ジョージ・セル談話室


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

20世紀最大の指揮者の一人、ジョージ・セル。彼の音楽について語り合いましょう。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

シューマン交響曲4番 やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年11月12日 02:27:23 No.468 【返信】

来日公演の為に用意されたプログラムはA~Fの6種類。
ただE・Fはブーレーズのプログラムなのでセルが振ったのはA~Dの4種類。
複数回(+曲目の重複)もありますが、シューマン交響曲4番が含まれるCプログラムは5月23日の一回のみ。

この日を聴かれた方はおられますか?シューマンの交響曲は如何でしたか?演奏時間はやはり25分位でしたか?

以前ぜん様の問い掛けに孫弟子様がセル以外は不要!とされる曲目をリストアップされていましたが、
私にとってシューマンの交響曲(特に4番)はそれに当たります。

セルのお気に入りは何番だったのでしょうか?
伝説的なルガーノLiveやベルリンフィルとの録音も残されている2番もですが、
定期公演で取り上げた回数は4番が一番多かった様です。

69-70の最後のシーズンに組み入れたのは来日公演の為の準備だったのでしょうか?
70年1月15・17・18日のプログラムはWaltonのHindemith Variations・Mozartのヴァイオリン協奏曲3番(Edith Peinemann)そしてシューマン4番でした。

来日公演の演奏に最も近い!何処かに録音が残っていないのか?聴きたい!!!


やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年11月12日 02:56:18 No.469
伝記本 付録 A 『シューマン生誕150年記念に』(NYタイムズ日曜版〈1960・3・13〉と短いですが
グラモフォンのインタビュー記事〈1969年8月号〉を読めば、
セルのシューマンのオーケストレーションに対する考えを理解する事が出来ます。

セルが最も嫌ったのは【冗長】でした。
多くの(殆んど?)演奏時間が30分程度に対してセルの4番の演奏時間は25分!程度。
これが不要なものを削ぎ落としセルが極めたシューマン4番なのでしょう。

セルの4番を聴き込むと他の演奏は全て冗長(特に第一楽章)に聴こえてしまうので困ったものです。


やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年11月12日 03:36:06 No.470
セルのシューマン4番の正規録音は3種類。

ベートーヴェンの4番やスラヴ舞曲と共にCOとの最初の録音となった47年録音は10inchの単独と
ラインスドルフの1番とのカップリングの2種類が発売されました。

新しい音楽監督を迎えオケメンバーは頑張っているのですが‥
就任早々からセルが行った総入れ替えとも言えるメンバーチェンジ。
この録音に参加したメンバーの中で生き残る?事が出来たのは何人いたのか。
聴いていて少し切なくなる録音です(演奏時間はこの時から25分程度)

55年のMUSIC-APPRECIATION-RECORDは正規録音と言っても会員頒布用で一般販売はされなかった様ですが、緊張感に満ちた素晴らしい演奏です。
55年なのでモノラル盤だけと思っていたのですが、何と!ステレオ盤が存在する様なので探している所です。


やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年11月12日 03:49:30 No.471
最後の60年ステレオ録音。

米EPIC盤はベートーヴェン8番とのカップリング。
英・仏COLUMBIA盤は1番SPRINGとのカップリングです。

この演奏の素晴らしさをどう表現すれば良いのでしょうか?

私にとって《セルのシューマン4番》と《完璧》は同義語です!


やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年11月12日 04:35:08 No.472
セル以外(セルとセット)でシューマン4番を聴くのは‥

私も年齢的にレコ芸・名曲名盤世代ですので、当時評論家達が絶賛していたフルトヴェングラーの洗礼を受けました。
セルとは異なりあるがままをより巨大に激しく!
フルトヴェングラーの演奏を燃え盛る炎とすればセルの演奏は閉じ込められたクリスタルの
中で青白く燃える炎。が私の長年のイメージです。

