画像掲示板~シネマ~


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

ResForm
殺しの烙印
鈴木清順 投稿日:2019年04月21日 20:34 No.266



殺しの烙印(日本) 1967年 邦画年間興行収入ランキング ---

殺し屋ランキング・ナンバー3の花田五郎は、組織の幹部を護送する仕事を受ける。「幻のランキング・ナンバー1」をいつかやっつけ自分がナンバー1になることを夢に見ながら黙々と殺し屋稼業に励む五郎の前に、謎の美女・美沙子が現れる……

当時の日活社長・堀久作は完成した作品を観て激怒。翌1968年の年頭社長訓示において、本作品を「わからない映画を作ってもらっては困る」と名指しで非難し、同年4月には、鈴木に対し電話で一方的に専属契約の打ち切りを通告した。

監督 鈴木清順 代表作 『肉体の門』『けんかえれじい』『ツィゴイネルワイゼン』
脚本 具流八郎 日本の脚本家グループ
音楽 山本直純 代表作 『男はつらいよ シリーズ』『二百三高地』
主演 宍戸錠(花田) 代表作 『拳銃無頼帖 シリーズ』

上映時間 91分

登場人物

花田五郎: 殺し屋ランク・ナンバー3の殺し屋。
花田真美: 五郎の妻。(小川万里子)

春日義平: 五郎の相棒。元殺し屋。(南廣) 代表作 『警視庁物語 シリーズ』『大日本帝国』

藪原道彦: 殺しの依頼人。(玉川伊佐男) 代表作 『戦争と人間』『黒部の太陽』

中条美沙子: 謎の殺し屋。(真理アンヌ) 代表作 『ジョゼと虎と魚たち』『自動車泥棒』

佐倉: ナンバー2の殺し屋。(大庭喜儀) 代表作 『みな殺しの拳銃』
春日義平: 幻の殺し屋ナンバー1。(南原宏治) 代表作 『警視庁物語 シリーズ』『網走番外地』『人間の條件』



【起】
殺し屋の花田五郎が、妻の真美と一緒にタクシーに乗っている。運転手が五郎に、任務を依頼する。それは、ある組織の幹部を護送するという任務だった。殺し屋のナンバー3と評価されている五郎の腕を買い、500万円の報酬と引き換えに依頼主は五郎に任務を託す。

五郎は、幻の殺し屋ナンバー1について相棒の春日と話をしている。春日は、自分もかつてはナンバー1を目指していたのだと言う。噂だけの存在だと、五郎は春日に言う。

五郎の任務が始まる。春日と共に、ある組織の幹部を護送する。特に何もなく、順調に任務をこなす五郎達。しかし途中、殺し屋ナンバー2とナンバー4の一味に襲われる。

必死に応戦する五郎達。春日は、恐怖と自らの実力の無さに発狂してしまう。正気を失った彼は、敵に突っ込み撃たれてしまう。

護送していた組織の幹部の男と二人になった五郎。幹部の男の銃の腕前はプロ並で、相手の脳天を一発で仕留める。五郎は彼の協力もあって、敵を倒すことに成功する。

【承】
任務を終えた五郎はその安堵感から、自宅に帰って真美と激しい房事をする。家中を這いずり回り、精魂尽きるまで激しく抱き合う。

五郎は、藪原という男から仕事の依頼を受ける。それは、四人いるターゲットを皆殺しして欲しいという依頼だった。

五郎の腕は一級品で、持ちうる最高の技術を使って次々にターゲットを殺していく。一方で五郎は、お金を散財する真美に怒りを覚えていた。

殺し屋である美沙子が五郎に、殺しの協力を依頼する。しかし、五郎はその任務に失敗してしまう。当然ながら、殺し屋には失敗は許されていない。美沙子は五郎に、ランキングから滑り落ちるだけでなく、死に追いやられるだろうと脅す。

家に帰った五郎は、真美と房事をする。行為が終わり、ほとぼりが冷めるまで日本を離れると言う五郎。すると突然真美が五郎に向けて銃弾を発砲する。そのまま家を去った真美は、家に火をつけてどこかへと走り去る。実は真美も、殺し屋だったのだ。

【転】
五郎は美沙子のもとへと逃げ込む。五郎は、美沙子が自分を殺そうとしていることを知っていながらも、美沙子の美しさに惹かれてやってきてしまったのだ。

五郎が美沙子を抱こうとしたとき、美沙子は五郎に向けて銃弾を発砲する。しかし、美沙子は五郎を殺せずにいた。そして、お互いの寂しさを埋めるかのように二人は求め合う。

自分を殺そうとしていた人間を殺せなかったことに、五郎は苛立っていた。五郎は真美のもとへと向かう。真美は、組織から強いられたことだと言い訳をし、今度は二人共組織に殺されてしまうと叫び出す。そんな真美を、五郎は撃ち殺す。

自宅に帰った五郎。そこには、スクリーンに映し出される美沙子の姿があった。美沙子は映像の中で、組織からの拷問を受けていた。組織の人間は、映像の最後で五郎をある場所に呼び出す。美沙子への愛から、五郎はその場所へと向かう決意をする。

指定された場所に着いた五郎は、いきなりの攻撃を受ける。車の下に隠れながら、五郎は徐々に組織の人間達に近づいていく。

【結】
五郎の目の前に現れたのは、かつて五郎が護送した組織の幹部だった。名前は大類といい、彼が幻の殺し屋ナンバー1なのだった。

後日の対決を約束し、別れた五郎と大類。五郎は大類からのしつこい電話や、美沙子への思いなどで苦しむ。

大類が五郎の部屋を訪れる。大類は、五郎を殺すことが目的だと言う。どうやって殺すのかと言う五郎に大類は、しばらくここに滞在すると言い出す。

二人の奇妙な共同生活が始まる。テーブルに銃を置き、お互いに腕を組んで行動するという謎のルールを設ける二人。大類は五郎に、まだまだ訓練が足りないと言う。

大類は最後の対決場所に、後楽園のボクシング会場を選ぶ。テレビから聞こえてくる外人ボクサーの、アイムチャンピオンという声。五郎は、俺がナンバーワンになったって悪くないわけだと独り言を言う。

対決場所に着いた五郎。しかし、そこには誰もいない。姿は見えないが、「これがナンバーワンのやり口だ。敵を焦らし、疲れさせて殺す。お前の運命は窮まった。」という五郎の声が聞こえる。

姿を現した大類に、捨て身で挑む五郎。相打ちになり、大類は死んでしまう。五郎はなんとか立ち上がり、リングの上で「ナンバーワンは俺だ」と叫び続ける。そこに美沙子が姿を現す。しかし、意識朦朧としていた五郎は美沙子を撃ってしまう。そして、その場に崩れ落ちるのだった。

The End _MIHOシネマ


みんなの評価 3.67/5.0

最高 (^0^)

いや~、カッコイィ~ね!観るの何回目だろ?5~6回は観てるなw

最低 ( ` 3´)

もはや映画では無いは本当だった。
映画にストーリーをつける努力はやはり必要だ。




Name
E-Mail
Title
File


Key (英数字で8文字以内)
Color