旧世論型AAR掲示板(更新停止)


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

ResForm
お名前
タイトル
画像添付


アイコン [イメージ参照]
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色


戦争支持の大規模デモ
フィンランド人 投稿日:2019年05月20日 20:46 No.10687
我々は前線にて戦う!!!
我々は戦争を支持する!!!
スオミの誇りを取り戻すために!!!


(怒号に似た戦争支持の声がストックホルムの官庁街にこだまする)


フィンランド人大貴族 投稿日:2019年05月20日 20:52 No.10688
諸君!!!我々は一人の国家の英雄を失った。
それも、同胞たるフィンランド人の手によってである!!!
諸君!!!知っているだろう、我らが「国王」モーリッツ陛下が昨夜、反徒の手にかかり身罷られた!!

皆も知る通り、陛下は生前、フィンランド人のために生きたとは言い難い方だった。
だが、すでに皆も知る通り、陛下はフィンランドの王として雄々しく死んだのだ!!
参列したフィンランド人はみな王の臣下として戦った!!
私の傷もその際に受けた傷である!!!

王は我らの誇りを守るために戦った!!
ならば、臣下たる我らは王の遺命を果たさなければならない!!

カレリアを、イングリアを、そしてカッセルを取り戻すため!!
カリスト討伐の十字軍を!!


群衆「十字軍を!!」

世界最強の十字軍を!!

群衆「十字軍を!!」


フィンランド人佐官 投稿日:2019年05月20日 20:56 No.10689
私はあの大聖堂で死に損ねたフィンランドの軍人だ!!!
私はこの目で見た!!
王は、我らが王は、スオミの魂に目覚め、そしてスオミのために死んだ!!

ならば、王の遺命を果たすため、
邪悪なカリストに支配されたヘッセン=カッセルは、
我らがフィンランド人の手で取り戻さなければなるまい!!!

立て!!我らが同胞よ!!
スカンジナビアの旗の元に集い、逆徒をことごとく討ち果たすのだ!!


性の有識者 投稿日:2019年05月20日 20:58 No.10690
いやあ、盛り上がってきた。

誰もが憎悪で前が見えなくなっている。

きっと、今自分が何を言っているのか、よく分かっていないのだろうな。

自ら進んで屠畜場に向かう羊が、こんなにも愉快なものだとは思わなかった。

まあ、私にはどうでもいい事だ。
私のビジネスのためにも、せいぜい、お国のために精いっぱい戦ってもらいたいですがねえ。


体格の良いフィンランド人将校 投稿日:2019年05月20日 22:53 No.10694
我々の敵はスウェーデンではない。
我々の敵はフランスではない。

ではどの国か。
どの国が、我等の故地カレリアを奪い、
今この瞬間も、我等を奴隷にせんとして銃を向けている国がある。


ソ連!
奴等の事を思い出せ!
スウェーデンやフランスの影に隠れ、我々の領土を狙っている。
奴等の罠に掛かるな。
敵はスウェーデンじゃない。ソ連だ!



ロシア人が我々の事を何と言っているか知っているか?

"腰抜け"だ!

俺達が単独でロシアに勝てぬから、スウェーデンに保護されたと言われている。
お前達は本当に腰抜けなのか!?
スオミよ!先祖伝来の土地を渡して奴等の共和国に入りたいか!?
ロシア人の主人の下で働きたいか!?

俺は嫌だ。
俺と同じ考えの愛国者よ!軍の登記所へ行け!
この集会に軍の入隊ブースがある!軍は愛国者を必要としている!!

愛国者よ!インターナショナルを粉砕して、裏で手を引いているロシア人が!二度と!我等の地を踏まぬよう!奴等に理解らせてやる時だ!


フィンランド人青年 投稿日:2019年05月20日 23:03 No.10698
>>10694
俺は軍に応募するぞ!!
俺は愛国者だ!!俺は王の仇をドイツで取ってやる!!


