ひろば
投稿は会員のみ。画像をクリックすると拡大されます。「使い方」をご覧下さい。
| 新規投稿 | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
GoToトラベル kiya 投稿日: 2020年08月09日 10:06:49 No.890 【返信】

都民以外が対象となるGoToトラベルキャンペーン、個人旅行では宿泊費の35%だけ補填される。 享受すべく秋の木曾路、4泊のホテルを予約した。

キャンペーン対象ホテルを探したり、後に還付手続をするのは面倒なので、旅行会社のサイトで予約。こうすると、対象ホテルもすぐわかるし、支払の時点で35%引きになっている。 
私には、楽天トラベルが一番わかりやすかったので、これで予約。

キャンペーン申込みは8月末までで、キャンペーン予算が終われば終了なので、来年1月までに国内旅行の予定があれば、お得。

・・・<我家の雑草・8月>・・・・・
いつの頃からか、種子が飛んできて咲くようになった。 テッポウユリと言うらしい。白い清楚な花がうつむきかげんに咲く姿は、控え目な女性の様で素敵だ。





最近いちばん納得した記事 雪谷旅人 投稿日: 2020年08月03日 21:45:40 No.889 【返信】

新型コロナウィルスについて,最近いちばん納得した記事です。最近なぜ死者が少ないか,経済活動との両立,検査,今後の動向について。このままでは秋~冬に大きな第二波が来る。抗原検査は旅行者に必須になるか。
https://bunshun.jp/articles/-/39317





旅のブログ・ビデオ一挙公開 雪谷旅人 投稿日: 2020年08月01日 20:46:36 No.888 【返信】

最近10年間の主な旅行のブログとビデオを公開します。巣籠りの暇つぶしに,将来の旅行の計画にお使い下さい。ブログのみ,ビデオのみのものもあります。ビデオはダウンロードに数分要することもあります。では,お楽しみ下さい。プライバシー・ポリシーは最後をご覧下さい。なお,不具合や質問のある方はご遠慮なくフォームメール下さい。(投稿者名をクリック)。

中欧世界遺産の旅(2009年8月,一人旅)
ブダペストを起点としてハンガリー,スロヴァキア,ポーランド,ドイツ東部,チェコ,オーストリアのウィーンへ。スピス城,アウシュヴィッツ,ドレスデン,プラハ,チェスキークロムロフを含む3週間の旅
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Centraleurope/contents_html/ME_00.html

バルカン横断の旅(2010年6月,一人旅)
黒海沿岸のブルゴスを起点としてブルガリア,マケドニア,モンテネグロ,クロアチア,スロヴェニア,オーストリアのウィーンへ。カザンラクのばら祭り,ソフィアのリラの僧院,コトル,ドゥブロヴニク,プリトヴィツェ湖,ボーヒン湖を含む3週間の旅
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Balkan/contents_html/Balkan_00.html

スロヴァキアの旅(2010年10月,一人旅)
タトラ山ハイキングを中心にスロヴァキアとブルガリア北部エステルゴムなどを巡る2週間の旅。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Slovakia/contents_html/Slovakia_00.html

アンダルシア冬の旅(2010年12月,家族旅)
マラガと近郊のトレモリーノに10泊しながらミハス,コルドバ,セビリア,ロンダ,マダガスカル(イギリス領)をバスと鉄道で訪問。LCCを使ってバルセロナへ。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Andalucia/contents_html/Andalucia_00.html

スイス+ドロミテ+オーストリアの旅(2011年07月,一人旅)
スイス・ベルリナ鉄道でミラノへ,バスでドロミテ・コルチナへ。南チロルを含むトレッキング。その後オーストリアのグロスグロックナー,湖水地方を含む3週間の旅。
ブログ:http://www.currentec.jp/Blog/Alpstrekking/contents_html/Alps_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Alps.mpg

ニュージーランド北島の旅(2011年12月,一人旅)
トンガリロ国立公園を中心にトレッキングの旅。ルアペフへはガイドを雇ってクレイター・レイクへ。ロトルアの温泉やネピアでゆったり。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Northisland/contents_html/North_00.html

