ひろば
投稿は会員のみ。画像をクリックすると拡大されます。「使い方」をご覧下さい。
| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

「極夜行」 雪谷旅人 投稿日:2019年09月14日 17:34:54 No.451 【返信】

角幡唯行著「極夜行」(文藝春秋)

以前に紹介した「極夜行前」の本編。グリーンランドのシオラパルクから北へ250km,3カ月の旅の記録だ。

「極夜の世界に行けば,真の闇を経験し,本物の太陽を見られるのではないか」この一心で4年間積み重ねてきた準備をいよいよ決行する。極夜なので当然周囲の風景を見ることはできない。文明の利器GPSを拒否し,測量用の六分儀もブリザードで失う。コンパスと月明かり,星明かりとおぼろに見える風景の記憶を頼りに旅を続ける。想定外のことが次々と起こり,前途を阻む。一体,この旅はいつ終わるのか,帰還することができるのか。手に汗を握る場面の連鎖だ。

食料も尽き,獲物も見つからない場面で,幾度か相棒の犬を殺して食するという幻想に誘惑される。その後,嵐のあとに真っ赤な太陽を見たときの感動を忘れることができない。

冒頭に妻の出産場面が出てくる。この場面が太陽を見る前の最後の苦しみ,生みの苦しみとしての既視感と表現されたとき,この本は単なる旅行記,冒険記ではなく,立派な文学作品だと思った。体験で裏付けられる物語は村上春樹の小説より余程迫力がある。

「人生には勝負をかけた旅をしなければならないときがある。勝負といっても誰かを相手にするものではなく,自分自身を相手にしたものだ。」これと同じ気持ちで私は5年前,74歳のとき一人パタゴニアに出かけた。「極夜行」とはレベルがまるで違うが,南米体験一切なしの一人旅はやはり相当の決断を要した。そのような「勝負をかけた旅」をもう一度したくなった。さて,行先はどこだろう。





タジキスタンの旅 (15) まとめ 雪谷旅人 投稿日:2019年09月09日 09:22:26 No.448 【返信】

今回はタジキスタンの首都ドシャンベからワカン渓谷,パミール高原を経てキルギスのオシュへ,さらにカザフスタンのアルマトイへ至る長距離の旅だった。灼熱の昼間,極寒の夜,標高4000mの高山,悪路の連続,通信手段の途絶……過酷な条件にもかかわらず,全員無事帰還したことをまず喜びたい。

パミール高原の絶景は予想以上に素晴らしかった。アタカマ砂漠を思わせる荒涼たる風景,心を和ませる美しい湖。ここでゆっくり過ごし,もっとハイキングを楽しみたかった。アフガニスタンとの国境沿いを走るワカン渓谷はあまりにも長く,冗長な感じがする。パミール高原へのアプローチはChorogからAlichurへのショートカットを利用すれば少しは短くなるが,それでもかなりの長距離だ。キルギスのSary TashへはIrkeshtam峠を越えれば少しは近いが,この峠は中国政府により外国人には閉鎖されている。今のところ,オシュからの往復が一番便利なようだし,ツアーも多く出ている。今後パミール高原へ行かれる方は,このルートを検討することをお勧めしたい。

タジキスタンはアジアの最貧国と言われるように,インフラも宿泊設備も食事も最悪。毎晩出てくる羊肉と野菜の煮込みには辟易した。キルギスに入って,ようやくおいしい食べ物にありつけた。オシュのアレイ渓谷での乗馬は最高! アルマトイからBig Almaty Lakeへのツアーもよかった。

中央アジアの3カ国を回ってとくに感じたのは経済格差だ。カザフスタンのアルマトイには高層ビルが立ち並び,この地域の経済を引っ張る力がある。観光資源の多いこの地域はインフラ整備が進むとさらに魅力的な地域になるだろう。ハードもソフトも未熟なこの地域は,発展の余地が大きい。





タジキスタンの旅 (14) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月07日 20:12:17 No.447 【返信】

9月6日(金) 雨

今日は朝から雨だったが,昨日予約していたツアーに乗った。ホテルで車を待っていると,30年ほどの年季の入ったオンボロセドリックがやってきた。「タイヤがパンクしたので遅れた」とドライバー。

