Advectionfog Text BBS
| トップに戻る | ワード検索 | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

ResForm
「クイーンコーラル8」新造代替船舶情報
airsystem 投稿日:2020年10月20日 08:28 No.3828
鹿児島〜沖縄航路を運航するマリックリラインは
1999年から運用されていた「クイーンコーラル8」の新造代替船舶を
21年12月就航予定で鉄道・運輸機構との共有船として建造する計画で
船体規模は全長約145m、幅24m、総トン数約8,000トンで
現行船舶(クイーンコーラル8)と比べて大型化し
推進機関1機1軸になり省エネ環境船とし
船内施設は、「Origin(原点・起点))「Odyssey(知的探求)」「Overture(序曲)」の
キーワードをもとにプライベート空間が確保された個室や(階段式)寝台を増やし
二等和室には個人エリアを確保した仕切り並びに
フィッティングスペースの設置等プライバシーを重視し
高齢者、障害者等対応のどバリアフリー環境に配慮した設計にするようで
マリックスラインはこの新造船舶建造発表とともに
船名一般公募を20年11月16日まで行っているようです

【新造船舶概要(認可申請中)】
総トン数 約 8,000 トン
全長 約 145m
全幅 約 24m
旅客定員 655 名
車両搭載能力 トラック約 30 台(12m)、乗用車約 44 台
貨物積載能力 10F コンテナ約 246 個、20F コンテナ約 8 個
主機関出力 12,000kW×1 基
速力 約 21.0 ノット

https://marixline.com/?p=3825

但し現行船舶と比較し船体規模が大きくなった分
僚船「クイーンコーラルプラス」のように船体側面が大きく風圧による圧流を受けやすく
1機1軸推進機関の影響もあり離島の矮小な運航航路寄港地でのタグ無し船体取り回しに苦労しそう
あと、現行船舶はどこに中古売却されるのでしょう


鹿児島から、 投稿日:2020年10月21日 13:51 No.3832
投稿日: 2020年10月20日 11:29:30 No.3829

マリツクスラインのクイーンコーラルエイトの、後継船の、情報が、でました。8千トン級で、来年12月に、就航予定らしいです。6月に、進水式、広島の、内海船舶とか、詳細は、マリツクスラインの、ホームページを、ご覧ください。


げんかい(管理人) 投稿日:2020年10月21日 13:55 No.3833
こんばんは。

本航路で一番小さな大きさでしたが、今回サイズアップして他の船に近づくようですね。
他の航路と比べて、個室化などが遅れていた航路ですが、本船ではどのようになるのかなど気になります。
多くの島に寄港していくこの航路はクルーズとして一番楽しめる航路のように思います。
コンセプトとしてはシンプルさを追求するようですね。


※No.3829の投稿は同一の話題でしたのでまとめさせていただきました。




お名前
メール
タイトル
URL
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色