9002800



| 新規スレッド作成 | スレッド一覧 | ワード検索 | アルバム | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

- 新着スレッド -
1、【900系】阪急電鉄旧型車両スレ6【2800系】別室Part2-3(464) / 2、無題(1)


【900系】阪急電鉄旧型車両スレ6【2800系】別室Part2-3

[1] 名前:板主 投稿日:2015/07/25 13:20 No.1
[ 削除 ]
旧板はこちらです。
http://freebbs.biz/yy2ch/yy2ch.cgi?id=9002800

引き続きお願いします。

[455] 投稿者:名無し 投稿日:2018/08/11 09:35 No.471
[ 削除 ]
>>454
なつかしいですね。
2852号の運行標識板、安定感があり妙味です。
となりに7320Fの下り急行が入ってきますが、
7300が先頭の8連基本編成という時期は
ほとんどなかったのでしたかね。

[456] 投稿者:板主 投稿日:2018/08/12 07:23 No.472
[ 削除 ]
7300Fは1982年に6両で登場して、次の年くらいには8両になりましたね。
1985年に10両編成に対応するために、7300〜7302は密連を持つ7320〜7322に
すげ替えられたので、7300を先頭とする8連はせいぜい2年くらいだったのではないでしょうか?

小窓の上にあるHマークやかつての急行幕(と言っても2代目ですが)が懐かしいですね。
自分は6300系が稀に急行で走る時に、初代の急行幕(白地に赤)を見ています。
神宝線では散々見ていますけど、京都線では6300系だけです。

2800系は「7300系8両編成の登場」で順次、7連化され普通専用になりました。
映像の車内はまだそんなに色あせていませんが、乗客の頭の影に当たる部分だけが
日焼けが少ないのが、この段階でも分かります。後年の2305、2307、2311とかは
猛烈に日焼けしていましたからね。

優先座席のシールやプラスチックの板なども今見られる様式とは違いますね。

[457] 投稿者:板主 投稿日:2018/08/12 07:38 No.473
[ 削除 ]
6300系は途中の停車駅が、十三、(高槻市)、大宮、烏丸だった時代にはほとんど
乗ったことがなく、停車駅が増加してから乗る機会が増えました。元々の停車駅では
乗ろうと思っても乗れませんw。梅田から帰ってくるのに十三まで乗ったこともあります。

2800系も乗る対象としては普通電車になってからが一番馴染んでいます。
8両の急行で走っていたのが、あれよあれよという間に3+4の7連に改組され、
自分も乗れる形式になりました。

すでに2812Fから外れていた2882はこの映像の時は5230編成あたりに入っており、
1990年2月に廃車。残る7両は本線・千里線用としては最も遅くまで残り95年の正月運用
あたりを最後に離脱、1月14日土曜日に正雀で撮影会をしたものの17日火曜日の地震で
2842が一時的に今津線の車両として再登板し秋まで活躍、2802-2862も転落防止装置の
試験車や新塗装の実験台として廃車後も2001年頃まで残った次第です。時々構内を行き来してました。

[458] 投稿者:名無し 投稿日:2018/08/13 09:24 No.474
[ 削除 ]
2812Fについて 少し古めのメモです。

'78.1.20金 特(京5)まで2扉クロスシート
      この時点で他に2800系2扉クロスは2814Fのみ
      6300系は6356Fが同1.25水より確認
'78.6.17土 急(代7)より3扉ロングシート化
'83.2. 1火 急(京7)まで   〃
'83.2.19土 梅北(2)より7連化

いずれも私的記録ですので、日にちは少々前後
するかもしれません。

[459] 投稿者:板主 投稿日:2018/08/13 17:51 No.475
[ 削除 ]
大変ありがとうございます。2812Fは金属バネだけで構成された編成では最後まで
2ドア特急運用に入っていたのですね。3ドア急行として走ったのは5年にも満たなかったようで。。。