昔はフルトヴェングラーを聴いた興奮・熱気を冷ます為にセルを聴いたのですが、
今はセルを聴いて凍てついた心を溶かす為にフルトヴェングラーを聴く様になりました。

米EPIC⇒仏COLUMBIA⇒英COLUMBIAの順に聴き、最後にフルトヴェングラーを聴くのが
私のシューマン4番の聴き方のルーチンです。

このレコードの(多分最初の)所有者の方はフルトヴェングラーの大ファンだったのでしょうね。
当時のグラモフォンレコードのジャケットはレーベルカラーのイエロー地に文字だけの統一デザイン。
そこにわざわざ切り抜き写真の貼り付け+見開きジャケットの内側を見るとレコードを聴いた
日付が書き込まれています。

前の所有者の方はどの様な気持ちでこのレコードを聴かれていたのでしょうか?
あれこれ想像するだけで楽しくなって来ます。

「聴く楽しさと持つ喜び」私がレコードを愛する理由のひとつです。


孫弟子 投稿日: 2022年11月22日 05:48:57 No.479
久しぶりに覗いたら私の名前がありましたので、ご参考になるかどうか。
70年の来日前の雑誌の対談で、当時クリーブランド管弦楽団に研究生として行った指揮者の故荒谷俊二がセルのシューマン(確か4番だったかな)の特色を語る記事がありました、お持ちでなければ探して掲載します。

なお私は学生のころ、この曲を73年に若き小林研一郎さんの指揮他で何度も飽きるほど演奏したことがあり、実際飽きてあまり好きではありませんが、選ぶならセルに限る(ただしフルトベングラーの方法論には賛同)の範疇になります。
やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年11月26日 03:28:12 No.480
孫弟子様 荒谷氏の記事、読んだ記憶はあるのですが手元にはありません。是非掲載を宜しく御願い致します。

小林さんの指揮で演奏された事がある‼ 凄いですね。
小林さんはこの曲を指揮するに当たってどの様な指示を出されたのでしょうか?
是非とも御教示下さい。
孫弟子 投稿日: 2022年11月27日 08:58:55 No.481
荒谷俊治さんでした、お名前を間違ってはいけませんね、それと記事は来日前のものとは違って9年後のこれで、かなりの分量があります(しかしシューマンは数行のみでした)。「LP手帳」は充実した雑誌でしたね、特にこのような名指揮者の特集はディスコグラフィも入っていて宝物でした。私はスキャナーを所有していませんのでそのうち機会がありましたら掲載を検討します
小林研一郎さんの件は、当時は学園紛争のピークでしたが私の学校ではどこ吹く風でしたのでNHK大阪はこれ幸いと、ド素人の私たち凸凹大学交響楽団を単独出演させてくれました、テレビなので指揮者だけでも立派な人をと選んでいただいたのですが、演奏は解釈に及ぶようなレベルではなくまとめるので精一杯でした、そんななかで先生のバイブルはやはりフルトベングラーだったようで、たとえばフィナーレの最後のトロンボーンの音を変更したり、休止や強弱などの素人でもできる指示はいただきました。放送録音も、練習録音もあるのですが、これは公開できる類のものではありません。


やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年11月28日 04:57:09 No.482
孫弟子様 有難う御座います。対談形式の記事だった事は記憶にありますので、多分この
【LP手帖】のコピーをどなたかから頂いて読んだのだと思います。

改めて思い付く所を捜してみたのですが見つかりませんでした。機会がありましたら掲載の
御検討宜しく御願い致します。

以前の投稿でも書きましたが万博の年、私は小学3年生。残念ながら未だクラシック音楽に
夢中になるには早過ぎる年齢でした。
もう少し早く生まれていればセルの実演を聴く事が出来たのに‥等とバカな事・叶わぬ夢を
考えたり致します。

今後共種々御教示の程宜しく御願い致します。

P.S ペンギンさんはどうされているのかご存知ですか?


