画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:小金井市のYさん
JetさんがNo.1310でコメントを付けてくださいましたので話を続けます。 今回はニコンのレンズについてです。 >構成図を見て一番分かりやすいのはニコンで,従来型のダブルガウスを基本において,その前後に配置したエレメントで収差補正の徹底を図っています。 私はこのレンズ構成を見てこう考えるのです。 諸収差の改善法 ⇒ レンズを大型化し広いイメージサークルの中心部だけ使う ⇒ 商品性の点で大型化はできない ⇒ レンズ直前に縮小光学系をおいて大型レンズと等価にする(レンズの中心部だけ使う) ⇒ レンズ後端に拡大光学系を置いて光像の大きさを戻す *撮像素子に向かう面が発散系になるので保護ガラス等からの反射光に強くなる。 こう理解したのですがいかがでしょうか?