日本神霊学研究会会員私設掲示板 「魂の輪」


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

日常における人間の営みは、魂の向上を促すための修行。

すべての人間は、神の御霊を胸に頂いております。

私たちは、御霊の神格向上を願い、この世に生かされています。

「魂の輪」は、多くの方の霊格向上に向けて開設した掲示板です。

多くの方の投稿をお待ちしております。

当日のアクセス数 126 人
昨日のアクセス数 268 人
累計のアクセス数 19827 人
Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

陽輝朗さん、続き 一農家 投稿日:2018年11月11日 08:07:26 No.787 【返信】

おはようございます。
スレッドの表示数を超えたので、こちらに続けます。
陽輝朗さんは、ここまで、天理教に入れ込む訳でも無く
他宗教に、進む訳でも無く、自分で志しを立てて、生きてきた
と言う事でしょうか? それに、私から見たら、神と言うより
背後霊、守護霊の加護もあった、と言う印象です。
普通に、しっかりと、自分の人生を歩んで来られた、と言う訳ですね

私は、霊友会、子弟として、幼少期から、先祖供養、先祖供養と
教え込まれ、人は死んでもあの世に行く、霊界で存在し続けると
最初から、そう洗脳されていた訳です (笑)
だから、お経を上げ、お題目を唱え、死後世界を信じていました。
ただ、霊友会は、実際の霊界や、霊と交流する事は、普通はは無くて
ひたすら、朝晩、お経を上げること、支部に集まってみんなで
話し合う、いわゆる、サークル型宗教であり、つながり宗教です
だから、人間的に悩み、人間関係が崩れてしまった私には、居場所が
無くなった・・なんの助けにもならなかった・・自殺願望もあった
けども、逆に霊友会の教えが、死んではいけないって、ストップを
かけていました。
そんな時に、本屋で、初代の著書に、であい、急激にのめり込み、
元元、霊や霊界を信じていたので、あっさりと自己浄霊に成功して
もう、これしか無い! 霊も霊界も本当に、あるんだ!
自分も、神の道を歩むんだ! と心に決めて、以来30年です・・

ただ、日神会だけでは、人としての欠点は、直しきれなくて
心理学の加藤諦三を始め、いろんな作家の人生論やエッセイ
美輪明宏さんや、瀬戸内寂聴さんとか、最終的には、斎藤ひとりさん
などの著書を読み漁り、自己分析をして、思考を調整して来ました

その間、会社で追い込まれたり、結婚、Uターン、嫁姑、子育てに
自営業、農業起業と、精神的には、常に張り詰めていました・・
神を目指す、人としての努力、生きる努力、常に必死、全力投球
そんな感じでしょうか? だから、私はかなり、変わった人間です

今でも、今も、全力投球をしないと、生きられない・・・・
私は、神を目指します! って、21歳の時に誓ったのですが
まさに、その通りの人生を歩んでいます・・それは悠々自適な
人生では無く、常に全力投球を求められる生き方でした・・
守護もありましたよ、常に出会い、機会が用意されて、渡れる様に
なっている・・苦しい中でも、道は開ける! と信じれば、
開けて来た・・と言う感じですね。
私は、そんな感じでしょうか?

誰の人生も、誰かに、何かに守られて、導かれている!
それに気がつくか? 無視するのかは、個人の自由・・

そんな風にも、思っています。
陽輝朗さんも、気がついておられますよね ?
導かれていると信じられるから、坂の上にまた坂と言う人生も
登る楽しみが、あると言うものですね? (笑)

似た様な人に出会い、励ましあえるのも、導きかと思います。
ありがとうございます、感謝いたします。


[1] オネストさん、続き 一農家 投稿日:2018年11月11日 08:24:19 No.788
オネストさん、おはようございます。
息子と私の関係は、どうなのでしょうね?
日神会の話は、まだ素直に親の言う事を聞く、小学生、中学生までに
結構、話していますけど、中学校後半からは、私に対して、反発があって
聞かなくなっていますので、その頃から一人前の扱いをする様にしています。
天理高校、しかも、昼間天理教の仕事をしてからの全寮制の夜間高校ですよ?
携帯も持たせてもらえないんですよ・・全然自由が無いんです・・
当然、私は、大反対です・・一回も賛成はしてない・・でも、何処に進学するかは
子供の自由ですし、私は、金が出せるか?どうかだけですからね、支えるしか
ないんですよね。 小さい時から、おじば帰りで、天理教に馴染み、友人も
天理にいるし、田舎の子供ヒエラルキーから、脱したいのと、
黙っていても、圧の強い父親の僕から、離れたい・・と言う願望でしょう

高校生になってからは、霊も何も見える事も無く、強くなった様です
それに、やはり、神とか、大霊界とかの存在を信じている様ですから、天理教でも
抵抗は無いんですけど、私は、民主主義、自由主義、個人主義で、育てて来たので
天理教は、上下がきつい、ヒエラルキーもあるし、人間関係も、大変だ・・
天理の友達は大事だけど、卒業したら、教団からは、離れたい・・・
と言っておりますし、それらは、息子の自由ですからね。

そのあと、息子が何に、導かれて行くのか?
毎日、家族浄霊を行い、息子への浄霊も欠かしません
父親として、見守りたいと思います。

ありがとうございます、感謝いたします。
[2] 他者浄霊をまた始めました 一農家 投稿日:2018年11月11日 08:59:23 No.789
しばらく、家族浄霊ばかりで、対面他者浄霊をしておりませんでした
もちろん、声はかけていましたけど、友人、知人は、普段の私のキャラ
よく喋って、親父ギャグも言うし、変わったオッサンから、浄霊?とか言っても
良いわあ〜 って、言われる事が多い・・私に徳が無いんでしょうね・・
まあ、あまり困った人が、周りにいないと言う、幸運なのかもしれませんけど・・

御守護神が、二神一体の業を達成して、さらに向上されているんです
それで、娘に力を付けるために、また、対面他者浄霊を始めました・・
まあ、身内ですけどね、身内から、自分のリハビリみたいな物ですね

会に問い合わせたら、新しい方法を身につけるまで、従来の方法で行なって下さい
と言う指導を受けたので、娘を相手に従来の、上級2の方法で、行なっています。
唯一、違うのは、始める前に、御誓言を声に出して唱える事位ですね・・

娘の感想は? 私が、気合いを入れた後に、パッとエネルギーで
全身を覆ったとき、目を瞑っていたけど、まぶたの裏が明るくなって
体に白い光が入って来たそうです。
儀式の真似をして、片足ずつ、浄霊して、動かしてもらったら
浄霊した方の足が、確かに軽い! との感想でした
終わった後は、血行促進した様な感じになったそうです・・
素直で、親思いの娘かもしれませんね? (笑)
もちろん、繰り返し行うと、何も感じなくなるでしょう

これで、娘の魂の親様にも向上してもらって、外圧に耐える
力を付けてもらわねばなりませんからね
当面、週に2、3回、対面浄霊を繰り返し行って行きます。
もちろん、家族浄霊は、毎日ですよ
これは、私自身の対面浄霊の練習にもなるので、どんな機会でも
すかさず、行える様に、私も、力を付けて行きますよ
最近、滅多に、人に行う機会はありませんでしたけども
これから、他人に、行う機会も、多く出てくると言う気もします
やりなさい! って事かもしれませんね?
頑張って見ますよ・・・・

ありがとうございます、感謝いたします。
[3] Re: 陽輝朗さん、続き 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月11日 10:05:32 No.790
一農家さん、オネストです。

息子さんは、やはり一農家さんの背中を見ていて天理高校に進学したのだと思います。
心では尊敬してるようですね。

わが子とはいえ、神の魂を宿した人間、
自分の魂の重要性に気が付き始めていると感じました。
上下階級の中での暮らしは、大変であると感じますが、
私も一農家さんも、その極みの世界で生きてきましたよね。
そのことが、魂の向上に役立っている可能性があります。
この波を乗り切れば、次の波が来ます。
だけど、乗り切る方法を理解して、次の波を待ちます。
きっとさらに難しい波が来るでしょう。
しかし、乗り切った経験は、
現実の生き方に対して好影響を及ぼし、魂の向上にもつながっていくと思います。
人間凡夫が最後までこの向上を求められていると感じます。

話題は別ですが、「私は護符から霊流を引いておらず、自らの魂の親さんから引いている。」と私が語った事について、誤解を招く恐れがあるため説明します。

私は、聖の神の霊流を引くとき、神棚に祀った初代の護符の前で、お願いします。というと、自らの魂の親さんが輝きます。この輝きで浄霊を行っています。ですから、自らの魂の親さんが、勝手に聖の神より霊流を引き、私に流してくれていると感じています。これは先週からです。以前は護符から引いていました。
私は、この輝く光で自分の職場内、建物を浄霊しています。
施設を利用される利用者さん、に直接行えば効果が出ると感じる方も多いと思いますが、私の力ではまだ難しいものがあります。
利用者さんは大概、得体もしれない霊が憑依していたりします。
ほとんどの方がそうです。
以前父に言われたことがあります。これは、私がまだ急性期病院に勤めていたころですが、患者さんに取りついた霊が、お前に憑依することが多々あるぞ、だから神様におすがりしなさい。毎日神様に払ってもらいなさい。と。
ですから、体の病を抱えた方は大概のかたが霊の憑依を受けている分けです。

私は、霊の憑依を防ぐには、施設内の霊気を神的な霊気に変えて、利用者さんに憑依した霊の動きを妨げるようにしています。職員も同様です。
このことは効果が現れていると感じます。
まづ、職員の雰囲気が明るくなり始めた。
利用者さん達が活発になってきた。
以前も投稿しましたが、当施設を利用される方が増え始め、体がもたない。と投稿しました。
まさに多くの方が利用し始め、定員の7割くらいであった状態が、9割り以上を占める状態になりました。この多さに事務方も協力し始めました。
いい方向に向かっていますが、次の波が来るでしょう。
備えます。聖の神の霊流を流し続けます。
長くなりました。
[4] せいわ さんへ 一農家 投稿日:2018年11月13日 07:30:41 No.805
おはようございます。
スレッドがいろいろなので、ちょっと、こちらに書きます。
せいわ さん、おはようございます。
義妹さんのお話は、すごいですね、としか言いようがありません
家の光の、美輪明宏さんの人生相談のコーナーには、それと逆で
毎回、義母がひどい! 嫁がひどい! 義理兄弟がひどい! って言う
相談が寄せられて、美輪さんが、バッタバッタと、切っていますからね・・
義妹さんの様な、お話は、まず、出てきませんもんね
でも、美輪明宏さん的に言うと、義妹様は、菩薩の行を終えられているんですね
おそらく、いろんな葛藤や、出来事、人生いろいろあった中で
他人である、義母様を、最後は、菩薩になって、見送られた・・・・
これこそ、人生の修行の見本の様な方だと、感じますよね。
何か信仰を持っておられたのか? 判りませんけども、無くても
きっと、人としての理想の、志しを、立てておられたと、推察いたします。

