映画同好会
| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

こんにちは、私のお母さん 組長 投稿日: 2022年01月28日 00:08:03 No.247 【返信】

《中国の人気喜劇女優ジア・リンが初監督・脚本・主演を務め、亡き母との実話を織り交ぜながら描いたタイムスリップ・コメディ。
元気と明るさだけが取り柄で、何をやっても上手くいかず母に苦労ばかりかけてきた娘。
ある日、母と一緒に交通事故に巻き込まれたことをきっかけに、20年前の1981年にタイムスリップしてしまう。
そこで若き日の母と出会った彼女は、母の幸せのため、お金持ちの男性と結婚させようと奮闘する。
しかしそれは、自分がこの世に産まれてこないことを意味していた。
ジア・リンが撮影時39歳にして主人公の高校生を演じた。》

約937億円の興行収入、全世界公開映画興行収入第2位、どんな映画でしょう。

タイムスリップものと思っていましたが、さにあらず。
母と娘の愛情物語でありました。
まあ普遍的なお話です。

過去に行って何かをしようという話ではありますが、別にそれにこだわるわけでもありません。
一生懸命努力するというだけの話です。
ですから、ちょっと盛り上がりませんでした。
クライマックスが何かということです。
ここが弱いので、あまり感情移入ができず、泣けずに残念でした。

展開はベタなギャグばかり。
身体的特徴やコケることで笑いを取ります。
あまりにも古くて、さほど笑えません。
時代が1981年だと意識しているのかな。

その1981年の中国の生活が興味深いです。
20年以上遅れています。
買物券でTVを買う、それも白黒です。
こんなに貧しかったのです。

感情移入しにくいのは、ごめんなさい、ジア・リンです。
いくらなんでも高校生というのは無理がありすぎです。
美人である必要はないですが、やはり年齢がねえ。

こういう作品が特大ヒット、中国も捨てたもんではありません。
国策の国威発揚映画ばっかりでもないのですね。

2021年。128分。大阪ステーションシティシネマ。3.9。


浅草キッド 組長 投稿日: 2022年01月23日 21:11:00 No.246 【返信】

《ビートたけしが自身の師匠である芸人・深見千三郎と過ごした青春をつづった自伝「浅草キッド」を映画化。
劇団ひとりが監督・脚本を手がけ、多くの人気芸人を育てながらも自身はテレビにほとんど出演しなかったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見や仲間たちとの日々と、芸人・ビートたけしが誕生するまでを描き出す。
昭和40年代の浅草。大学を中退し、「お笑いの殿堂」と呼ばれるフランス座のエレベーターボーイをしていたタケシは、深見のコントにほれ込んで弟子入りを志願。
ぶっきらぼうだが独自の世界を持つ深見から、“芸ごと”の真髄を叩き込まれていく。
歌手を目指す踊り子・千春や深見の妻・麻里に見守られながら成長していくタケシだったが、テレビの普及とともにフランス座の客足は減り、経営は悪化していく。
やがてタケシはフランス座の元先輩キヨシに誘われ、漫才コンビ「ツービート」を結成。
深見の猛反対を押し切ってフランス座を飛び出し、人気を獲得していく。
深見を大泉洋、タケシを柳楽優弥が演じる。
Netflixで2021年12月9日から配信。》

これはもう素直に人間ドラマ。
Netflixで評判になっています。

北野タケシの出世物語というより、師匠である深見千三郎との師弟関係、その絆を描きます。
なぜなら、売れてなかった漫才がツービートになって売れたわけやTV出演の葛藤が描かれていません。
さわりはありますが、根本には触れていません。

"笑われるのではなく笑わせる"という言葉は出てきますが、具体的には描かれません。
タップダンスが出てきますが、これの意味も描かれていません。
浅草の終焉も描かれていません。

ということで、弟子と師匠の話です。
このやり取りが絶妙です。
似ていない柳楽優弥がタケシに見えてくるのがすごい。
大泉洋は安定です。

極端な表現もなく、オーソドックスな演出で貫かれ、万人が楽しめる作品になっています。
ちょっと上品すぎるほどです。
そういう意味で少し物足りなくもないですが、いい作品でした。

劇団ひとり監督の作品は初見です。
これからはちょっと注目します。

2021年。122分。Netflix。4.0。


孤狼の血 LEVEL2 組長 投稿日: 2022年01月23日 20:51:33 No.245 【返信】

《柚月裕子の小説を原作に、広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いて評判を呼んだ、白石和彌監督による「孤狼の血」の続編。
前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀一を主人公に、3年後の呉原を舞台にした物語が完全オリジナルストーリーで展開する。
3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれて殺害された、伝説のマル暴刑事・大上の跡を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡。
権力を用い、裏の社会を取り仕切る日岡に立ちはだかったのは、上林組組長・上林成浩だった。
悪魔のような上林によって、呉原の危うい秩序が崩れていく。
日岡役を松坂、上林役を鈴木亮平が演じ、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工らが脇を固める。
前作に続き、白石和彌監督がメガホンを取った。》