2814Fの2844、2894以外に採用されたシンドラ形空気バネ台車も良い想い出です。

金属バネ台車は継ぎ目の上を通るとガシャガシャと音がするのですが(特に踏切のレール脇の
アスファルトの上に台車が乗り上げると大音響がする場合も)、2814は上記2両以外は静かに
通過していました。

2800系はなぜか被写体になっている編成は2816Fがやたらと多い気がします。
惜別列車の中では淡路の転轍機の上を走る2ドアの2816Fのラガールカードを購入しました。

[460] 投稿者:板主 投稿日:2018/08/14 08:45 No.476
[ 削除 ]
あと自分は写真でしか見ていないと思うのですが、
昔は先頭車の渡り板が上がった状態で走る車両もいたようですね。

2300系の場合は渡り板の下面にも車番が書いてあり、板を上げるとドア中央の車番とともに
正面に2ヶ所車番が掲示された状態となっているのを写真で見ています。他形式でも渡り板の
下面に車番が書かれているパターンはあったのでしょうか。

[461] 投稿者:名無し 投稿日:2018/08/14 17:44 No.477
[ 削除 ]
確かにそう思います。
宝塚線ではほとんど渡り板を上げる状態は
見られませんでしたが、十三に出てきて
京都線車両を見ると、2300系などが
渡り板を上げていて奇妙に思ったものです。

[462] 投稿者:名無し 投稿日:2018/08/14 19:35 No.478
[ 削除 ]
>>458

'78.6~'83.2 の間に一度だけ
'80.5.20火に、3扉ロングシートの
2812Fが特急をしたのをメモっています。
他の3扉ロングの2800系特急担当も時折
メモっているのですが、2812Fはどうも
この日だけの記録でした。

当日は、6350~6357の8編成のうち、
6351F 6355F が不使用、6355Fは定期検査
だったと思われます。
当日前後の急行用編成は、
2811 2812 2813 2814 2815 2816 2817
5304 5313 5315 5317 5319 5321 で、
5300系を抑えての特急担当でした。

[463] 投稿者:板主 投稿日:2018/08/15 23:02 No.479
[ 削除 ]
>>461
自分も増結用車は別とすると、神宝線で渡り板が上がった状態で
走る車両は見たことがないと思います。

>>462
貴重なお話をありがとうございます。
6330が出来る頃までは、2800系や5300系が代走(?)しているのを見ることが
少なからずあったように思います。通勤特急で走る両系も見ています。

それ以降の時代は、特定のスジの特急がロングシート車で走るのは別にすると、
ほぼ見なくなったと思います。1989年の8月下旬に7324が、9月中旬に5315が特急で
走っていたのは未だに記憶しております。

5308は検査か何かだったのでしょうか?

[464] 投稿者:名無し 投稿日:2018/08/16 15:58 No.480
[ 削除 ]
5308Fは、'79.2.18日まで8連(急行)、編成はおそらく
5308-5858-5868-5408+5309-5859-5869-5409
だったと思われます。しかし、
同2.27火に7連化(抜いた車両は不明)して梅北担当になり、
>>462 の'80.5.20時点では、そのままだったと思われます。

'79初頭のこの時期、8連だった5306F 5311Fも6,7連化されています。
その代わりに5317F 5319Fが8連で急行用に入っています。

5308Fについては、'81.6.27に新編成
5308-5408+5309-5809-5859-5869-5909-5409
5809 5909 は新造
で8連化して急行担当に復活しています。
これが現在の編成でしょうかね。

名前: E-mail:


削除キー:
全部読む  リロード  板トップ 

無題

[1] 名前:名無し 投稿日:2018/02/20 08:50 No.156
[ 削除 ]
スレチですが、
京都市交・近鉄の乗り入れでも、
地下鉄線内において、
南行(奈良方面行)は「急行」表示、
北行(国際会館行)は竹田到着直前に
普通表示に変えています。

名前: E-mail:


削除キー:
全部読む  リロード  板トップ 

- 新規スレッド作成 -
お名前
E-Mail
タイトル  
コメント
画像添付
削除キー


- Powered by Rara掲示板 -
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -