旧世論型AAR掲示板(更新停止)


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

ResForm
50件以上レスがつけられない設定になっています。新しいスレッドを作成してください。


Independence Day
ナレーション 投稿日:2019年05月30日 21:54 No.11121
ヴァーサ市の戦闘において、夥しい犠牲(その多くは非戦闘員)を出しつつも「血と名誉」戦闘団はこれを制圧し、
勢いに乗ってポフヤンマー県全域を支配下に置いた。

ポフヤンマー県はスウェーデン語が優勢な地域であり、スウェーデン語ではエスターボッテンとも呼ばれる。
そのため、ラプアからの攻撃もその分苛烈であった。
「ラプア」を排除したことによって、ベックスは現地スウェーデン人の支持を固めたのであった。

その、支持の下でベックスはかねてより企んでいた計画を実行に移すのであった。


沿岸スヴェーア社会共和国独立宣言 RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年05月30日 21:58 No.11123
諸君!エスターボッテン、そしてヴァーサの市民諸君!

いわゆるラプアを名乗る暴徒たちは我々スヴェーア民族に対し、言葉にしようのない残虐極まる行為によって迫害した。
同じスカンジナビア王国の民として平和に暮らしていた我々を狂ったように狩り立てたのである。


我が民族はこの苦難にあっても痛みと誇りを分かち合い、戦ってきた。
そしてフィンランド政府は何をしたか!


何も!

ラプア共に流されるままに我々スヴェーア民族を嬲り!犯し!殺めたのである!
フィンランド=ラプアと言っても過言ではない。

無論、我々はスカンジナビアからの独立を欲するわけではない。
引き続き連合王国の一部としての立場は維持すべきである。
しかし、最早我々はかのような虐殺者達と共に同じ王冠の下にいることは不可能だ。


故に、今日をもって我々エスターボッテン県はフィンランド王国からの独立を宣言する。
そして我々自身の為の新たなる祖国、沿岸スヴェーア社会共和国の樹立を宣言するものである!

古きフィンランド王国に呪いあれ!
新しき沿岸スヴェーアにオーディンの祝福あれ!
社会共和国万歳!

スヴェーア万歳!


ストックホルムより スカンディナヴィア人民党員 投稿日:2019年05月30日 22:14 No.11129
私 ラルフ・トレングレンはスヴェーア社会共和国を非難する!

何故ならば北欧の兄弟たるスオミ達に対しかのラプアのような残虐行為をおこなったからだ!

我々心あるスカンディナヴィア市民はかのラプア及び社会共和国を弾劾せねばならん!


ラルフ・トレングレン(スウェーデン人民党・史実のフィンランド首相)


弾劾演説 スウェーデン系フィンランド人知識人 投稿日:2019年05月30日 22:34 No.11133
 そもそも19世紀に我々を見捨て、ロシアに売り渡したのはほかならぬスウェーデンではないか。それが、今更スヴェ―ア民族の連帯だと……。
「我々はもはやスウェーデン人ではない。かといってロシア人にはなれない。フィンランド人でいこう!」
 19世紀にそう言ってフィンランドの国民運動を開始したのは我々スウェーデン系フィンランド人だ。我々こそが、最初のフィンランド人なのだ。
 何がゴートだ! 何がスヴェーアだ! 虐殺機関に売り渡す魂はないぞ! 我々はフィンランド人だ! フィンランド万歳! (どこからともなく流れ出すフィンランディア)


RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年05月30日 22:51 No.11134
Republiken Sociala Coast Suvea

(…これが俺たちの新天地の名前だ。
この際、首都所在地からヴァーサ共和国という通称もいい。
イングリッドの雌豚は俺たちを売り渡そうとしている。
民族革命の先頭に常に立ってきた我々をだ。
…なら、売られる前に、新たな市場を作るまでよ)


とりあえずは、アズナポリに警察をやらせて「ラプア」共を狩り続けろ。
難民の協力は得られる。

>No.11129
(声明があったことの報告を受けて)
これはここの選出だった議員か?
スカンジナビア中央からの干渉をどう受け流すかが問題だな。

>No.11133
…これは現地のようだな。
アズナポリに好きにやらせるか。


さて、この国の体制だが…
共和政だ。

あー…もしかしたら君主主義者のヴァーサ運動同志諸君の中には反感を覚えるかもしれないが、君主を置けない。
我々は今のところ「スカンジナビアの統一を訴えるフィンランドからの分離主義勢力」だからな。
我ながら分離したいのか統一したいのかさっぱりだ。

