浅間会


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

〜馬のいる生活〜 Sayaka 投稿日: 2020年09月25日 12:05:43 No.16 【返信】

私の夫が勤める会社では馬を飼っています。ただ飼っているだけではなく、ちゃんとお仕事もします!
重機の入らない山から木を運ぶ馬搬をしたり、田んぼを耕す馬耕をしたりと大活躍なのです。
80代の会社会長が「子どものときは馬のいる暮らしが当たり前だった」と言っていました。
現代では想像もできないような日々に想いをはせつつ、「会長のような年頃の方には、この何十年かの日本の激変ぶりはいかほどのものなのか…」と思いをめぐらせた夏でした☆




わたしの芭蕉」加賀乙彦(講談社)[[ Bookworm 投稿日: 2020年09月20日 14:05:37 No.14 【返信】

読書会九月の本を読みました。俳句は作れませんが、毎週木曜SBC「プレバト」を見るようになり、俳句の面白さがわかってきました。芭蕉は多分日本で一番有名な俳人かと思います。本を読んでみると、特に俳句に興味を持たずに生きてきた私でさえ「あれもこれも芭蕉の句」だったことにびっくりしました。中国の戦国時代の偉人荘子の影響を強く受け、日本の文学の世界で荘子の世界を美しく完成させた人なのだとわかりました。


中公新書「歴史認識」とは何か Bookworm 投稿日: 2020年08月05日 16:45:24 No.11 【返信】

大沼保昭 著の本を読みました。帯に「自虐でも独善でもなく」とあり、興味がわきました。1990年代以降「歴史認識」という言葉が1931~45の対中戦争と1910~45の植民地支配をさすようになったと知りました。著者が言うには自らの過去を反省しつつドイツを除く欧米諸国にも反省を促してくのが21世紀のより良い国際社会の在り方につながるのではないか。
同感です。ジャーナリストの江川紹子の質問に大沼先生が答える形になっていて、読みやすい本です。


無題 Bookworm 投稿日: 2020年07月23日 22:46:42 No.10 【返信】

nagasaka様
ようこそ。大歓迎です。読書会も集まるのはしばらく見合わせとなりそうです、残念ですが。こんな時この掲示板で交流できれば、と思っています。よろしくお願いいたします。


無題 nagasaka 投稿日: 2020年07月23日 19:34:37 No.9 【返信】

こんばんは。この掲示板の存在を教えていただきました。
初めておじゃまします。
総会と読書会、楽しみにしていましたが、この状況では仕方がないですね。
掲示板の開設ありがとうございます。


無題 Bookworm 投稿日: 2020年07月18日 21:56:01 No.8 【返信】

清水様、投稿ありがとうございました。


無題 Bookworm 投稿日: 2020年07月16日 20:28:19 No.7 【返信】

今話題の本「女帝小池百合子」を読みました。もう少し早く世に出て、もっと多くの有権者である都民がこの本を読めば、あのような圧勝はなかったのでは?と思わせるような本でした。


<< | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する