ジョージ・セル談話室


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

20世紀最大の指揮者の一人、ジョージ・セル。彼の音楽について語り合いましょう。
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色

ルイス・レーンの回想 孫弟子 投稿日: 2022年05月15日 08:36:36 No.46 【返信】

依然として発売延期でしょうか、
昔Ohioさんが訳してくださった「セル…断片的な回想」というのがあります、よろしければどうぞ。
https://ryouonjosui.web.fc2.com/partialmemoir.htm
tomari 投稿日: 2022年05月16日 19:18:42 No.47
孫弟子様、

貴重な文章、ありがとうございます。私は、ちょうど今朝、セルがなくなったかもしれないときに演奏されていたブーレーズのライブを職場に向かう途中聞いていました。その時の様子をロバートコランドが番組の中で話すと... 冒頭で話している番組です。

テンシュテットの指揮の何かを、セルのように、と書いていたので、試しにマーラーのセットを買って聴いています。とにかく、セルのことが出てくると、どうしても気になります。

失礼しました。
孫弟子 投稿日: 2022年05月16日 20:20:12 No.48
その部分泣かせますね、英文はどこかに仕舞ってあるので今比較はできませんが、きっとOhioさんの過不足の無い訳も良いのでしょう。
テンシュテットのマーラーは私もよく聞きます。ロンドン・フィルもよく頑張ってます。そういえば件の書で、セルがこのオーケストラの評価をしている部分がありますね、確かライブ録音が残されている「第9」を振ったときの事でしたか、直前か直後に同じオケでジュリーニ(だったか?)も同じ曲を録音していて比較対象になっていました。
孫弟子 投稿日: 2022年05月16日 20:42:51 No.49
セルのことが出てくると、どうしても気になるtomariさんに意地悪して悩ましいお話をしましょうか。

創元推理文庫に「死の変奏曲」というスパイ小説があります。作者はCBSの名プロデューサーだったポール・マイヤーズ。マーラー他の曲名満載で、しかも巻末の解説にはセルの名前が出てきます。でも、古いから(1989年)絶版かもしれませんね。悩ましくてすみません。もしこの本をお持ちだったらもっとすみません。


薔薇の騎士、ショートバージョン tomari 投稿日: 2022年04月26日 09:07:14 No.34 【返信】

おはようございます。

wclv の "The Cleveland Orchestra on The Radio" on demand up は、以前より時間がかかるようです。でも、水曜日には出してくれそうな気がしています。
 それまで 薔薇の騎士のlong version のアップを待つ間、以下のショートバージョンはいかがでしょうか?

https://www.wqxr.org/story/listen-carnegie-hall-opening-night-cleveland-orchestra-beethoven-strauss-nicolai/?tab=summary

2019-2020 の Carnegie Hall での Cleveland Orchestra Gala Concert です。最後が、表題の音楽です。その前のベートーベンの三重協奏曲など、大事な音源かもしれません。
 コロナがなければ、クリーブランドで、ルルの音楽を行うことを、メストが活き活きと語っています。

失礼しました。
孫弟子 投稿日: 2022年04月27日 11:41:26 No.35
tomari様 ありがとうございました。無事に収容しました、ウェルザーメストはロンドンフィルの時代にワルツの良い(しかし少し個性的な)録音がありましたが、クリーブランドでもよく演奏しているようですね、またこの2019年のコンサートの独奏チェロは翌年に亡くなったリン・ハーレルですね、楽しみです。

追伸、ウエストサイドストーリーも見つかりました
tomari 投稿日: 2022年04月28日 23:03:34 No.36
こんばんわ。

どうも、私の見込み違いだったような気がしてきました。今年度(2021年9月以降)に入ってからの On Demand program は、音声が欠落したり、左右チャンネルが反対だったり、抜けている週もあったり、.. と不安定さが感じられています。

On demand はアップされないかもしれません。

すいませんでした。
ぜん 投稿日: 2022年04月29日 00:03:25 No.37
こんばんは。

tomari様、ありがとうございました。
先ほどから聴いているのですが、私のPC環境では、演奏が途中で何度も止まってしまい、
その度にプレイボタンを押しているのですが、一旦止まってしまうと、プレイボタンを
押しても、ずっと読み込み中のような状態になってしまい、上手く通して聴くことが
出来ませんでした(聴く時間帯がアクセスの集中する悪い時間帯なのでしょうか)...。

結局通して聴けたのは、ニコライの「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲(中学生の頃、
大好きでよく聴きました。懐かしい!)だけでしたが、ニュアンスの細やかな
フレージングがよく流れて、最後もかなり追い込んでいて、とても楽しみました。
セル氏の頃とは印象が変わりましたが、今のクリーヴランド管弦楽団も、とても上手い
ですね。
ウェルザー=メスト氏との音楽の相性も、とても良いように感じました。