まぁともかく、現状ではどこから貴族を招くこともできん(レジティマ辺りに打診してもいいかもしれないな)

とりあえずは、この新国家の足場を固める。
方針はこうだ。

1.公用語をスウェーデン語のみとする
2.「ラプア」語使用禁止
3.「非ラプア化」裁判の実施
4.他地方からのスヴェーア民族難民の受け入れ
5.「我々」の現地化



…そうだ、こうなった以上俺たちはウプサラにもイェーテポリにもストックホルムにも戻れないと思え。


ここが新天地、楽園、死に場所だ。

↓共和国国章


あたらしいわたしたちのくに 共和国国営ヴァーサ中央放送局 投稿日:2019年05月30日 23:04 No.11135
こんにちは!
新しい共和国の国民の皆さん!


今日は私たちの国の基本方針をしっかりと覚えましょう。
私たちはあの悪魔のようなラプアたちに迫害されてここに集いました。
新しい国家は私たちが主人公の国です。
ラプアや、ラプア容認派、ラプア追従派の居場所はここにありません。
彼等を見かけたら共和国特別高等警備隊に通報しましょう。
彼等を放置すればまた私たちが虐殺の憂き目にあうかもしれないからです。

そして、皆さん誇りをもって私たちの言葉「スヴェーア語」を使いましょう。
「ラプア」語を使ってはいけません。
あの辛い、圧制を思い出すことはないのです。

最後に私たちを解放してくれた「礼儀正しい人たち」に感謝しましょう!

共和国万歳!


独立記念軍事パレードの準備 RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年05月30日 23:28 No.11137
行進はじめっ!


(ザッ…!ザッ…!ザッ…!ザッ…!)



…ふむ、足並みも、リズムも、演奏も整っているな。



やり直しだ!


いかにもさっき結成しました感を出せ!

おいそこの!ガムを噛め!
「なんかあまり規律取れてないなぁ」って思って貰えるようにしろ!
いつものようにカッコよくやるのは半年たってからでいいぞ!


楽にやれ!楽に!


裁判記録 非ラプア化裁判 投稿日:2019年05月30日 23:52 No.11138
検察:まずお名前をお願いします(スウェーデン語で)
被告:何言ってるのかよくわからんな…(フィンランド語)
検察:裁判長!これは彼がラプアである証拠の一つです!スウェーデン語の多い地域に居住しながらそれを拒んでフィンランド語のみで生活していた!このような偏狭な方がラプアとしてスヴェーア民族を虐殺したのです!
(傍聴席から「そうだー!」「死刑にしろ!」「こいつらが俺たちの家族を殺したんだ!」の声)
裁判長:認める。
被告:(通訳兼弁護人から内容を聞いて)めちゃくちゃだ!
裁判長:被告は静かにしなさい!
検察:次に、彼の家族にラプアの党員がいました。彼とは仲が良かったみたいです。これもラプアである証拠ではないでしょうか?
被告:(通訳兼弁護人から内容を聞いて)弟と仲が良かっただけだ!俺はラプアなんか支持してない!弟にやめろとすら言ったぞ!
裁判長:被告は公用語で話しなさい。
検察:次に、あなたは共和国政府に対して街頭にて反対演説を行いましたか?
被告:(通訳兼弁護人から内容を聞いて)お前らはラプアがしてきたことを俺たちにしてるだけだ!俺はラプアじゃない!スウェーデン人の友達も多いんだ!なんでこんな目にあうんだ!お前らこそラプアと何が違うんだ!
裁判長:被告は公用語で話しなさい。
検察:最後の質問です。あなたはラプアに賛同しましたか?
被告:(通訳兼弁護人から内容を聞いて)エイ!(フィンランド語でいいえ)
検察:被告の言ってる意味が分かりません。沈黙とみなすべきです。
裁判長:これ以上の審議の必要性を認めない。被告人は有罪。ラプア党員としてスヴェーア民族虐殺に加担した。よって死刑。以上閉廷。