どんな、素晴らしい神様を信仰、捧持していようと、やってる行動が全てです
私も、頭と心では理解していて、極力、口に出さなくても、内心で
あーもう、クソッタレが! と、思う事はよくあります・・・
多分、顔とオーラには、出ていると思います・・まあ、仕方ありません
修行ですからね (笑)
義妹様は、高いバランスで達成されていらっしゃいますよね
立派! の言葉しかありませんです、見習います。
[5] オネストさん、続き 一農家 投稿日:2018年11月13日 07:44:27 No.806
おはようございます。
オネストさん、おはようございます。
息子の事は、当然ですが生まれた時から、家族浄霊をしています
これは、親として、無償の愛なので、息子の人生を支配する物ではありません
だから、聖の親様を信じなさい!とか、他の神様は、やめなさい! とも
言っては、おりません。 それは、息子が、望んで選ぶ事です、だから
息子の人生の導きは、私の浄霊で、一緒に、聖の親様の霊流を受けているだろう
息子の、魂の親様、背後霊、守護霊にお任せですね。
息子は、どちらかと言うと、楽な道を選ぶ方でしたが、この天理高校は物凄く
厳しい道の様です。
なぜか息子が最初、選んだ時の心境は、天理高校は楽しそうに思えて、どうしても
行きたい!って思って、私の反対を押し切って入学しました、ところがどっこい
最初の夏休みで、もう辞めたい、もう辞めたい・・でも自分で選んで決めたから
辞めずに、頑張ってみる・・そんな感じでした、今は、大丈夫、頑張れるよって
言っています。
これも、背後の導きでしょうね・・だから、これで良いと思っています。
先の事は、判らない・・私は、あい変わらず、毎日、家族浄霊を繰り返して
息子の人生が、良い方に進む様に、応援していますよ。
[6] 私の目指す道は天界樓ですが 一農家 投稿日:2018年11月13日 08:18:52 No.807
天理教の方と、掲示板でのやり取りで、天理教的な神の力と言うのは
絶対的な、神の力、と言う事かな? と、思いました。
こう言うのは、ムーライトさんの方が詳しいでしょうけども
神霊能力というと、神の奇跡を起こせる、頂ける能力・・
昔の、天理教の逸話には
だから、精神病であろうと、直してしまう、心臓が止まっても、動き出す
怪我も病気もたちどころに直してしまう
時には、枯れた井戸の水まで、復活させてしまうなどの、話があります
昭和において、天理教最高と言われた、教会会長関根豊松氏の逸話など、
読んでると、霊能者と言うより、超能力者に近いとすら思います。
あまりに凄すぎて、他の教会長のやっかみを買っていたであろう話もあります
そんな天理教も、普通の信徒の、おさずけは、普通です
息子が捻挫した時、5人くらい、おさずけ、をしてくれたけど、唯一
寮長のおさずけを受けた時、痛みが、その時は消えたそうです
腫れもすぐ引いたとか? ただ、一日経ったら、また痛みが戻ったとか?
よくわからないとか、言っていました。
現在は、教団自体、そう言うのを受け付ける部署も、何も無く
おさずけも、あやふやな存在だと、思えてしまいますが、それはさておき
天理教の方から、聖の親様なる神様が、最高レベルの神様なら、鮮やかに
何でも、助けて下さいよ、直して下さいよ?と言う・・そんな事を
言われてしまうわけです・・
もちろん、仕組みと、出来ること、できない事は、説明してますけども
魂の向上と言う概念が、天理教は、また違って、親神と人間は別物であり
神は特別な存在であり、最初から神であり、人が神に向上する? 意味不明・・
と言う様な受け取り方をされる感じですよね・・
エホバの証人も、同様でしょうか・・

二神一体の業を終えられ、我らの御守護神、聖の親様は、最高の神霊になられた
絶対神、素の神親様に認められた、超越神です。

神そのものが、人間世界を変えて行く? 何か奇跡を起こされる?
それだと、他の宗教と同じ神頼みに近い気もします。

我々、会員が、行動すべき事、目指す事は、何であろうか?
そんな、模索を、しております。
初代は、昔は、会員、1人1人が救世主になって下さい!と言っていましたよね?

天理教が日本国内で最大だった時は、この、神の奇跡、おさずけの助けが
信者から、普通に起きて、だからこそ、大勢の信徒が
教会に詰めかけていた訳です・・今は、曖昧になってしまって、消えつつある
だから、衰退が止まらない・・

日神会、は、どうなるのだろうか・・
会員は、まずは、自己浄霊、家族浄霊で、自分が救われること
謙虚、敬い、礼節の三善の心を磨き、愛と慈しみと尊びの三愛を体現して向上
して行くこと、そして、他者浄霊を行い、人様を救い、向上に導いて行くこと・・
私は、初代は、そう言っていたと、思っています
個人的には、そう言う方向で、頑張りたいと思います。

ありがとうございます、感謝いたします。
[7] どうもすみません 一農家 投稿日:2018年11月13日 08:29:11 No.808
偉そうに聞こえたら、私が未熟です、申し訳ありません
ここのところ、娘のために、必死で他者浄霊を行いながら
そう言うのを、しばらくサボっていた事を、反省しています。
二神一体の業から、こっち、私には、力の強弱は、判りませんけど
文字を描いたり、上級2の姿で描いても、以前より、くっきり、はっきりと
現われる! 存在を感じる!と言う印象ですかね
これは、私が、必死になっただけか? 御守護神が、より強力になったのか?
私では、判りませんけど、そんな感じですかね・・。
日々之、一命心体、 年齢的にも、霊主体従で、生きたいと思います。
皆様、今後とも、よろしくです〜
ありがとうございます、感謝いたします。
[8] Re: 陽輝朗さん、続き s 投稿日:2018年11月13日 13:54:02 No.814
一農家さん、こんにちは。

娘さんに他者浄霊を行っているとのこと、いいですね。
うちの娘は、具合の悪いときは、だまって受けますが、ふだんは
やらせてくれません。

他者浄霊はやらないでいると、やり方を忘れてしまいますね。
私も妻の不調があって、毎日、他者浄霊を行っていたら、
要領よくできるようになったように思います。

聖の親様のお力については、私もはっきりした確証を持っている
わけではありません。ただ、以前と同じようにお力をいただくと、
前よりも強く、お力が入ってくるのを感じるというだけです。
[9] Re: 陽輝朗さん、続き せいわ 投稿日:2018年11月13日 15:16:41 No.815
sさん、オネストさん、一農家さん、こんにちは。

すれ違いですが、ここに書かせてください。
皆さん、義妹のことを誉めてくださってありがとうございます。
義妹は、小さい頃から苦労をしています。
実家のお母さんは、体が弱くてあまり家の中のことができなくて、長い間お母さんの代わりに家事等をしていたようです。

私の実家に嫁いでからは、私の父と折り合いが悪く大変だったと思います。
父は大正の化石みたいな人で、自分の中の「嫁とはこうあるべき」という思いを義妹に求めていたようです。

今の時代にそれはないだろう、時代関係なくそれは無理というようなことを嫁の義妹に求めていました。
たまに実家に行くと、勤めから帰った義妹に10分もしないうちにあれもしていないこれもしていない、と私にグチグチ言っていました。

「そんなもの、スーパーマンでもあるまいし、そんなに早くできっこないよ」と、言っても聞いちゃいません。
そんな父です、うまくいくわけもなく、それでも精一杯やってくれたと思います。
弟が、2年ほど転勤で実家を留守にしている時も、ちゃんとやっていてくれたと思います。

そういう状態だったので、自分の実家が同じ県内でも車で高速を使っても1時間はかかるところだったので、あまり帰ることもできず、具合の悪い実のお母さんの世話もあまりできなかったようです。
その分を、私の母に注いでくれたようです。
父と違って、母は義妹に変な要求もせず。義妹の言うことを素直に聞いていたのもあったのでしょう。

これは、弟から聞いたことです。
それにしてもよくやってくれました。

会員検討中さん、こんにちは。

掲示板への投稿は、生活の中で無理のない程度の投稿でいいと思いますよ。
会員検討中さんもお忙しそうですので、無理のない程度で、楽しみながら続けましょう。
[10] Re: 陽輝朗さん、続き 陽輝朗 投稿日:2018年11月14日 05:20:00 No.817
おはようございます。

せいわさんの義妹さんの御話は本当に心打たれ、心洗われました。
元々生まれ持った魂と言うものが賢明で柔和な御方のように思われます。
そして御苦労された中で培ったものが更にその魂を輝かせ、深い思いやりや耐え抜く強さを増して行かれたのではないかと感じ取っております。

御父上様に関しては、あの時代の方ですので仕方ない事ではございますが、それよりも夫である弟さん、せいわさんや御兄弟の皆様方が義妹さんに対する感謝の心を忘れず、言葉や行いで示していたから義妹さんも尽くす事が出来たのではないかとも拝察するのです。

双方が双方を思いやり優しく暖かな気流が生まれ、辛い中でも歩き続ける事が出来た。
よそ様の家庭を勝手に想像させていただき大変失礼な事と存じますが、人として大切な事を改めて勉強させていただけた次第であります。
[11] お返事、ありがとうございます 一農家 投稿日:2018年11月14日 07:27:40 No.819
おはようございます。
Sさん、おはようございます。
以前話した様に、私は末期ガンのお袋に2年程、他者浄霊を繰り返していました
娘には、体の不調はないのですが、魂の親様と想念に力を付けて貰うために
対面他者浄霊を繰り返しています。
私に、余裕があれば、会の代行浄霊を受けさせたいですけども・・もし、病気なら
なんとかして工面しますが、今回は、まず、娘が天界道信仰の入り口に立つ事
私が、自分の祈りを再点検する段階だと感じるので、聖地は参拝のみです・・・・
昨日も、生理痛が辛いと言っていましたが、浄霊後に収まったそうです
今日は辛いから出かけないと言っていたのに、浄霊後に、出かけて行きました・・
とにかく、娘の魂の親様、想念、背後霊に向けて、浄霊を繰り返して見ます
私も、だんだんと、他者浄霊の勘を取り戻してきております・・(笑)