ベートーヴェンの三重協奏曲でのチェロのソリスト、リン・ハレル氏の名前を知ったのは、
確か、アシュケナージ氏がクリーヴランド管弦楽団を振って録音した、シュトラウスの
ドン・キホーテだったかと思いますが、セル氏の頃のクリーヴランド管弦楽団の主席
チェロ奏者だったのですよね?
セル氏を聴くようになって、つい最近知りました。
まだまだ知らないことがたくさんあります。

ご紹介頂いたカーネギーホールでのコンサート、もっと良い時間帯にチャレンジして
みたいと思います!
tomari 投稿日: 2022年05月01日 12:16:25 No.38
こんにちは

お知らせした音源が満足にお楽しめできないようで、申し訳ありません。いくつか情報です。

1. 薔薇の騎士と Walker のプログラムは、有料ですが、Adella という Cleveland Orchestra のビデオサービスで、6月末から公開されるようです。ただ、これでは ハイドンは聞けません。おそらくビデオ公開のの後は、いつかコンサート全体も全米FM 放送とあいまって再放送されるのかもしれません。
 今、8月なかばまで WCLV の放送予定がアップされていますが、土曜日の再放送はあるのですが、... です。商売の事情があるかもしれません。

2. カーネギーホールライブの音源は、確かに、ガードが固くて、ストレス無く聞けないかもしれません。これが普通なのかもしれません。適当な音源のダンウローダーをお使いいただくことも可能かもしれませんが、この部分に立ち入るのは掲示板の趣旨に反するように感じ、私はこれ以上触れません。

3. 8月なかばまでに WCLV の Cleveland Orchestra の放送予定は出ましたが、... 残念ながら、Szell の番組はありません。この2、3年のプログラムの再放送もなさそうなので、ロバートコランドの声すら聞けないのかもしれません。これは、個人的には寂しいです。

 せっかくのお休みでおくつろぎのところに、あまり良い情報がおとどけできず申し訳無いことです。が、今日の マイケルティルソントーマス、そして、明日の再放送も、きっとそのものは、セルはきっと空から喜んで見てくれていると思う演奏を彼らはしてくれているように、個人的は感じ、密かに聴き続けています。
失礼しました。


ぜん 投稿日: 2022年05月01日 22:21:39 No.39
tomari様、こんばんは。

どうぞ申し訳なく思わないでくださいませ。
私の聴く時間帯とPC環境が良くないのだと思います。
その後、何度かチャレンジしましたが、やはり止まり止まりになってしまい、ばらの騎士
だけでも、と、スライドバーで飛ばして、何とかばらの騎士は聴くことが出来ました。
柔らかなサウンドで演奏も洗練されていて、ぜひ全曲聴いてみたい!と思うような演奏
だと感じました。
ご紹介頂いて、ありがとうございました。

また、新たな情報もありがとうございます。
クリーヴランド管弦楽団のビデオサービスというのがあるのですね。
初めて知りました。
音声だけでも途切れてしまう私のPC環境では、映像はさらに難しいかも知れませんが、
追々チェックしてみたいと思います。

WCLVのクリーヴランド管弦楽団の8月までの放送予定は、拝見しました。
フルシャ氏の名前を久々に見ました。
クリーヴランド管弦楽団に客演するようになったのかと、感慨深い思いでした。
ティルソン・トーマス氏はチャイコフスキープログラムなのですね。
とても興味深いです。
でも、セル氏の過去のコンサートのライヴを放送してくれたら嬉しいですね。
個人的には、それが一番聴きたいと思っています。

今は、時間の許す限り、セル氏のボックスを聴き漁りながら、感動に浸っています。
セル氏とクリーヴランド管弦楽団は、本当に素晴らしいと、心底思う毎日です。
まだまだ聴けていないディスクがあるので、これからもとても楽しみです。

tomari様、いつも情報をくださってありがとうございます。
また、ありましたら、ぜひお教えくださいませ。


初めて聴いたセル氏の演奏 ぜん 投稿日: 2022年04月25日 00:02:36 No.33 【返信】

皆さま、こんばんは。

私が自分からクラシックを聴き始めたのは、小学4年か5年生くらいの頃だったと
思います。
学校での音楽鑑賞の授業などを除き、自分から最初に聴いた曲はベートーヴェンの
3番でした。
クラシックに詳しかった父のお勧めでした。
それから、ベートヴェンの交響曲を一通り聴き、その次にどの作曲家を聴いたのか、
今ではよく覚えていないのですが、色々と聴いていたその最初期の頃、チャイコフスキーの
三大バレエを聴き、その時にチャイコフスキーにも交響曲があると知りました。
それで、何故だか思い出せないのですが、最初に聴こうと思ったのが、5番でした。