被告人は一貫して黙秘を貫いていた。
しかし、検察から上げられた証拠からラプアであることは明白であるとされた。
死刑は即日執行された。

(取り消された部分は何を言っているのか分からないため沈黙と同様とする)


スウェーデン系塗装工 投稿日:2019年05月31日 23:37 No.11205
こんなクソ言語とはおさらばだ!
(フィンランド語の道路標識を消してスウェーデン語で書き直している)


スウェーデン系地主 投稿日:2019年05月31日 23:58 No.11214
フヒィィィィ
どうにかここまで逃げられたがあのクソ野郎どもめ!!
ワシのかわいい農園を返せ!!!


RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月01日 00:16 No.11218
>No.11214

これはこれは…
よくご無事で…地主?だったとか。

ようこそ、我々の新しい共和国へ。
偶然にも我々の祖国は今土地が空いてましてな…
お売りするとは申しません、「無主地」をぜひ管理していただきたいのですよ。


ヴァーサ市議 投稿日:2019年06月01日 00:18 No.11219
我々スウェーデン系の市議団は、共和国の独立を断固支持する!

ラプアの連中は全員逮捕だ!




BWF戦闘部隊幕僚 アズナボリ 投稿日:2019年06月01日 00:22 No.11221
>11214
(ケッ、資本家かよ)

ヴァーサ共和国ヘッグ村の村長として、新たなスヴェーアの「仲間」を歓迎します!!
ようこそ、スヴェーアの理想郷へ!!

一同!歓迎の祝砲!!

BAM!BAM!BAM!BAM!BAM!BAM!BAM!(空砲)

(どさくさでスレスレに実弾飛ばしても分からねえかな)
BAM!(地主の足元スレスレで跳弾)


スウェーデン系地主 投稿日:2019年06月01日 00:23 No.11222
なっなっなっなぁ!
やっ止めろぉ!クローナなら幾らでもだ‥‥

フヒュッ‥‥‥(失神)


RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月01日 00:26 No.11223
指導者。

そう、今この共和国に足りないもの。それが指導者。
絶対的な権力と権威を確立し、それを躊躇なく振るう「王」
これが不足している。

俺やアズナポリは無理だ、「権威」がない。
ラーム派はもともとユーリア姫様の権威の下に結束していた。
だが、彼女は逃げてしまった。
そして、俺たちにBWFにおける居場所はなくなったのだ。
イングリッドは俺たちをスカンジナビア当局に売り渡す気だったのだ。

そうはいくか、ユーリアの姫様やノルデンのような先駆者ならともかく、シクヴァルの女だっただけのイングリッドについていけるか。
大体シクヴァルの女で指導者になれるんだったら他にいくらでもいるだろうが!
それこそ議会がもう一個できるレベルだ。

>No.11219

議会の命令ともあれば…我々は徹底して任務を遂行します!

>No.11222

アズナポリ!ここではスヴェーア人は貴重なんだ!撃つな!

…怪我はないか調べろ。
後で俺が謝って別の土地を紹介する。


ここでベックスを撃たないのは真の尊敬の証 BWF戦闘部隊幕僚 アズナボリ 投稿日:2019年06月01日 00:31 No.11226
>11223
失礼いたしましたッ!!指揮官殿!!
(銃床でブン殴られながら敬礼)

では、さっそく手当いたします!!
(チッ、資本家め、当ててねえのに大げさに漏らしやがって……)


RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月01日 00:45 No.11227
>No.11226

地主を撃ちたいのなら「他に」いくらでもいるからそれを撃ってこい!


さて、この村の付近に収容s…じゃなかった。
フィンランド人市民避難所を作ることになったのでそこの所長になってくれ。
あぁ、それと入れるべき市民も連れてきてくれた構わんぞ。
存分に歓迎してやれ。

それと…まぁ、「避難所」にラプアが潜入してるかもしれないので定期的に掃除してくれ。


BWF戦闘部隊幕僚 アズナボリ 投稿日:2019年06月01日 00:48 No.11228
>11227
(「ストック」はもう大半撃ってしまったのは黙っておこう)

了解いたしましたッ!!シェールル・アズナボリ、「避難所」所長の任、拝命いたします!
与えられた仕事は「バシッ」とこなしてみせましょう。


共和国国歌 共和国国営ヴァーサ中央放送局 投稿日:2019年06月01日 01:53 No.11229
美しく強き沿岸のスヴェーア
オーディンに祝福されし祖国
大いなる民族の城塞よ
讃えよ我等が社会共和国を

沿岸のスヴェーアの共和国よ永遠なれ!
永遠なれ、スヴェーアの祖国よ!
誇りある民族と共にあれ!

雄々しく気高き沿岸のスヴェーア
英雄たちに守られる祖国
統一されし民族の故郷
讃えよ我等が社会共和国を

沿岸のスヴェーアの共和国よ永遠なれ!
永遠なれ、スヴェーアの祖国よ!
誇りある民族と共にあれ!

我等が愛する沿岸のスヴェーア
不朽にして不滅の祖国
偉大な民族の村々よ
讃えよ我等が社会共和国を

沿岸のスヴェーアの共和国よ永遠なれ!
永遠なれ、スヴェーアの祖国よ!
誇りある民族と共にあれ!


【極秘】軍備に関する報告 RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月01日 20:31 No.11253
【陸軍】
 我々はフィンランドの正規軍出身者も少なからず混在するラプア軍に後れを取らず戦ってきた。
現在のところ、エスターボッテン地域の制圧は終了し国家体制の既成事実化が急務となっている。
兵器については旧フィンランド軍基地に備蓄されていたもので十分に足りている。
ただ、スヴェーア本国から輸送してきた武器との互換性に難がある。
スヴェーア本国から輸送してきた武器については徐々に置き換えるものとする。

 機械化兵力に関しても潤沢とは言えないもののフィンランド軍の戦車、装甲車を用意できた。
また、「取引」によって少なくない数の装甲車両を調達できた。

【海軍】
 制海権はスカンジナビア連合王国軍の手にある。我々は反スカンジナビアではないためこれを整備する必要性を感じない。

【空軍】
 ヴァーサ市の郊外にあるヴァーサ空港を制圧後、そこに放置されていた輸送機を爆撃機に改修しつつある(僅かな数だが戦闘機も入手した)。我々の中にパイロットは指を数える程度にしかいなかったが、現地スヴェーア人の中に元フィンランド空軍のパイロットがいたため人員は充足している。しかし、いずれにせよ連合王国空軍に対して抵抗できるものではなく、あくまで戦術レベルの運用が限界である。


フィンランド首相フォン・ヘッセン 投稿日:2019年06月01日 22:58 No.11265
諸君!エスターボッテンにしてポプヤンマーの市民、いやスウェーデン系スオマライネン諸君!

諸君の一部がヴァーサにて、独立を宣言したことを余は知った。

なるほど、確かにラプアの暴徒による騒擾、もはや目に余ることがあったろう。
そして、ラプアについては我が父カールレにその責の一端があることは疑いない。
余としても、その点については衷心より痛惜の念を禁じ得ぬ…。


しかしながら、スウェーデン系スオマライネン諸君は、スオミの悠久の歴史の一部であり、
その紐帯はストックホルムより、ヘルシンキの方が強いことは、諸君らも知っているはずだ。
我がスオミの「外」はいざ知らず、スオミ内のスオマライネンには民族、言語の違いはない!


思い出せ諸君!我が国最大の作曲家、「フィンランディア」の作者シベリウスは何者か。
北東航路を開拓し、北極海から日本までたどり着いた探検家ノルデンショルドは何者か。
我が国がロシアから独立したとき、内戦を勝ち抜いて独立を確保した我らの英雄マンネルヘイム元帥は何者か。
彼らはスウェーデン系であるからスオマライネンではないのか?
それとも彼らのやったことはしょせん「外国人」のやったことで、我が国に関係ないというのか?


否!

