映画同好会
| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

屍人荘の殺人 組長 投稿日: 2020年10月18日 17:58:34 No.11 【返信】

《今村昌弘のベストセラー小説を神木隆之介、浜辺美波、中村倫也共演で映画化したミステリー。
山奥のペンションで起きた殺人事件に、女子大学生探偵とオタクの助手が挑む。
「仮面病棟」の木村ひさし監督とミステリーに定評のある脚本の蒔田光治が、新人作家として国内主要ミステリー賞を総なめにした今村作品の映像化に挑戦。
「センセイ君主」ほかで女優としての才能を開花させてきた浜辺が、探偵の比留子役で磨きをかけたかわいらしいコメディエンヌぶりを見せる。
比留子の助手となる葉村役の神木との息の合った掛け合いも楽しい。
ペンションが舞台の密室劇とあって、個性派俳優陣の好演も見ものだが、タイトルにまつわる驚愕の展開には狐につままれたような気分にさせられるだろう。》

原作は読んでおります。
そのトリックは前代未聞なのですが、私はさほど感心しませんでした。
でも、その年のミステリー賞を総ナメにした作品ではあります。

さて本作ですが、あまり評価は高くありません。
で、かなりハードルを下げてみたこともありますが、そんなにひどい出来ではないと思います。
おススメするほどではないですが。
惨いシーンは、レントゲン撮影で逃げたり、コミカルに描いたり、軽く観るには文句もありません。

そもそも本格ものの映画化は難しいです。
人間関係や本作でいえば、部屋の配置など一度観ただけでは覚えてられません。
小説なら何度も戻ることができます。
一人一人の尋問も退屈ですし。

そこらは本作では、図や字幕を見せ、アリバイの尋問等は省略しています。
その分少し説明不足ではありますが。
つまり本格推理の映画化は、このくらいでちょうどいいかもです。
基本的に不可能ですから。

ということで、マスター大好き、浜辺美波の可愛さがメインというわけです。
私はさほどでもないですが。
山田杏奈も可愛いです。

TVドラマ以上でもないですが、そんなに悪くないですよ。

2019年。119分。WOWOW。3.1。





地獄のヒーロー 組長 投稿日: 2020年10月17日 23:22:59 No.10 【返信】

《チャック・ノリスが主演した人気アクションシリーズ第1作。
勇敢な元兵士ブラドックはベトナムに残された戦友たちの救出へ。
「ランボー 怒りの脱出」と似た物語だが本作も痛快
「最後のブルース・リー ドラゴンへの道」で悪役を好演し、後の1980年代、「野獣捜査線」「デルタ・フォース」などによってタフガイスターとなったノリスが主演。
彼が演じるのは、かつて戦ったベトナムにあらためて行き、“戦闘時行方不明者(MIA)”を捜そうと挑む戦士ブラドック。
よく似た題材のシルヴェスター・スタローン主演「ランボー 怒りの脱出」も同時期に作られたが、ノリスが武骨に演じるブラドックも人気者になり、後にシリーズ化。
ノリスとスタローンは後年、「エクスペンダブルズ2」で共演。》

「ランボー 怒りの脱出」よりこっちのほうが先行。
ですから、便乗したわけではありません。
でも、内容は完全に負けてます。

話の展開がもう無茶苦茶。
米とベトナムとが“戦闘時行方不明者(MIA)”についての話合いを行うのに同行し、そのまま救助に向かうって。
ベトナムの軍人も簡単に殺して。

チャック・ノリス、怪我すらしません。
どんどんうまくいきます。
ご都合主義の極みです。
ラストも無茶です。
ある意味痛快ですが。

これでアクションが一流だったら、評価も上がるのですが、演出が下手というか、編集が下手なのか。
たとえば、爆弾や銃が命中したところを見せずに爆発したり、いきなり車に乗ってたり。
爆破シーンは迫力でしたけど。