シチリア周遊の旅(2012年3月,家族旅)
カターニャを起点にシラクーサ,タオルミーナへ。パレルモ市内でゆったり。マッシモ劇場でオペラ。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Sicilia/contents_html/Sicilia_00.html

九塞溝の旅(2012年4月,ツアー)
九塞溝・黄龍へのツアー。成都のパンダ園,峨眉山,楽山も訪問。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Sichuan/contents_html/Sichuan_00.html

シャモニーからアオスタへの旅(2012年9月,家族旅)
トレッキングの旅。プラン・ド・レギューユからモンタンヴェールへ。快晴のエギューユ・デ・ミディではアルプスの絶景。アオスタからコーニュ・リッラズへ。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Aosta/contents_html/Aosta_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Aosta.mp4

コートダジュールの休日(2012年12月。家族旅)
ニース近郊ヴィルフランシュ・シュル・メールのコンドミアムに家族5人で11泊。バスやレンタカーで地中海沿岸のモナコ,マントン,エズ,カンヌ,アンティープなどを訪問。アルプス地方へもドライブ。ゆったりとした日程で年末年始を楽しむ。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Cotedazur/contents_html/Cotedazur_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Cotedazur.mp4

カナディアン・ロッキー トレッキングの旅(2013年6月,家族旅)
カルガリからレンタカー。レイクルイーズやバンフに宿泊し,周辺の山へトレッキング。モレイン湖,エメラルド湖周辺,「聖地」レイク・オハラへも。スタンレイ・グレーシア,インク・スポットも。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Canada/contents_html/Canada_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Canada.mp4

サルデーニャ島周遊の旅(2013年11月,一人旅)
地中海の聖なる島,サルデーニャ。カリアリを起点にノーラ,バルーミニ,カプラスなど,ヌラーゲと呼ばれる石造りの遺跡を訪問。カステルサンドなどの文化的遺産,原住民の多いロローブへも。多彩な文化と魅力溢れる島。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Sardenia/contents_html/Sardenia_00.html

パタゴニアの旅(2014年1月,一人旅)
チリのプエルトナタレスを起点にパイネ国立公園,フィッツロイ,ペリトモレノ氷河,ウシュアイア,ビーグル水道などを訪問。ティエラ・デル・フエゴご国立公園では「世界の果て号」乗車。3週間の旅。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Patagonia/contents_html/Patagonia_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Patagonia.mp4

ネパール・ツアー(2014年11月,ツアー)
バクタプル,ナガルコット,ポカラなど。アンナプルナ遊覧飛行,エベレスト遊覧飛行も。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Nepal/contents_html/Nepal_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Nepal.mp4

インティ・ライミとインカ遺跡の旅(2015年6月,二人旅)
現地ツアーでインカのお祭りインティ・ライミ見学。前夜祭を含めて盛大な祭りを堪能。マチュピチュ,シークレットバレーを訪問後インカ・エクスプレスでプーノへ。太陽の島などに宿泊後ラパスへ。ビデオはインティ・ライミ収録。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Inka/contents_html/Inka_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Intiraymi.mp4

南チロルの旅(2015年8月,グループ旅行)
STF最初の海外グループ旅行。ガルデナ谷のサンタ・クリスティーナに6泊。現地ツアーVal Gardena Activeで無料または割引の各種ガイドツアーに参加。ワインテイスティングなど。後半はロマンチック街道をローテンブルクからフュッセンまで南下。ノイシュヴァンシュタイン城などを見学。最後はドイツ最高峰のツークシュピッツェへ。
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Sudtirol.mp4

パタゴニアの旅(2016年2月,グループ旅)
パタゴニアの ロス・グラシアス国立公園や「地の果て」ウシュアイアへ。ツアーでは行かないデシエルト湖やサンタ・クリスティーナ,エンセナーダなど多くの景勝地へ。ダラスのケネディー記念館へも。
ブログ:
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Patagonia2016.mp4

