画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:Santa78
世の中は三日見ぬ間の桜かな(よのなかはみっかみぬまのさくらかな)江戸時代*大島蓼太の俳句から…世の中は、3日見ないうちに散ってしまう桜の花のようなものだ。世の中の移り変わりが激しいことを例えているのですね。今年は桜の開花も早かったせいか 遅咲きの八重桜・里桜も 既に色褪せてきた感があります。 コロナ惨禍のため東京界隈のお出かけも今年は控えています。が横浜を中心とする幾多の公園へ桜追いは度繁く続きました。が… 桜もそろそろ終盤にかかっているのでしょうか… その都度に 世の中は三日見ぬ間の桜かな…とくちずさみながら