WOWOWで3作放映されますが、気が向いたら観ることにします。

1984年。101分。WOWOW。3.1。





ヘルボーイ(2019) 組長 投稿日: 2020年10月17日 23:05:38 No.9 【返信】

《悪魔の子として生まれながら、人間とともに魔物退治の専門家として戦う“ヘルボーイ”。
名作コミックをD・ハーバー主演で再映画化したダークファンタジーアクション。
かつてロン・パールマン主演でも映画化されたM・ミニョーラの人気コミックを、TVドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のハーバーを新たな主演に迎えて再映画化。
はまり役と言われたパールマンに勝るとも劣らないヘルボーイぶりを見せるハーバーの熱演に加え、よりダークでバイオレンス色を強めたヘルボーイワールドが見どころ。
原作者ミニョーラ自身も製作総指揮として参加した。
共演は「バイオハザード」シリーズのM・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック」シリーズのI・マクシェーンなど。》

ギレルモ・デル・トロ監督作に比べると、クセのない普通のヒーロー・ファンタジーになっております。
でも、15禁になってまして、かなりグロくて汚いです。
アクションが多くなり、その分キャラの内面は薄くなっています。

アーサー王に退治された、血の女王(ミラ・ジョヴォ)の復活劇で、アーサー王伝説がかかわってきます。
魔物たちの造形が面白く、アクションもいいので飽きません。
思った以上にスケール感もあってここは好評価。

ただし、血の女王がもっと強いはずなんですけどね。
部下もしょぼいし。
ですから、クライマックスがイマイチでした。

大コケしたんで続編はなさそうですが、本作のラストでは続編をにおわせてました。
思たほどひどい作品ではなく、それなりに楽しめました。

2019年。120分。WOWOW。3.3。





クリード 炎の宿敵 組長 投稿日: 2020年10月17日 22:47:38 No.8 【返信】

《「ロッキー」シリーズのその後を描いた「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。
ロッキーの弟子アドニスはかつて自分の父親を殺したボクサー、ドラゴの息子とリングで対決!
「ロッキー」とその続編「~2」で主人公ロッキーのライバルとなり、「~3」ではその親友となったが、「~4/炎の友情」で旧ソ連のボクサー、ドラゴに殺されたアポロ・クリード。
前作「~チャンプを継ぐ男」でアポロの息子アドニスはロッキーの弟子となったが、本作ではドラゴの息子ヴィクターとの宿命的対決へ。
ドラゴ役を「~4/炎の友情」のD・ラングレン自身が気迫たっぷりに演じ、ロッキー役のS・スタローンとの再顔合わせも熱い。
監督は前作のライアン・クーグラーから新人S・ケイプル・ジュニアに交代。》

父親を殺した相手の息子との対決。
「ロッキー4」をそのまま息子に移した安易な話かなと思いきや、これがなかなかみせます。
サイボーグのようだったドルフ・ラングレン、あれから33年。
妻にも逃げられ、誰からも相手にされず、息子だけに期待して。
落ちぶれてます。