彼らは間違いなくスウェーデン系であり、そして我々と同じスオマライネンである。
政府は、スウェーデン系スオマライネンの財産及び権利を、
フィン系のスオマライネンと同様に保障することを約束しよう。

スウェーデン系スオマライネン諸君、我らは同胞である。共に手を取り合い、復興を行おうではないか。


余と政府は「沿岸スヴェーア社会共和国」なる存在を一切認めない。
何故なら、同胞たるスオマライネンは不可分の存在故。

…火事場泥棒並みに我が国に押し入ってきたグスタフ・ベックス。
そしてそれに従いスウェーデンより渡来した一党。
つまり「スオミ籍を持たないスウェーデン人」。

彼らはスオミにとって侵略者であり、
スカンジナビアであっては同胞を傷つける殺人者であり、
連合王国国王に背く大逆犯である。
[

彼らに従うことはない。スオマライネン諸君、正道に戻ることを強く望む。
そしてスオマライネンではない「スヴェーア人」諸君。
我らスオマライネンの怒りを受ける前に、速やかに退去せよ。
これは警告である。速やかに、我らの怒りを受ける前に、スオミから退去せよ。


スウェーデン系フィンランド人 投稿日:2019年06月02日 00:29 No.11294
!!!
(あぁ、陛下が沿岸共和国を否定されたならばもう終わりだ…)


ゴート人にしてラプア王に告ぐ RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月02日 02:23 No.11301
諸君!エスターボッテン、そしてヴァーサの市民諸君!

ラプアはゴート人カールレと結託してその勢力を広げた。
ラプアはスヴェーアの軍勢によっていったん滅ぼされたが、また蛆虫のように這い出て我ら無辜のスヴェーア民族を迫害している。
我らが同胞の血でボスニア湾の水位がどれほど上がったことか。
そして、ラプアによって汚された王冠の持ち主であり、カールレの息子のゴート人は言う。
「ラプアの王に従わぬスヴェーア人はスヴェーアの土地から去れ」と。

我等は政体として共和制を選択した。
我等は君主制を否定したいわけではないのだ。
ただただラプアと結託した汚らわしき血族の支配を拒否するがために共和制を選択したのだ!

我等の同胞の血に塗れ、なおも王冠を捨てぬゴート人。
スヴェーア人の臣下として我が民族に忠を尽くすべき民族であるにもかかわらず、こともあろうに王を名乗る不敬の輩の言うことを聞く必要があろうか?

彼は父の過ちを謝罪するかのような真似までした、だが王太子にできることはいくらでもあったであろう!
まるで自らは関係ないかの如き言い方である。

そして、我等は海を越えてきた。あるいは、この地で立ち上がった者もいる。
何故か?

我等は隔てなくスヴェーア民族であるからである。
我が民族のいるところ、そこはスヴェーア民族が自らの運命を決める場所でなくてはならない。

我がスヴェーア民族は完全に独立した民族であり、他の民族を指図する事はあっても、他の民族の指図を受けるような義理はない。
我が民族は大神オーディンに選ばれた民族であるからだ。



むしろ火事場泥棒並みに北欧に押し入ってきたのはゴート人であろう。
ヴィルヘルムの手先としてババリアだかサクソンから渡来した一党。
つまり「北欧にルーツを持たないゴート人」。
彼らはスヴェーアとって侵略者であり、
スカンジナビアであってはゴート人の帝国の植民地支配の手先であり、
北欧の歴史と民族に背く大逆犯である。


彼らに従うことはない。スヴェーア民族諸君、民族主義の道を驀進しようではないか。
そしてそもそも北欧人ですらない「ゴート人」諸君。
大神オーディンの怒りを受ける前に、速やかに退去せよ。
我等は決して屈しない。スヴェーア民族は、スヴェーア人の王以外決して認めない。


ゴートの手先よ、ゴートに帰れ

スヴェーア民族独立万歳!


ナレーション 投稿日:2019年06月02日 21:44 No.11342
ウーメオ沖をクルーザーが行く
進路は南東、フィンランドの「沿岸」である。


そこへ一隻の警備艇が現れる。
スカンジナビア軍でもなければ、フィンランドの反乱軍でもない。
今や懐かしきスウェーデン国旗に、ヴァーサの紋章を付けた…


共和国独立海軍旗艦「エルランド」 RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月02日 21:47 No.11344
ようこそ、我が民族の共和国へ。歓迎しますぞ同胞の皆さん。
本警備艇『エルランド』は我らが海軍の初代旗艦です。


20mm機関砲を一基、そして魚雷発射管を二基備える…まぁ魚雷艇ですな。
もっとも、魚雷発射管は空ですが。
まぁ、ともかく本艇に続いてください。


ナレーション 投稿日:2019年06月02日 21:50 No.11346
今はあまり見なくなったスウェーデンの旗が警備艇の後部に靡いている

ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 21:51 No.11347
……懐かしいね。
スウェーデン国旗だ。

最近はあまり見なくなりましたよね、シュワルツさん?