先ほど、セル氏の106枚ボックスから、チャイコフスキーの5番を聴きました。
ボックスからディスクを取り出し、ジャケットを見て、あれ、何だか見覚えが
あるような気がする...と。

聴き始めると、出だしから、知っているのです。
そのテンポ感や音色、雰囲気。
その後も、この先からアッチェレランドが...とか、この後はルバートが...とか。

そうです、私が初めて聴いたチャイコフスキーの5番は、セル氏の演奏だったのです!
物凄い刷り込みというか、もう恐らく40年ぶりくらいに聴いたのですが、その演奏の
細かなところまで、もう本当によく覚えていました。
あまりに懐かしくて、ちょっと泣けてきました。

小学生の頃、最初に購入したチャイコフスキーの5番がセル氏の演奏だったということは、
全く覚えていませんでした。
というか、あの頃は、演奏者には全く興味がなく、ただ、曲を聴きたいという気持ち
しかなかったので...。

タワレコのサイトを見ていて、セル氏の106枚ボックスを知り、セル氏の演奏は聴いた
ことがないし、この際だから買ってみようか、と購入し、まずベートヴェンを
聴いて感動!
これは素晴らしいという思いと同時に、何故もっと前から聴いておかなかったのかと、
自らを恥じつつ、孫弟子様、tomari様がお勧めしてくださったディスクを聴き進め
つつ、今しがた、チャイコフスキーの5番を聴いて...私はクラシックを聴き始めた
最初期に、実はセル氏の演奏を聴いていたのだと、今更ながら知りました。

今、こうして40年ぶりに再会したセル氏のチャイコフスキーの5番の演奏は、私が
この作品を知る道しるべとなってくれたと同時に、その後、色々な指揮者の演奏を
聴いてきましたが、やはり、改めて最高の演奏だと心底思いました。
こうした再会があるんですね、感激です!


ストラヴィンスキー 孫弟子 投稿日: 2022年04月24日 18:47:31 No.31 【返信】

「セルは指揮(棒さばき)が上手なほうではなかった」と何度か読んだ気がします、チェロの副首席のマザーさんもそう書いていました。そして「自分が振りたくても振れない曲はアシスタントや信頼できる指揮者に任せていた」とも読んだことがあります。「春の祭典」の1969年のブーレーズとの完璧な録音はその証明でしょう(実際この演奏をスコアと照合しながら聴くと、ある部分でトランペットが1か所間違っているだけで、リズムも常に正しく流れていることに驚きます。こんなことは他では絶対にありません。)また理由は判りませんがペトルーシカも演奏していないようです。
「火の鳥」の全曲版と組曲での大きな違いは曲の数はもちろんですが、同じ曲では「カスチェイ」でトロンボーンにグリッサンドを追加した事、終曲の最後のほうでホルン全員によるグリッサンドを何度も追加したこと効果を上げています、セルがこの曲だけ録音を残したのは、指揮の技術面と効果面で納得していて好んで演奏したのでしょうね。

別件ですが、一昨年チャーリーさんの原書を読んだ方が少し教えてくれました。京都でセルが、世話になった日本人スタッフ達を芸者さん付きの料理で接待して、その高額の勘定に驚いたことと、それ以上に、自分には芸者頭(当然ご年配)がついたが、若い芸者さんにして欲しかったと語ったとか。
ぜん 投稿日: 2022年04月24日 20:06:31 No.32
孫弟子様、こんばんは。

セル氏の棒さばきですが、先日、youtubeでベートーヴェンの5番のセル氏の動画を
拝見しました。
私的にはセル氏の作品に対してのイマジネーションは、的確に伝わってくる見事な
さばきだと感じましたが、近現代の作品の、変拍子が多く、複雑なスコアを振る技術は
また別なのかもしれないですね。
ただ、シュトラウスやプロコフィエフの録音を聴く限り、振るのはかなり難しいと
思われる録音でも、セル氏の演奏の完璧さを聴くと、棒さばきは決して上手な方では
なかったとは思えませんでした。
オーケストラを捌く棒と、作品のイマジネーションを伝える棒は、また違うとも思ったり
もします。
ブーレーズ氏の春の祭典のディスクは、私も以前に聴きましたが、あれは本当に
素晴らしかったと思っています。
まぁ、春の祭典のディスクの話になると、必ずと言っていいほど話題に上がるディスク
ですから、多くの方々が評価されていると言っても過言ではないと思います。
最近発売されたブーレーズ氏のDGボックスも先に購入していて、春の祭典の、
クリーヴランド管弦楽団との再録も、久々に聴きなおしましたが、やはり、ソニーと
録った旧録のディスクの鮮烈さは、新録があっても、未だ格別だと思います。

