画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:beaver
夢のような。私の生まれは熊本で高校までは熊本で育ちましたが、その後は転々で今は茨城に長く住んでます。ですから長期の休暇があればよく実家の熊本へ帰ってました。 二十歳の頃、帰省中に出水に鶴を見に行ったのが初めてでソデグロヅル、タンチョウ、アネハヅル以外の鶴は見てきました。 その後、帰省中に出水に出たソデグロヅルを見に、そして近くの千葉でも見れました、タンチョウは北海道勤務時代に見れましたが アネハヅルは見れずにいました。 数年前に茨城にアネハヅルが現れたのを見ましたが、羽が切られているような痕も見え何となく自然のアネハではないような気がして、まだ実物を見たような実感はわいていませんでした。 で、今回、この時期に、それも6羽、そしてその場所がちょうど頼まれて仕事に行ってた場所のすぐ近くで、あのM氏からニュースに出てるよと教えていただき、見に行けるチャンスが、本当に夢のような話でした。 日没も遅く、その日の仕事が終わってからでも見に行けるところでした。 夢で終わらないでくれと祈りながら焦る気持ちを抑えつつ二日目の仕事が終わって現地へ行くと。 何と朝までは居たがもう居なくなったと・・・・ やはり夢だったかと。 で、やはりこの暑い時期にはすぐに帰ってしまうだろうなと諦めつつも、まだ居たという夢のような話がはいってこないかなと全ての仕事を終わって東北を回って帰ろうとしていましたら、まだ居たよとの夢のような話が舞い込んできました。 夢で終わらないでと願いつつ明くる日の早朝には間に合うようにすっ飛んで行きました。 朝4時頃、明るくなって探し出し始めました。全く見る影もなく探すこと2時間、やはり夢だったかと諦めていたその時、目の前の黑っぽい耕されたばっかりの大豆の畑に黒い影が数個うごめいているのが見えました。 居ました! 夢が叶いました。 多くなりますが1日目は雨の中、二日目は熱い真夏日の中、いっぱい撮ってきましたので、その成果を。まずはチョロッと。