奄美大島の旅(2016年4月,グループ旅)
「東洋のガラパゴス」奄美大島へ。現地ツアーや路線バスを利用して金作原原生林散策やカヌーツーリングへ。加計呂麻島へも。スリ浜でシーカヤックや水泳で遊ぶ。最後に島内一周。
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Alps.mp4

コーカサスの旅(2016年6月,一人旅)
ジョージアとアルメニアへ2週間の旅。軍用道路経由カズベギへ。トリビシから夜行列車とマルシュルートカでメスティア,秘境ウシュアイアへ。ワインの里カズベギへ。夜行列車でエレバンへ。現地ツアーで各種修道院へ。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Caucasia/contents_html/Caucasia_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Caucasia.mp4

ルーマニア周遊の旅(2016年9月,グループ旅)
北部スチャバから専用車でブコヴィアのフレスコ画修道院巡り。マラムレシュの木造教会,田舎の原風景を堪能。シゲショアラ,ブラショフ,やカルパチア山脈へ。便利な専用車を体験。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Romania/contents_html/Romania_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Romania.mp4

アイスランド周遊の旅(2017年1月,グループ旅)
アイスランド全島を現地旅行社Iceland Travel社のバス1台で周遊。滝,氷河,間欠泉,温泉など,アイスランドの大自然を堪能。日本人のガイドがアイスランド自然,文化,風習,政治などについて詳しく解説してくれた。オーロラもバッチリ。
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Iceland.mp4

ニースからシャモニーへの旅(2017年5月,グループ旅)
ニースを拠点にモナコ,エズ,カンヌなどを訪問。サントノラ島の修道院ワインを堪能。タンド線でトリノへ。ワイナリー「バローロ」へ。アオスタからはチルヴィーノ(マッターホルン)の見えるチルビニアへ。シャモニーで快晴のアルプス絶景。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Nice/contents_html/Nice_00.html

シルクロード(中国)の旅(2017年10月,グループ旅)
現地ツアーでウルムチ,トルファン,カシュガル,パミール高原のカラクリ湖へ。 ウルムチから夜行列車で敦煌へ。鳴砂山,莫高窟など見学。最後に西安へ。兵馬俑見学。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Silkroad/contents_html/Silkroad_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Silkroad.mp4

ウユニ・アタカマの旅(2018年3月,グループ旅)
南米ボリビアのウユニ塩湖とアタカマ砂漠を中心とした冒険の旅。標高3600~4300mの高地で夜行バスや長距離アドベンチャー・ドライブを体験。ウユニ塩湖で満天の星空と夜明けの絶景を見た。アタカマ砂漠の絶景,ペルーの「太陽の島」へも。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Bolivia/contents_html/Bolivia_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Bolivia.mp4

キルギスの旅(2018年7月,一人旅)
草原の国キルギスへ。 マルシュルートカでイシュク・クル湖,ソン・コル湖などへ。乗馬体験。サリーモゴルでお祭りがあるというのでオシュから遠征。馬やヤクのレースは事故のため見られなかった。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Kyrgyz/contents_html/Kyrgyz_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Sary-Mogol.mp4

チロルからドロミテへの旅(2018年8月,グループ旅)
前半はインスブルックからオーバーグルグルへ,オーストリアの山へ,国境を越えてイタリアのメラーノからボルツァーノへ。後半は南チロルガルデナ谷のサンタ・クリスティーナからコルチナへ。ハイキングと街歩き,美食の旅。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Tirol/contents_html/Tirol_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Tirol.mp4

カオソックの旅(2019年3月,グループ旅)
世界最古の熱帯雨林,タイ最大の国立公園でアウトドアを楽しむ。カオソック国立公園入口近くのホテルに4泊。チャオラン湖への1泊ツアーでジャングル・トレッキングや洞窟ツアー。エレファント・トレッキングも楽しむ。
ビデオ http://www.currentec.jp/Video/Khao_Sok.mp4

