ひろば
投稿は会員のみ。画像をクリックすると拡大されます。「使い方」をご覧下さい。
| 新規投稿 | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
裏磐梯 雪谷旅人 投稿日: 2021年10月24日 13:13:18 No.1260 【返信】

「紅葉がコバルト色の五色沼に映える風景」を見たくて裏磐梯へ行った。紅葉にはまだ早かったけど,いろいろな表情を見せる五色沼を楽しんだ。宿泊のホテルから柳沼,青沼,弁天沼と順に歩き,最後の毘沙門沼を見てビジターセンターからバスで帰った。散策コースは平坦なところが多いが,歩きにくいところもあった。厚手の靴が必要だ。

YouTubeでは毎日のように山や高原の紅葉ニュースが入ってくる。いずれも「全山紅葉」のすばらしい風景だが,私は今年,まだ一度もそのような風景に出会っていない。今回も「色づき始め」というところ。まだ時期が早いのだろう。紅葉はまだまだ楽しめるということだ。

宿泊は「裏磐梯レイクリゾート」の「往復バス付きプラン」を利用した。1泊2食つきで17,000円程度。路線バスなら片道5,100円なので,かなりお得なプランだ。部屋や食事も結構よいし,チェックアウトが午後1時というのもうれしい。ただ,早目の予約が必要だ。

写真は順に,柳沼,青沼,みどろ沼,毘沙門沼,毘沙門沼から磐梯山,桧原湖畔。




毎週紅葉ハイキング 雪谷旅人 投稿日: 2021年10月19日 13:23:00 No.1256 【返信】

紅葉ハイキングにはよい季節になりました。「毎週紅葉ハイキング」の計画を立てました。山奥から順に近郊へ,紅葉のピークを追って活動します。行先や時期についてご意見があればお知らせ下さい。早速来週から開始します。参加ご希望の方は投稿者名をクリックしてフォームメールでお申込下さい。
・できるだけ公共交通機関(リフトやロープウェーを含む)を使い,シニア向けの手軽なコースを選びました。
・月~金曜日の平日に実施します。
・毎週末までに次週の計画の詳細をお知らせします。
・天気予報を見て,前日までに実施日を決めます。予約された方にはメールでお知らせします。
・週を通じて天候不良の場合はその週の計画を中止します。


海外大好き 投稿日: 2021年10月21日 20:13:27 No.1259
コロナの感染者も減っていよいよハイキングシーズンですね。
魅力的なコースの計画にワクワクしています。
残念ながら入笠山と奥多摩は私事で参加できませんが尾白川渓谷以下
は万障繰り合わせて参加させて頂きたく思います。
どうぞ無理のない範囲で計画実行お願いします。

余談ですが参加者を見える化して頂けないでしょうか?
そのことによって刺激しあえたりできると思っています。
また閲覧呼びかけのきっかけになるとおもいます。


紅葉ハイキング① 入笠山 雪谷旅人 投稿日: 2021年10月21日 10:26:48 No.1258 【返信】

黄金に染められた感動の絶景体験,大自然の雄大さを体で感じよう。ゴンドラ山頂駅を降りるとわずか40分で標高1955mの入笠山山頂に着きます。標高差215mのゆるやかな登りです。山頂からは白銀の富士山や中央アルプスの山々が一望。草紅葉と絶景を楽しみましょう。参加される方はあずさ3号にご乗車下さい。

交通機関
JR特急(往復11,280円)
新宿7:30発(あずさ3号)富士見9:42着
富士見15:29発---小渕沢乗換---(あずさ42号)新宿18:04着
シャトルバス(無料)
富士見駅発10:00,富士見パノラマリゾート着10:10
富士パノラマリゾート発15:00,富士見駅着15:10
ゴンドラ(往復1,700円)

装備:防寒防風衣(高山のため冬装備必要),手袋,サングラス,雨具,トレッキングシューズ,弁当,飲料水

10/25-29の間に実施します。天気予報を見て,前日までに実施日を決めます。




スペイン&イタリア kiya 投稿日: 2021年10月07日 18:20:05 No.1244 【返信】

海外に出られず、ストレスが貯った方も多いと思います。
私もそんな一人です。

コロナによる日本の入国制限が緩み、入国時の陰性証明や自宅待機もが無くなるのは、たぶん頼ね春頃かな?と思っていますが、そのころに、
スペインと南イタリアに、それぞれ10日間ほど行きたいと思っています。

一人ですので、行き先に興味のある方が居られたら、連絡お願いします。
kiya 投稿日: 2021年10月17日 21:11:41 No.1254
ミーシャさんへ

制限が緩めば、4月上旬から下旬の間での出発で、旅の前半は南イタリア2週間,後半がスペイン・アンダルシア1週間を考えてます。


☆☆☆ 2or3人の少人数旅行のため、すでに予定の方が居ります。
    済みませんが、申込みを一旦締め切らせていただきました。
ミーシャ 投稿日: 2021年10月18日 09:26:09 No.1255
kiyaさん: 了解しました。ご連絡ありがとうございます。

