掲示板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

SNS wasi 投稿日: 2022年09月02日 17:01:26 No.142 【返信】

フェイスブックってSNSで高校の同級生と連絡を取り出した。高校の時の印象と違った答えを書かれると「へぇ~。」って感じる事がけっこう有るよ。ま、お互い様なんだろうけどね。「昔は思っても言わなかっただけ。」とか言ってたりするから本当の所は分からないけれど。高校卒業って17才か18才だよなぁ。中学生に成り一丁前に親に反発し出して6年位だもんなぁ。世間も詳しく知らないくせに何でも分かったつもりで居た気がする。懐かしいなぁ。夢とか希望なんて考えて無かったなぁ「車が欲しい」とか「可愛い彼女が欲しい」位が希望だっただろうか。そして25才位に成ると「そろそろ結婚しなきゃ成らない。」みたいな雰囲気に成って来て、実際に先輩とかも結婚し出すし煽られる感じだったかなぁ。


おたがいさま wasi 投稿日: 2022年09月02日 07:34:56 No.141 【返信】

オレは30代の時にミツルに「ショウジは変わったよなぁ。」と言われたようだけれど、自分でも意識して今までやらなかった行動や考え方を「こうしなきゃ成らない!こう考え無きゃいけない!」と思い込むようにして居た記憶がハッキリ残って居る。ただ自身としてはそれによって変わって居る自覚は無かった。ただ起こる事に対して条件反射的に行動して居たスピードが何呼吸か分遅く反応して居たのは自覚してる。 オレ達って結婚後は40年以上まったく会って無い事を思うと、電話やLINEでのやり取りでは以前のままの印象で会話してるけれど、いつだったかムロイが「私の知って居るショウチャンじゃ無いみたい。」とか書いてたけれど、実際にお互いが40数年間で経験した色んな事は昔の自分では無いタイプの者に変わって居るのかもしれないよねぇ。 


観覧車 wasi 投稿日: 2022年09月01日 15:15:55 No.140 【返信】

お台場の観覧車がパレットタウン終了に合わせて取り壊しに成る。子連れで一度乗りに行ったけれど平日なのに30分以上並んだ記憶が有る。観覧車と言えば可笑しな思い出が有る。西武園の大観覧車は一周20分かけて一周する当時最大の観覧車だった。3才と1才の娘を連れて遊びに行った最後に乘ろうって事に成ったけれど、大人一人がけっこうした気がする。ヨメと子供だけ乗せてオレは下で待ってる事にした。上昇して行くと上から手を振るので手を振って見送った。しばらくしすると大笑いしながら降りて来た。話を聞いたら観覧車に乗って直ぐに上の子が「ウンチ!」と言い出したらしく、20分だけだからとオレが荷物を全部預かって居たので何も無い。頂上に着くころにはフンフン泣きべそに成ってしまったらしく、下のこのオムツを外して「ここにしなさい」と密閉されたゴンドラ内でウンチをしたのだった。「くちゃいね~」とウンチ臭で一杯のゴンドラから降りて来て大笑いだったって事だった。空いてる時だったから良かったけれど、込み合って居て入れ違いに誰か乘ったら拷問の20分に成ったんだろうなぁと思った^^。


最初 wasi 投稿日: 2022年09月01日 07:00:59 No.139 【返信】

オレの最初の憧れはミツルの親父だったかもしれない。「うちの親父と全く違う。」と思った。ミツルと知り合ったのは所野小学校から日光小学校に転校した時だった。親の仕事がペンキ屋って事で仲良く成って家に遊びに行くように成った。一番印象強く記憶してるのはミツルの家が増築してミツルの部屋が出来る中学生の頃だ。フローリングの部屋が2部屋と和室が有って広い廊下には小さな流しが有ったしトイレは水洗だった。彼の部屋には電話・TV・ステレオ・ベッドが有った。同じペンキ屋だけど職人が3人居てジイチャンも看板の文字を書いて仕事してたし、うちとは規模が違って金持ちなんだなぁと思った。うちの親父は服や髪の毛にペンキが付いて居ても気にしないようなタイプだったけど。ミツルの親父は仕事着と出かけて行く時の服装が違ったし、うちの親父はバイクやトラックでどこでも行ってたけど、ミツルの親父は2ドアクーペで颯爽とゴルフに行ったりしてた。今になってオレがして来た事を振り返ると、ミツルの親父がして居た事を真似してる感じがする。そして親が思ってたかもしれない「理想のスタイル」は子供には親が思うようには写って無かったのかもしれないと思った。ミツルは親父を「カッコばかり着けて居て、親として感謝はしてるけれど尊敬はして居ない。」とか言ってた。うちの娘も「お父さんはベンツのスポーツカーに乘ってるの?」とか聞かれるのが嫌だったようで、迎えに来て欲しくない感じだった。一度は写生会で道端に座ってる娘の目の前に信号待ちで車が止まったから窓を開けて声をかけると嫌な顔をされた。後で「おとうさん外ではああゆう事しないでね。」と言われて「分かった、二度と声をかけたりしないよ。」ってスタイルは今でも基本に成ってる。


35年間 wasi 投稿日: 2022年08月29日 22:20:57 No.138 【返信】

10年間は他人の店の為に身を粉にして働いた。30才で独立して35年間一生懸命に義務と責任をまっとうして来た。ここに来て娘と孫の一大事の為に店の仕事を疎かにしても良いのじゃ無いだろうか。孫の為とは遺伝子を継承する需要な一大事だ。妻も必死に手伝いたがって居る。オレ達夫婦が食えて行ける程度の売り上げでも良いのじゃ無いだろうか。孫の為と成れば先祖が残した遺産を充てたとしても大義名分は立つだろう。


色々有ったなぁ wasi 投稿日: 2022年08月29日 16:57:20 No.137 【返信】

「もしかして?」ってケースが若い時はいっぱい起こったなぁ。もしもあの子の手紙を読んで居たら?もしあの子との約束を守って居たら?あの時あの子が交際宣言して居たら?あの時に関係を続けて居たら?あそこで男気を発揮して居なかったら?あそこで引き止められて居たら?あそこで帰って居たら?あの時言う事を聞いて居たら?あそこで気持ちの確認をして居たら?あの時本気を打ち明けて居たら?あそこで邪魔が入らなかったら?あそこであの人じゃ無かったら?あそこで彼が早とちりしなけりゃ?・・・・・。色んな「もしも」を越えて今が有る。


理想と違ったな wasi 投稿日: 2022年08月29日 07:16:40 No.136 【返信】

ユウサンとはスカイラークの安い定食を食べながら「理想は190Eを買うんだ。」とか、ミツルは小坂明子の歌の「この歌詞が理想像」とか理想を語って居たっけ。結局2人共理想を手にする事無く人生を終えてしまった。対してオレはと言えば全く中途半端な状態に居て理想なんて思い浮かばなかった。義母に「温泉に行きたいんだけど、休みを取って車で連れてってくれるなら旅費をだすよ。」と誘われて。会社にはそのまま伝えて連休をもらって「良いなぁ」と羨ましがられて喜んでる情けない男でも有った。


<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する