投稿画像
投稿者:ST系統派
1976年スタート 難易度:イージー(早期海外牧場DLCあり) パイオニアオブザナイル(Pioneerof the Nile) 2020年末確立 ST系 世界適正北米型(北米5%)で確立 種牡馬総数:9頭(北米8頭、日本1頭。うち5頭は自家生産馬) 今回の箱庭ではエンパイアメーカー(無系)を確立していたため、ゴリ押しで素早く系統確立させました。 母方からST系を継承したため、ファピアノ・アンブライドルドやエンパイアメーカーの確立状況に関わらずST系優先でST系になると推測されます。 ○種牡馬入り史実馬 2006年生:パイオニアオブザナイル(Pioneerof the Nile)…史実で早世してしまった上、エンパイアメーカーの現役期間がそこそこ長いため前作までは系統確立が困難だったが、ついに自己所有orPrivate種牡馬として回収出来るため系統確立が容易に。 2007年生(?):カイロプリンス(Cairo Prince)…種牡馬として生えてくる馬。史実では2011年生まれなのに、ゲームでは何故かパイオニアオブザナイルより1歳年下。コーエー側のミス? 2012年生:アメリカンファラオ(American Pharoah)…説明不要の名馬。3歳引退しないと史実馬ロストしてしまうが、満額種牡馬入りは余裕。母父ヤンキージェントルマンは種牡馬として出てこないため、確立不可能。 2014年生:クラシックエンパイア(Classic Empire)…ゲーム中のパイオニアオブザナイル産駒の競走馬は3頭しかいないが、その2頭目。史実でアーカンソーダービー等を勝っているため、サブパラが優秀。 ○その他 もう1頭のパイオニアオブザナイル産駒として2014年生まれのレヴァンテライオン(日本馬)がいますが、 はっきり言って弱いので系統確立の役に立ちません(自己所有しましたが…)。 箱庭に負荷をかけずにパイオニアオブザナイルの系統確立をしたいのであれば、アメリカンファラオ産駒の史実馬も利用出来ます。
画像を拡大
保存する