フィンランド「国王」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月21日 00:19 No.10703
諸君!余はかの偉大なるフィンランド国王モーリッツ1世の兄にして、ヘッセン=カッセル方伯、フィリップ・フォン・ヘッセンである。

諸君、今やスオミは危機にある!
正統な国王は弑逆され、今や国内は左右の区別もつかぬ匪賊の跳梁跋扈するところとなった。
それに加え、聞くところによればソ連との合同を企む勢力すらいる!
なぜ我がスオミが、かくのごとき偉大な王を持ったスオミがこうなったのか。
そもそもなぜ我が弟モーリッツは、その最後の輝きまで王足り得なかったか?
(「それは違う!」「モーリッツ1世万歳!」「先王の兄とて許さんぞ!」との声あり)

それは我がスオミが弱いからだ!スオミが弱い故にこうなったのだ!
我がスオミさえ強ければ、父も弟も王位を保ち、ロシアに腰抜けと呼ばれることもなかったのだ!
我がスオミは強くあらねばならない!
スオミが強くなるには?領土を広げることだ!スオミには本土とカレリアでは到底足らぬ、足らぬのだ!
北は白海から南はアーニネン湖、カレリア、コラ半島、イングリア、エストニア…
地球に存在するすべてのスオマライネンをスオミに!
スウェーデンに比肩し、スカンジナビアの柱石たるスオミを!
余はここに、大王モーリッツ1世の跡を継ぎ、偉大なるスカンジナビア連合王国内のフィンランド王、カレリア王、オーランド公、ラップランド大公、カレワラとポホヨラ卿たるヴァイノ1世にしてヘッセン選帝侯フィリップ1世であることを宣言する!
レニングラードをモーリッツブルクに変えよう!
志願せよ諸君!モーリッツが諸君らを大聖堂より見守っているぞ!
大フィンランドで力を得、しかる後に全ヘッセンを解放するのだ!


SNFPウプサラ支部長 フランセン 投稿日:2019年05月21日 00:33 No.10705
そうです。

ロシア人は臆病者です!

そして、スカンディナヴィアの国民は勇者です!
皆が歴史に名を遺すほどの雄姿を世界に示しています!

皆さん、スカンディナヴィアは世界にその雄姿を世界に十分に見せつけました!

次は、平和の時代です!

さあ、私たちと共に新しい時代を築きましょう!


労農運動指導者 フェリシア・ウリヤノフ 投稿日:2019年05月21日 00:54 No.10706
「…………」
↑ものすごく何か言いたいけど空気を読んで黙っている顔


ウメオ子爵ヨハン 投稿日:2019年05月21日 01:09 No.10707
私は確かにモーリッツ一世陛下の雄姿を見届けましたぞ。
王族、貴族とはかくあれかし、という見事な最期でございました。

戦後の領域については考慮に値するでしょう。
一野党議員としては非力ではありますが血の代償というのは重い意見です。
どこかで戦後の枠組みを決める選挙が行われるでしょう。その場では是非とも支持させていただきたい。


協調ブロック国際部長 オラフ・キドランド 投稿日:2019年05月21日 13:06 No.10711
凄まじい盛り上がりだ。
それだけかの王の死に様は偉大であったという事か。
今は良いが、この熱狂が埋伏の毒とならねば良いが

……フィンランドの主流派だったな、あの将校。
このタイミングで出てくるとは……調べておくべきだろうな


足早に官庁街を通りながら 疲れ果てたエプレボリ伯爵退役中将 投稿日:2019年05月24日 10:54 No.10767
(我々はあまりにも大きな借りをモーリッツ陛下に負うておる…
死者との契約ほど重いものは早々ない、何しろ返すことが甚だ難しいからの…

大フィンランド云々はともかくモーリッツ陛下の遺言が政治目的化すらしとる以上義務を果たす必要があるじゃろうな…)


フィンランド「国王」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月25日 22:23 No.10797
臣民にして愛国者諸君!既にヘルシンキにはラプアの暴徒に席捲されているとのことだ!
しかも、既にスウェーデン人のごろつきも我らが愛するスオミに入ったとの情報もある!
よろしい!もはや我々には、モーリッツのようにただ行動あるのみである!
ラプアやアカのチンピラは言わずもがな、戴冠式から手をこまねくのみの惰弱で無能なリュティにも我がスオミを任せておれようか!
余はここに、スカンジナビア連合王国内のフィンランド王国臨時政府の樹立を宣言する!
余もまず宮廷と政府を芬瑞国境のトルニオに移し、最前線に立つ!
我らが祖国は、我らの手で解放するのだぁ!