主人公に倒された敗者はどう生きていったのか。
ここを描いていて、好感が持てます。
もう少し深く描いてもよかったかもです。

さてアドニスは結婚して、子供もできます。
失うもののないヴィクター、アドニスに勝ち目はありません。
戦いはモスクワへ。
ここらあたりも「ロッキー4」を踏襲。

やはり見せ場はボクシング。
見せます、見せます、本物のボクシングのよう。
そして、ちらっと流れる、「ロッキーのテーマ」。
ここは胸アツ。

果たしてラストは。
この終わり方、「ロッキー4」の正答になっています。
いやお見事。
ロッキーもドラゴも家族を取り戻します。

「ロッキー」シリーズがこんなに続くとは。
「クリード」シリーズは観て損はしませんよ。

2018年。130分。WOWOW。4.0。





カツベン! 組長 投稿日: 2020年10月11日 21:37:53 No.7 【返信】

《これが映画初主演となる成田凌を筆頭に、黒島結菜、高良健吾ら、豪華多彩な顔ぶれが愉快な競演を披露。
周防正行監督が5年ぶりに放った極上の最新エンターテインメント。
「シコふんじゃった。」では大学の相撲部、「Shall we ダンス?」では社交ダンスなど、毎回意外な題材を選んでは、その知られざる世界を魅力的に描き、良質の映画を生み出してきた周防監督。
そんな彼が今回は、カツベンこと活動弁士たちが活躍した古き良き世界へと観客を招待。
無声映画時代、その軽妙洒脱なおしゃべりで映画の内容を巧みに観客に解説し、映画スター並みの人気を誇った彼らが、周囲の人々と織り成す人間模様を笑いと涙を交えてテンポよく描き、いつもながらに痛快無類の娯楽作に仕上がった。》

映画ファンなら観るべきかと思い、結構期待してたんですが。
周防正行監督やし。

私はどうも乗れませんでした。
キャラが立っていないのが一番です。
テーマが何なのか。
特にクライマックスもないですし。

無声映画の撮影シーン、弁士の仕事っぷり等面白いシーンもあるのですが。
つまらん作品も弁士が傑作にすることもあるとか。
作品じゃなくて弁士で選ぶ時代。

主人公たちのお話と映画館同士の戦いと犯罪捜査が入り組むのですが、どうもすっきりしません。
どれもが中途半端です。
また、ドタバタとシリアスのバランスも今一つでした。

つぎはぎのフィルムの上映は、「ニュー・シネマ・パラダイス」まんまでした。
といって、ノスタルジーがあるわけでもなく、弁士の悲哀を掘り下げていることもありません。
わざわざ作った無声映画に草刈民代や上白石萌音が出ていたりする贅沢は楽しかったです。

ヒロインの少女時代の藤田りん、大人になった黒島結菜、どっちも可愛いので観る価値はありましたけど。

「かつて映画はサイレントで、音がなかった。
しかし、日本には音が途絶えたことはない。
活動弁士がいたから。」(稲垣浩)

2019年。127分。WOWOW。3.6。





TENET テネット IMAXレーザーGT 組長 投稿日: 2020年10月08日 00:01:38 No.2 【返信】

本日はお疲れさまでした。
塩野先生、車に同乗させていただきまして、ありがとうございました。
ほんもののIMAXの迫力はいかがでしたか。
また機会がありましたら、企画します。

さて物語の骨子につきましては、パンフレット等の解説である程度はわかります。
まあ、そちらを参照してください。

そんな中、トマス・アレポと2枚のゴヤの絵の贋作って何の意味があるのか。
この疑問に答えた記事がありました。
こういう見方もできるのです。
奥が深いです。

ゴヤといえば、『我が子を食らうサトゥルヌス』。
セイターがニールに殺される前に殺す?
いやそうではなくて、ニールがアレポの子だったら。
https://note.com/yasutakyy/n/nd6049ae43e3e
を参照してください。

さらに進んで、ニールの父親が名もなき男かも。
https://note.com/yasutakyy/n/n3242a3bc9460

あの元ネタ(とされる)回文“SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS”。
「農夫のアレポ氏は馬鋤きを曳いて仕事をする」という意味になります。
Sator は「農夫の」という意味として解釈されていますが、農耕の神「サトゥルヌス((Sāturnus)」と読むこともできるそうです。

マックス=ニール説が前提の考え方ですが。

マックスの本名をアルファベット表記すると、Maximilienとなる。
マックスの名前を後ろから読んでみると、Neilimixamとなる。
つまり、「I'm Max.(私はマックス)」「I'm Neil.(私はニール)」
マックスは順行、逆行ではニール、よくできてます。
https://movie-c-f-h.com/tenetkousatsu

まだまだ、いろいろありますよ。
何度も観たくなるはずです。


バカボン 投稿日: 2020年10月08日 08:45:38 No.4
時間を逆行した車とのカーチェイスはああなるのか? 
逆行した人と殴り合えるの?
逆行した人を射殺したらどうなる?