雲南の旅(2019年10月,グループ旅)
現地旅行で大理,麗江,雲龍雪山,沪沽湖,梅里雪山,香格里拉へ。雲龍雪山の氷河,梅里雪山のモルゲンロートが絶景。日本語堪能のガイド。
ブログ: http://www.currentec.jp/Blog/Yunnan/contents_html/Yunnan_00.html
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Yunnan.mp4

タスマニア周遊の旅(2020年4月,グループ旅)
6人乗りレンタカーでタスマニア一周。ワイングラス・ベイ,マウント・フィールド国立公園,クレイドル山では快晴に恵まれ,絶景を堪能。東海岸のベイ・オブ・ファイヤーも印象深い。帰路メルボルンへ。
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Tasmania.mp4

チベットからカトマンズへの旅(2019年11月,グループ旅)
西寧から青蔵鉄道で24時間,ラサへ。ラサ市内見学後車で西へ。ヤムドク湖では最高峰ネジーカンサンが絶景。シガツエからティンリーヘ。チョオランマ(エベレスト)ベースキャンプ(5200m)で朝のチョモランマを見た。国境を越えてカトマンズへ。ナガルコットでハイキング。古都バクタプル,ヒンズー教の聖地パシュパティナートを見学。
ビデオ: http://www.currentec.jp/Video/Tibet.mp4

<プライバシー・ポリシー>
公開にあたり,顔の見える集合写真は原則として削除しています。ハイキングなどのアクティビティーはそのまま残しています。問題があればご連絡下さい。





いま,パソコンが安い! 雪谷旅人 投稿日: 2020年07月06日 16:25:24 No.884 【返信】

パソコンが安い。多分,テレワークを見越して大量に生産したものが余っているのだろう。先日までNEC Directが安売りしていたが,今はLenovoが安い。一例。Intel Core i7, メモリー8GB,ストレージSSD 256GBで定価129,800円が68,984円。絶対買い時。

雪谷旅人 投稿日: 2020年07月27日 13:33:28 No.887
私もいろいろ検討した結果,下記を購入しました。性能は(タッチパネルを除き)3年前に購入したNEC Directとほぼ同じですが,そろそろ更新時期であることといまはとても安い(7月30日まで特価)。
Lenovo YOGA C740 (14) 81TC00ANJP(第10世代Intel Core i5,8MB, SSD256) 149,380円→クーポンで79.171円(消費税込み)

ポイントは
・タッチパネル,アクティブペンつき
・YOGAシリーズはディスプレイが非光沢(IdeaPadシリーズは光沢)
・オフィスなし(Office2019つきは約2万円高い。私はOffice2009を持っている)
以上ご参考までに。ディスレイやオフィスなど選択可能です。なお,納入までに6週間以上かかります。



モーツアルトのオペラ ボックスセット 雪谷旅人 投稿日: 2020年07月20日 10:16:37 No.886 【返信】

新型コロナウイルスの感染が拡大しており,巣篭りはまだまだ続きそうです。読書にも飽きたという方にはオペラはいかがでしょうか。

アマゾンにモーツアルトのオペラ「ボックスセット」があったので買ってみました。フィガロの結婚,ドン・ジョヴァンニ,魔笛の三大オペラが収録されており,ブルーレイディスク5枚入りで4,980円です。英国ロイヤル・オペラの公演を収録したもので,高精度の画像,音声,臨場感とも完璧です。魔笛のアリアは素晴らしく,ドン・ジョヴァンニのフィナーレは圧巻,フィガロの結婚も見応えがあります。最近のドイツオペラは舞台装置が極端に簡素化していますが,ここの舞台装置は本格的。字幕は英語や欧語(タイトルによって異なる)を選択。日本語はありませんが,英語で十分理解できます。ディスクは英国製ですが,”All region”なので日本製のプレイヤーでも問題なく再生できます。

3タイトル入ってこの価格は安い。普通,オペラのブルーレイは1タイトルでも5,000円程度です。米国Amazonでは同じボックスセットが83.97ドル。日本のアマゾンの「評価」に「なんでこんなに安いのか」というコメントがあったが,確かに安い。