ヘルシンキ副市長 投稿日:2019年05月25日 22:27 No.10799
フィンランド王国万歳!!!

我らの領土は我らの手で取り戻すのだ!


フィンランド人大貴族 投稿日:2019年05月25日 22:27 No.10801
陛下に続け!!
馬を引け!!剣を鳴らせ!!武具を整えよ!!


「hakkaa päälle!」「hakkaa päälle!」「hakkaa päälle!」
(ハッカペル=叩き殺せ!!)

「出陣じゃああああ!!!!」


フィンランド市民 投稿日:2019年05月25日 22:38 No.10805
王の為!我ら王の為!三人の王の為!ベルティア、ヴァイノ、モーリッツの為!
我ら国王に仕える者なり!我等叛徒にあらず、
我等信念が為に戦う者なり!
国王ヴァイノ一世陛下万歳、フィンランドに自由と解放を!


フィンランド「国王」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月25日 22:41 No.10807
>No.10707
(熱狂の中で近寄って)
ウメオ子爵ヨハン殿であられるか、お初にお目にかかります。
わざわざ来ていただけるとは誠に光栄。
特にあの戴冠式のときは、弟の遺骸に辱めを受けないよう王礼をもってしかるべき対応を取って下さったとのこと。
弟とスオマライネン全臣民を代表し、心より御礼申し上げる。

また、我がスオミについてもご配慮頂けるとは誠に有難いこと。
元より、貴派のトルコに対する政策等には私個人として深い示唆を与えられたこともあり、
一度、貴殿らと将来についても話し合いたいものですな。
是非今後ともよしなにして頂きたい。


ウメオ子爵ヨハン 投稿日:2019年05月25日 23:32 No.10812
>No.10807

我が身に余る歓待で恐縮ですぞ、国王陛下。

陛下の立ち位置について可能な限り力は尽くしたいと思ってはおります。

私の方でも使える交渉ラインを総動員して連合王国政府に陛下の要望を伝えさせていただきましょう。

私の推測ではありますが政府側が譲れないところとしては連合国王ベルティア一世陛下の戴冠にも立ち会ったリュティ大統領を否定することでしょう。
間接的にではありますが連合王国の権威をも否定することに繋がってしまいます。

そのあたりだけ避けていただければ政府側との妥協点を探ることも叶うでしょう。

とはいえ連合王国での一野党、レジティマ派議員のまとめ役こそやらせていただいておりますが
力の上では一議員と変わりない私には力及ばぬ領域もあるのは事実。

そこで先ほど政府側にも関係が深いエブレボリ伯爵に先ほど密使を飛ばしております。
伯爵は何事も行動が早い方として有名です。一両日中にはこちらへ来てくださることでしょう。


フィンランド「国王」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月25日 23:42 No.10813
>No.10812
子爵の御厚意、誠に感謝申し上げる。
余としてもスカンジナビア連合王国の枠組み自体を崩すことは考えていないし、
ベルティア1世に反意があるわけでも全くない。
何よりそれはモーリッツの遺志に反することになりますからな。

なるほど、リュティ政権は戴冠式以降のあの有様と言えども、なるほど法的には正統か。
フム…。余も弟の遺志を無にするわけには絶対行かぬし、そこについては考慮の余地もありましょう。

