画像掲示板~シネマ~


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

ResForm
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
マイケル・チミノ 投稿日:2021年01月03日 19:42 No.720



イヤー・オブ・ザ・ドラゴン(原題: Year of the Dragon 米国) 1985年 全世界年間興行収入ランキング47位

ニューヨーク市警の刑事スタンリー・ホワイトは、犯罪の頻発するチャイナタウンの取り締まりを開始、強引な摘発を続ける。チャイニーズ・マフィア全体を潰そうとするスタンリーに対し、マフィアのボス達は強く反発、しかも警察上層部もマフィアとも繋がっていた。一方、チャイニーズ・マフィア新世代のボス、ジョーイ・タイはイタリアン・マフィアや身内の旧体制派、かつての取引相手を容赦無く粛清し勢力を拡大していく。かつてない緊張が高まる中、タフな刑事と若きボス、この二人の対決が今始まろうとしていた……

監督 マイケル・チミノ 代表作 『サンダーボルト』『ディア・ハンター』『天国の門』
脚本 オリバー・ストーン、マイケル・チミノ
音楽 デヴィッド・マンスフィールド 代表作 『ブロークン・トレイル 遥かなる旅路』『逃亡者(1990)』『いとしい人』
主演 ミッキー・ローク(スタンリー) 代表作 『ナインハーフ』『エンゼル・ハート』『レスラー』


上映時間 134分


登場人物

スタンリー・ホワイト: ニューヨーク市警の刑事部長。

ジョーイ・タイ: チャイニーズ・マフィアの幹部。(ジョン・ローン) 代表作 『ラストエンペラー』『ラッシュアワー2』
バン・スン: 東南アジアの麻薬王。(山本幸男) 代表作 『チャイナシャドー』『遥かな時代の階段を』『82分署』

トレイシー・ズー: TVリポーター。(アリアーヌ・コイズミ) 代表作 『キング・オブ・ニューヨーク』『男が女を愛する時』

アンジェロ・リッツォ: スタンリーの相棒。(レナード・テルモ)

コニー・ホワイト: スタンリーの妻。(キャロライン・カヴァ) 代表作 『リトル・ニキータ』『7月4日に生まれて』『クアトロ・ディアス』




【起】
時は’80年代前半、NYダウンタウン。
リトル・イタリーと、きびすを接するチャイナタウンのレストランで、マフィアのドン、ジャッキー・ワンが殺され盛大な葬儀が行なわれた。
チャイナタウンの大通りで行なわれた葬儀の先頭を歩くのは、若き幹部で、勢力を拡大しつつあるジョーイ・タイだった。

ジョーイは、新旧マフィア勢力が対立する中で、急進的なやり方で、麻薬組織を変えようとしていた。
そんな葬儀の様子を斜に構えてみていたのが、NY市警のスタンリーだった。

【承】
ベトナム帰りのポーランド人であるスタンリーは、マフィアへの憎悪だけでなく、戦争のトラウマから、東南アジア人を憎む様になっていた。
ワン殺害事件を皮切りに、スタンリーは、ジョーイの組織の捜査に乗り込む。

スタンリーの組織を無視したスタンドプレイに、彼の同僚ビューコワスキは心配する。
そんな荒んだ彼の心を捉えたのが、ワンの葬儀の時に葬儀の模様を伝えようとレポートしていた中国系アメリカ人トレイシーだった。

スタンリーは、トレイシーを組織の息がかかる高級レストランに招き、その席で、メディアの力を借りて
組織を壊滅出来ないかと取引を持ちかけた。

その時レストランに突然覆面の男が乱入し、機関銃を乱射する。
トレイシーを庇い、防戦するスタンリーだが、明らかにジョーイの手先と判る犯人グループには逃げられてしまう。

スタンリーはジョーイの経営するレストランに乗り込み宣戦布告を言い放つのだが・・・。

スタンリーは、中国系刑事アルバートを潜入捜査官として潜り込ませ、捜査を続けるが、
アルバートの身分はすぐに割れ、殺されてしまう。

【転】
それだけでなくスタンリーの別居中の妻・コニーが、
ジョーイの手先により殺され、トレイシーはジョーイの手下に襲われレイプされた。

コニーの葬儀に泣き崩れるスタンリー、若きドンとして世界を凱旋するジョーイ。
ジョーイは東南アジアの麻薬の三角地帯に潜り込み、麻薬王バンと取引を成功させた。

怒り狂ったスタンリーは、帰国したジョーイを叩きのめし鼻をへし折る。
逃げるジョーイを追ったスタンリーは、アルバートが死に際に残した言葉から、
埠頭で、ジョーイの麻薬取引が行なわれるという手がかりを掴み、最期の望みをかけてジョーイを探す。

【結】
ブルックリン橋の上で、麻薬取引をするはずのジョーイだったが、並み居る長老を押しのけ
トップに立とうとするあまりに無謀な賭けに出て、取引の土壇場で長老たちに裏切られる。

そしってスタンリーが、ジョーイを追いつめ脇に逃げる道もない線路で、一騎打ちとなり、
ジョーイは逃げ場がないと悟ると、スタンリーの前で自ら命を絶つ。

映画は、ジョーイの葬儀が華々しく行なわれる所で終わる。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 3.57/5.0

最高 (^0^)

M・チミノ映画のもうひとつの傑作。

最低 ( ` 3´)

主人公のキャラ設定が生理的にムリ




Name
E-Mail
Title
File


Key (英数字で8文字以内)
Color