掲示板


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

十分やったな wasi 投稿日: 2023年02月05日 17:09:29 No.219 【返信】

20才の時に19才の彼女と知り合った5年後に結婚したけれど、その5年の間にアパートにお泊りデートや遠距離恋愛などを経験して自分には彼女が必要だと思った。薄給だから小遣いもギリギリだったし、いかさまポーカーなどで妻から小遣いをひねり出す自分に自己嫌悪したり、思うように成らないと自暴自棄に成る性格なのに、文句を言わずに一生懸命に明るく振舞う妻に「オレは何をしてるんだ?!」と奮い立たせられた。


今まで wasi 投稿日: 2023年02月04日 22:13:29 No.218 【返信】

ケンが車屋に成った事から彼の仕入れた商品をたまに乗り回す事が出来た。それこそ何十台もの車に乗る事が出来た。自分で買った車も38年間で13台を乗り換えたから普通の人よりはかなり多く成る気がする。預かった車を数えたらその3倍は確実に運転しただろう。オレ達世代にとって車は憧れだったし外車なんて夢だった。今時の若者は自動車に対しての意識は移動手段程度でしか無い者が多いようだ。35才位で乗り回した左ハンドルのフェアレディZは気持ち良かった。知らない人が好奇の目で見て居た。ホテルなど行くと係りの人が驚いたりしてた。同窓会に行った時も気持ち良かったなぁ。老いてVWのSUVに落ち着いた感じは丁度良いような気もする。娘婿も交際開始に頃はCLKだったのに結婚する直前にC-クーペに変わり結婚後はシューティングブレークに3回変わったのを見てるし、最後はVWをディーラーが持って来て契約した所を見て居る。田舎の小さなパーマ屋の娘と結婚したのだけれど、経済的に心配する家で無い事に安心出来ただろう。それを思うと築60年程経過した家の母子家庭の長男によくヨメに出してくれたと親に感謝する。オレだったら心配で仕方なかっただろうなぁ。オレ自身は結局婿養子に成ってしまったけれど、状況的に最善を選んだ結果なので世間にどう思われたかは知る由も無い。嫌な奴が「宮元町のマスオさんって呼ばれてる。」とか言いやがって腹を立てたっけ。結局義母には大きなお世話に成った感謝から11年の介護生活で恩返しが出来た気がする。母が言いふらしてしまった思い込みをちゃんと修正出来たのだって認知症が出なけりゃ弁解・訂正する機会だって無かっただろう。色んなややこしい事は成り行きに対して正直に対応して来た結果としてうまい具合に行った気がする。


descent way of life wasi 投稿日: 2023年02月04日 15:59:48 No.217 【返信】

高齢者ルーキーなのにいまだに上り坂を駆け上がって居る者は少ないだろう。苦しいのに死ぬ事も出来ない状況に陥ってる者だって存在してる。今まで選択と精進を繰り返した証に立って居るわけで、どうであろうが自身の生きた結果だ。不安な要素はたくさん抱えて居る。ただ想像を越えたとんでもない事態は突如として出現する。でもとんでもない事と思ってるのは自分だけで、もう年齢からいえば必然だったりする。
そうなんだよなぁ。オレ達はいつ何が起きて一生を終えたとしても必然で「残念でしたね」ってレベルの時期に入ってるわけだ。身近で最近何が起きたか思い出して見れば「そうなんだよなぁ」って心当たりが有るはず。
 横浜で見かけたカップル「エスプリの助手席に小さい犬を抱いた彼女を乗せて居た。」が恰好良かった。新婚旅行で見かけたパパがバレーに車を預け、ベルボーイに荷物を運ばせてチェックインして行く姿に憧れた。ロータス・エスプリは買えなかったけれど、メルセデスのクーペ2台とスポーツワゴンの3台を13年維持してポメラニアンを抱いた妻を乗せて銀座・渋谷・軽井沢など買い物や宿泊した。英会話を独学して海外旅行は個人予約して到着空港からレンタカーでホテルのバレーに車を寄せてベルに荷物を頼みチェックインする事が出来た。幼い娘に友人が「パパは英語しゃべるの?」と聞くと「うん、パパは英語ペラペラ。」と言わせられた。


