Advectionfog Photo BBS



| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
ResForm
3/26 マルエーフェリー・南西海運 北九州~沖縄航路『琉球エキスプレス6』北九州日明埠頭入港
でんすけ 投稿日:2019年03月26日 20:49 No.12965
 げんかいさん、みなさんこんばんは。
 マルエーフェリーが、内航RORO船2隻及び南西海運㈱の一般貨物船1隻を使用した協調配船を行い、北九州~那覇~先島間を結ぶ新たな貨物定期航路を開設しました。
 3月26日、初便である『琉球エキスプレス6』が北九州港日明埠頭に入港してきました。この『琉球エキスプレス6』はかつて日藤海運が運航していた『日龍丸』(2001年5月竣工)で乗用車810台、シャーシ102台の貨物積載能力があります。


でんすけ 投稿日:2019年03月26日 20:59 No.12966
 新日鉄住金八幡小倉製鉄所の前を通過して日明泊地に進入してきます。出船着岸のために岸壁の前で大きく右回頭します。

でんすけ 投稿日:2019年03月26日 21:04 No.12967
 3月の上旬に一度この港に入港しているからかとてもスムーズに着岸していました。

でんすけ 投稿日:2019年03月26日 21:23 No.12968
 本船『琉球エキスプレス6』は、マルエーフェリーと南西海運の共有船となっており、船舶管理及び運航についてはマルエーフェリーが行っているそうです。
 そのため、船体はマルエーフェリーの塗装で、ファンネルデザインは南西海運のものになっていました。ブリッジ上のレーダーマストには両社の社旗が並んで掲揚されていました。
 
 『琉球エキスプレス6』要目
全長:158.00m、幅:26.00m、夏季乾舷喫水:7.30m、総トン数:10,329t、載荷重量トン数:7,221t
主機関:三井 8S50MC-C 最大出力:17,186PS(12,640KW)、航海速力:21.0ノット
造船所:新来島どっく大西工場、竣工年月日:2001年5月


げんかい(管理人) 投稿日:2019年03月27日 00:28 No.12970
こんばんは。
「琉球エキスプレス6」は関門海峡を通った映像があったので、なぜここを通ったのだろうと思っていましたが、その後の航路開設の発表で知りました。
先島諸島まで含んだ共同事業としてさらに拡大しているんですね。

先日、大阪南港で本船を見かけましたが、ファンネルマークの違うALINEというのが新鮮でした。


お名前
メール
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色