画像サイズの変更:標準サイズ元画像
投稿画像
投稿者:Beaver
銀塩時代は1枚1枚が貴重なフィルムでしたので、シャッターの無駄打ちがないようしていましたので逆にというか動く鳥のいいチャンスをとらえるのは非常に難しく全くいい写真がありませんでした。最近この鳥が出た時は何百枚も何千枚もシャッターを押しましたが、銀塩当時はフィルム5本持って行っても百数十枚で終わりで後は帰るしかありませんでした。そして数日後の現像結果を見て全くだめだったというのが分かるという状況でした。本当にここ十数年内に始めた人は幸運というしかありません、昔だったら数回やったらあきらめただろうし、そんな状況では高価なレンズ、カメラを買うことはなかったでしょうね。