私は、今回はイタリアのみで、状況次第ですが年内にも行きたいと考えています。


奥日光 雪谷旅人 投稿日: 2021年10月16日 12:24:17 No.1248 【返信】

久しく出なかった「晴れ」マークが点灯したので,一昨日,急遽日光へ向かった。スケジュールはNo.1245のとおり。ホテルには夕方到着。夜,レイクビューの部屋から中禅寺湖を見ると半月が湖面に投影し,翌朝の快晴を確約していた。

朝の中禅寺湖は美しい(写真1)。湯元行のバスに8:42に乗車。終点の一つ手前の湖畔前で下車して湯ノ湖を撮影,折り返しのバスで湯滝入口へ。そこからハイキング開始。湯滝,小滝を経由して泉門池(写真3)へ。ブナ林のトレイル(写真2)を戦場ヶ原へ向かった。戦場ヶ原の草紅葉は最盛。青空と男体山に映えて「三段紅葉」というそうだ(写真4,5)。約2時間で赤沼に着いた。快適な軽ハイキングだった。昼食のあと竜王の滝と華厳滝(写真6)を見学。夕方の日光号で帰路についた。満開の秋色を堪能する一日であった。

宿泊した「シンプレスト日光」は中禅寺湖畔にあり,全室レイクビュー。近代的なホテルで,乳白色のかけ流し温泉もよい。シングルルームやドミもあり,単独行には最適。このようなホテルが各地の観光地にできればいいなと思う。


kazurin 投稿日: 2021年10月16日 17:09:39 No.1249
澄み渡った秋空の日光はどれも素晴らしい景色ですね。家庭の事情でままならない日を
送っていますが、中禅寺湖の静かな佇まいや、雄壮な華厳の滝など美しい写真で癒やされ
ました。有難うございました。
  雪谷さん、さすがの腕前!すべての写真が素敵でした。


日光・戦場ヶ原ハイキング,観光のお誘い(再挑戦) 雪谷旅人 投稿日: 2021年10月10日 13:14:43 No.1245 【返信】

No.1237で募集した日光・戦場ヶ原ハイキングは台風のため延期しました。再度挑戦です。今回はレンタカーを使わず,日光駅からバスで移動します。ハイキングは湯滝から戦場ヶ原経由で竜頭の滝へ。初心者向け,6.3km,2時間半の平坦な下りコースです(添付pdfファイル参照)。奥日光や華厳の滝も観光します。なお現在の紅葉は,華厳滝は色づき始め,戦場ヶ原,竜頭の滝は見頃。今月中旬までベストシーズンです。
https://tenki.jp/kouyou/3/12/

スケジュール:今週後半か来週前半の平日(日曜日発を含む)。天気予報を見て前日までに決定。
1日目:列車とバスでホテルへ。(奥日光観光も検討)
2日目:朝食後徒歩で華厳の滝へ。バスで湯滝へ。午前中ハイキング。午後,バスで日光駅へ。

列車とバス(例):
往き:新宿-(宇都宮線快速)-宇都宮-(日光線)-日光(約3時間)(2,640円)
帰り:東武日光16:39発-(日光号)-新宿18:35着(4,080円,予約必要)
バスは「湯元温泉フリーパス」利用(2日間有効,3,300円)
https://www.tobu-bus.com/pc/service/ticket/nikko.html

ホテル
候補①:シンプレスト日光
https://simplest-nikko.com/
中禅寺湖一望のホテルです。華厳の滝も徒歩圏内。ツイン10,000円,ドミ4,000円程度。
候補②:奥日光パークロッジ深山
https://nikko-miyama.com/

参加を希望される方は早めにご連絡下さい(投稿者名をクリック)。日程含めて相談します。


ダウンロード戦場ヶ原 ( .pdf / 772.4KB )
雪谷旅人 投稿日: 2021年10月14日 08:22:52 No.1246
ようやく晴れのマークが出たので,本日出発します。ホテルはシンプレスト日光です。参加される方は夕方までにホテルにお入り下さい。


ぶらりユーラシア 雪谷旅人 投稿日: 2021年10月06日 20:09:34 No.1243 【返信】

大木茂著「ぶらりユーラシア」(現代書館,2021年7月刊)

副題は「列車を乗り継ぎ大陸横断,72歳ひとり旅」。525ページの大作だが,全巻カラー印刷の豪華版。約1,000枚の美しい写真(さすがプロ!)とともに,読み始めたら止まらないワクワクするような体験と各国の歴史,民俗,文化を織り込んだ素晴らしい「ブログ集」だ。旅先からネットで逐次日本へ送信したという。

旅はサハリンのユジノサハリンスクで始まり,ポルトガルのロカ岬で終わる約2万km。ユーラシア大陸横断の3カ月の旅だ。可能な限り鉄道に乗り,不可能なところはフェリー,バス,タクシーでつなぐ。