せいわ さん、おはようございます。
義父さんとそんな状態でも、憎しみに変わらなかったのは、良かったですね
普通? は、義父憎けりゃ、義母に仕返し・・ってのも、人生相談なら
読んだ事ありますもん・・義妹さんは、心の柱、志しが、しっかりと
上を向いておられるんですね? きっと、そう言う風に育てられた方かも
しれませんね?
余計な、話しですが、娘は父親に、良く似てくる・・私は、2人の娘がいますが
性格は違いますが、どちらも、一部は、私達夫婦に、似た部分があります・・
私は、自分の持っていた欠点が、親父にも、お袋にもあって、そこがルーツ?
だから、自分を変えて行くとき、親から受け継いだ部分を洗い出し、それを
自分の中で、修正して行く心理作業も、やりました・・
これは、親父の習性だ、お袋の特徴だって・・
なので、私は、親の振り見て、我が振り直せ、親は、反面教師・・
そんな感じでした・・

陽輝朗さん、おはようございます。
私の個人的感想は、生まれ持った魂に差は無いとも思っております。
人の子育て見ていても、親の育て方が、大きく影響を与えてしまう・・
親の思い、愛情が、子供の人生に与える影響が、すごく!大きい・・
私は、子が2人、成人した現在、その責任の重さを、今更ながら、感じています。
我が子がどう言う大人になって行くのか? 親子代々受け継がれた愛情とか思い
それこそ、因縁と言う物ではないか? などと思っています。

ありがとうございます、感謝いたします。
[12] Re: 陽輝朗さん、続き せいわ 投稿日:2018年11月14日 14:17:57 No.820
陽輝朗さん、こんにちは。

ありがとうございます。
義妹は、お父さんがとってもいい人で、まじめで実直そのものという感じの方です。
そういう影響もあるかもしれませんね。
義妹は、2匹の猫と一緒に過ごし、たまに遊びに来る孫たちと幸せそうです。

一農家さん、こんにちは。
私の母も、下の姉も、私も、それぞれに嫁ぎ先でいろいろあったけれど、〇〇さんに虐められたから▽▽さんで仕返しをしようというのは、無かったで、気がつきませんでした。
だから、一農家さんの記事を読んでいて、そういうことも世の中にはあるよなぁ、改めて義妹はえらかったと感心しました。
一農家さん、義妹の良い所を教えていただいてありがとうございます。

一農家さんも娘さんに苦労していらっしゃいますね。
実は、家の娘も一農家さんの娘さんと状況がよく似ております。
私も、娘が精神的にもっと強くなる方法がないかと、試行錯誤の最中です。
娘は、一人暮らしをしていますので、対面の他社浄霊がなかなかできないので、たまに来た時にしております。
もちろん、毎日遠隔の他者浄霊はしていますが……ね。



二神一体の業 投稿日:2018年11月11日 19:16:31 No.795 【返信】

長くなったので改めます。
入会検討中様、希来里様、ありがとうございます。

では、分御魂と御魂は同じで御真体は別のものということなのですね。
実は、近年、いろいろな護符やお守り、木札など頂いて、どれから御力を頂けばいいのか迷うことがありました。

そのことを職員の先生に御相談すると、御真体でも1年前のものより、分御魂であっても最近の物の方がよいとのお答えでした。
希来里様のお考えとはまた、違うようですが、結局、御力を頂く者の心の技術の方が大事なのでしょうね。

お考えを聞かせて頂きありがとうございました。


[1] Re: 二神一体の業 一農家 投稿日:2018年11月11日 21:28:56 No.796
蓮さん、こんばんは。
教祖神の御真体を、注文するとき、会に、一生持っていて、変わらないですよね?
と聞いたら、ずっと大事にして、お力を頂いて下さい・・と言われました・・
まあ、時期が来たら、今後の新しい御真体も、新たに、頂くつもりですけど
今の御真体も、大事に、持ち続けますよ〜
[2] Re: 二神一体の業 希来里 投稿日:2018年11月12日 10:43:16 No.797
>御真体でも1年前のものより、分御魂であっても最近の物の方がよいとのお答えでした。

会の方針として今後は、護符はエネルギーの有効年数を1年する。という方針に変わってくるのかな?と、思っています。


事実、先祖神霊輝授の護符を例にとりますと、会で1年間有効ですと言われた護符ですが、そのとおり1年を経過してから急激にエネルギーの減衰が始まり、現在は紙に滞留している残存エネルギーのみとなってしまいました。

去年以前までに頂いて御真体、分け御魂護符は、とても貴重な存在だと思って大切にしています。
[3] Re: 二神一体の業 入会検討中 投稿日:2018年11月12日 21:10:24 No.802
>長くなったので改めます。

すみません。長文を投稿しようとすると具合が悪くなるものですから、

短文を連投してしまいました。あとで1つにまとめて、

連投した短文の投稿は削除しておきます。
[4] Re: 二神一体の業 投稿日:2018年11月12日 22:03:56 No.804
皆様ありがとうございます。長くなったので改めますと言ったのは
入会検討中様の事を言った訳ではありません。短文の投稿でも結構ですし、
削除の必要もないですよ。

希来里様、

>会の方針として今後は、護符はエネルギーの有効年数を1年する。という方針に変わってくるのかな?と、思っています。

なるほど、今回紹介された護符等は、期限を切ってあるものが多かったですね。
後夜祭で出された厄を払う護符は1年でお焚き上げするよう指導がありました。
また、神授護符というのは災いから守る代わりに離脱されるということでした。
その時点で、お焚き上げして頂かないといけないようです。
私は、帰りの運転中、早速ヒヤリとする事があり、もう離脱されてしまったかな、と少し残念な気持ちになってしまいました。

霊査ができる皆様のような方々じゃないとお焚き上げのタイミングがわからない
ので、それは、困ったなと思っている所です。
[5] Re: 二神一体の業 入会検討中 投稿日:2018年11月13日 10:21:56 No.812
>削除の必要もないですよ。

蓮さん、ありがとうございます。



それぞれの時代、それぞれの人 陽輝朗 投稿日:2018年11月04日 14:25:53 No.680 【返信】

一農家さんの『まんぷく』の話から先人達の成功談や苦労話やらといろいろな話題になりましたね。
基本的に私は朝ドラは視ないのですが、何かの拍子で目にして突然関心を持ち、翌日から録画して夢中になって最終回まで視る事が屡々あります。『まんぷく』は来週から戦後の立ち直りの時期の描写になるようですね。興味深いから録画して視てみようかな。

さて、再び『おしん』の話になりますが、明治の後半に生を受け大正、戦前、戦時下の時代を生き抜いて更には戦後の復興そして昭和の繁栄を身を以って経験した、あの時代の人達の胸中は如何ばかりだったかと思いを馳せる事があります。
勿論、今の時代も様々な問題を抱えて大変ですけどね。

私は10代後半、映画『あゝ野麦峠』に感銘を受け、そこで原作本も読み耽った事があります。
この作品では、優秀な女工でありながらも病に侵され死に至った女性の話がクローズアップされ、その他にも理不尽な状況下で迫害されたり自殺したりする内容の話が目立ちますが、原作本の中には五人の娘があり、その五人全員が優秀な女工になり彼女達の稼いだ物を元手に財を築けた親の挿話も紹介されてました。

それぞれの時代、その渦中で生じる変化、そこで今まで吸えた甘い汁を吸えなくなり嘆くだけの者もいれば、新たな甘い汁の出所を画策する者もいたり、逆に辛酸を舐めさせられてた者に転機が訪れたりと、長い時間を生きてると実にいろいろな姿を目にするものであります。

更に、そこに信仰・信心が加わって思う事は同じものを崇めて学びながらも受け取る側に依って、その活かし方もそれぞれだと自分も含め、しみじみと痛感する次第であります。

長々と失礼しました。
最後まで御拝読いただき感謝致します。


[1] Re: それぞれの時代、それぞれの人 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月04日 15:35:46 No.683
陽輝朗さん、オネストです。

ああ野麦峠は悲しくて見てられませんでした。
あの頃の職工さんたちは、ひどい状態だったようですね。
以前、朝の連続ドラマで赤毛のアンの生き方を題材とした朝ドラがありました。
その妹が製糸工場の職工で、ボロボロになって姉の元に帰るシーンがありましたが、
あの時代は、人間を人間として扱われないひどい状況、
江戸時代であれば岡場所ですか。
あの時代は、今の時代を作る基礎になったのでしょうか。
私は違うと思うんです。
間違った文明や文化の方向に進んだ結果と思うのです。

あゝ野麦峠は文学作品としては、鋭い観点から切り込んだ作品であり、
人間が時代に翻弄されながらも、生きていこうとする姿が書かれていたと記憶していました。
私が中学校時代だったかな、はっきりとは覚えていませんが、
悲しさだけしか記憶に残っていない感じがします。
違っていたらすみません。
[2] Re: それぞれの時代、それぞれの人 一農家 投稿日:2018年11月05日 11:09:46 No.692
おはようございます。
陽輝朗さん、おはようございます〜
あゝ野麦峠、覚えていますよ。 主人公は大竹しのぶでしたね
最後に、飛騨が見えるって言って、こと切れる・・私は、高校生でしたが
泣いてしまいました。
私的には、華麗な鹿鳴館外交の絹のドレスと対象に、女工哀史を比較した
印象しかなく、明治の産業革命の時代、まだまだ基本的人権も無く
労働者保護の法律も無く、酷い使い方をされていたんだって言う、感想を
持っています。 だからこの映画は、私が社会的に行動する様になった
キッカケの一つでもありますね

我が家も、旧家、昭和初期までの仕事は、映画の様に、お蚕の生産でした。
私が、今住んでいる、建物も、昭和6年建造であり、お蚕生産のために、やたら
家の空間は、広く、大きいですし、桑畑も、周りにありました。
もちろん今は、改装してますし、桑畑も全く無くなりましたですけどね。
この、お蚕の生産と、森林生産で、農山村は、豊かで、潤っていた様です。

私の想いは、現代では、国内では、お蚕の生産も無く、
山林も木材輸入とハウスメーカーの為に、材木需要が無く、荒れ果ててますし
現在の、農山村は生活の糧を失って、どんどん、人口が減り続けてます

さらに、平成に入り、まさか、非正規社員、非正規雇用の増加と、
人材派遣会社と言う、新たな搾取と利権構造が出現して、労働者保護が、
後退すると言う現実を目の当たりにする事に、なってしまうとは・・

