Jet-Foto掲示板


最大ピクセルサイズ 2560 X 1440  1画像当たりのファイルサイズ 5MBまで   投稿の際は著作権への配慮をお願いします
| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
訪問者カウンター 本日 45 昨日 136 累積訪問数 9877
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

アルペンスキーワールドカップ富良野大会 Jet 投稿日: 2021年02月03日 14:34:22 No.194 【Home】 【返信】

1975年2月26日,富良野で日本初のアルペンスキーワールドカップが開催されました。
北海道新聞社の取材補助スタッフをしていました。4枚目の写真は回転で優勝したRegina Sacklです。


時澤カメレオン 投稿日: 2021年02月03日 20:22:08 No.196
以前、ライカ広場にご投稿された数葉は、札幌五輪のものでしたか?

 出版物などで見ると、札幌五輪の頃はまだ素朴なヤッケに正ちゃん帽みたいな選手が多いのですが、'80年代になるとウンとカッコよくなりますね。
 この'75年の中にも、ダウンジャケットの走りのようなものが見えます。ただのキルティングかもしれませんが…
Jet 投稿日: 2021年02月04日 08:47:37 No.198 【Home】
時澤カメレオンさん,コメントありがとうございます。
札幌オリンピック関係の写真を投稿したことがありますが,オリンピックの時に撮影したフィルムは社に戻るとすぐに取材メモを付けて写真部(私の所属は運動部)へ引き渡していましたので,私の手許にはごくわずかしか残っていません。道新のアーカイブには残っていると思います。何枚かは実際に紙面に使われました。

ウインタースポーツ用品やスキー用具の発達は今も続いているでしょうね。なにせ,まだスケートボードも無かった時代ですから。


爽健美茶 投稿日: 2021年02月04日 20:30:04 No.202
Jetさん こんばんは。

富良野でアルペンスキーワールドカップ良く覚えています、直接見てはいないのですが職場で富良野市の職場の皆 非常態勢で仕事されていました・・・
まさか富良野にワールドカップが来るなんて信じられないことでした、写真の二人 白い恋人たちという感じです。
3397 投稿日: 2021年02月07日 13:31:13 No.220
東月寒に住んでいたことがあります。
近くに傾斜地がありスキーの練習ができました


Jet 投稿日: 2021年02月07日 15:42:30 No.222
3397さん,古い写真の投稿ありがとうございます。

ミニジャンプ台でも作っていたのでしょうか。撮影タイミングはバッチリですね。
3397 投稿日: 2021年02月07日 16:22:09 No.223
Jetさん、コメントありがとうございます。
この写真は、父がNikon S2で撮ってくれました。
Jet 投稿日: 2021年02月07日 19:26:42 No.224
Nikon S2ですか。お父様の代から高級カメラを使われて写真を撮られていたんですね。
3397さんが写真上手なのも,ごもっともと思います。
時澤カメレオンv 投稿日: 2021年02月08日 00:40:28 No.227
3397さんのお顔、見たかったナァ^^

初期南極探検隊・西堀栄三郎隊長が現地で活動中の写真の中に、ニコンS2と思しきカメラを使っているものがありました。
LIFE誌のカメラマンが、そのレンズの描写力だけでなく、朝鮮戦争厳冬期の撮影でも唯一動いたというようなことから名声を得たニコンですから、当時のカメラとしては図抜けて寒さに強かったのでしょうね。

やがて戦前からの船である『宗谷』ではもはや心もとないということで、新造砕氷船の計画が持ち上がり(のちの『ふじ』)、中曽根康弘さんがアメリカの南極観測艦に乗り込んで実際に南極へ行ったりしますが、そのときの写真集の中で、中曽根さんは「南極へはキャノンとペンを持って行った」と書いてられました(笑)

〔追記〕
引っ張り出してみたら、「私はキャノンとオリンパスペン2個と、8ミリのセコニックを携帯した。寒気が厳しいので、キャノンは油を抜いて行った。ペンは懐中に暖めておいて…」と南極での露出のことやフィルターのことを一しきり書いてあります。中曽根さん、カメラ好きだったんだ…
(画像はネット古書サイトから借り物) 





冬の小川 T.M.@横浜 投稿日: 2021年02月07日 13:59:25 No.221 【返信】

雪はありません。

Jet 投稿日: 2021年02月07日 19:28:44 No.225
T.M.@横浜さん,投稿ありがとうございます。

水のある風景は心が和みます。
関東南部の雪の本番は3月から4月上旬ですから,強めの南岸低気圧が通ると何度か雪に見舞われるでしょうね。



花の季節はまだ… Hatena-no-Tyawann 投稿日: 2021年02月05日 22:06:42 No.214 【Home】 【返信】

100日後には緑色になっています(/^^)/

iPhoneでごめんなさいm(__)m


Jet 投稿日: 2021年02月06日 09:53:08 No.218
Hatena-no-Tyawannさん,投稿ありがとうございます。

厳しい冬はあとしばらく続きますね。でも,そろそろ春に向けて光が降り注ぐ季節です。
100日後が楽しみです。運が良ければ私も行けると思います。
Hatena-no-Tyawann 投稿日: 2021年02月07日 07:19:29 No.219 【Home】
Jetさん おはようございます

>100日後・・・
東北自動車道を一気に北上してきてください。高速道路での燃費が楽しみです♪ 北海道に入ったら 高速道路 あまり必要ない気もします。 一日で走る高速料金で夫婦で東横インにとまって近くの居酒屋でご飯食べるお金を賄ってもおつりが来ることわかりました。景色ものんびり走った方が良い鴨? 寄り道もしやすそうです。

DEMO 清本 全然行けていません・・・ 心配・・・(xx)



北海道古平町の海岸 Jet 投稿日: 2021年02月04日 09:13:29 No.201 【Home】 【返信】

毎日この風景を見て育ちました。この日は大人しく凪ぎています。

1973年10月23日撮影。Pentax SP,50mm F1.4.


