画像サイズの変更:標準サイズ元画像
投稿画像
投稿者:H&F films
第2弾は斑紋変異の王道テントウです。 この個体は今年先月初めに県南部にて撮影しました。かなり変わった斑紋と思います。 種としては、ナミorダンダラor独立種?と思います。いろいろ調べましたが、独立種の線は無いようです。もしあるとすると「ボウソウイチモンジテントウ」?辺りでしょうか? ナミかダンダラかですが資料にはいくつも相違点を示されています。触角の長さ、体長 ベース色等々・・・。 が、これについては自分達は全く自信がありません。昆虫を生業にされている専門家でさえこの件で何度も痛い目にあっているのか、この件はアンタッチャブルにされておられる方もおられるようですね。 で、自分達は今個体はナミテントウと考えています。 撮影地は私達の撮影エリアで唯一、大好きななイチモンジハムシに逢える場所として大事にしている場所で、この日もいつも通り撮影でき喜んでおりましたら今個体が目に入ってきたのです。オレンジバンドに四つ並んだ黒ドット(胸上、上翅上も違います)でしたので全く違和感なく撮影を続けましたが、帰宅後、確認すると「何だこれ!!!?」でした。 あと違和感があったのはシダの葉上にいた事です。幼虫や蛹も見つけられました。 テントウは草食ではない筈?ですしシダに何か好物がいるのか、考えると不思議です。 ここに行くのはいつも田植え前の頃で来年確認しようと思っています。 ともかくも、ネットや図鑑にこの様なナミの斑紋変異画像は見つけられないために投稿 させて頂きました。