SNFP党首 シュワルツ 投稿日:2019年06月02日 21:56 No.11349
ああ、確かに懐かしい。
スウェーデン国旗を掲げる軍艦か…
幾年ぶりに見る。

だが、真ん中の赤い紋章は不要じゃないかね?
あれではまるで、スウェーデンがどこかの政党に乗っ取られたみたいじゃないか。


…我々SNFPが今回の視察に代表団を派遣するのは、現地の状況を把握するとともに、スウェーデン系住民の「態度」を見極めることが目的だ。
何か収穫があればいいが…


ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 21:57 No.11350
……いやいや。
あれは区別のためのものだろう。

ここはスヴェーア民族の土地ではあるが、スウェーデンではないのだから……


「共和国」到着 ナレーション 投稿日:2019年06月02日 21:59 No.11351
ヴァーサ港、スウェーデン語が飛び交う。
漁師たちもスウェーデン語で話しており、元気よく働いている。
特に珍しくもない光景である。
ここが少し前までフィンランドであったという事実を除けば。


RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月02日 22:02 No.11352
ここが我らが港、ヴァーサ港です。
まぁ、ここにはよくある港町の光景が見られるかと思います。
至って平和です、ラプア戦争など見る影もない。

ここは戦前からこんな感じでした。
スヴェーアの民が作り、スヴェーアの民が住んできた、スヴェーアの一部なのです。

(漁師から手を振られて振り返す)
ボスニア湾の対岸では珍しくはないかもしれませんが…
まぁこっち側でスヴェーア人が安心できる港は今のところここだけですな。


ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 22:04 No.11354
(……こいつは、嘘を言っているな)
(建物に弾痕が残っている)
(隠蔽の後があるが……)


港の様子を見ながら SNFP党首 シュワルツ 投稿日:2019年06月02日 22:06 No.11355
それにしても、フィンランド語を話す人間がやけに少なく感じるのは気のせいだろうか…
この過激派、随分と手の込んだ接待を用意をしているようだ。
油断禁物だ…


新しき子ら ナレーション 投稿日:2019年06月02日 22:08 No.11356
一行は小学校へ向かう。
小学校ではすべての授業がスウェーデン語で行われている。
どこの小学校にもある光景、悪ガキと委員長気取りの女子生徒が喚いている。
また、スウェーデン国王とヘッグの尊影が掲げられている。
ただ、教育内容自体はいたって普通である。
スウェーデン本国と大差がない。


SNFP党首 シュワルツ 投稿日:2019年06月02日 22:14 No.11357
ほお、スウェーデン王室の肖像が掲げてあるとは。
いやあ、中々の愛国心ですな。
ところで、その隣にいるよくわからない男はいったい誰ですかな?
陛下の隣に肖像を掲げられる名誉を賜るとは、さぞ偉い方なのでしょう?


陛下の隣はヘッグか…

何というか、いつものヴァーサといった趣だな。

この連中、スウェーデン王室に対する忠誠心など微塵も抱いていないのだろうな。



ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 22:15 No.11358
(黙し、ヴァーサ式の敬礼をする)

RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月02日 22:20 No.11359
お二方とも共に偉大な方ですからな…
かたや民族国家の王、かたや民族精神の指導者ですので。

我々は共和国です。
ただ、前にも言ったと思います。
私たちは共和主義者ではありません。
共和制を選んだのは、ラプアの王を否定する手段にすぎない。
…本当は対岸と同じ一人の王を戴きたいのですがね。


SNFP党首 シュワルツ 投稿日:2019年06月02日 22:25 No.11361
ほう、民族の精神指導者ですか。
なるほど。

ふん…何が精神指導者だ…
所詮は右派の野党指導者…
私より少し人気があったくらいの存在だろう。
ヴァーサの連中、思い上がりすぎだ。

ラプアの王を否定するために共和制を選んだという説明も理解に苦しむ…
ここは「嘘つきと泥棒の国家」か?