ドイツ語ですが kj30D 投稿日: 2022年10月04日 00:16:05 No.458 【返信】

https://www.deutschlandfunk.de/der-ungarisch-amerikanische-dirigent-george-szell-vor-125-jahren-geboren-100.html

ジョージセルの軽い略歴ナレと
セル本人の声が数秒?入ってますね
ドイツ語は自分はわかりませんが
セルのドイツ語トーキングは
自分は今まできいたことがありませんので
ちょっと感動しました


「レコード誕生物語」 kj30D 投稿日: 2022年10月01日 12:21:04 No.451 【返信】

自分が今年購入した本に「レコード誕生物語」っていう、
音楽の友社発行のムックがありまして、
その中に、シゲティの3回目録音のブラームス(フィリップス)のヴァイオリン協奏曲が生まれるまでのお話が書かれているんですが、その過程の話に自分は衝撃を受けましたね

セルの106BOXのブックレット(またはシゲティセットのブックレット)に、
「シゲティとセルが録音したモーツァルトのバイオリンソナタは1955年8月29日にコロムビアから発売されましたが1957年11月15日に販売カタログから除外されました」っていう記述の実情を見たようで、自分は少し悲しくなりました。

たしかに自分もそれまで、VanguardからCDで出ていたのを買って聴いてはいたのです
なぜ現在ソニーからではなくVanguardからの発売なのか、の真相に近づいたような気がしました

「レコード芸術」誌で連載はまだ続いてるので
ムック2冊目がいつか出ると思います


106枚ボックス、そろそろ品切れでしょうか? ぜん 投稿日: 2022年10月01日 00:18:51 No.450 【返信】

皆様、こんばんは。

久しぶりにタワレコのサイトで、106枚ボックスを見てみたら、お取り寄せの
表記になっており、発送までの目安が2~7日となっていました。
2、3週間ほど前は、まだ在庫ありだったような気がしていたのですが。

ちなみに、HMVのサイトも見てみましたら、こちらは注文不可になっていました。

私はこのボックスを購入しなかったら、セル氏の素晴らしい音楽を知ることもなく、
こちらの談話室にお世話になることもなかったと思います。

セル氏の音楽に興味があって、まだ多くのセル氏の録音に触れたことはないまま、
こちらの談話室をご覧になっている方々がおられましたら、もし、もっと多くの
セル氏の録音を聴いてみたいというのであれば、このボックスの購入を急がれた
方が良いかも知れません。

ちなみに、以前私はタワレコのサイトで、セル氏とロンドン響のチャイコフスキーの
4番を、お取り寄せ、発送までの目安2~7日の状態で注文しましたが、結局40日
経っても入荷せず、強制的にキャンセルされてしまいました。

購入を検討されている方がいましたら、急がれた方が良いと思います。


ピアニスト セルの実力? やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年09月26日 04:25:02 No.443 【返信】

幼少期には神童・Mozartの再来!と呼ばれ、伝記本その他でのエピソードの数々‥
孫弟子様に紹介頂いたギレリスとのリハーサル(練習風景?)もありましたね。

それらによって正しくセルのピアニストとしての実力は神格化?されている訳ですが
そのテクニックは認めつつも‥ 【優れたテクニック】=感動!とならない所が、芸術の難しい(面白い)点でしょうか。

正規録音でセルのピアノを聴く事が出来るのはこの3枚ぐらいでしょうか(全てMozart!)

セルの正規録音に関してはオリジナル初期盤でコンプリート!が私の生涯の目標ですので入手したレコードですが、
残念ながらこの3枚は私にとってそれ程魅力的なレコードではありません。

ピアノ四重奏曲⇒両者上手いのですが室内楽を聴く楽しみが伝わって来ない。
Szigetiとの2曲⇒両者がそれぞれ勝手に弾いている様な感じがして好きになれません。
(そもそもSzigetiの音はプロコフィエフ等は良いですがMozartには向いていない)

Druianとの4曲⇒どの様な過程でこのレコードが発売されたのか以前から疑問。

確かyungさんのホームページの解説?では「セールス的にドルイアンやレコード会社の発案とは考え難い。とすればセルの発案(希望)
これは長年コンマスの要職を務めたドルイアンに対するセルのご褒美ではなかったか」