エブレボリ伯の件、承知いたした。
なるほど、されば一度会わねばなりますまいな。


疲れ果てたエプレボリ伯爵退役中将 投稿日:2019年05月26日 01:23 No.10826
>10813

ウメオ子爵ヨハン卿よりご紹介に預かりました、エプレボリ伯エリック・ヴァルデマーと申します。お目にかかり恐悦至極に存じます、陛下。

現在小生は連合国王ベルティア陛下の政府は連合首相ヴィゴ・ウルマン閣下より裁量権を頂いております。陛下におかれましては、これなるは連合王国政府の意見として頂いていただければ幸いであります。

まずは、やはり共和国大統領リュティ閣下の正当性であります 。閣下は畏れ多くも ベルティア陛下の戴冠においてレガリアを渡した、第一の廷臣ともいうべきお方でもあり、ないがしろにするわけにはいきませぬ。また、フィンランドで行われた国民投票で大統領となられた以上、これを覆し復辟となりますれば再びの国民投票をなさねばなりませぬ。そしてカレリアとイングリア、ヘルシンキは匪賊の支配するところ、これを回復せねばなりませぬ。ここは、戦後どのような政府となるにしろ、我らすべての敵たる叛逆者を倒すために共和国政府と協力していただけませぬでしょうか。

これは私見ではありますがな…、リュティ大統領閣下、あるいはスオミの大統領職を陛下の名において摂政とする、という手もございます。これならば事実上復辟もなり、大統領閣下と連合王国の顔も立つというもの。ご一考いただければ幸いであります。(現状で連合王国とフィンランド共和政府の二重権力状態だ、中二階として王国宮廷の権威があっても現状とさして違いはない。それに、正規軍の将兵を一人でも多く大陸へ送らなければならぬのだから、義勇兵としてヴァイノ陛下の手勢をフィンランドに投入できれば更に人員が浮くのだ、使わぬ手はあるまいて…)


疲れ果てたエプレボリ伯爵退役中将 投稿日:2019年05月26日 01:37 No.10829
長々と失礼いたしました。畏れ多くもご聖断、御下問ございましたらばまた小生をお呼び出しくださいますれば。この後予定がありますがゆえに一度お暇させていだだきます…

フィンランド「国王」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月26日 18:22 No.10900
>10826
おお、貴殿がエブレボリ伯、お初にお目にかかる。
なるほど、連合王国の全権の御使節と。承知仕った。

フィンランド王位が民意により廃され、そしてその後民意により立ったリュティ政権こそが正統と。一理ある。
しかしながら、今それで余がそのとおりであるとしてリュティを正統政府と認めれば余は外の群衆に叩き殺されるであろう。
暴徒に制圧されたスオミ本土といい、既にリュティ政権はそれが神か人民かは措くとしても、
スオミの主権者に棄てられたも同然であり、その正統性がどこまで残っているのか疑問であると考えるが。

ただ、リュティが「ベルティア陛下の戴冠においてレガリアを渡した、第一の廷臣」である点、
そしてまずはスオミを席捲する下郎共の掃蕩が優先されるべき点については全く同感ではありるというところである。
そういう意味で、「連合王国国王ベルティア1世陛下の御名において」又は「連合王国を代表する議会の名において」
余の王国と臣民がリュティ政権と協力することについては吝かではないのです。

ただ、まさにスオミの状況は伯もおっしゃったように「戦後どのような政府となるにしろ」
今のリュティ政権とは異なるものにならざるを得ないであろうし、国民投票を行うことは必須であろうと考える次第。
余としては、
①政府がスオミでの王政復古に関する国民投票を容認すること
②政府を構成する与党三党がスオミのモーリッツ1世の最近縁の者による王政復古に賛成すること
③与党三党が上記①②を直近の選挙の公約に掲げること
④ベルティア1世または連合王国議会が、その勅令または決議によってフィンランド王国臨時政府にリュティ政権への合流を命じること

これが、まずスオミの臣民にとって納得できる案ではと考えるが、いかがか。

上記①から④までが満たされれば、臣民も将来の王政復古を確信することができようし、
余も安心してリュティ政権を承認してこれに合流できるというものと考える。
それがなされれば、余はトルニオより先に進軍してスオマライネンの範となりましょう。