私にとっては、地球は、上げようと努力し続けないと、落ちる・・と言う法則通り

国民が、再び声を上げて、働く人間の、権利を取り戻さないと、
現代においても、資本の奴隷にされてしまうと言う、現実、
それが、庶民の生活が、良い方向に向かって、戻って行けるように、
したい! と言う、私自身の行動の原動力になっています。

信仰は、私自身の向上為の、心の柱ですね・・

社会正義を、重視するのは、知恵と経験からの、私の志しでしょうか
我が子に、バトンする未来を良くして行く責任が、親にはある、
と言う思いからです

私は、そんな感じですね
ありがとうございます、感謝いたします。
[3] おじば、と言う言葉の意味 一農家 投稿日:2018年11月06日 18:34:17 No.706
こんばんは〜
陽輝朗さん、こんばんは〜
最近、某場所のコメント欄で、天理教のおじば、人類の種の発生場所について
意見が交わされておりますよね?
まあ、泥海古記自体、独立の為に、外から、学者を入れて、国に申請する為に
構成された物だと、(道の80年)に、書いてあったから、あれ自体、ただの神話
ですよね・・そう思ったけど、もうあそこには、書くつもりはありません
陽輝朗さんは、いかに、考えておられますか?
まあ、別席は、正直言って、退屈ですけど、一応、運んでいますよ (笑)

神聖なる、神の磁場・・これは、当会でも、聖地には、御守護神が
神聖なる、神の磁場を作って、あらゆる御霊の、浄化と天界上げが、可能に
なっております! と言う表現をしておりますからね。

だから、天理教のおじば、も、天理王の命が、開いた、神聖なる、場所であり
聖地と言う意味の様に、思います。 何しろ、初期の神示については
秘密が多い・・天の将軍と言ったのであって、元の神とは言って無い?
と言う話もあって、判らないですよね?

私は、おじば、磁場、聖地、と言う意味くらいに、考えています。
ただの、世間話しです、すみません。
[4] Re: それぞれの時代、それぞれの人 陽輝朗 投稿日:2018年11月08日 20:50:06 No.735
オネストさん、一農家さん、御返信ありがとうございます。
ここ数日ごたごたして、ゆっくり書き込み出来ませんでした。
返信出来ずに申し訳ございませんでした。

「あゝ野麦峠」の中で幼い見習い工女がベテラン工女の髪を調えながら「東京へ行って髪結いさんになりたかった」と話す場面があります。
「おしん」では、髪結い修業に入ったおしんに最古参の弟子が「一人前の髪結いになっても師匠への御礼奉公として手当て無しで数年働いて独立する頃には二十代半ばになってしまう」と語る場面があります。

さて、その見習い工女は製糸工女と髪結いのどちらを選んだ方がよかったのでしょうか?
製糸作業に適した資質を持ってれば二十歳になるかならないかで年収百円と言う当時としては可成りの高額を稼ぐことが出来る場合があります。
髪結いになれば技能は身につけられても二十代半ばまで無給で働かなければいけません。

「あゝ野麦峠」での原作本を読めば、当時は奉公に出ず家で農作業していても大変な重労働で、工場の方がまだ楽だっし食事も良かったとの経験者の意見も多く、また他業種と比べても女性の場合は製糸業に従事した方が稼ぐ事が出来たとの事です。
その他、製糸工場に行かせて貰えず同世代の工女達が年末に給金を持って帰って正月に呉服屋などで買い物する姿に羨望の眼差しを送っていたと回顧する老婆の話もありました。

一方「おしん」に於いては、おしんが髪結いを志し下働きとして日々励む事は誠に結構なのでありますが、時代は日本髪よりも洋髪の需要が年々拡がってゆく有様、年季の入った髪結いも無用の長物になってしまうのあります。

そしてまた「あゝ野麦峠」に話は戻りますが、本作品上映の数年後「あゝ野麦峠・新緑篇」なるものが公開されます。
この作品は昭和の初っ端の労働者のストライキ抗争を描いたものであります。

苛酷で不条理な日々の中でも耐え忍び健気に生き抜いた明治の娘達の姿から時代は移り、世の中の矛盾や理不尽な不平等を知る事となった大正を通り過ぎた娘達の群像劇であります。

さて、そんな時代から彼是百年近くになりますか。
戦争を体験し、その記憶を残す世代も僅かとなりました。
我々はこれから来る時代の何に苦しまれ、その中でもどんな喜びに遭遇する事が出来るのででしょうか?
殆ど周りには危惧する言葉が溢れてますが何故か個人的には楽観して、根拠のない希望を抱いておる次第であります。

最後まで御拝読いただき有難うございました。
[5] Re: それぞれの時代、それぞれの人 陽輝朗 投稿日:2018年11月08日 21:23:57 No.737
続けて書き込みさせていただきます。

一農家さん、「おぢば」について私なりの意見を述べさせて頂きます。

「親神様が人間を宿し込んだ場所」と言う表現は肯ける。
「人類発祥の地」…何故か違和感を覚える。

「人間」と言うよりも人間だけではなく哺乳類への進化の何かの作業をした場所ではないのかと以前より考えてました。

先日あちらでどなたかが有性生殖動物への進化云々との意見がありましたが、やはり同じような事を考える人はいるんですね。

私は「元の理の話」を見聞きしながら鯱や亀などは考えないけど、現実に十億年前のこの地球でどんな事が起こったのかと一人空想に耽るのが好きです。
[6] Re: それぞれの時代、それぞれの人 ムーンライト 投稿日:2018年11月09日 09:43:51 No.741
人類の発祥の地についてですが、10億年前に地球の姿が現在とはずいぶん違っていたと思いますので、アフリカ発祥説とは違うといっても論議はできないと思っています。

また、元の理という神様が人間を創造された時のお話がありますが、あれは「理の話」であって、そのままに解釈することは出来ないと思います。神様がそうおっしゃられているのだから、ああそうなんだなあと聞き分けるしかないと思っています。

また、天理教でいう十柱の神様のことなんですが、

くにとこたちの命(月)
をもたりの命(太陽)
いざなぎの命(水星)(ほしい)
いざなみの命(金星)(おしい)
かしこねの命(海王星)(にくい)
くもよみの命(木星)(かわい)
くにさづちの命(冥王星)(うらみ)
つきよみの命(火星)(はらだち)
たいしょくてんの命(天王星)(よく)
おおとのべの命(土星)(こふまん)

というふうに太陽系の十の天体を表しており、わかりやすく、うおとみ、亀やシャチなどと例えてあるのだというふうに解釈しています。
これは僕が調べた研究の結果なんですが。親神様というのは「おもたりの命様」(お母さん)と「くにとこたちの命様」(お父さん)、つまり超神霊であられるのだと思います。
隈本 確先生のご本にも太陽は天照皇太神宮様のお姿のようなお姿が書いておられたと思います。
つまり僕は、天理王命様とは、太陽系宇宙そのもののことをおっしゃられているのだと思っています。

天理教は明治40年に神様のお言葉を取り次いでおられた本席様(天啓者)というお方がお出直し(亡くなる)になられてから、長年続いていて「つづいてこそ道」と言われていたその『道』が突然ぷっつり切れてしまいました。そこで何か役に立ちそうなものはないものかと十数年かけてあらゆる書物を探して調べさせていただきましたが、結局これというようなものは何もありませんでした。

しばらくして、神様のお言葉を取り次ぐ(以後天啓者)という人が現れて来ましたが、天理教本部自体に審神者(さにわ)の役目をする人がいないので、何人かの天啓者が現れましたが、天理教本部としては、すべて認めずに全部異端ということにして天理教本部から追放されてしまいました。
ただ一つだけ本物とおぼしき人が現れたのですが、その時にもその人を全く認めなかったので、くどくくどく促されたのですが、聞く耳を持たない幹部の方々がすべて、その天啓者の言った順番通りに皆一人一人出直しされてしまったのです。その時点で天理教の道が完全なに途切れてしまったのです。
それを知っていたので、もうこれ以上は前に進めないと思いました。

隈本 確先生のことは、S56年当初から知ってはいたのですが、聖地に参拝することが出来ないので日神会には入会することはできませんでしたが、三年くらい前に、再び出版されている御本をすべて取り寄せて研究を始めました。

ところが、昨年の10月に郵送でも御寄進を送らせていただけば会員になれるということを知って会員にならせていただくことが出来ました。

現在も天理教の布教所のようなものをさせていただいていますが、僕自身の生活のことなどもお世話になっているので、天理教をやめることはできませんが、天理教の道が途切れてこれ以上発展していけないと思ったので(2011年の8月に盲腸捻転の大手術を受けるまでは20人くらいの信者さんがおられて毎日おたすけをさせていただいていました。また天理教のおたすけである「おさづけ」は自分自身は救けることができません。しかし天理王命様に命は救けていただきました。切除した20cmくらいの部分が黒く壊死していました。)、より多くの難病で苦しんでおられる方たちを救けさせていただけるようにと思い「神霊治療能力者」にならせていただきたいと心で決定させていただきました。

ちょっと前の話になりますが。今年の3/3ころ急に高熱(38.6度)が出ました。4日にお医者さんに往診にきていただきました。インフルエンザの検査は陰性でしたので、たぶん尿路感染症でしょうということで抗生物質の注射をしてもらいました。そして抗生物質の薬と解熱剤をくださいました。
4、5、6 日と薬を飲みましたが熱は37.5度までしか下がらず、再びお医者さんに往診に来てもらい注射を打ってもらいました。その晩はやっと平熱近くまで下がりました。しかし7日に再び熱が上がり(37.5度)起きられなくなってしまい夕方くらいまでうなされたようになってしまっていました。

そして、夜になってだいぶ落ち着いて来たので聖の神様にお願いして自己浄霊をするためにお腹(膀胱付近)に手を当てかけたんですが、そしたらいきなり小さな小さな小さな真っ黒いきゅうりに足がはえたような虫みたいなもの(菌?霊?悪想念?)が一斉に何千匹どころか何十万匹ともわからないほど大量に走って逃げだしました。逃げる方向にも手を当てるとそれらの虫みたいなものがどんどん溶けだして消えて行きました。まるでマンガを見ているような感じでしたが、腎臓当たりくらいまで追いかけると全部消えて無くなってしまいました。それからお腹の重だるいものがスッキリ無くなっていました。ほんとうに有り難い不思議な体験をさせていただきました。起きているのに夢を見ているような映像でした。その後下腹部の違和感もなくなり熱も平熱になりました。そういう不思議な体験をさせていただきました。
[7] Re: それぞれの時代、それぞれの人 陽輝朗 投稿日:2018年11月09日 13:57:18 No.743
ムーンライトさん、こんにちは。
御返信いただき、ありがとうございます。