しかしセルの明瞭なピアノの音に対して、どこかおずおずとぎこちないドルイアンの
ヴァイオリンの音を聴く度に私は
「これはご褒美というよりも久しぶりにピアノを弾きたくなったセルにドルイアンが付き合わされた」が正解ではないかと考えています。

セル:「ドルイアン君 今更説明しなくても解っていると思うけど、この曲は正しくは
ヴァイオリン伴奏付きピアノソナタだから勘違いしない様にねっ!」

ドルイアン:「・・・ わ 解りましたマエストロ」

このレコードを聴く度に2人のこんな会話シーンを想像してしまう私です(笑)

Mozartに限らずBeethovenやChopin等の録音をセルが残していてくれれば、セルのピアノに対する評価も変わったかも知れませんが、
この3枚を聴く限りではセルのピアニストとしての限界を感じてしまいます。

独断と偏見ですが皆様の御意見は如何でしょうか?


浅野修 投稿日: 2022年09月26日 10:39:21 No.444
やっぱりセルが好き!様、お久しぶりです。

モーツァルトピアノ四重奏曲のCDを掛けながら書いてます。
大変興味深く読ませていただいております。
普段、全く室内楽もピアノ曲も聴かないので、演奏について何かを言えることは何も有りません。だだ、ピアノの音がモーツァルトのコロコロした感じかなと思うくらいです。
以前、飯森泰次郎がピアノを縦横無尽に弾きながら「二ーベルングの指輪」の解説していたのを思い出してました。
セルもピアノを弾きながら、歌劇場での修行時代は歌手に稽古を付けていたのでしょう。
その時のスキルが、ピアノを思い通りに演奏するテクニックと表現だったと思います。
勿論、その方法がオーケストラに対してもまったく変わらないのでしょう。
そんなことを考えながら聴いていました。

失礼しました。
ぜん 投稿日: 2022年09月30日 23:55:02 No.449
やっぱりセルが好き!様、こんばんは。

セル氏のピアノについてですね。
私は106枚ボックスを購入して、初めてセル氏のピアノを聴きました。
ブダペスト弦楽四重奏曲のメンバーとのモーツァルトのピアノ四重奏曲と、
ドルイアンさんとのモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ。

シゲティさんとのモーツァルトは、106枚ボックスには入っていませんでした。
ですので、これだけ聴けていません。
これは、何故なのでしょう。
やっぱりセルが好き!様が上げてくださっているレコードを見ても、コロンビアの
録音であることは間違いないようですが...。

さて、感想ですが、私はセル氏のピアノに感動しました。
そのピアノは勿論ピアニストが弾くピアノと同一線上で語ることはできません。
セル氏のピアノは、指揮者のピアノです。
ブダペスト弦楽四重奏曲、ドルイアンさんとの録音。
どちらも、音楽的イニシアティブは、セル氏が握っています。
ですので、作品の音楽的構成が際立って聴こえました。
所謂素晴らしいピアニストが弾く時とは違った感動でした。

私がそもそも指揮者の弾くピアノに、最初からさほど期待していなかったということも
あるかも知れませんが、セル氏のピアノは、私の期待よりもはるかに素晴らしいものに
聴こえました。
オケを指揮して、ソリストの伴奏をしているセル氏と、ピアノを弾きながらソリストの
伴奏をしているセル氏。
全く同一のスタンスだと感じ、それをオケではなくピアノでも完全にしてのけることが
出来ることに感動しました。

セル氏のピアノの技量は、モーツァルトを聴く限り、相当なものだと思います。
やっぱりセルが好き!様が仰るように、これが、ベートーヴェンやショパンとなると
どうなのか、そこには私もとても興味があります。
ピアノのソリストとしてのセル氏、是非聴いてみたかったです。