そして、セル氏はペトルーシュカは演奏していないようだとのことで、残念です。
もちろん、春の祭典もセル氏の演奏を聴きたかったですが、今は火の鳥だけでも録音
してくれたことに感謝するべきでしょうか。

また、セル氏の京都でのエピソード、楽しく読ませて頂きました。
伝記が来月発売されたら、もっと楽しいエピソードを、たくさん読むことが出来る
でしょうか。
楽しみに待ちたいと思います。


セル氏とラトル氏の火の鳥 ぜん 投稿日: 2022年04月24日 00:54:10 No.30 【返信】

皆さま、こんばんは。

先日、予約していたラトル氏とロンドン交響楽団のストラヴィンスキーの3大バレエ
音楽のディスクが届きまして、セル氏のディスク同様、今日まで仕事で聴けずにいた
のですが、ようやく休みがきたので、聴いてみることにしました。
ラトル氏のディスクを聴く前に、まず、セル氏のボックスから火の鳥を聴きました。
セル氏のストラヴィンスキーの録音は、火の鳥しかないのですね。
知りませんでした。
ペトルーシュカや春の祭典は、演奏はしたことはあるのでしょうか。
私は決してストラヴィンスキーの良い聴き手ではありませんが、セル氏の火の鳥の
録音を聴いて、その完璧さに心底感激しました。
ことカスチェイのスピード感と、それに完璧に食らいついていくクリーヴランド
管弦楽団の技量には、唖然として言葉が出ませんでした。
その後、ラトル氏のディスクを聴いたのですが、素晴らしい演奏だと思いましたが、
セル氏の演奏が凄すぎて、正直物足りなさを感じました。
ラトル氏のディスクは、3大バレエ音楽を1日で演奏したライブ録音だそうで、
オーケストラのペース配分を感じます(恐らく火の鳥が1曲目だったのではないかと
思いました)。
また、ラトル氏の火の鳥は全曲、一方、セル氏のは組曲版であり、さらにスタジオ
録音ですから、そもそも比較対象にはならないかと思いますが、それにしても、
イマジネーションのレベルの差を感じずにはいられませんでした。
セル氏は、本当に凄いです。
ちなみに、ラトル氏のディスクで一番印象的だったのは、私的にはペトルーシュカ
でした。
このリズムと声部のバランスの処理は、本当に見事だと思いました。
でも、セル氏がクリーヴランド管弦楽団ともしペトルーシュカを録音してくれて
いたとしたら、きっと言葉にならない程の演奏が聴けたのではないかと思います。
もし演奏したことがあったとしたら、ぜひ聴いてみたかったです。

別件で、tomari様が書いてくださった情報、どうもありがとうございました。
ウェルザー=メスト氏とクリーヴランド管弦楽団の演奏が聴けるのですね。
月曜の早朝はさすがに仕事があって無理ですが、オンデマンドでぜひ聴いてみたい
です。
今のクリーヴランド管弦楽団にも、とても興味を持ち始めました。
楽しみにしたいと思います。

今回の私の拙い感想の駄文、大変失礼いたしました。


wclv 情報 ちょっとだけ Szell も tomari 投稿日: 2022年04月22日 22:41:36 No.24 【返信】

あいも変わらず WCLV の情報で恐縮ですが、

今夜の Lunchtime with the Clevelanad Orchestra では、Szell の音源が放送されるようです。

Friday, April 22 (日本時間、今日の深夜 1:00 am -)
George Szell, conductor
BERLIOZ: The Damnation of Faust: Suite
DVORÁK: Symphony No. 7

Berlioz の音源はおなじみとは思いますが、自主制作盤のものでしょう。Dvorak は、きっと Sony の音源でしょうね。続いて、Szell は出てきませんが、

Saturday 4/23/22 8:00 PM (日本時間、日曜日朝 9:00-)
Ton Koopman, conductor; Steven Isserlis, cello
C. P. E. Bach: Sinfonia No. 4 in D
C. P. E. Bach: Cello Concerto in A
C. P. E. Bach: Sinfonia No. 1 in G
Joseph Haydn: Symphony No. 98

2011年5月7日のライブだと思います。CPE Bach の演奏のドライブ感は相当のレベルだとおもいます。ハイドンも、セルの感じとは違いますが、良い演奏だったように感じています。

