掲示板 > 記事観覧
新年:石狩湾新港 ( No.110 )
日時: 2021年01月15日 14:38
名前: 樋口孝城 [ 返信 ]
[ 編集 ]
新年になっても当然のことながらコロナが収まる気配はなく、探鳥会が開催できるのはいつになるやらです。ともかくも今は鳥を見るにしても、できるだけ人のいないところでとなるのですが、そういう意味では石狩湾新港はいいかもしれません。
昨日、愛護会の知人からコオリガモ雌などの知らせを貰い、今日午前中に東埠頭船溜まりに行ってきました。教えてもらったコオリガモ雌がいました(左上)。時々シノリガモの群れ(右上)に入るのですが、どちらかというと単独行動が好きなようでした。
海域ではやや珍しいホシハジロがいて、こちらはシノリガモと一緒にいるのが好きなようでした(左下)。スズガモが群れでいましたが、こちらは眠ってばかりでした(右下)。
これら以外にはウミアイサ、オオセグロカモメ、シロカモメが少数で、教えてもらったセグロカモメとワシカモメはみられませんでした。
天気予報では日中は穏やかということでしたが、石狩湾新港はだいたいが例外で、そこそこの風、かなりの波でした。春近くになるとカイツブリ類なども増え、楽しくなります。それまでにコロナが収まってくれることを願うだけです。

▲ページの最上部に移動 | トップページへ
タイトル
名前
E-Mail
パスワード(記事メンテ時に使用)
コメント
ファイル





文字色
Powered by Rara掲示板