爽健美茶 投稿日: 2021年02月04日 20:34:24 No.203
Jetさん こんばんは。

積丹の海は本当に綺麗な海でした 積丹ブル-でしたか?
ロ-ソク岩 
最近の積丹半島 ぶりが釣れると旭川からも釣り人が沢山行かれています。
時澤カメレオン 投稿日: 2021年02月05日 02:04:35 No.206
札幌から小樽に列車で行くと、“銭函”だったか、そんな地名のこの風景にそっくりの場所がありました。
 車内から写真撮っているはずですが、フィルムを引っ張り出すのはちょっと躊躇します…
Jet 投稿日: 2021年02月05日 09:08:58 No.207 【Home】
爽健美茶さん,コメントありがとうございます。
この辺は,小樽や札幌から釣りに訪れる人も多いですね。

時澤カメレオンさん,もし昔の写真が引っ張り出せたら是非投稿をお願いします。


“銭函”という名称は 時澤カメレオンv 投稿日: 2021年02月05日 22:56:29 No.215
おそらくサザエやアワビが山ほど獲れる根があったのだろうと思います。

 房総沖にも明治時代、アワビだらけの鮑礁が山脈のように連なる新漁場が見つかり、当時最新の潜水漁法で獲り始めたので“器械根”と呼ばれました。
 やがて大正、昭和と複数の水産会社、地元漁民らを巻き込んだ漁業権をめぐる大抗争が起こります。
 権利合戦のおかげかどうか、乱獲は免れたようで、現在でも好漁場のようです。
 あゝ、久しぶりに銚子に行って海鮮料理が食べたいナァ…^q^
3397 投稿日: 2021年02月06日 07:07:21 No.216
明治から大正にかけて、銭函を含めた海岸ではニシンが沢山捕れました。
春先の漁は「一起こし千両」といわれ、その漁だけで一年間の生活が
できました。
Jet 投稿日: 2021年02月06日 08:58:33 No.217 【Home】
時澤カメレオンさん,3397さん,コメントありがとうございます。

北海道の沿岸は地域によってアワビやウニだったり昆布だったり水産物の特徴がありますが,始めは3397さんが書かれているようにニシン漁で栄えました。
近年ニシン漁が復活する気配があるようですが,現在増えているニシンは沿岸から離れないで生活する型のようです。
昔のニシンのように外洋に出ることがないので,身が締まっていません。塩焼きにしても食感が柔らかくて,昔の美味しさがありません。





立春を過ぎて 3397 投稿日: 2021年02月05日 15:23:11 No.210 【返信】

散歩の帰りに、いつもと違う道を通ったら
梅が咲いていたので、自宅に帰って
カメラを持ち出しました。


3397 投稿日: 2021年02月05日 15:24:42 No.211
メジロが、やって来ました。

Jet 投稿日: 2021年02月05日 16:25:09 No.212 【Home】
3397さん,投稿ありがとうございます。

梅の花のクローズアップはマイクロレンズでしょうか。
梅にメジロもいい絵になりますね。メジロの立体感が素晴らしいと思います。
3397 投稿日: 2021年02月05日 16:51:42 No.213
Jetさん、コメントありがとうございます。
レンズは、どちらも
AF-S DX NIKKOR 55-200/4-5.6G ED VR II です。

どちらもクロップ(4800x3200)で撮りました。



石狩海岸 Jet 投稿日: 2021年02月05日 09:41:31 No.209 【Home】 【返信】

1972年11月撮影。このころは荒涼とした砂浜が広がっていました。
現在は大きな沿海工業地帯になっています。





フジノン比較 時澤カメレオン 投稿日: 2021年02月03日 20:13:44 No.195 【返信】

 過去の同じようなショットを探して、<jpg 撮って出しリサイズのみ>で比較してみす。
 Yさんのとこに書いたほどの差異はないのですが、単層コートは決して旧技術というワケではなく、考え方なのだと思います。事実、ST-701登場時の交換レンズ群は“すべて色調を合わせた”というコンセプトが表明されていました。

まず最初は、
(上)Fujinon 55/1.8(単層コート)
(下)EBC Fujinon 55/1.8(多層コート)


Jet 投稿日: 2021年02月04日 08:49:55 No.199 【Home】
時澤カメレオンさん,投稿ありがとうございます。

確かに,単層コーティングだからといって違和感はありません。というより,違いがよく分かりません。
次の投稿に期待しています。
時澤カメレオン 投稿日: 2021年02月05日 01:50:03 No.205
2つ目の画像も同じです。
(上)Fujinon 55/1.8(単層コート)
(下)EBC Fujinon 55/1.8(多層コート)

 似たような画像ということではなく、同じような光の状態のものを探しているのですが、やっぱ同じ日の同じタイミングで撮影するくらいの厳密さがなければ比較にはなりませぬね^^;
 それでもやっぱ、単層コートのほうが“瑞々しく”空気感を出しているような気がしませんか?

 ※このスレはある程度の長さまで下に伸ばしていきますね。


Jet 投稿日: 2021年02月05日 09:11:25 No.208 【Home】
時澤カメレオンさん,追加投稿ありがとうございます。
わずかな違いを見るためにはやはり,被写体と撮影時間を同じにしないと難しいですね。
繰り返しますが,単層コーティングの写真も全く違和感がありません。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る