今年「ザルツブルク音楽祭」には行けなかったですが,来年を楽しみにおうちでエンジョイしましょう。

なお,同じシリーズでプッチーニのボックスセット(トスカ,ボエーム,トゥーランドット)もあります。





北斎と応為 雪谷旅人 投稿日: 2020年07月09日 20:19:38 No.885 【返信】

キャサリン・ゴヴェイ著,モーゲンスタン陽子訳 「北斎と応為」(上・下)(彩流社)
原作:Katherine Govier, “The Printmaker’s Daughter”

セゾンカードの機関誌 “express”の最新号に「天才!奇才!北斎」という特集があった。2年前に「すみだ北斎美術館」で見た色鮮やかな版画を思い出した。たまたま図書館に「北斎と応為」という本があったので借りてきた。夢中で読んだ。

応為は北斎の三女(後妻の子)。小さいときから北斎と行動を共にし,弟子として多くのことを学ぶ。何度も居を変えるのは借金の返済から逃れるためだった。江戸の雑踏,吉原の風情と人情。江戸下町の情景が甦る。

悪態を尽きながらも互いに信頼を寄せる父と子。「私を蔑ろにし,争いもしたが,決して私を見捨てることはなかった。私が父のすべてだったのだ。父に心底惚れていた。」(下巻p.176)そういう応為も一流の画家となり,多くの傑作を残す。北斎の晩年の作の多くは応為の作と言われている。(詳しい解説が巻末にある。)

江戸,長崎,鎌倉,小布施,浦和へタイムスリップ。広重やシーボルト,黒船まで登場し,エンターテインメント満載。コロナで疲れた心を癒すよい読み物だった。

作者はカナダの女流作家。北斎について徹底的に調査し,この本を書き上げた。よくここまで調べたと思う。訳本は流暢な日本語。「きっとそのとおりでありんす」「わっちらが決めるんす」など,花街独特の言い回しもある。まさかそこまで英語で表現できないだろう。訳者は最後に「意訳」した,と書いているが,全巻を通して立派な日本文学に仕上がったのは訳者の功績が大きい。





日本人のためのイスラエル入門 雪谷旅人 投稿日: 2020年07月06日 12:57:09 No.883 【返信】

大隅洋著「日本人のためのイスラエル入門」(ちくま新書,2020年3月刊)

イスラエル大使だった著者が現地での体験をふまえてイスラエル像を平易に解説する。高いリスクを取る精神,階層のない社会,徹底した議論という国民性が最先端技術をもつ国に成長させた。その背景についてはこれまでに紹介した他の本でも触れられているが,トランプ以後の最近の情勢や将来にわたる問題点について,この本には優れた指摘がある。

スタートアップ企業が多く,最先端技術の多くがイスラエルで発祥しているが,量産技術に優れた日本と提携すれば素晴らしい成果を出すことができるだろう。ごく最近になって,日本政府や企業がイスラエルに接触しているが,他国にくらべて大幅に出遅れている。これをもっと加速させるべきである。低迷する日本経済を救うのはイスラエルかも知れない。

イスラエルというと,とくに高齢者は危険で不安定な国,という印象をもつが,実態は大違い。分裂したパレスチナに力はないし,経済制裁で低迷するイランはヒズボラへの援助も滞っている。国内の治安はよく,イスラエル訪問には絶好の時期と言える。今年4月の旅行は新型コロナウイルスのため中止になったが,感染の「谷間」にチャンスがあれば逃さず訪問したい。





羽田空港到着 Yuki 投稿日: 2020年07月03日 11:06:33 No.865 【返信】

万が一、皆さんの中でコロナが始まって以降に羽田に到着、PCR検査の結果を自宅で待つことにしてすぐに迎えの車に乗った方がいましたら早急に教えてください。

1.飛行機が到着してから最終的に何時間後ぐらいで外に出られましたか。
2.出迎えの場所は指定されましたか。
3.預けた荷物はどの時点で受け取りましたか。
4.入国した時点ですでにふつうに自由な雰囲気でしたか。それとも何らかの制限がありましたか。

よろしくおねがいします。
至急!


