画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:ベンツ紫塗り
<写真> こちらは、本家のプロコル・ハルム 「青い影」のレコードジャケットです。 いつ聴いても、いい曲ですね。 イントロでバッハの管弦楽組曲第3番「G線上のアリア」を引用したといわれている、 オルガンがとてもいいです。 1988年にNISSAN(日産自動車)から発売されたS13型シルビアの CMソングに使用された事を思い出しました。 ******** ジャケットの表紙(裏面)の説明文より ************ ★青い影 A Whiter Shade Of Pale 唄: プロコル・ハルム  (PROCOL HARUM)  1966年にまずマネージャーのキース・リードが詩を作り、 1967年にゲーリ・ブルーカが加わって、 2人でバッキンガムシャーの山小屋にこもり、 3週間を費やして書き上げたという近来ない大作です。  原曲は9分もの長いものでしたが、 レコーディング・プロデューサーのデニー・コーデルの指示で、 現在の長さにしたものです。  全員がバロック音楽に凝っているだけあって、 お聞きのようにバッハの教会音楽をとり入れたR&Bで、 内容も「生命はうつろいやすく、我々は今不安な気持ちでいる。 それは船酔いにも似たもの。 暗い雲の声に私の夢は呼び起される。 彼は真実は見定めるには余りにも単純なものだと言った・・・・・・」 という哲学的なもので、ソロはゲイリー・ブルーカー。  たとえようもなく美しいメロディーを持ったこの曲を、 英国紙は、゛ビューティフル・ビューティフル・レコード゛と 表現しました。 イギリスで5月20日の1日だけで8万7千枚の売り上げを記録、 5月27日付のキャッシュ・ボックス誌11位、 メロディー・メイカー誌14位で初チャート以来急激に上昇しています。 <解説: 北山幹雄> *****************************************************