日々戦い wasi 投稿日: 2023年02月04日 08:00:43 No.216 【返信】

開店した頃は目標売上の達成が御題目だった。多店舗化を図る会社での目標設定値は月の経費を達成すれば次店開設に進む展開だったけれど、店の規模と負債額の比が店舗付き住宅建設とテナント開設では3倍ほどの開きが有り経営方法は全く違って来る。自分の目標とした経営とは違ってしまったけれど結果オーライだったと10年過ぎて分かった。開店後13年経った時に唯一の社員が退社し、同時にオレは喘息を発症する事態を迎えた。体力の衰えと売り上げの低迷が比例する様に落ちて行ったが、人生を形成するのは夢の達成だけで無く、どんな風に生きて居たかだと気付き想像して居た暮らしの8割は叶えられた事に気付いた。店を会社にして有能な社員に任せて自分は海外旅行や外車を乗り回す暮らしをするつもりだったけれど、そんな成功者は滅多に存在しない。出来たとしても気付けな50代だったりするわけで、30の時の楽しさ40の時の楽しさを味わう事はその時にしか出来ない事。老いてからの楽しみ方は違って来るだろう。50才で30才の時の娘が喜ぶ姿を見る事は出来ないし、50才で「サーを付けられる会話をされても当然だろう。」


生きて居てこそ・・・かぁ wasi 投稿日: 2023年02月03日 16:05:07 No.215 【返信】

仲の良かった連中。ヨシモト、ユーサン、キミオ、そしてミツルまでが逝っちまった。42才で逝った連中はただ残念としか思えなかった。この7月で66才に成る。彼等よりも24年も長く生きれた。しかも家族を連れてハワイやラスベガスを旅行出来たり13年間に3台のメルセデスとVWのSUVを新車で乗り換えられた人生を生きれた。13年勤めてくれたヨシモトが辞める時にオレは喘息が起きた。「これからどう成って行くのだろう?」と不安に思った。借金はまだまだ有ったし娘達はまだ上がやっと高校生だった。でも結果としては助かった。売り上げは落ちたけれど彼が要る為に気にしなきゃ成らなかった事を全く気にせずに行動出来た。長女は先に独居して出て行ったし、母が施設に入るのと次女がいっぺんに家を出て行ったから最初は淋しかったけれど、1年もすると2人の暮らしに慣れて返って気楽に成った。よ~く思い出すと結婚して長女を妊娠する前に親の家に間借りして同居してしまったから、2人だけの生活って2年無かったわけで、老いてからの2人だけの暮らしってのはお互いに好きな事をしてるので居心地は悪く無かった。ずっと2ドアクーペのメルセデスだったのを結婚した娘が大阪転勤に成る予定だったのでシューティングブレークと呼ばれるスポーツワゴンにしたけれど、娘夫婦が川崎に買った家の駐車スペースが狭いのと、ディーラーが近くて便利なのでVWのSUVに買い替えた。今日が新車で買ってからの1年点検でディーラーに持ち込むけれど、クレームする事は無い。


クサるな、クサるな wasi 投稿日: 2023年02月03日 13:43:28 No.214 【返信】

仕事も家族仲も経済も上手く行って無いと幸せを感じられなく成ってしまう。65才にも成れば何か具合の良く無い事が起きて来て当然でも有る。確かに思うように行かない人生では有っただろうけれど、結果を考慮して考えてみれば悪く無い人生を送る事が出来ただろう。飛行機に乗る事なんて夢にも思いつかなかった幼少期。まして自分がメルセデスを購入して銀座をショッピング出来る様に成るなんて考えられなかった。個人で飛行機のチケットを買い最初の頃はFAXで後にネットでホテルを予約しながら家族を10数回海外に連れて行けた。空港からレンタカーでホテルにチェックインして、ショーのチケット購入やアミューズメント施設へは自分で連れて行った。小さなトラブルにはちゃんと英語で対処出来た。高校卒業して自動車会社に就職し、美容師を目指して学校に行き一流美容師に成る為に東京で下積み生活をした。その時点でも今の自分を想像出来無かった。もう夫婦2人が生きて行ければ成功と言われる所まで生きてしまった。多少のネガティブに腐る事は無いほうが良いだろう。


1992 wasi 投稿日: 2023年02月03日 08:00:43 No.213 【返信】

1988年31才で独立して1992年35才の時にアメリカから逆輸入したフェアレディZに乘り始めた辺りから自分では当然と思い込む人生を歩み始めたけれど、世間は「どうしたんだ?」って感じだったかもしれないなぁ。「外車と海外旅行三昧の暮らし」に見えたんだろうなぁ。「毎年行ってたよねぇ。」とよく知り合いに言われる。「毎年は行かなかったよ。」と言い返すと「だって春と夏行った時有ったよねぇ。」と部分的に覚えて居たりする。「贅沢して居ると罰が当たる」とは親によく言われたけれど、「その為に犠牲にしてる事が山ほど有る!」って反論出来た。そうなんだよなぁ。オレはやる事もちゃんとやって、その褒美として決済可能な範囲でやってたんだよなぁ。結論から言えばちゃんと借金返済できたし子供は自立させたし、親も見送り相続も完了出来た。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する