1967年ザルツブルグ音楽祭のプログラム(ホンモノ) kj30D 投稿日: 2022年09月05日 18:34:19 No.434 【返信】

https://www.theatermuseum.at/en/onlinesammlung/detail/1360694/?offset=35&lv=list

自分、ジョージセルのザルツブルグ音楽祭の、オルフェオからの2つのシンフォニーセット、(「魔笛」、リーバーマン作曲の2つのオペラ)
ソニーからリリースされていたもの、持ってますが、(オルフェオセットにはなくて、ソニーリリースからでしか聴けない演奏がありますし、ソニーリリースにはなくて、オルフェオセットでしか聴けない演奏がありますよねw)

「公演記録にはある」1967年の音楽祭の、セルとクリーヴランドの演奏聴いてみたいなあ、と
数年前から思うようになりましたね(笑)
あちこちネットをさまよって、どうやら「グラモフォンとソニーで許可を出さなかったのでCDリリースされなかった」って英文記述を見て、なるほどそりゃそうだろうな、と半分納得したしだいですw(現状はそうでも将来はどうなるでしょうかw)

ザルツブルグ音楽祭公式ページでもこの1967年の公演記録情報は見ていましたが、今回たまたまプログラムの画像取り込みを発見して、半分興奮しました(ノ´∀`*)
ホンモノを見たほうがずっと把握しやすいですね。文字もかなり見やすい解像度ですし。


半世紀前 $5.79no やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年09月04日 04:09:39 No.430 【返信】

1ドル 140円‼ ドル高というよりも円安が止まりませんね。今の為替レートが続けば
オークションを含め海外から輸入されるCDやレコード価格にも影響が出るのでは‥
そんな事を考えていましたら、1枚のレコードを思い出しました。

《AUDITION 1966 SUMMER》昔、米国の業者からおまけで貰ったColumbiaのサンプル盤。
summerという事は年4回出されたのでしょうか?興味深いのは価格が表示されている事。

ステレオ盤が$5.79・モノラル盤は$1安くて$4.79
当時は固定相場制で1ドル360円(間違ってないですよね?)で換算すると2,000円位。
半世紀前の$5.79(2,000円) 当時の国内盤LPはもう少し安かった位でしょうか?

ステレオ盤が出されてから10年位経つのに、未だモノラル盤が併売されていたのにも
驚かされました。モノラル盤の需要はどれ位続いたのでしょうか?

このサンプル盤はColumbiaレコードの販促品で販売されたものではないと思いますが
演奏家のサンプル盤は当時から結構出されていた様で、セルのサンプル盤は何枚か手元にあります。

『One Hundred Men and a Perfectionist』はジャケットも魅力的で、確かCD化されていたと思います。
この様なサンプル盤はレギュラー盤よりも多少は安く販売されたのでしょうか。
(ジャケットに直接価格を印刷するのは国内盤だけで海外盤では見た事がありません)
やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年09月04日 04:14:45 No.431
画像を添付せずに投稿してしまいました。
訳の分からないタイトルも『半世紀前の$5.79は高い?」と打ち込もうとしたものです。


やっぱりセルが好き! 投稿日: 2022年09月04日 04:26:33 No.432
これもサンプル盤に入るかもしれません。
装飾文字で少し読み難いですがNYPの125周年記念レコードです。
セルを含めNYPを指揮した多くの指揮者の名前を確認する事が出来ます。


浅野修 投稿日: 2022年09月04日 11:32:36 No.433
やっぱりセルが好き!様 こんにちは。

毎日来て、待っておりましたスレありがとうございます。

貴重なLPレコードのジャケット画像ありがとございます。

NYPの125周年記念レコードのSzellの記載を見て、106枚全集からNYPのメンデルスゾーンのスケルツォ(1951)を出してきて聴いています。

1951年と言えば、クリーブランド管弦楽団を引き受けてから5年が経ち、やっと自分の理想とする楽器としての目途が見えてきた頃でしょうか。NYPとは違った自分のオケとしての理想を実現するため自分にも、そしてもちろん楽員に対しても厳しく訓練をしたのでしょうね。

その理想は、1957年の「英雄」からはっきりと実現されたと思います。

現実世界では、これからの日本は経済的に大変なことが予想されるといいます。

政治がしっかり機能して欲しいと願っています。

失礼しました。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する