雪谷旅人 投稿日: 2020年07月03日 11:20:17 No.866
孫が明日マレーシア留学を終え,羽田に帰国します。可能な限り情報を得てお知らせします。
Yuki 投稿日: 2020年07月03日 11:46:30 No.869
明日というのは?
日本時間の何日の何時ですか?
雪谷旅人 投稿日: 2020年07月03日 12:33:26 No.870
4日22:30です。あなたはいつ帰国ですか。
Yuki 投稿日: 2020年07月03日 13:03:26 No.871
私は4日の夕方5時20分着です。
私のほうが到着は早いですが、迎えが相手の都合で日曜日の朝になりました。
なのでなにか何らかのいい方法がないものかと投稿しました。
急すぎますね…。
雪谷旅人 投稿日: 2020年07月03日 13:19:32 No.872
羽田空港に問い合わせたところ,出迎えは通常の到着ロビーです。到着後ホテルに泊まれるかなどは羽田空港検疫所か厚労省に問い合わせて下さいということです。
検疫所:03-6847-9312
厚労省:0120-565-653
Yuki 投稿日: 2020年07月03日 13:58:07 No.873
ありがとうございました。

羽田の検疫所の電話番号、かけてみたことありますか?
いつかけても、
リンリン鳴りっぱなし、あるいは通話中の音、そのどちらかですよ。
丸一日費やしたりしましたが、一緒でした。
何のための番号でしょうね?
投稿の削除 Yuki 投稿日: 2020年07月03日 18:13:38 No.875
何度も返信頂きましたが、日本時間の一両日中に本投稿消させて頂きます。
但し、他の方でも聞いた情報でもいいので何かあれば書き込んでくださると助かります。
雪谷旅人 投稿日: 2020年07月03日 18:44:55 No.876
いいですよ。どうぞ削除して下さい。
報告 Yuki 投稿日: 2020年07月04日 20:42:31 No.878
雪谷さん、

お孫さんがもうすぐ着くのですね。お迎えに行くのが雪谷さんかどうかわかりませんが、参考になればと。めちゃ早かったです。迎えは到着1時間半後を目安でいいと思います。

5時半ごろ飛行機ついて、機内で15分ほど。
次が用紙を提出します。次が検査。そのあと入国。
検査は並びがゼロ、入国もゼロ。税関はふたつしかあいていませんでした。
飛行機降りて1時間後には荷物も拾って出口出ていました。

到着時刻にもよると思いますが、夜ならもっとすいているかも。

あまりに早かったので、迎えに来てもらえました。
もっと時間かかると思っていました。
コロナのせいか、道はがらがらでした。
Yuki 投稿日: 2020年07月04日 20:52:06 No.879
いや、LINEでの会話を見てみたら、
飛行機から外に出たのが5時52分、荷物拾ったのが6時44分、あとは税関だけで出口でした。

迎えは交番を目安に来てもらいました。手前にみんな乗っている場所があるのでわかると思います。羽田は出発へと到着への道が同じで一本だけで間違えようがないみたいです。

お孫さんが先に外に出ていると椅子が全くありません。座るところがないので、着く直前に呼び出してあげればいいかと思います。
雪谷旅人 投稿日: 2020年07月04日 21:32:05 No.880
ありがとうございます。私は迎えに行きません。母親が行きます。

落ち着いたら,到着プロセスを整理して皆さんに報告したいと思います。私が気になるのは,PCR検査して陽性ならどうするのかということです。入国者は全員,公共交通機関は使えない,14日間自主管理で隔離するということですね。
Yuki 投稿日: 2020年07月04日 21:42:23 No.881
家で結果を待つ人は、陽性だと1日ぐらいですぐに連絡が入るそうですが、陰性だと数日後あるいは返事もないそうです。

陽性の場合、知らせと共に指示が入るそうです。その指示に従うということになるそうです。

はい、陰性であれ、2週間は公共交通機関は使えません。
コンビニなど徒歩で行ける範囲ならば、車同様、自由に出てもいいみたいです。
雪谷旅人 投稿日: 2020年07月04日 21:59:09 No.882
ありがとうございます。

