Advectionfog Photo BBS



| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
ResForm
大阪港のタグボート
げんかい(管理人) 投稿日:2019年06月13日 07:30 No.13167
月曜朝の大阪港でみかけたタグです。

「第78たけ丸」(252GT 4,000PS)
元はウイングマリタイムの「衣笠丸」で、船体に前船名の凹凸が残っています。
ウイングマリタイム独特のブリッジ形状の1番船です。

昭陽汽船「誠陽丸」(475GT 6,000PS)
船体サイズも出力も日本最大規模で、通常のタグの2倍近い力があります。2004年に就航しましたが、それから15年これ以上の規模にはハーバータグも巨大化していません。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年06月13日 07:34 No.13168
「第三十二たけ丸」(169GT 3,200PS)
こちらも元ウイングマリタイム「永代丸」です。

「平和丸」
こちらは運航会社を含め詳細はわかりませんでした。大阪港常駐のようですが、AISなく過去には見たことがない会社です。
船体はデザインからしてウイングマリタイムの中古船と思われますが、詳細は不明です。


げんかい(管理人) 投稿日:2019年06月13日 07:46 No.13169
「鳳旺丸」(289GT 5,000PS)
こちらは初めて見れました。日東タグの2016年に就航したまだ新しいタグで、日東タグで最大サイズになっています。
ファンネルもあり外洋での曳航もでき、ハーバータグとしてだけでなく曳航作業に従事することも多いです。
この1ヶ月も半分以上は曳航作業をやって九州〜名古屋にいたようです。
常駐場所は大阪のようですが、泉北から神戸、姫路など幅広く活動しているようです。

内海曳船「祐田丸」(255GT 5,000PS)
こちらも最大サイズの5,000PSもあるタグです。泉北常駐のエスコート重視のタグで全長が46mもあります。
過去を考えると内海曳船が大阪港にいるのは新鮮に感じますが、近年は日常的な風景です。




お名前
メール
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色