本作はノワール、端的に言えばヤクザ映画です。

前作で役所広司が退場しましたので、松坂桃李が主演になります。
やはり存在感では一歩譲ります。
しかし、本作には鈴木亮平が立ちはだかります。
彼の怪演がなければ、興味半減、並みの作品になったでしょう。
それほど彼の存在感は物凄い。

内容はまあよくある話でヤクザ同士の争い、そこに悪徳刑事、警察組織が絡みます。
どこにも正義などありません。
平気で暴力、殺人も日常茶飯事。
かなりグロいのは前作を踏襲。

まずまず面白いのですが、どこか物足りません。
韓国映画の傑作に比べると、熱量が足りないかな。
それと本作でも人情噺が挿入されます。
上林にも悲惨な幼年時代があったと。
悪魔にも情状酌量できるって、これはだめです。
怖さが半減です。

西野七瀬のヒロインがちょっと役不足です。
ヤクザ役は誰がやってもOKです。
怒鳴ってたらいいですから。

とはいえ、3作目も制作決定です。
一応、注目しときます。

2021年。139分。チャンネルNECO。4.0。


浅田家! 組長 投稿日: 2022年01月23日 20:32:48 No.244 【返信】

《様々なシチュエーションでコスプレして撮影するユニークな家族写真で注目を集めた写真家・浅田政志の実話をもとに、二宮和也と妻夫木聡の共演、「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督のメガホンで描いた人間ドラマ。
4人家族の次男坊として育ち写真家になった主人公・政志を二宮、やんちゃな弟をあたたかく見守る兄・幸宏を妻夫木が演じ、家族の“愛の絆”や“過去と今”をオリジナル要素を加えつつ描き出す。
浅田家の次男・政志は、父の影響で幼い頃から写真に興味を持ち、やがて写真専門学校に進学。
卒業制作の被写体に家族を選び、浅田家の思い出のシーンを再現した写真で学校長賞を受賞する。
卒業後しばらくはくすぶっていたものの、再び写真と向き合うことを決意した政志が被写体に選んだのは、やはり家族だった。
様々なシチュエーションを設定しては家族でコスプレして撮影した写真で個展を開催し、写真集も出版され、権威ある賞も受賞する。
プロの写真家として歩み始めた政志は、全国の家族写真の撮影を引き受けるようになる。
しかし、2011年3月11日、東日本大震災が発生。
かつて撮影した東北に住む家族のことが心配になった政志は被災地に足を運ぶが、そこで家や家族を失った人々の姿を目の当たりにする。
第44回日本アカデミー賞で黒木華が最優秀助演女優賞を受賞。》

本作も中盤までは軽く進み、コメディタッチです。
しかし、東日本大震災からぐっとシリアスになります。
まあ仕方ないですが。

家族が一番好きだったこと、一番なりたかったこと、それを写真で実現する。
ただカメラを構えるのではなく、人々の心に寄り添います。
そして、十分納得の上でシャッターを押すわけです。

東日本大震災のボランティアは、写真の洗浄です。
泥まみれの写真を一枚一枚洗い、貼りだして被災者に返却するわけです。

お父さんの写真がない。
お母さんや妹の写真はあるのに。
それは仕方ありません。
だって、いつも写真を撮るのはお父さんなんだから。
お父さんはいつも後ろで支えているんだから。

というわけで、いい映画でした。
ファーストシーンに戻るラストシーンが……。
洒落てますね。

ちょっとしんどいシーンもありますが、しつこくなくさらっとしているので気持ちよかったです。
カノジョの立ち位置もいい感じでした。

2020年。127分。日本映画専門チャンネル。4.0。


コンフィデンスマンJP プリンセス編 組長 投稿日: 2022年01月23日 20:16:10 No.243 【返信】

《長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾。
世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンドが他界した。
10兆円とも言われる遺産をめぐりブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟が火花を散らすが、執事トニーが相続人として発表したのは、誰もその存在を知らない隠し子ミシェルだった。
世界中からミシェルを名乗る詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に集結する中、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込み、華麗かつ大胆にコンゲームを仕かけるが……。
共演には、劇場版前作「ロマンス編」の竹内結子、三浦春馬、テレビドラマ版の広末涼子、江口洋介らシリーズでおなじみのキャストに加え、「町田くんの世界」の関水渚、「アクシデンタル・スパイ」のビビアン・スー、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐らが新たに参加。》

今週は日本映画を続けます。
一応評判がいいものばかり、ジャンルもいろいろです。
まずは、コメディです。

前作が軽めのコンゲーム映画でまずまず面白かったんで、ちょっと期待。
そうですね、前作ほどではなかったですが、悪くないです。
水準以上で楽しめました。

設定はかなり無理ですが、そこはコメディですんで大目に見なければ。
ただ、日本映画によくあるのですが、単純な娯楽作品にせず、人情噺を入れてくるのは好きじゃありません。
と言いながら、ほろっとしている私はどないやねん。