文中の「本物とおぼしき人」とは茨木氏のことですね。
天啓者不在の天理教団、つまり自分は今までインチキな宗教を信仰してた…とは思いません。
幾度かの「不思議な御守護」と思える出来事に遭遇し、確かに自分は「目には見えぬ人智を超えた存在」に救われ、導かれて来たと思えるのです。

それらの経験から生じた、この解釈、この感覚は自分の信仰心を揺るぎないものに出来たようです。

いつからか「神なる存在が天理教団を介して私を信仰に導いた、つまりは天理教団とは神と私の橋渡しの役目をした仲介所」と勝手ながら、そんな解釈に落ち着きました。

更に、教団内の様々な醜い部分も目の当たりにしました。それでも「天理教を辞める」と言った気持ちにはなりませんでした。
何故か自分の心は神だけを見つめて、神だけを支えにして自分なりの信仰・信心を続けて行こうと言った思いに自然に切り替わって行きました。
…まあ裏を返せば、誰も私を救ってくれる存在ではないとの諦めと最後に自分を救えるのは自分だけと言う悟りとが結んで生まれた決意のようなものだったのかもしれません。

ところでムーンライトさんは、既に削除された某天理教掲示板で「のんきぐらし」と言うHNで投稿されてた方ですか?
間違ってたら、すみません。
[8] Re: それぞれの時代、それぞれの人 ムーンライト 投稿日:2018年11月09日 14:34:38 No.745
陽輝朗さん、ありがとうございます。

僕自身は、天理教はインチキ宗教とは思ってはいません。本席様が出直されてから神様のおさしづを取り次ぐ人がいなくなったので、方向性がわからなくなってしまったように感じています。

僕自身も神様対自分という神様目標(めどう)の信仰をさせていただいています。

それから、僕は某掲示板には投稿したことがありません。「のんきぐらし」さんではないです。
yahoo掲示板や、The 掲示板では、「ひろ」で投稿していたと思います。
[9] Re: それぞれの時代、それぞれの人 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月09日 20:07:04 No.756
ムーンライトさん、オネストです。

母に聞いた話ですが、天理王命は天界で超神霊になられているが、天理教は神の道を歩んでいない。と聞いておりました。
やはり、そうだったんですね。

布教するものの覚悟が神の道に似合うものではない状態だったのですね。
大教団となり、神を忘れたのでしょうか。
そうあって欲しくはないです。
今からでも、本物の神の道に戻って欲しい。
父は天理教の親様と交信できました。
こう言う方たちが、過去天理教に多く存在していたはず、
もう一度その方向に戻るべき、
日神会同様に神の道を歩んで欲しい、
切に思います。
[10] Re: それぞれの時代、それぞれの人 一農家 投稿日:2018年11月10日 08:28:23 No.766
おはようございます。
世界は、行ったり来たり、寄せる波を繰り返しながら
だんだん昇華して、進歩して行くと思っております
もう、世界大戦は起きないでしょう、起きたら、滅びます。
今は、アメリカから、新自由主義が台頭して、再び、
一部の者に富が集まっています 人権も軽くなって来てます
中国と日本、アジアで、煽って、戦争を想起させ、軍事予算を増やし、
増税する方向の様です。 中東も、まだまだ、もめています。
戦争にならなくても、また、国民生活が追い詰められ、気がつくまで
この状態は、進んでしまうと思いますけども、それも神の思惑だと、思ってます
地球は、上げようとしないと、落ちてしまう・・
だから、よくなっては、少し戻るを繰り返して、進化をし続けていると思います。
個人としては、生まれた時代の波の中で、精一杯、理想を求めて、
生きるしかないと思っています。
[11] Re: それぞれの時代、それぞれの人 一農家 投稿日:2018年11月10日 08:44:30 No.767
私と天理教の関係は、息子が天理高校に進んだので、浅くはないです
天理教の教会長は、これも因縁なので、と言う感じで、逆に私に、
天理教を勧めたい様です。
お父さん、天理教に来ないかな? 息子に言った様です・・息子は逆に
お父さん、絶対、行かないと思います・・そう言った様です
息子は、天理高校で、何が一番難しいって、授業に、天理教教理がある事です
教理が、一番難しいって言います。
天理教子弟なら、当然知ってる事も、息子は、知りません。
逆に、日神会の、大霊界世界については、知っています。
だから、天理教教理を覚えるのに苦労してる様です・・
ムーンライトさんの言う通り、確かに、この先の天理教には、道が無いですね
思想としての宗教、キリスト教の様に、続くかな?
神を信じて、生きてる信者と、思想を学んで実践する信者に別れてますよね?
まだ、おさずけ、も生きていますから、神が手を引かれた訳では無い・_
でも、本当に、薄いなあ・・と言う想いしか湧いて来ません。

息子は私より霊感も強く、中学生まで、幽霊とか見てるし、霊聴もあった様です
生まれた時から、家族浄霊をし続けています。
天理高校に進んだのは、背後霊、守護霊の導きもあるでしょう
学ぶ段階の一つだと思っております。
[12] Re: それぞれの時代、それぞれの人 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月10日 10:10:30 No.768
一農家さん、オネストです。

一農家さんの息子さんと、一農家さんの関係は、まるで私のところの家族関係に似ています。

私の父は天理教のようぼくであり、分協会の世話役や、会長の補佐を行っておりました。
よって私はものごこころがついた時から、天理教の中で育ちました。
他の宗教を知ったのは、中学時代です。
仏教に興味があり、色々本を読みあさりましたが、さっぱりわからないことだらけ、天理教の経典も関西言葉で書かれてあり、分からないことが多い状況でした。
当時、中学校や小学校の周囲で、生徒帰宅に合せてキリスト教の方がスピーカーで「あなたは、神をしんじますか・・・・」など布教活動を行っており、よくみんなでキリストの話を聞いたことを記憶しています。
キリストの話は、神の話、分かりやすように説明してくれていましたから、キリスト教に入ろうと真剣に思ってもいました。

しかし、その頃の私は極度の霊媒体質、いろんな病気に苛まれ、根暗、霊を見ることも、霊の声が聞こえることもあり、低レベルな霊感を持っていました。
当時、父は自宅を持ち、そこで私達一家は暮らしていたのですが、そこが処刑場跡地であったがため、更に酷い状態に導かされるわけです。

父は何とか天理教の親様のお力で、霊を追い払おうとしており、その結果心臓病で数度倒れました。病院では、異常がないということですぐ退院、また入院。これを繰り返していたようです。
私もキリスト教の力で何とかならないのか、仏教の力で何とかならないのか、
(この頃は私も霊が見えており、白い着物を着た30歳くらいの女性をよく見ました。)
と思い、お手ふりを行ったり、般若心経を唱えたり、イエス様に祈ったり、いろいろやっていましたが、全く効果がなく、父と私はそれでも天理教の親様に長い期間頼って、最悪な状態になることを防いでいました。母は稲荷様や十和田様にいってお願いもしていました。唯一兄だけはあまり影響が少なく、何も感じていないようでしたが、少なからず何らかの影響が出ていたように思います。

私達一家は、多くの地縛霊の中で暮らしていたのですから、壮絶な結果になったことは、想像の如くです。そこで一家心中しなかったことは奇跡というか、天理の親神様のお守りであることを認識しています。
この場所の周囲に3件ほど家が建っていましたが、いずれも一家離散、発狂、早死、など影響が大きい場所でした。

あるきっかけで初代を知り、初代の教えの生き方へ父は転換し、天理教の親神様と初代の力をお借りして、その場所の地縛霊を昇天させることができました。
すべての地縛霊を昇天させることはできなかったものの、その地縛霊の代表であるお姫様の霊が神となり、その地を離れた私達家族を、その後父が亡くなった後も守護されておりました。

私は父の、神に対する思いの深さに敬意を持ち、初代の御本に何が書かれてあるのか、読みふけりました。
結果、神がの実在がはっきりと分かり、神の道があることを知りました。

おそらく、一農家さんの息子さんも、一農家さんを尊敬し、神の道へと入信したものと思います。
新しい天理教のあり方を開拓されるような気がします。
天理教を知っていて入信するより、知識が浅い状態で入信する方が、既成概念がなく、自由に創造できると思います。
そっちの方が神の道を理解する近道かもしれません。

長くなりました。失礼。
[13] Re: それぞれの時代、それぞれの人 陽輝朗 投稿日:2018年11月10日 14:46:25 No.775
皆さん、こんにちは。

一農家さんの書き込まれた
「神を信じて生きてる信者」「思想を学んで実践する信者」

前者の方は「神=教団」と思い込んでる信者と「神と教団は別物」と認識してる信者に別れてるように思います。
更に「神=教団」が「神=教会長」となり「会長様の言う通りにしないと神様に命を奪われる」と馬鹿げた洗脳に取り憑かれてる信者も存在してるようですね。

私はいつからか「神と教団は別物」派になってましたね。
誰かに教わった訳でもなく誰かの真似をした訳でもなく、いつの間にか自然にそんな感覚になって行きました。

リアルで交流がある教団関係者は好人物が多い事には多いですが、自分の置かれた環境での自分の抱えた苦悩に答えを導いてくれそうな人はいないと感じ取り、そんな満たされないものは誰それに相談しても解決出来ない、神と自分を信じて
自分の精神を強靭なものにしてその時その場を乗り越えてゆくしか術がない、と言ったような覚悟と決意をして、ここまでの道中を歩いて来た感じですね。

また、この教団で教わった思想は心の支えになりました。その他にも世間で言う「七転び八起き」「待てば海路の日和あり」「万事塞翁が馬」等の諺、格言を自分の胸に言い聞かせて来ましたけど。

こんなやり方が神の目や人の道に適っていたのか、何かの時には思わぬ所から救いの手が差し伸べられたり、抜け道から日の射す道に出られたり出来ました。

更にこの先これから何があるかわかりませんが、ここまでの経験で培ったものはこれからの私の強い支えになると自負している次第です。

そして、せっかく一農家さんが導いてくださった当掲示板で生まれた御縁。
五反田は私の住まいから一時間余りの場所なので、折を見てお訪ねしたいと考えております。
[14] Re: それぞれの時代、それぞれの人 入会検討中 投稿日:2018年11月13日 10:06:03 No.811
連投し過ぎましたので、1つにまとめます。
1行ずつ行間を空けてきましたが出来る限り詰めて書きます。

2018年11月09日 14:40 No.746
陽輝朗さん初めまして、
>基本的に私は朝ドラは視ないのですが、何かの拍子で目にして突然関心を持ち、翌日から録画して夢中になって最終回まで視る事が屡々あります。

私も何かの拍子なんでしょうかねえ、突然関心を持つことがあります。
録画はしませんが、最終回まで見ることもあります。
最近で最終回まで見たのは、梅ちゃん先生です。

2018年11月09日 14:45 No.747
あゝ野麦峠は見ましたかねえ❔
私は幸せの黄色いハンカチと混同しているような気が・・・?(・_・;?