行先はCharon国立自然公園。キャニオンと呼ばれる谷間の散策だ。アルマトイから4時間余りかかってようやく到着した。車から降りると横なぶりの雨が体を襲う。しばらく車内で小降りになるのを待つ。

やや小降りになったので外に出て写真を撮る。赤茶色の奇岩が多く,谷間を埋めている。しばらく歩く。

ホテルに帰ったのは夕方5:30ごろ。早めにレストランで食事し,空港に向かった。23:10発のアシアナ航空でソウルへ。翌朝9:10発のアシアナ便で東京へ。楽しかった旅が終わった。11:20成田着。





タジキスタンの旅 (13) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月06日 08:21:02 No.446 【返信】

9月5日(木) 晴れ

今日はビシュケクからカザフスタンのアルマトイへ移動。早めにゲストハウスを出てビシュケク西ターミナルからマルシュールトカに乗車(400Som)。約30分で国境に着いた。国境越えに約30分。アルマトイに着いたのは11:30だった。ホテルへ。

アルマトイはビシュケクと全く雰囲気が異なり,高層ビルが立ち並ぶ大都会(元首都)。豊かな国を象徴している。この国は今,キリル文字からローマ字への転換を進めており,道路標識はすべてローマ字になっているが,街の看板は8割以上キリル文字が残っている。

Khazafstan Hotelは快適なホテルだ。近くにTourist Informationがあり,ツアーの予約ができる。ここで急遽Big Almaty Lakeへ行くことになった。明日は天気が下り坂で,湖の展望はこれからならまだ間に合うという。16:00に出発して,湖に着いたのは17:00を回っていた。エメラルドグリーンの湖が背後の雪山に映えてとても美しい。

夕食で久しぶりにワインを楽しんだ。





タジキスタンの旅 (12) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月06日 08:19:24 No.445 【返信】

9月4日(水) 晴れ

今日はオシュからビシュケクへ移動。9:50発のPegasus航空でビシュケクへ。タクシーで宿舎のSakura Guesthouseへ。約1年ぶりの宿泊だが,疋田一家は暖かく歓迎してくれた。

夕方,ビシュケクの中心街Ala-Too Squareへ。マナス王の像と噴水を見学。夕食はキルギス料理。





タジキスタンの旅 (11) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月03日 20:36:56 No.444 【返信】

9月3日(火) 快晴

今日はCBT Oshのツアー”A day with nomads”に乗った。
https://visitalay.com/tour/horse-riding-near-osh-city/
Alay Valleyと呼ばれる標高2600mの高原で4時間,15kmの乗馬ツアー(送迎,昼食込みで$65)。朝9時に迎えが来て約1時間,アレイ高原に着いた。そこに5頭の馬が用意されていた。ガイドと馬主がついて,計6人で出発。

最初は慣れない人もいたが,徐々に馬力を上げ,順調に歩を進めた。丘を越え,川を渡り,平原のど真ん中を進む。実に気持ちがいい。サイコー!

遊牧民の近くの平原で昼食。果物が豊富。緑の草原,青い空,おいしい空気。すべてが素晴らしい。昼食後約1時間で目的地に着いた。みんな大満足。実は私は昨年,このツアーを予約していたが,前日になって「馬の都合がつかない」と言われキャンセルになった(多分,私1人だったので採算が合わなかったのだろう。)とても残念だったが,今回は仲間4人で完走でき,本当に嬉しい。





タジキスタンの旅 (10) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月03日 09:17:25 No.443 【返信】

9月2日(月)晴れ

今日は朝から世界遺産のスライマン・トーへ。タクシーで入口についたあと,坂道と階段を登り頂上へ。途中,大モスクがきれいに見える。頂上ではオシュ市内を一望。記念撮影。頂上にあるモスクも見学した。正面の白い彫刻が素晴らしい。

