画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:tabi
冷し中華 例によって火曜日は老妻の水泳教室、本日のランチは冷し中華。 茹でた中華麺を冷水で『シメる』のが特徴で、深めの皿全体に麺をなだらかに盛り、具として細切りにした、肉類(ハム、叉焼、蒸し鶏など)、錦糸卵、夏野菜(キュウリやトマトなど)を放射状に彩り良く配し、かけ汁(醤油と酢あるいは芝麻醤(ゴマだれ)など)をかけた料理。 中国の冷やし麺「涼拌麺(英語版)(涼麺)」をルーツに持つとされるが、味も作り方も大きく異なるものであるため、一般的には日本発祥の料理とみられている。 家庭食、中食、外食ともに夏期、それも昼食として食される傾向が見られ、夏の風物詩として7月の季語になっているほか、中華料理店などでの「冷し中華始めました」という貼紙も知られている。 韓国では「冷ラーメン」と呼ばれる。 中国では「日本式涼拌麺」と呼ばれる。 台湾では「日式中華涼麺」と呼ばれる。 続きの詳しい写真25枚と説明と画像は↓ https://ameblo.jp/tabicom/entry-12479186185.html