キルナ男爵 投稿日:2019年05月26日 18:46 No.10901
フィンランドで王政復古…?。これは都合が良い。
手勢として残っているレジティマ派の人間をフィンランド王党派として潜り込ませれば、王政復古後に影響力を及ぼせるかもしれん。
あの国王自体は御せそうにないが…、議会経由だとどうかな?いくら国王と言えど議会を完全に無視する事は出来まい。


疲れ果てたエプレボリ伯爵退役中将 投稿日:2019年05月26日 22:44 No.10951
>10900
 御意を得ます、国王陛下。連合王国政府といたしましては、すでに内部で賊軍平定後の再国民投票のコンセンサスは取られていると聞き及んでおります。(①の受諾)この件におきましては、首相閣下は畏れ多くも 連合国王陛下の大御心に従われるとの由。陛下はモーリッツ先王陛下への大恩を返されるべくお思いです(②の支持)が、民主主義国家の立憲君主として厳しく己を律されるお方、ご自身や連合政府、中央の政党が公然とフィンランド国民の意志に介入するが如き支持表明は避けられるでありましょう。
ですが、これはあくまで連合政府が構成国の国体や内政に干渉をすると思われる懸念があるからであり… 暗黙理に支持すること、例えばフィンランド国内において中央政党地方下部組織や提携する友党が国民投票において復辟を支持することは可能であります。特に陛下の党、小生の所属党である協調ブロックのフィンランドにおける友党は国民進歩党、リュティ大統領閣下の党であります。閣下はスオミのためならば詐欺行為みたいな協定の反故と寝返りもする自らの地位を投げ捨てる覚悟さえある御方、連合王国の宮廷において第一の廷臣たるべき現職大統領が王政復古を支持し自らの地位を譲るというのは事実上連合王国政府が王政復古を支持したと言えませぬか?(③は難色を示しています、暗黙理に支持しているということをRPの中で示すというのでどうでしょうか?)
そして、フィンランド王国臨時政府にリュティ政権への合流を命じること、これはおそらく議会でとおるでありましょう。(④の受諾)

国王陛下。スオミ人の王ヴァイノ陛下。おそらくこれ以上の譲歩は難しいかと思われます。3/4の条目がそのまま通ったのであります。これでお収めいただけませぬか…
 


フィンランド「国王」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月26日 23:52 No.10959
>10951
ふむ…。ベルティア陛下の大御心、誠に恐懼に堪えぬところ。
連合王国政府はヘッセン=カッセル家による王政復古の国民投票を容認し、
更にそれを支持はする、しかしながら与党がこれを少なくとも公約に入れることはないと。
(フム、そういうところからすれば、例えば人民連合あたりは次の選挙で反対に回る可能性もあるか…。③がなければ、①と②は画餅になりうる。
しかしながら③を強硬に求めて政府と決裂すれば、政府がSNFPあたりの支持も見込んで余を拘禁する可能性もあるか。ならば…。)

承知。
①と②、④の要求を呑んでいただけるならば、フィンランド王国臨時政府はリュティ政権と合流しましょう。
ただ、それであれば⑤余の「フィンランド国王」の王号を廃し、代わって余を臨時政府の首相として入閣させるよう、④と併せて議会の決議を頂きたい。
議会の決議を頂きたいのは…。

(「hakkaa päälle!」「hakkaa päälle!」「hakkaa päälle!」と外より叫ぶ声あり >10801 )

…余が自発に退位すれば、あれが伯と余に来ようから、ハハハ。
その上で、⑥余は謀反人共を全て鎮圧した後、党派を率いて民主的かつ合法的に弟の遺言を果たそうと思うが、伯はいかが思われるか。
先例がない話ではない、遠く異朝をとぶらえばナポレオン3世、近く本朝をうかがえばまさにベルティア陛下がそれでありますからな。