747は自分のことです。

2018年11月09日 14:49 No.748
オネストさん初めまして、
赤毛のアン、実写版で見ました❕
それだけです。私の投稿に中身はないです笑

2018年11月09日 14:52 No.749
>更に、そこに信仰・信心が加わって思う事は同じものを崇めて学びながらも受け取る側に依って、その活かし方もそれぞれだと

これは、一農家さんがよく取り上げる『虫の声』になりますか❓

2018年11月09日 15:08 No.750
>735さて、その見習い工女は製糸工女と髪結いのどちらを選んだ方がよかったのでしょうか?

世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本 和田裕美さん著 ダイヤモンド社(出版社に掲載許可を頂きました)の著者のどの本に書かれていたのか覚えてないですけど、その著者は会社がダメになるほうを選択したようです。
会社がダメになるのは分かっていたようです。それでも敢えて、会社がダメになるほうへ進んだ、
それを体験することで、普通では体験出来ないことを体験することが出来た・・・
読後、そういう道を選択するのも良いなあ、と思いました。

2018年11月09日 15:16 No.751
>735殆ど周りには危惧する言葉が溢れてますが何故か個人的には楽観して、根拠のない希望を抱いておる次第であります。

私も希望を抱いてます。根拠はあるかもしれません。
おそらく、日神会の信者の皆さんもそうではありませんか❓
それは大霊界15、111ページの右端に書かれているタイトルがあるからです。

2018年11月10日 07:41 No.763
天○王命様は実在する神様だったんですね。
日神会以外の宗教にも神様が実在されて、何だか嬉しいですね~
日神会では教祖は人間ではなく、神様だそうですね。
神様の御神示を頂きながら会を運営される、確か、そうだったように思います。
全部が全部、御神示を頂いて会を運営する訳ではないと思いますが。
日神会のようなやり方なら、人間中心の運営に偏らないのだと思います。部外者が口を挟んで申し訳ありません。不快に思われましたらお詫び致します。



Re: 脳と胸中の親さん 入会検討中 投稿日:2018年11月09日 20:20:19 No.757 【返信】

>711おそらく、指示系体の中枢は胸中であり、魂の親神様の指示であるような気がしています。
>716人によっては、魂が眠りこけているとの初代会長先生の記述をお見かけしました。
そうしますと、魂からの指示は、できないのではないでしょうか。
>718確かに、魂の親様が、しっかりしていない人の場合は
どうなるんでしょうかね? 想念も発達せず、魂の親様も覚醒せず・・
それでも、多分、想念は、起きているから、私は、想念が中心だと
思っております。
>727魂が眠っていたら指示ができませんよね。

オネストさん、Yさん、ハハ、一農家さん、せいわさん、

大霊界10かどこかに○生○エネルギーというのがあったと思います。

そのエネルギーの影響があるから、魂が眠りこけている人でも

何とかなるんでしょうか。


[1] Re: Re: 脳と胸中の親さん 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月09日 20:41:21 No.759
入会検討中さん、オネストといいます。よろしくお願いします。

神霊エネルギーは平等に全てのものに降り注いでいると思います。
しかし、そのエネルギーに気が付くことができる方は、神界を信じ、神の存在を心から信じている方でしょう。

魂が寝ている状態とは、胸中の魂の親さんの周囲にある人間の想念が準備ができず、神のエネルギーを拒んでいるのではないでしょうか。

また、その他にも、魂の親さんが神の道を歩み始め、凡夫に修行させ、凡夫もろとも神の道に誘うことが考えられます。
この場合は、神のエネルギーを引きやすいと思いますが、修行は初代の修行同様であり、過去の初代の状況そのものでしょう。

この道に入るなら、神を知ること、心から知ること、神と一緒にいると信じること、自分も神であることを理解することが必要と思っています。
[2] Re: Re: 脳と胸中の親さん 入会検討中 投稿日:2018年11月10日 07:21:43 No.762
オネストさん、よろしくお願い致します。

2段目~4段目は自分にとって難しい内容で返信に困りました

何度も読み込むことで少しずつ理解出来るようになってきています。

>この道に入るなら、神を知ること、心から知ること、神と一緒にいると信じること、自分も神であることを理解することが必要と思っています。

それらも必要ですよね。

神を知り、心から知るには、実在の神の力やエネルギーに

触れることも必要ですよね。

力やエネルギーに触れないと、何も分からないと思うんです。

それと、日神会には、自分も神であることを理解するというのは

なかったと思います。

自分の魂が神になるというのはあったと思います。

その辺りのことは、現役会員の皆さんのほうが詳しいと思います。

人間が自分も神であると思うのではなくて、

自分も神であると魂が思う分には構わないと思いますが。
[3] Re: Re: 脳と胸中の親さん 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月10日 08:03:36 No.765
入会検討中さん、オネストです。

失礼間違えました。
自分が胸中に神の魂を宿していると、心より信じきることです。
そして、初代の著者、護符からエネルギーを引く
わが胸に、聖の神がいらっしゃると、決めつけ、
吸いの呼吸でエネルギーを自分の体の隅々に引き流す事です。

私は、信者歴は15-6年ほどですが、会員歴は2年目、
人に教えることが出来るほどではありませんが、体験をお話すると以上の方法が良いと思います。

毎日、護符を前にし護符からエネルギーを引く、
いつでもどこでもエネルギーが流れていると頭で思い込むようにしています。

2年目の私ですら、聖の神と一緒にいると感じ取れます。
私はつい最近の日神会の儀式後、護符からエネルギーを引くのではなく、
自分の胸中におられる魂の親さんから霊流を引いています。
魂の親さんは、すでに恒常的に聖の神より、エネルギーを引いているようです。
ですから、護符は現在のところ必要ではありませんが、
いつ何度機、悪霊に遭遇すらかもしれないことから、護身のため持ち歩いています。

私の魂の親さんは、初代のご本を読む前から、つまり、私の魂が神の種であることを知る前から、神界への向上を行っていたようです。
ですから、私の人生は霊に影響されながら送ってきたと思います。
こういう方は意外と多いかもしれません。
また、私の人生が平々凡々であれば、気がつかなかったと思います。

入会検討中さんも人生を振り返ってみれば、気が付くと思います。
私より修練を積んだ会員の皆様が多くおられます。
その方々にアドバイスを頂ければ、嬉しいですね。
それでは。
[4] Re: Re: 脳と胸中の親さん せいわ 投稿日:2018年11月10日 14:56:33 No.776
こんにちは、入会検討中さん。

魂が眠っている状態というのは、私も長い間疑問に思っていたことです。
魂と体は、主従の関係ですよね。
ご主人様が眠っているという事は、仕方がないから家来は自分で勝手に動くという事でしょうね。
それくらいしかわかりません。
たぶん、本人が気がつかないうちに弊害も出ているのでしょうね。

私の母は、認知症でした。
認知症は、大霊界のご本では魂が眠っていると、ありました。
だから、きっと私の母の魂も眠っているのだと、思っていました。
だいぶ遅くなってからですが、眠っていると思っても、母の魂の親様には霊流を流し続けていました。
今思えば、流していてよかったと思います。
私の感じでは、母は良い所に行けたと思っています。
残念なのは、もっともっと早くに流していればよかったなぁと、思います。

何の参考にもならない話ですみません。
[5] Re: Re: 脳と胸中の親さん 入会検討中 投稿日:2018年11月11日 05:06:08 No.785
765オネストさん

>人に教えることが出来るほどではありませんが、

そのようなことはありません。いつも勉強させて頂いています。

>体験をお話すると以上の方法が良いと思います。

教えて下さってありがとうございます。

>毎日、護符を前にし護符からエネルギーを引く、
いつでもどこでもエネルギーが流れていると頭で思い込むようにしています。

私は大霊界シリーズで学ばせて頂きましたので、

心で思い込むクセがついています。

しかし、ビジネスで成功された方々が頭で思うことで、

次々に願いを叶えていることから、頭で思い込んでも、

思い通りになるのかもしれないと考えられるようになりました。

>入会検討中さんも人生を振り返ってみれば、気が付くと思います。

どうでしょうねえ~。今のところはまだ・・・

もっと時間をかけてみたいと思います。

>私より修練を積んだ会員の皆様が多くおられます。
その方々にアドバイスを頂ければ、嬉しいですね。

嬉しいです。

>それでは。

はい、ありがとうございました。
[6] Re: Re: 脳と胸中の親さん 入会検討中 投稿日:2018年11月11日 06:08:38 No.786
おはようございます、せいわさん、

>たぶん、本人が気がつかないうちに弊害も出ているのでしょうね。

それは怖いですね。そのようなことになりましたら、

心身に霊障が起こったり、周囲の人達に迷惑をかけるようなことを

知らないうちにやっていないか心配になります。

>私の母は、認知症でした。

認知症は大変ですね。自分で何も出来ないそうですから。

だから、施設に入居しない時は、そばにいる家族などが

何から何まで面倒を見てあげないとならないようですからね。

テレビ番組で見たことがあります。

今は入院していますが入院する前、私の父親は認知症では

ありませんでしたが寝たきりになりましたので、

食が細くなり、自力で起き上がることも出来ないので

私と母親で介護しなければならなくなりました。

>私の感じでは、母は良い所に行けたと思っています。

それはよかったですね。よい所に行って頂きたいです。

>残念なのは、もっともっと早くに流していればよかったなぁと、思います。

私の父親に対して、私もそう思いました。私の父親は

喧嘩腰になる人で、私はそれに嫌気がさして父親を避けていました。

家族浄霊も、あまりしませんでした。父親が入院するように

なってからは頻繁に流しています。

>何の参考にもならない話ですみません。

そのようなことはありませんよ。とても大切なことを

幾つも勉強させて頂きましたよ。

ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。
[7] Re: Re: 脳と胸中の親さん せいわ 投稿日:2018年11月11日 14:57:51 No.791
入会検討中さん、こんにちは。

