投稿画像
投稿者:岸っやん@4組
ぽんちゃんのママさん 》岸っやん♪はすぐにわかったということは、よく通る道なんですか? いえ、めったに通りません。 私が、小学6年のときの修学旅行、屋島-琴平にいったとき、バスで この くねくね道を上りました。いまだに覚えています。 当時は、北灘の海岸線をとおる国道11号が整備されてなかったんでしょうね。 今の グーグルマップで表示される道は、今から60年前とほとんどかわってないんでしょうね。 列車は、低い地点を迂回し、トンネルをつくったから こんなつづら折りの道ではなかった。 現在の高速道路は、長大な トンネルをつくったら、最短距離で結べる。世の中かわりましたねえ。 富岡や徳島市にすんでいるとき、高松に行くには、もちろん鳴門経由。阿波町にひっこしてからは、脇町経由(清水峠越え)となりました。 今は、大坂峠は、地元の人と 自転車おじさんがたまに通るぐらいの道になったんでしょうね。 あの写真をみて ひらめいたのは、規則的にならぶ テトラ離岸堤でした。北灘をこえて、東香川にいはいると、こんな海岸があっったなあ と鳥見(海鳥=アビやオオハム)のとき、記憶に残っていたのでした。
画像を拡大