2019年8月~11月の旅なので,まさにコロナ直前。貴重な最新情報が満載。とくに中央アジアやイランの情報は貴重だ。例えば,
・ウルムチ~アルマトイ 列車ルート短縮,出国・入国検査(p.142)
・中国・映像検査のスリ抜け方。RAWとjpg。(p.146)
・トルクメニスタンのビザ申請は隣国で通過ビザがよい。ただし,10日かかる。(p.161, 228)
・タジキスタン西部は治安が悪いと言われるが,サマルカンドに近いベンジケントなどは全く問題ない。(p.184)
・サマルカンド発アフラシャブ号のサービス(p.233)
・トランスアジア・エクスプレス(テヘラン~アンカラ)(p.342)
・各国撮り鉄事情(p.361)
・ポルトガル・ロカ岬往復の交通機関(p.490)




栗駒山 雪谷旅人 投稿日: 2021年09月30日 12:37:36 No.1241 【返信】

自宅を28日午前4時半すぎに出て,新幹線とバスで須川高原温泉に着いたのは10時半すぎ。バス停(岩手県)から5分ほど歩き,県境を越えて秋田県側にある栗駒山荘に入った。荷物を預け,早速ハイキング。

名残ヶ原を通り,ゼッタ沢を渡渉。前回来たとき(10年ほど前)は,この沢が増水して渡れなかった。少し歩くと展望のよい所に出た。遠望の山は鳥海山か。さらに産沼コースを歩き,産沼で引き返した。高原の黄葉が美しかった。翌朝は須川湖へ。午後,バスと新幹線で帰宅。

須川高原にはホテルが2軒あり,宮城県側の須川高原温泉と秋田県側の栗駒山荘がある。いずれも白濁酸性泉の大変いい温泉だが,前者は湯治場の雰囲気。栗駒山荘の方がホテルらしい。売店には秋田県の名産があった。

紅葉にはまだ早かった。全山紅葉となるのは10月中旬という。登山口は須川温泉のほかに南側のいわかがみ平があり,こちらには新幹線くりくま高原駅からバスが土日祝に出ている(シーズン中のみ)。まだ間に合いますので,「神の絨毯」と呼ばれる日本一の紅葉を見たい方は計画されてはいかが?
https://yamahack.com/2781




日光・戦場ヶ原ハイキング,観光のお誘い 雪谷旅人 投稿日: 2021年09月19日 15:50:20 No.1237 【返信】

秋の日光・戦場ヶ原で軽ハイキングしませんか。湯滝から戦場ヶ原経由で竜頭の滝へ。初心者向け,6.3km,2時間半の平坦な下りコースです(添付pdfファイル参照)。ヘンリー24さんがレンタカーを出して頂けるので,観光などもとても便利です。宇都宮集合・解散。

スケジュール
9月30日(木)各自列車で宇都宮へ。10:30ごろ宇都宮駅で待ち合わせ,レンタカーで華厳の滝,中禅寺湖,湯元など観光。夕方中禅寺湖畔のホテルへ。
10月1日(金)朝,車で湯元へ。午前中ハイキング。午後,車で宇都宮へ。宇都宮市内の「大谷資料館」見学(オプション),宇都宮駅で解散。

行きの列車(例):
8:17新宿発(湘南新宿ライン)宇都宮着10:11(1,980円)
9:40東京発(新幹線)宇都宮着10:28 (4,490円)

ホテル:シンプレスト日光(シングル6,600円,ツイン5,300円,素泊まり,1人あたり)
https://simplest-nikko.com/
中禅寺湖一望のホテルです。

大谷(おおや)資料館
http://www.oya909.co.jp/
「地下神殿」と呼ばれる大谷石地下採掘場跡や採掘博物館など。

同行者2名募集します。参加ご希望の方は投稿者名(青色)をクリックし,フォームメールからお申込下さい。先着順。


ダウンロード戦場ヶ原 ( .pdf / 772.4KB )
雪谷旅人 投稿日: 2021年09月27日 16:28:00 No.1240
台風襲来のため,10月初旬~中旬に延期となりました。なお2名募集中です。


ポストコロナの生命哲学 雪谷旅人 投稿日: 2021年09月25日 15:59:44 No.1239 【返信】

福岡伸一,伊藤亜紗,藤原辰史著「ポストコロナの生命哲学」(集英社新書,2021年9月刊)

生物学者の福岡氏,美学者の伊藤氏,歴史学者の藤原氏の随筆と鼎談。コロナが私たちに問いかけるものを明らかにし,コロナ後の生命観について論じる。なお,私は「美学」という学問があることを知らなかったが,れっきとした学問で,伊藤氏は東工大教授だという。

まず,ウイルスは人間が作り出したもので,「私たちの一部である」という認識から始まる。生命体である私たちはビシュスと呼ばれる自然体であるが,ロゴスの力によって自然をコントロールする術を持った。しかし,ロゴスが強すぎたとき,ウイルスのような逆襲を受ける。ウイルスを消し去ることはできず,受け入れるしかない。

この本はコロナ後の世界について明確な指針を与えるものではない。しかし,「自然の歌を聴け」というメッセージはこれからの生き方のヒントになるかも知れない。ビシュスの力を信じ,自然の「利他」に学び,互いに与え合う,そのような生き方を示唆するものだ。

<本の回し読み>この本を回し読みとします。ご希望の方は投稿者名(青色)をクリックし,フォームメールで郵便番号,住所,氏名,電話番号をお知らせ下さい。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 編集キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る