お父さんの介護、大変でしたね。
今もご家族の片を介護していらっしゃるのですよね。
頭が下がります。

私は、母が認知症でしたが、今住んでいるところは関東で、実家は北陸なので、母の介護は全くしていません。

実家を継いでいる弟夫婦がしてくれました。
実家の隣の市に下の姉がいたので、姉が都合がつくときに行ったりはしていたのですが、日常面倒を見てくれていたのは、弟の妻の義妹です。

義妹は本当によく面倒を見てくれました。
本当に感謝しかないです。
母はもともと穏やかな人でしたし(近所の人には仏様みたいなおばあちゃんといわれていたらしい)、認知症になっても狂暴になるという事はありませんでした。
それでも、言ってもわからない状態になると、一つ一つが大変だったようです。
例えば、寝る前は入れ歯を外すのですが、外すのを嫌がって踏ん張るのだそうです。
これは、弟から聞いたことですが、義妹からは一度も母の愚痴は聞いたことがありません。
どうにもならなくなって、施設に入れましたが、それまで義妹は母の添い寝までしてくれていたようです。
本当に感謝しかないです。

今でも実家に行くと、母の写真が台所に飾ってあります。
娘としては嬉しいです。
[8] Re: Re: 脳と胸中の親さん 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月11日 19:00:55 No.792
せいわさん、オネストです。

感動です。うちの職員にも話して聞かせたい。義理の妹様はすごい方ですね。
お母さんの魂に寄り添ったのですね。

以前一農家さんも言っていたことが、蘇りました。
他人でも、実の肉親と思うほどに、意識を転換せよ。

まさに、誰から教えらなくとも実践されていた方なのですね。
当方の職員に足りない所、
大変勉強になりました。
感謝いたします。

実は利用者さんに対する接遇で問題が出てきていました。
急激に増える、利用者の方々、ほとんど認知症を患ってる方々です。
エマニチュードというフランス式の介護方法は知っておりましたが、
魂に寄り添うことが、これからの認知症介護方法かもしれません。

面白さが出てきました。
ほんとうに有難いヒントです。
[9] Re: Re: 脳と胸中の親さん せいわ 投稿日:2018年11月12日 14:10:35 No.798
オネストさん、こんにちは。

義妹のことを誉めてくださってありがとうございます。
義妹は、本当によくやってくれました。
今でも淡々としています。
偉ぶるでもなく、愚痴るでもなく、私達が行くと、気持ちよく迎えてくれます。
よそでいろんなことを聞いたり、読んだりするけれど、ありがたいの一言です。

こんな話で、オネストさんのお役にたてたなら、私も嬉しいです。
フランス式の介護法というのは、私もテレビで見たことがあります。
魂に寄り添うという感じでしたね。
ああいう風にしてもらえると嬉しいけれど、職員の方々も大変でしょうね。
オネストさんも頑張っていらっしゃいますね。

ついでと言っちゃ何ですが、母のことでもう少し書かせてください。
義妹は、一日おきのフルタイムで働いていたので、母がデイサービスが帰ってくるのは、義妹が帰る一時間前でした。
その一時間の間に、母が外に出る可能性があるので、デイサービスの職員の人に頼んで玄関のカギを外からかけてもらっていました。
その一時間の間には、弟夫婦の息子たちが小学校の頃に下校時についてきたのがきっかけで飼い始めた老猫が母の相手をしていたようでした。
母の口からは、だんだん言葉が無くなっていきましたが、最後まで言えた言葉が、その老猫の名前だったそうです。

母が亡くなって、遺体として実家に戻ってきたとき、猫はスッとどこからともなくやってきて寝ている母の足元で、長く寝ていました。
この猫は、人見知りで知らない人が来ると、すぐにどこかに行ってしまう猫でしたが、その時は誰が来ても動きませんでした。

その後、母の遺影ができてきました。
その時、猫が急に遺影の前にやってきて、「にゃぁ、にゃぁ、にゃぁ」と三度鳴きどこかに行ってしまいました。

あれが、猫なりの母へのお別れだったのかと、思っています。
その猫は、義妹がとってもかわいがっていた猫で、母が亡くなった翌年に亡くなりました。
[10] Re: Re: 脳と胸中の親さん s 投稿日:2018年11月12日 17:31:38 No.799
せいわさん、こんばんは。

義理の妹様は、素晴らしい人格の持ち主だったのですね。
実の母でもなかなかできない介護を義理の母に対して、
よくできるものだと感心します。

私の場合、自分の父親の介護は、早々にあきらめて施設に預けました。
そんな経験からも介護の大変さが、身にしみてわかります。

飼っていた猫は随分とお母様になついていたのですね。その猫は、
ちゃんとお母様が亡くなったのがわかったのでしょうね。
お通夜のように寄り添って、遺影に挨拶して行ったのには泣かされます。
[11] Re: Re: 脳と胸中の親さん 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月12日 20:11:13 No.800
せいわさん、sさん、おばんです。オネストです。

猫語が理解できれば、なんて言ったのか分かるでしょうが、猫語が一番分かりません。
というよりも、すごい方ですね、義理の妹さんは、修羅場をくぐってこられた方ですか、動じない精神、不屈の愛、敬愛、慈愛、まさに初代の求める魂。

そういう方がおられるのですね、地球は捨てたものでは無いですね。
私なんかは、ようやく初代が提言された境地に届くと思われるところです。
60年間生きてきて、ようやくです。

義理の妹さんの魂の状況をリアルタイムに感じ取っていた、せいわさんもすごいですね。
大概人のことは、自分と比較するもです。自分の非より他人の非がよく見えます。
人の優れたところを見ることが出来るようになるのは、人生経験が必要ですよね。
おそらくせいわさん、ご苦労されたと思います。

現代の若者(20~30代)に人間の心の世界を問いても、煙たがられます。
私は、その頃は人の道をはずれた人間でしたから、人の言うことはほとんど聞きませんでした。
しかし、魂に響く、生き方はこの頃の歳でも理解できました。
せいわさんと義理の妹さんは、実際の魂に触れながら生きてきたのだと感じ取ります。

今風に言うと、「ガチ、ッスネー」かなですね。
私は、今の若い人に言いたい。
ソウル、魂、旗持ってみろー。

意味不明ですみません。
[12] Re: Re: 脳と胸中の親さん 入会検討中 投稿日:2018年11月13日 09:42:05 No.810
11月12日 21:05 No.801
せいわさん、こんばんは。遅くなりました。

昨日は病院へ行く日でした。病院へ行く日はどういうわけか

いつもバタバタするのでした。おまけに睡眠不足で、

もう1人の介護を終えた深夜、インターネットをする準備をしましたら、

いつの間にか寝ていました。そんなことがあって遅くなってしまいました。

ごめんなさい。

義妹さんを見ていますと、病院の看護士達を思い出します。

彼らは、私がお礼を言わなくても仕事を黙々と、あるいは、

笑顔でこなしているようでした。文句も言わないで仕事をしているのです。

素晴らしい心がけだと思います。

義妹さんも志の高い看護士さん達のようですね。

(看護士さん達にはちゃんとお礼しましたよ)

猫さんは不思議ですね。猫でも何か分かるんでしょうかね。


>801昨日は病院へ行く日でした。

病院へは一昨日でした。1日飛んでいました。すみません。


>791今もご家族の片を介護していらっしゃるのですよね。
頭が下がります。

義妹さんの足もとには、とても及びません。
せいわさんの義妹さんを目指したいと思います。

義妹さんのことをお書き頂きありがとうございました。非常に大切な心を学ぶことが出来ました。



二神一体の業 投稿日:2018年11月08日 20:55:27 No.736 【返信】

初めまして。
二神一体の業に参加させて頂いた者です。
皆様のお話を伺うと金曜からエネルギーが変わったという方が多いのですね。
前夜祭では会長が護符などに御力を鎮めるのを見ることができたそうです。
ただ、二神一体の業が行われたのは土曜日で、二神一体になられて、
素の神より高い神格を備えられたという事です。

御真体の御力が変化されたと仰る方もおられましたが、私は、
聖の神、教祖神のお札も頂いておりますが、あまり変化は感じませんでした。
霊査ができる方々もおられるようですが、二神一体になられてから、
護符等のエネルギーも強大になられたのでしょうか。

長崎、東京聖地の祭壇の御真体は日曜に新たに鎮められたようです。


[1] Re: 二神一体の業 入会検討中 投稿日:2018年11月09日 01:25:33 No.739
蓮さん初めまして。

素の神より高い神格を備えられたとは驚きです!

そんなことがあり得るものですかね。
[2] Re: 二神一体の業 s 投稿日:2018年11月09日 09:57:22 No.742
蓮さん、始めまして。

二神一体の業に参加されたそうで、よかったですね。
今回の二神一体の業が、どのように行われたのか非常に興味があります。

私がお力が強くなったと感じたのは、金曜日の夜に浄霊を行ったときです。
ただ、私よりも具体的に、しっかりと違いを感じられている方もたくさん
おられます。
それについては、ここの掲示板の投稿を参照いただければよいかと思います。

当然、護符等のエネルギーも強くなっているものと思います。
[3] Re: 二神一体の業 投稿日:2018年11月09日 15:29:46 No.752
入会検討中様、ありがとうございます。
自分も聞いた時は信じられませんでしたが「余以上の神格を有する神が生誕し、嬉しく思う」という素の神の御神示があったそうです。

s様ありがとうございます。金曜日の夜からお力が強くなったのは、前夜祭で
二神一体の護符や四神聖輪光の御魂鎮めをされたからかもしれませんね。
ただ二神一体の業以前に鎮まれた護符等のエネルギーは、聖の神、教祖神
それぞれ単独のエネルギーで、二神一体の業以降の護符等とは違っているのかもしれないと思ったのですが、どうなんでしょうね。
[4] Re: 二神一体の業 s 投稿日:2018年11月09日 17:35:34 No.754
蓮さん、こんばんは。

>「余以上の神格を有する神が生誕し、嬉しく思う」という素の神の御神示があったそうです。

信じられないようなお言葉ですね。びっくりしました。

私は、護符を受信機のようなものと考えています。なので、二神一体の
業以前の護符であっても、強くなったお力がいただけると思います。
[5] Re: 二神一体の業 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月09日 19:52:53 No.755
蓮さん、はじめまして、聖の道オネストといいます。