ナレーション 投稿日:2019年06月02日 22:27 No.11363
前線へ向かう。
途中、ヴァーサ空港による。

空港に近づくにつれ戦争の匂いが濃厚になる。
道端では捕虜となったラプア兵をボコボコにする難民の姿がある。
共和国兵は止めようともしていなかった。

また、ちらほらと旧式ではあるものの戦車の姿も見える。

空港に着くと
そこへ共和国空軍の複葉機が爆撃任務から帰って着陸していた。


ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 22:28 No.11364
……シュワルツ氏。
少々異様ではありませんか?

私も貴方も、スオマライネンに対する人道などは大して気にもせんのでしょうが、それでも加減というものがある。

やはり、これは……


兵士から状況を聞きつつ RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月02日 22:28 No.11365
ここから先は前線です。
装甲車に乗り換えてもらいます。
途中、ラプアによって消された村がありますのでそこで現状を見てほしい。


SNFP党首 シュワルツ 投稿日:2019年06月02日 22:30 No.11366
簡単な話だよ。

ここはショーウィンドウだ。
我々客人に見せるためのね。

君がデパートのオーナーなら、ショーウィンドウには残さないだろう?
つまりはそういうことだよ。

連中、中々派手にやったようだね。


ナレーション 投稿日:2019年06月02日 22:34 No.11367
ラプアによって壊滅した村。
村自体は既に共和国軍によって奪還されているが人は一人もいない。
壁の至る所に血痕がある。

老婆が「私の家を返せ」と叫んでラプア兵を鞭で打っている。
共和国兵が避難を促しているものの、老婆は聞かずラプア兵を打ち続ける。

やたらスオミ機関短銃が散乱している。
共和国兵がそれをトラックに積み込んでいる。


悲しそうな顔で RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月02日 22:37 No.11368
ラプアの連中、スウェーデン語しかしゃべらない村を見つけるとやたらめったら機関銃を撃ちまくるんですよ。
我々が来た時には住民はもうほとんど殺されてましたがね…


ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 22:37 No.11369
(こりゃ、なんだ?)
(ミステリの謎掛けそのものではないか)
(裏に居る人間はどうやら、そういう偽装に慣れ親しんでいないらしいな)
(戦闘狂、か)


SNFP党首 シュワルツ 投稿日:2019年06月02日 22:40 No.11371
おお…これは酷い…

どうせこれも演出だろう。

こんな辺鄙な村で貴重な時間を消費するほど、ラプアの連中も暇でないだろうに…

…ひょっとして、自作自演か…?


ここがスウェーデン人の村であるとアピールする RSCS独立軍司令官 グスタフ・ベックス 投稿日:2019年06月02日 22:42 No.11372
この祠を見てください。
えぇ、生き残りの村人曰く17世紀?くらいの物らしいです。
皆さんも読める文字で書いてありますよ。

ここは昔から我が民族の村だったんですよ。
今じゃ血まみれの墓場ですがね…


ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 22:48 No.11373
(……ふむ、祠そのものは本物だ)
(祠そのものは、ね)
(村全体からは贋作の臭いが立ち込めている)


ナレーション 投稿日:2019年06月02日 22:53 No.11375
一人の男が感激しつつ共和国兵に語り掛けている。
「いやラプアが来たときはもうだめかと思ったよ。あんたらのおかげでみんな助かった。村はダメになったけど俺たちで力を合わせてあいつらを追い払えたよ。ありがとう!」

そしてその男はその辺にいるラプア兵の捕虜の頭を蹴飛ばしていた。


ヨアキム・ミルド 投稿日:2019年06月02日 22:56 No.11378
(「殆どが死んだ」って言ってたよな……)
(彼もそうだが、老婆のような足の遅い奴も生き残っているわけだが)
(この血液、スオミの連中のものだな)


SNFP党首 シュワルツ 投稿日:2019年06月02日 22:58 No.11379
ほう、生き残りの方はなかなか元気が良いようで…
いや、うれしいことです。

説明を聞く限り、生き残りはもっと疲弊しているものかと思ったが…
それに、服装を見る限りそれほど傷ついた様子もない。

ひょっとしたら、最初から最後まで、全てが演出か?