるダイヤモンド・ドッグ、連続婦女暴行犯のジョニー23など、全米でも最悪最凶な囚人たちも同乗していました。そして「コン・エアー」は離陸後間もなくサイラス一味によってハイジャックされてしまいます。 【承】 「コン・エアー」は当初の予定では途中のカーソンシティで6人を降ろし、新たに麻薬シンジケートの大物の御曹司シンディーノと、彼を尾行するため囚人を装って潜入していた捜査官シムズら10人を乗せることになっていました。サイラスの狙いは、ハイジャックを利用した脱獄と、その逃亡資金を得るためにシンディーノを父親に送り届け、莫大な報酬を手に入れることでした。ポーにとってはカーソンシティに降り立ったその時が脱出する絶好の機会でしたが、共に独房で過ごした仲間であり、重い糖尿病を患うベイビー・オーや人質になっている護送官を見殺しにはできず、そのまま機内に留まります。しかし、カーソンシティでは、シンディーノらのほかにも、37人を惨殺した猟奇殺人鬼ガーランド・グリーンも乗り込んできました。 【転】 サイラスは正体を現したシムズを射殺し、「コン・エアー」を目的地のアラバマに向かうと見せ掛けながら、シンディーノが脱走用に手配していたジェット機のあるラーナーにその進路を向けます。一方、地上では「コン・エアー」の異変に気づいた連邦保安官ラーキンと、シムズの同僚マロイが追跡を開始していました。マロイはシムズの仇を討つべく戦闘ヘリで「コン・エアー」を追跡する一方、搭乗する囚人のデータを調べ、なぜ仮釈放のはずだったポーが機を降りなかったのか疑問を抱いたラーキンはポーの妻の元に行きます。その頃、機内無線によりラーキンの存在に気付いたポーは、カーソンシティを離陸する際のトラブルで死亡した囚人ピンボールのシャツに機はラーナーに向かうとのメッセージを書き込んで機外に放り投げます。 【結】 ポーからのメッセージを受け取ったラーキンはマロイや警官隊に連絡し、ラーナーに先回りしましたが、飛行場の職員は皆殺しにされていました。やがてラーナーに「コン・エアー」が着陸、シンディーノはサイラスたちを差し置いてジェット機で脱出を図りますが、サイラスはそれを許さずシンディーノをジェット機ごと爆殺します。サイラスら囚人たちは警官隊を退け、無理やり「コン・エアー」を離陸させます。ベイビー・オーらを見捨てておけないポーはそのまま機内に留まります。この機内に内通者がいると悟ったサイラスは護送官を人質に取りポーや囚人たちに自白を迫りますが、ベイビー・オーはポーをかばって自分の仕業だと言い、サイラスに撃たれて瀕死の重傷を負います。遂に怒りを爆発させたポーはサイラスの一味に立ち向かい、「コン・エアー」をラスベガスに不時着させると、逃げようとするサイラスらを追い詰め、サイラスは工事現場に投げ出され重機に押しつぶされて圧死します。そしてポーはようやく妻子と再会を果たすことができました。 The End _映画ウォッチ みんなの評価 3.91/5.0 最高 (^0^) アクション・映像・キャスト・音楽とバランスが良く、テンポも良い作品でした! 普通に娯楽作品として楽しめて、とても見やすい作品です! 個性溢れる俳優陣の演技が良く、自然と引き込まれるストーリー展開とジェットコースターのようなアクションが見ものです! 最低 ( ` 3´) 今でこそ人気のニコラス・ケイジだが、このころの彼には魅力が感じられない。 ストーリーもアメリカ映画にはよくありそうなもの。