トップページ ヘルプ セキュリティ IPアドレスを変更する方法と…
セキュリティ
IPアドレスを変えて行われる迷惑行為を制限したい
IPアドレスを変更する方法としては主に下記の方法が考えられますので
該当する手段を阻止することで制限を行うことが可能です。

[1] 一度接続を切って再接続

多くのプロバイダーではIPアドレスは動的に割り当てられているため
一度接続を切って再接続を行うことでIPアドレスが変更される可能性があります。

この場合、IPアドレスは変更されるものの一定の範囲内のみで割り当てが行われている可能性が高いため
プロバイダーにおける割り当て範囲全体にIP制限を設けることで拒否することが可能です。

[2] 匿名ネットワーク「Tor」の利用

Torと呼ばれるソフトウェアを利用することにより、自分のIPアドレスを隠した状態でアクセスが可能となります。この場合、アクセス時にはTorに登録されているIPアドレスが表示されます。IPアドレスは多数存在するためIP制限では拒否することは困難です。ただしRara掲示板は「Tor」拒否機能が搭載されておりますのでこちらを利用することで拒否可能です。Torは必ずしも迷惑行為に使われるとは限りませんが、掲示板において自身の身元を隠して投稿したいという方は何らかの悪意を持っている可能性が高いため一律に拒否しても差し支えないものと思われます。

[3] 公開プロキシサーバーを経由させる

プロキシサーバーを経由した場合にはプロキシサーバーのIPアドレスが通知されるため
自身の身元を隠すことが可能です。ただTorの登場により公開プロキシサーバーはあまり使われなくなっています。プロキシサーバーからのアクセスの場合、プロキシ拒否設定することで拒否することが可能です。

なおプロキシには誰でも利用できる公開プロキシの他に企業などで利用される社内プロキシも存在します。プロキシ拒否を設定した場合にはすべてのプロキシサーバーからの接続が拒否されますのでご注意ください。
Tweet
関連する記事