Advectionfog Photo BBS

| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
ResForm
10/23 JR九州高速船『QUEEN BEETLE』@博多港
でんすけ 投稿日:2020年10月23日 21:58 No.14351
 げんかいさん、みなさんこんばんは。JR九州高速船の新造高速船『QUEEN BEETLE』は、10月5日建造地の西オーストラリアを出発し、フィリピン南部のダバオを経由して15日に博多港中央ふ頭3岸(イベントバース)へと到着しました。到着後は残りの工事などを行いながらそのまま停泊しています。

でんすけ 投稿日:2020年10月23日 22:04 No.14352
 この中央ふ頭3岸は本来は内航専用ですが、パナマ船籍の『QUEEN BEETLE』の周辺だけ柵が置かれて立ち入り禁止とされていました。その柵の外からは自由に『QUEEN BEETLE』を見ることができます。

でんすけ 投稿日:2020年10月23日 22:21 No.14353
 岸壁では乗下船用のタラップと回廊が新造整備されています。
 国際ターミナルから従来からあった『BEETLE』用の通路を分岐・延長する形で白い回廊が整備しています。乗下船用タラップもバリアフリー仕様の大きなものが用意されています。


でんすけ 投稿日:2020年10月23日 23:40 No.14354
 国際ターミナルの展望デッキより『QUEEN BEETLE』を見ます。トリマランの特徴である幅広のデッキがよくわかります。
 煙突から4本の排気管が突き出ています。これは主機である「MTU 16V1163 M74」(IMO Tier2排ガス基準準拠)のものと思われます。
 
 下記の建造所AUSTAL社の公開データには主船体内に4基の発電機ユニットが設置されていることになっていますが、排気の処理は主機の排気管へ合流させているのでしょうか。
 https://www.austal.com/sites/default/files/data-sheet/Austal%20Passenger%20Express%2083%20Data%20Sheet%20-%20Screen.pdf
 
 サイドハル(側船体)の後端には大きなアクチュエータが設置されています。その接続先は姿勢制御用水中翼のようです。
 


でんすけ 投稿日:2020年10月24日 00:30 No.14355
 本船のデザインはJR九州ではおなじみの「ドーンデザイン研究所」代表取締役で九州旅客鉄道(JR九州)デザイン顧問を務める『水戸岡 鋭治』氏が務めています。
 船体各所にロゴをちりばめる手法は同氏のデザイン手法の基本ともいえると思います。そして横方向の色遣いは統一感を持っていて、白・赤・黒を直線に配しています。
 この統一された色遣いのコンセプトのもとに、通常の船であれば白色である脱出シュータは「QB」と描かれた赤色カバーの奥に隠され、白色が通常色の膨張式救命筏も船体の赤色に塗装されています。
 船首部には水線下に設置されている姿勢制御の「Tフォイル」と、2基掛けのバウスラスタの表記があります。


でんすけ 投稿日:2020年10月24日 01:24 No.14356
 『QUEEN BEETLE』を正面から見ます。中央船体に対して側船体の細さがよくわかります。トリマランの技術的な特徴は『左右の下部船体を小さくすることで横波による揺れの固有振動数を長くして、少しの横波ぐらいでは揺れないようにしている』といわれています。この設計思想が冬季の対馬海峡で通用するのか、という懸念がありましたが、現状ではそもそもCOVID-19にかかる渡航制限により就航することができないという状態です。
 COVID-19と日韓関係の鎮静化により『QUEEN BEETLE』がはやく営業運航できるようになることを祈念いたします。

『QUEEN BEETLE』主要目(Austal next generation 83m trimaran ferry)公表分
 全長:83.50m、水線長:79.60m、船体幅:20.20m、最大船体喫水:3.60m、旅客定員:502名、乗員:20名、最大載貨重量:115ton、燃料搭載量55,000 litre
 主機:MTU 16V1163 M74(単機出力:4,800KW/6,526PS)×4基(総出力:19,200KW/26,104PS)、減速機:ZF 40060 NR2H×4基、推進器:KaMeWa製Waterjets90 S4×4基、航海速力:36.90knots(@85% MCR)
 船級:DNV GL、Class Notation X 1A HSLC R2 Passenger EO HSC Category B、船籍:Panama
 INTERIOR DESIGN:Don Design Associates(ドーンデザイン研究所)

 主機 MTU 16V1163 M74のデータ
 https://www.mtu-solutions.com/content/dam/mtu/products/commercial-marine/marine-and-offshore-service-and-supply/main-propulsion/mtu-series-1163/3237311_Marine_Navy_spec_16V1163M74.pdf/_jcr_content/renditions/original./3237311_Marine_Navy_spec_16V1163M74.pdf


せんとぽーりあ 投稿日:2020年10月25日 03:10 No.14358
でんすけ様
お疲れ様です。
また、いつも的確なレポートありがとうございます。

させ就航はどうなるのでしょうか??
コロナ騒動に加え、インバウンドも消滅、先行きがまったく見えないです。
早く正常な世の中に戻るのを祈るばかりです。
ちなみにどうして「パナマ船籍」になったんですかね。
げんかい(管理人) 投稿日:2020年10月25日 16:58 No.14360
こんにちは。
「QUEEN BEETLE」の様子は気になっていました。情報ありがとうございます。
イベントバースの使用ですが、バース自体は立入制限をせずに以前のままなんですね。この場所はフェンスもないので、仮設通路のフェンスのみで制限区域として分けるのでしょうか。どのように条件クリアするのか気になります。

船籍は、国内航路での暫定利用ができない要因にもなっているようです。理由はコストだとは思いますが、日本の運航会社でも外国船籍にすることはできるんですね。


お名前
メール
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色