フィンランド「国王」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月27日 00:13 No.10964
>10959
失礼、⑤については言わずもがなではあるものの、
余のフィンランド共和政府の首相への任命であり、臨時政府ではありませぬ。
合意成立の暁には王国臨時政府はリュティ政権と合流することに異存なきことは明確にしておきますな。


物陰から アベニウス大佐 投稿日:2019年05月27日 12:45 No.10971
状況把握のため、苦労してフィンランドまで出張したが…

どうやら、フィンランドの反乱は想定よりも早く収束しそうだ…
もう少し、ラプアとアカ、王党派と共和派で争ってもらいたかったが…

ひとまず、この動きを報告しなければ…
一旦ストックホルムに戻ろう…


疲れ果てたエプレボリ伯爵退役中将 投稿日:2019年05月27日 15:58 No.10981
>10964

(…、御自らと儂の命を人質になされるか…。なるほど、浮世離れした貴族ではあらせられぬ。儂等二人の命どころかフィンランドの連合王国離脱すらあり得ることも見ておられよう。これくらいできねばスカンディナヴィアなどという土地で政治屋などできぬ、これならば至尊の座につかれても名君であらせられようて…)

ご聖断、確かに承りました。連合王国はすべての約定を違えぬこと、また陛下を共和国政府首相とすること、このエプレボリ伯エリック・ヴァルデマーが確約いたします。なんなら、小生はフィンランドに古きエーデルフェルト本家とも見知り合いであります。かの家から名誉あるフィンランド貴族の諸卿にこの約定を触れていただきましょう。我が杖の名誉にかけて決して近いを破ることは致しませぬぞ、“フィンランド王冠の守護者ヴァイノ一世『陛下』にしてフィンランド共和国首相”フィリップ・フォン・ヘッセン『閣下』。


疲れ果てたエプレボリ伯爵退役中将 投稿日:2019年05月28日 14:41 No.11025
(さて、③以外は全て飲む結果となったが、今はフィンランド人が人望を失いつつあるフィンランド共和政府ごと連合王国から離れることを防ぐのが先決。その他のごちゃごちゃしたことはあとから整理すればよかろう。これからのこの国の中心で指導者か象徴になるであろうお方が只人ではないということもわかったしの…)

フィンランド「王冠の守護者」ヴァイノ1世 投稿日:2019年05月28日 23:53 No.11070
>10981-11025
(むっ、「王冠の守護者」の称号をあちらから言って来るとは…。『「王号」のみを去る』という意味を正確に取ったようだな、さすがスカンジナビア十数年を生き延びてきたことは伊達ではないようだ。)

エプレボリ伯、心からご理解感謝申し上げる。
おかげでスオミとスカンジナビア、双方にとって素晴らしい解決が得られたようだ。
それでは、確かに議会の決議をお願いしますぞ。

皆の者!我がフィンランド王国臨時政府は、リュティ政権と合流することとなった!
余はスカンジナビア議会の決議により、一時的に王位を退く!

(ふざけるな!ルオッツィくたばれ!どういうことだ!の声)

静まれ!

余は代わってフィンランド共和国政府の首相となることとなった!
そして、連合王国政府はスオミが落ち着いた後、余の要請を容れ、総選挙を経て国民投票を行うことを確かに約束した!
連合王国政府は、スオマライネンの要請を確かに聞き届けたのだ!
もはやストックホルムは、我らスオマライネンの声に耳を貸さないということはなくなったのだ!
余はこれよりスオミの混乱を収拾し、諸君らの求めにより、弟の跡を継ぐであろう!
連合王国政府は、今や我らの声に耳を貸すのだ!
諸君、余に続け!スオミを解放し、王国を復活させ、大フィンランドを成し遂げるのだ!


フィンランド人大貴族 投稿日:2019年05月29日 00:07 No.11073
首相閣下万歳!伯爵中将殿万歳!連合王国、フィンランド万歳!

馬を引け、鬨の声をあげよ!
我らが魂の雄叫びをもって匪賊どもに膝をつかせよ!

征くぞ諸君、我ら第一の忠臣、国家のしもべなり!!出陣!!