韓国ではGPSで追跡され,自主隔離を破った日本人が逮捕されていますが,日本では罰則がないので難しいですね。今回のコロナ騒ぎで,行政初め,日本が後進国であることがよく分かりました。

ご帰国早々お騒わせしました。ゆっくりお休み下さい。



ウイルスVS人類 雪谷旅人 投稿日: 2020年07月03日 15:02:35 No.874 【返信】

瀬名秀明,他5名著「ウイルスVS人類」(文春新書,2020年6月20日刊)

BS1スペシャル「ウイルスVS人類」を文書化し,まとめた本。ウイルスの専門家が討論方式で分かりやすく解説している。前半は新型コロナウイルスの特徴と対処について,後半は治療薬とワクチンについて。最後にパンデミックへの心構え。

新型コロナウイルスについて知れば知るほど,このウイルスは狡猾で人類にとって厄介な代物であることが分かる。これまでのSARSなどと違って,無症状でも陽性で他人に感染させることがある。終息は非常に難しい。第二波,第三波は必然的に起こる。(昨日から今日の感染状況がそれを示している。)ワクチンが普及し,終息するまでに2~3年はかかるだろう。

新型ウイルスが発生するのは,地球温暖化と乱開発が原因だ。グローバリズムによってパンデミックが起こりやすくなっている。里山のような地産地消を復活し,東京一極集中を修正しなければならない。

では,私たちはどのように生きればいいのか。最後に著者は楽観主義ではなく,Positiveに生きよ,と書いているが,具体的には一人一人の考え方に委ねられている。国内で感染者が見つかってから,間もなく半年になる。これから1年~2年をどう生きるか,改めて考える必要がある。





香港の思い出 雪谷旅人 投稿日: 2020年07月01日 10:33:02 No.860 【返信】

私が香港に初めて行ったのは,新空港開港前の1995年ごろだ。旧空港(啓徳空港)に着陸するとき,ビルの谷間すれすれに通るスリルを味わった。それ以後,香港には20回以上行っているだろう。

尖沙咀(Tsim Sha Tsui)の雑踏と高層ビル,二階建てバスとトラム,近代的な地下鉄。Victoria Peakへのケーブルカー。まさに「東洋のロンドン」だった。一方では安くておいしい海鮮料理。返還後,次第に中国の影が色濃くなる。それでも最近まで中国本土とは異なる自由な雰囲気が漂っていた。

今日施行された「香港国家安全法」は香港の雰囲気をさらに変えるだろう。香港から深圳に入ると警察が町に溢れていた。これからは香港も深圳のようになるのだろうか。一国二制度が崩壊し,中国に呑まれてしまうのだろうか。

香港の会社と技術供与の話をしているとき,「中国での特許独占権は香港には及ばない」と聞いたことがある。一国二制度どころか,法規上は全く別の国だったのだ。これからはどうなるのか。

尖沙咀の先端にAquaというバー(インターネットから写真拝借)がある。確か,ビルの5階にあるバーだが,Victoria Bayや香港島・中環(Central)の眺めが素晴らしい。この風景と雰囲気を中国に呑まれてしまう前にもう一度味わいたいものだ。


kiya 投稿日: 2020年07月01日 16:25:13 No.861
同感です。
 私が旅行で香港に行ったのは2回だけだが、「香港国家安全法」によって、これまでの香港は消えてしまうのだろう、残念なことだ。
そして、習首相と林香港長官は、やがては歴史上に、どんな悪役で登場するのか・・。


私の知っている香港は、1回目は26才で結婚2年が経った1972年に夫婦で、客船で横浜からシドニーに行く途中に2日ほど寄港、2回目は40代の終わりの1995年ころ会社の仲間を誘って行った。、いずれも返還前、はるか昔の記憶だ。

写真:キャンベラ号(Hong-Kong:Port-information、1972年3/14~16)、当時の絵葉書(ビクトリアピークから)





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る