下山したあと,「シルクロード博物館」を見学。「シルクロード」と言ってもほとんどはキルギスの歴史資料だった。その後東アジア最大のバザールJaima Bazaarを見学。おみやげや民族衣装もあるが,ほとんどは地元住民向けの衣服やにせブランド。入口付近で遊牧民の保存食「クルタ」を買った。ヨーグルトと塩を固めたもの。

市内のレストランで久しぶりのビールとビフテキ。みんなで乾杯した。





タジキスタンの旅 (9) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月03日 09:11:39 No.442 【返信】

9月1日(日)快晴

今日は日曜日なので,オシュのAnimal Market(中央アジア最大の動物市8:30-13:00)を見学しょうと,ホームステイ先を朝6:00に出発。約1時間でタジキスタンの出国イミグレに着いた。手続きに約30分かかった上,車両の調整のためさらに30分遅れた。次はキルギスの入国イミグレ。結局,イミグレで1時間半かかった。

キルギスに入ったあとは道路がほとんど完全舗装。快適なドライブだった。時折羊や馬の大群が行くてを阻む。かなりスピードを出したが,動物市の会場に着いたのは13:00を回っていた。もう何もありません。がっかり。

キルギス市内のレストランで久しぶりのイタリア式パスタを食べた。タジキスタンのツアー中は毎回ほとんど同じ食事。羊肉と野菜の煮込みときゅうりとトマトのサラダ。いい加減に飽きてくる。

レストランでガイドとドラーバーに丁重なお礼をしたあと,ホテルにチェックインした。





タジキスタンの旅 (8) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月03日 00:15:26 No.441 【返信】

8月31日(土) 晴れ

ゲストハウスを早めに出て南へ。Murgub地方のいくつかの湖を訪れる。途中,ヤクの群れがいた。その後緑色の湖へ。昼食はMurgubの町のレストランで。餃子のようなものにヨーグルトをかけて食べる。

その後,今回の旅の最高地点AK Baital峠(4655m)に着いた。記念撮影。周囲に多くの雪山。湖や塩湖もあった。いずれも絶景。やがて青々としたKarakul湖に着いた。ホームステイを決め,荷物を下ろしたあと湖畔に出て写真を撮った。標高3960m。今日も高山での宿泊だ。





タジキスタンの旅 (7) 雪谷旅人 投稿日:2019年09月02日 01:41:02 No.440 【返信】

8月30日(金) 快晴

今日は朝から快晴。絶景の予感がする。ホテルを早めに出てワカン渓谷沿いに東へ。しばらくすると山肌の細い道の急な坂道に入った。右側は急峻な絶壁。もちろんガードレールはない。一歩間違うと谷底へ一直線。見晴らしのよいところで数か所止まり,アフガンの冠雪した山の写真を撮った。「ここがアフガンの見納め」と言われ,さらに写真を加えた。

ここからはいよいよパミール高原だ。山間の道,平野の真中,いろいろな道を通って徐々に高度を上げて行った。標高は3800~4500m。延々と続く道は往年のシルクロードの一部だ。

最初の湖は緑色。茶色の山肌とのコントラストが美しい。さらに進むと白色が吹き出た塩湖に出た。白と水色の縞模様が美しい。

さらに進むと測候所のような集落があった。ここから往復1時間かけてBlun Kul湖へ。湿地帯の向こうに広い湖が見えた。この湖ではますが獲れ,「測候所」で食べた昼食には ますの唐揚げが出された。小骨まで食べられるようにカリカリに揚げてあった。その後Yoshik Kul湖へ。パミール高原では最大の湖で,深い青色がとても美しい。

パミール高原はこの世のものとは思われないほどの絶景。遠景の山,広大な高原,色づいた湖,青い空。まさに絶景の連続だ。風景はアタカマ砂漠に似ている。「パミール高原」というより,「パミール砂漠」と呼んだ方がふさわしい。

この日は標高3900mのゲストハウスに宿泊。パミール高原のど真ん中だ。宿でMarcopolo sheepと呼ばれる羊の模型を買った。かつてマルコポーロはこの地で角を生やした特殊な羊を見つけ,名付けたという。夜は満天の星空。三脚を立てて写真を撮った。炎天下の昼間,底冷えする夜。シルクロードの隊商が通った厳しい自然を実感する。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る