Sunday 4/24/22 4:00 PM (日本時間、月曜早朝 5:00am-, ですが、オンデマンドで聴けるはずです。)
Franz Welser-Möst, conductor; Latonia Moore, soprano
Joseph Haydn: Symphony No. 70 in D (Cleveland Orchestra premiere)
George Walker: Lilacs
Richard Strauss: Suite in Three Parts from ‘Der Rosenkavalier’

つい最近、2022年3月5日のライブです。 Haydn の終わり方で、聴衆があっけにとられている雰囲気がつたわります。バラの騎士の音楽は、メストの45分 version です。このライブが初公開のようです。On demand は 320 bps ですので、私はそちらに期待しています。 url は、たとえば、

https://www.ideastream.org/wclv/cleveland-orchestra-broadcasts

失礼しました。
孫弟子 投稿日: 2022年04月23日 03:04:10 No.25
tomariさん
ハイドンの70番はたしか終楽章でチューニング風景をハイドンがスコアに書いている楽しい作品でしたね。是非聴きたいのですが、このラジオ放送のことはシロウトで良く判らなくて。。どこにリンクがあるのでしょうか?
tomari 投稿日: 2022年04月23日 09:38:07 No.27
孫弟子様、

おはようございます。 当方の wclv の聞き方、そして、音源のセーブの件をお知らせします。

1. まず、一番、「一般的な推奨されている」聞き方ですが、wclv の top page
https://wclv.ideastream.org/
にアクセスしますと、ブラウザー画面の上下に、視聴用のボタンが出てきます。

2. 配信されている mp3 のリンク先が公開されています。これに直接アクセスすると、ブラウザーがこれ専用に再生します。このまま聞いても良いし、「save」をしますと、パソコンにセーブを始めます。消えないように、適当に copy しておけば、番組の保存ができます。
 そのリンク先は、
https://ideastream.streamguys1.com/wclv.mp3
です。
 「公開」とは申しましたが、わかりやすく埋め込まれているという程度かもしれません。要注意です。(以前は、はっきりリンク先が公開されているページもあったように記憶しています。「聞き方」のページがありました。)

3. On Demand の音源は、それぞれ専用のページがあります。

The Cleveland Orchestra On The Radio
https://www.ideastream.org/topics/the-cleveland-orchestra-on-the-radio

Lunchtime with the Cleveland Orchestra
https://www.ideastream.org/topics/lunchtime-with-the-cleveland-orchestra

番組のボタンをおしていただくと、再生ボタンが見えます。こちらも、html のソースファイルを開いてみると、 mp3 file の直接のリンク先が見えます。

こんなところで、なんとか聞けますでしょうか?

ハイドンの70 ですが、面白い曲の終わり方だな、と思いましたが、そんな話があったんですね。
ありがとうございます。

失礼しました。


tomari 投稿日: 2022年04月23日 09:49:40 No.28
たびたび失礼します。追記です。

wclv にアクセスした図が先の記載にありましたが、その一番左上のボタンを押しますと、またメニューがあります。wclv の部分をおしますと、聞き方のページがありました。

https://www.ideastream.org/live/wclv

です。そこには、mp3 の直接のリンクもまだ書かれていました。決して隠しリンクではなく、どうぞ、正直な気持ちでご利用ください、という感じなのでしょう。アメリカ的な気持ちがします。
 donation の文字はでますが、すべて free で聞けます。余裕のある方、あるいは、寄付をしたい方へのメッセージです。
孫弟子 投稿日: 2022年04月23日 13:21:25 No.29
お教えくださってありがとうございます。エーリンクのシベリウスやアシュケナージのシューマンや誰かのコダーイをダウンロードした時とは画面が変わっているような感じで、戸惑いました。
お書きいただいたハイドン70や薔薇の騎士組曲やウェストサイドストーリーなどのオンデマンド開始日などは、毎日確かめないと判らないのでしょうね。

それと、一番下に一度書いたのですが、この談話室は実験中かと思いますのでご意見を伺いたいのですが管理人さんの設定で、「返信なし」にすると新記事が一番上に出てきて判りやすいと思うのですがどう思われますか?


生誕の地 ポストホルン 投稿日: 2022年04月20日 12:24:30 No.23 【返信】

件の伝記(原書)に記載されているブダペストSzell生誕の地を探して見ました。
4階建てのアパートという記載にも一致するので、当時の建物ではないかと。訪れてみたいものですね。
Nádor u. 34
https://maps.app.goo.gl/23kcxMbR1G4Vjyqh9


1 | 2 | 3 | >>


Powered by Rara掲示板
管理者に連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する