展開は読めます。
予想通りです。
その展開のどこに仕掛けがあるのかがミソです。
ラストは怒涛の展開で、なるほどなあと納得です。

このシリーズ、騙されることが前提で観ているわけですから、その上を行く脚本でないとダメなわけです。
ある程度はわかるのですが、やっぱり上を行かれてしまいました。
ということで、観て損のない作品です。
デヴィ夫人がカメオ出演じゃなく、ちょっとした役でした。
関水渚がちょっと微妙でした。

2020年。124分。日本映画専門チャンネル。3.9。


ドライブ・マイ・カー 組長 投稿日: 2022年01月21日 00:10:12 No.241 【返信】

《村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。
舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていた。
しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまう。
2年後、喪失感を抱えながら生きていた彼は、演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かう。
そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに気づかされていく。
主人公・家福を西島秀俊、ヒロインのみさきを三浦透子、物語の鍵を握る俳優・高槻を岡田将生、家福の亡き妻・音を霧島れいかがそれぞれ演じる。
2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞。
ほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞した。》

マスター激賞の本作品、残念ながら私にはまったく刺さりませんでした。
大雑把な言い方で悪いのですが、評価される日本映画っていつもこんな感じです。
わかったようなわからんようなしぐさ、長々と語られるセリフ。
映像表現として描かれていないもどかしさ。
内容はともかく、要は舞台劇でいいんじゃないかということです。

本作に登場するチェーホフの『ワーニャ伯父さん』の舞台製作。
オーディションに始まり、本読みから本番まで。
『ワーニャ伯父さん』を知りませんので、作者の意図が不明です。
これを多言語で演じる意図もよくわかりません。
自分さえわかっていたらいいという、作者の驕りに思えて。

テーマとしては、大事な人を失った自己の喪失の再生でしょうか。
それなら、「スパイダーマン」のほうがよっぽどうまく表現しています。
自分に嘘をついているって。
面と向かって、妻を詰ったらよかったって。
でも、彼女を失いたくなかったんなら我慢でしょう。
だれもが秘密や嘘を持っています。

ラストはなぜ韓国?
二人で暮らしている?
彼女が在日?
やっぱり意味が分かりません。

後、3時間もかける必要あります?
もっと短くてもいいのでは。

本作がアカデミー賞を受賞しても、なんだかなあとしか思えません。

2021年。179分。シネマート心斎橋。4.1。


最後の決闘裁判 組長 投稿日: 2022年01月17日 21:50:28 No.240 【返信】

《「グラディエーター」のリドリー・スコット監督がマット・デイモン、アダム・ドライヴァーら豪華キャスト陣を迎えた歴史ドラマ大作。
実話に基づき、14世紀にあった“決闘裁判”を再現。
中世のヨーロッパ、一部の国々では裁判の原告と被告の決闘の結果をもって判決にした。
そんな理不尽な“決闘裁判”を現代、名手スコット監督は出演者でもある「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」の名コンビ、デイモン、ベン・アフレックらによる脚本(E・ジェイガーによる「決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル」が原作)を得て再現。
ある事件を複数の視点から見た日本の黒澤明監督の「羅生門」のスタイルを踏襲し、観客を考えさせる。
ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」のジョディ・カマーも熱演。》

3章立てになっています。

①マット・デイモンの真実
②アダム・ドライヴァーの真実
③ジョディ・カマーの真実そして真実

ですから、第3章が真実です。
男どもは自分勝手に解釈しております。
同じシーンを視点を変えただけで、少しずつ違って見えるところが面白いです。

事件はマット・デイモンの妻ジョディ・カマーと彼の友人アダム・ドライヴァーとの間の性行為です。
これが強姦か和姦かということです。
当時の女性(今でもかもしれません)はほとんどが泣き寝入り。
そんな中、人目を気にせず、恥も気にせず、堂々と訴えた彼女は何という人なんでしょうか。

その行為だけじゃなく、男への、そして時代への怒りであったのでしょう。
①夫は妻を跡継製造器としか思っていません。
②嫌よ嫌よも好きのうち、彼女は喜んでました。

決闘で夫が敗れれば、彼女は全裸で火炙り。
勝者は、神が審判を下すということで決まります。

アダムからイブが生まれた、女は男に従属、そんな馬鹿な。
リドリー・スコット監督の描く女性はいつも強いです。
本作でも彼女の強さが光っています。

少し長いですが、章立てで描くことで、興味深く観られました。
ヒットしなかったみたいですが、これもなかなか重厚ないい作品でした。

リドリー・スコット監督、1937年生まれ、まだまだ精力的に活躍です。

2021年。153分。4.0。WOWOW。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する