なんて考えながら観てる間にストーリーはどんどん進むから、
筋を追い切れていません
特にアルゴリズム云々以降は見落としが多そう

なんかいろいろ分からないので今日もう一度観に行くことにします
バカボン 投稿日: 2020年10月09日 09:14:43 No.5
2日連続2回目の鑑賞

アカン!
まだ分からん!!

ストーリーは随分追えてスッキリしてきたけど
新たな疑問もいくつか湧いてきた

近日中に3回目に行きそう
解説サイトはそれから見ることにします


PS 
今回は普通の画面で見て、前日のIMAXレーザーがスゴかったことを再確認
あんなの自宅の近くに有ればいいのに
組長 投稿日: 2020年10月09日 09:32:02 No.6
≪タイトルの「TENET」は、「N」を挟んで右から読んでも左から読んでも「TEN」の回文となっているが、明日10月10日(土)は「TEN」が2つ並んだ「テネットの日」…。≫

≪明日10月10日「テネットの日」からは、劇場へ“順行チーム”&“逆行チーム”必須の先着数量限定入場者特典【テネるカード】を劇場配布開始。
名もなき男(ジョン・デイビッド・ワシントン)の迫真のアクションシーン、激しい爆発の中で鋭い表情を見せるニール(ロバート・パティンソン)、酸素マスクをしたセイター(ケネス・ブラナー)や銃を構えるキャット(エリザベス・デビッキ)の姿など、各キャラクターの緊迫の瞬間を切り取ったスケール感溢れるビジュアル12種類に加え、シークレットカードも用意されている。≫

ちょっと悪ノリしてきました。



ビリーブ 未来への大逆転 組長 投稿日: 2020年10月05日 14:14:50 No.1 【返信】

《「博士と彼女のセオリー」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ主演で、実話をもとに史上初の男女平等裁判に挑んだ女性弁護士を描いたドラマ。
のちにアメリカで最高裁判事を務めることとなるルース・ギンズバーグは、貧しいユダヤ人家庭に生まれ、努力の末に名門ハーバード法科大学院に入学する。
夫マーティの協力のもと彼女は大学院を首席で卒業するが、女性であることを理由にルースを雇い入れる法律事務所はどこにもなかった。
やむなく大学教授となったルースは、男女平等の講義に力を入れながらも、弁護士への夢を捨てきれずにいた。やがてある訴訟記録を目にし、それが歴史を変える裁判になると信じたルースは自ら弁護を買って出るが…。
ルース役をジョーンズが演じるほか、彼女を支え続ける夫役を「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマー、伝説の弁護士役を「ミザリー」のキャシー・ベイツがそれぞれ演じる。
監督は「ディープ・インパクト」のミミ・レダー。》

1956年のハーバード大学。
女性は数えるほどやし、女子トイレもありません。
入学理由を訊かれたりの嫌がらせ。
彼女はすでに結婚していて、赤ちゃんまでいます。
そのうえ、夫が精巣ガンにかかって、夫の講義まで代理で出席。
それで首席って、もはや超人の域です。

さて問題の訴訟ですが、なんと我々の仕事である、税法の訴訟なのです。
親の介護費の控除をめぐる争いです。
当時の米国の税法では、この控除は女性にのみ認められていました。
原告は未婚の男性です。
男女平等を求める訴訟、原告が男性でした。
そこに目を付けたわけです。

当時の考え方は、女性は家庭に入り、家事と育児をしていればよいというもので、男性のみ、女性のみに適用される法律がそれこそ数えきれないほどあったのです。
圧倒的に不利な中、彼女の数分の弁論で覆るっていうのもどうかとは思いますが、やっぱり感動します。
さらに彼女の娘のため、また娘の後押しがあるというのもいいです。

最後にご本人がちょっとだけ登場されます。
米国は何やかや言っても懐の深い国です。

この邦題、残念ながらなんかよくわかりません。
原題は「On the Basis of Sex」。

2018年。120分。ムービープラス。3.8。





1

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する