二神一体の業で素の神を超えたのですか、
元の神、素の神を超えることは、私のものさしでは推し量れません。

どういうことなのか、会報を待ちます。
私は現在、護符から霊流を引いていません。
自らの魂の親さんから引いています。
以前と違って、体全体が輝きます。
会員になって、自然に魂の親さんが、聖の神から霊流を頂いてると思います。
もしかしたら、私の魂の親さんも向上頂いたことなのかな。
勝手に思っております。
ここ一週間、周囲もかなり変化しています。
私だけでなく、周囲も導かれているようです。
感謝申し上げます。
[6] Re: 二神一体の業 入会検討中 投稿日:2018年11月10日 07:51:07 No.764
>会員になって、自然に魂の親さんが、聖の神から霊流を頂いてると思います。

魂の親さんが自然に聖の神様から霊流を頂いている、

初耳です。知らなかったです。

人間が聖の神様から霊流を頂くことで魂の親さんが早期に

向上して、神格を得るのだと思っていました。
[7] Re: 二神一体の業 s 投稿日:2018年11月10日 10:23:04 No.769
入会検討中さん、おはようございます。

>会員になって、自然に魂の親さんが、聖の神から霊流を頂いてると思います。

これは、オネストさんだけに起きていることだと思います。

ですので、

>人間が聖の神様から霊流を頂くことで魂の親さんが早期に向上して、
神格を得るのだと思っていました。

幽霊会員の期間が長かった自分の経験からして、この認識でよいと思います。
[8] Re: 二神一体の業 聖の道オネスト 投稿日:2018年11月10日 10:38:25 No.770
sさんの仰るとおりであると思います。

私は、小さい頃から霊媒体質が強いため、良いエネルギーだけではなく、
悪いエネルギーも引いてしまう、これらから自然に小さい頃よりエネルギーを引いていたようです。

この性質が今でも続いており、会員となってからは聖の神のエネルギーを知らず知らずのうちに、魂の親さんが引いている、と感じています。

私の魂の親さんは、神界で修行されております。
つい最近、さらに向上したようです。
いつもよりも強いエネルギーを感じ取れるようになりました。
[9] Re: 二神一体の業 希来里 投稿日:2018年11月10日 11:44:32 No.771
御真体を鎮められた護符は、明らかにエネルギーは増大しています。

御真体は、神そのものの分神ですから、エネルギーで繋がっているのでしょうね。

御御魂を鎮められている護符は、エネルギーの増大は感じられませんでした。

本体神とは繋がっていないのでしょう。
[10] Re: 二神一体の業 希来里 投稿日:2018年11月10日 11:46:58 No.772
但し、神を胸中にお呼び出来られる方は、

御御魂鎮めの護符でも、

エネルギーの増大を感じることは出来ると思いますよ!
[11] Re: 二神一体の業 一農家 投稿日:2018年11月10日 14:03:39 No.773
こんにちは。
私の場合、引ける力の量は、その時の祈りの深さで変わってしまうし
印象だけなので、これは、自分の問題だな? 位にしか、判りません。
同様に、御真体からも、お札からも、もともと、得られる体感は、感覚的であり
二神一体の行、何か凄い事になる! きっとお力も強くなる!
そう言う思い込みの方が、強くなってしまって、何か強く感じてしまう?
と言う、自己暗示が入ってしまって、もう判りません。

霊視の投稿でも、そうですが、自分の想い、の影響は大きくて
感じる感覚は、客観的とは言えず、残念ながら、あやふやです。

だから、他の人が、強くなってます!
とおっしゃるなら、そうだろう! と思うにとどめています。
個人的に、引きやすくなった気もしますが、それもあやふやな、感覚です。

強くなったのなら、いろんな病気も即座に、解消できないとなあ〜
強くなりました! じゃあ浄霊を、やって見せて? って事ですよね?
御守護神も向上なされている、我ら会員も、もっと超神道を広めるために
他者浄霊を行って、救世主になって、証明しないといけませんよね?
自らも、ドンドン、向上して、謙虚、礼節、敬いの、三善の心
愛と、慈しみと、敬いの三愛の心を、身につけて、出して行かねばならない
そう言う事ですよね?

頑張りましょう!

七師神が、天界樓に到達して、素の神につながり、天界道も天界樓に直結したと
会報にも発表されましたからね。
これにより、あらゆる御霊の天界上げが、可能になったと、発表されました
御守護神、聖の神は、2神一体により、さらに向上を遂げられている訳です
これで、天界道の存在は揺るぎのない物になったのだと思います。

これで会員も、生きながらに、天界に上がれる様になるかもしれませんね
もちろん、想念管理は、さらに厳しい物にもなるでしょうけども

それが、地球の未来に、どう影響するのか?しないのか?
私には、さっぱり判りませんけど、奇跡を具現化するには
会員も、他者浄霊、自己浄霊に励んで、向上の見本と
人様を救ってあげる事も、必要だろうなあ? と思っております。
[12] Re: 二神一体の業 一農家 投稿日:2018年11月10日 14:20:02 No.774
私は、天理教信者では、無いから
人を助けて、我が身も助かる、とか、人助けをしなくては、とか
そう言うのが、ほぼ無いのです。
このあたりが、ムーンライトさんとか見ていて、偉いなあ・・って
思っております。
私の場合、まず、自分が助かろう・・自分が豊かになろう・・
みんな自分で自分が救えたら、人を救ってあげる必要無いじゃん?
位に考えており、脅迫観念の様に、人助けを優先する事はありません。

もちろん、弱者救済としての活動はやってますよ
だから、某政党の党員になって、活動もしてるんです。
でも、お金は、自分が生活するので、精一杯だから、生活を犠牲にしてまで
寄付や、無償ボランティアとか、出来ません。
消費税とか、日本人は、もう税金負担では、世界最高レベルの高負担国家です
その金が、一体、何に回ってるのか? それはさておき

日神会、会員として、我らの御守護神が、人類史上最高のレベルに到達
されたなら、我々会員は、何を求めて、何をすべきだろうか?

先ずは、自分が天界を目指し、向上して、続いて、家族も、向上させて行く
身の回りの人から、救って行く?
渦は自分が中心なって、自分から回すものです
私も、出来ることから、回して行こうと、さらに行動を続ける・・
そんな感じでしょうかね ?

ありがとうございます、感謝いたします。
[13] Re: 二神一体の業 投稿日:2018年11月10日 18:56:41 No.777
皆様、御返信ありがとうございます。

s様、

>私は、護符を受信機のようなものと考えています。なので、二神一体の
業以前の護符であっても、強くなったお力がいただけると思います。

なるほど、受信機と考えればいいのですね。そのような発想はありませんでした。ありがとうございます。

希来里様、

>御真体を鎮められた護符は、明らかにエネルギーは増大しています。 御真体は、神そのものの分神ですから、エネルギーで繋がっているのでしょうね。
御御魂を鎮められている護符は、エネルギーの増大は感じられませんでした。
本体神とは繋がっていないのでしょう。

そうなのですか。今回の記念品を頂いた時の御説明が、護符とお守りは分御魂ネックレスは御魂が鎮まれているという事でした。

以前の御光授の儀の時は、御真体という事だったので思わず、御真体、分御魂、御魂はどう違うのですか、と聞いてしまったのですが、職員の先生でも分かりません、というお答えでした。

会長先生も様々な神具について一々細かく御説明なさるわけではないようで、職員の先生方も正確なところはわからないようです。
[14] Re: 二神一体の業 希来里 投稿日:2018年11月11日 01:42:29 No.778
蓮さん、はじめまして!

御真体は、神の分神が鎮まられていますので、本体神と同様に意思を持ちエネルギーを放射されています。神格が上がられれば、同様に分神も同様に上がられます。但し、取り扱いには十分注意されて下さい。

分け御魂は、神の総合エネルギーを頂いて、物質に封じ込めますので、その物質の分子構造の中に御力が滞留していますので、その物質が消滅しない限りエネルギーを放射し続けています。但し、エネルギーを消滅させる方法もあります。これが御炊き上げで使われてエネルギーです。

御魂とは、神の総合エネルギーのことです。
[15] Re: 二神一体の業 入会検討中 投稿日:2018年11月13日 09:16:57 No.809
短文で連投し過ぎましたので1つにまとめます。
1行ずつ行間を空けてきましたが、そうしますと、皆さん、スクロールがたいへんになると思いますので出来る限り詰めて書きます。

11月11日 03:07 No.779
sさん、オネストさん、こんばんは。
ありがとうございました。
そういう訳だったのですか~。
霊現象というのは不思議なこと、理解し難いことが起こるものなのですねえ~。

11月11日 03:26 No.780
>という素の神の御神示があったそうです。

素の神様でしたか❗気付きませんでした(´ω`)
繰り返し拝読してやっと気付きました。
蓮さん、素の神様による御神示なのでしたら、間違いありませんよね。

11月11日 03:40 No.781
>会員になって、自然に魂の親さんが、聖の神から霊流を頂いてると思います。
もしかしたら、私の魂の親さんも向上頂いたことなのかな。
勝手に思っております。
ここ一週間、周囲もかなり変化しています。
私だけでなく、周囲も導かれているようです。
感謝申し上げます。

聖の神様から霊流を頂くことで魂の親さんも向上頂いたことになるそうですよ。それに合わせて周囲も変化することもあるようです。
周囲も導かれている、そんな風に考えたことはありませんでした。新しい発想を頂きました。オネストさん、ありがとうございました。

11月11日 03:49 No.782
>私の魂の親さんは、神界で修行されております。
つい最近、さらに向上したようです。
いつもよりも強いエネルギーを感じ取れるようになりました。

オネストさん、それはよかったですね。
オネストさんの魂の親さんは既に神様なんですね。魂の親さんが神様になると、神様としての恩恵が色々と人間に頂けるそうですね。大霊界6より。

11月11日 03:58 No.783
一農家さん初めまして、
>773引ける力の量は、その時の祈りの深さで変わってしまうし
印象だけなので、これは、自分の問題だな? 位にしか、判りません。

引ける力の量が祈りの深さで変わる、
私にもそういうことはあったかもしれません。
自分の問題は、自分に非があったり、自分のやり方がまずかったというのは、よくありました。

11月11日 04:07 No.784
>772但し、神を胸中にお呼び出来られる方は、
御御魂鎮めの護符でも、
エネルギーの増大を感じることは出来ると思いますよ!

希来里さん、神様を胸中にお呼びした場合は、私もそう思っていましたー❕



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する