66.7‰ | 伝言板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

66.7‰の掲示板です。
画像は3MBまでのものなら添付することができます。

今日 20
昨日 117
合計 56793
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
アイコン [イメージ参照]
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

ブログ いちぽん 投稿日: 2014年01月05日 09:41:33 No.130 【返信】

ブログってどこのサーバーを使用されているんですか?

Re: ブログ 貫通扉 投稿日: 2014年01月07日 01:29:01 No.132
管理者用いちぽんさん、こんばんは。

このような物の申し上げ方で申し訳ないのですが、私は、いわゆるブログの類のものは持っていません。
以前(6年くらい前まで?)はたしかに、日々の出来事を日記形式で雑多に綴る、いわゆるブログというものをしていましたが、それは既に閉鎖していて、現在はブログはしていません。

下の方の書き込みで、JANEさんが「去年1年間、ブログを~」とおっしゃっていますが、恐らく、彼女は66.7‰のサイト自体、あるいはその中にあるDISCOVER どこかのことを、誤ってブログと呼称されてしまっているのではないでしょうか・・・。

なお、66.7‰のサーバーは、GMOデジロック社のxrea.comを使用しています。



返信 いちぽん 投稿日: 2014年01月04日 21:45:00 No.129 【返信】

Q秋田~仙台は新幹線のグリーン車で移動されたとのことですが、あけぼの号のシングルデラックスにご乗車されていたため、無料でグリーン車に振り替えてもらえたんですか?
A 払い戻しをしてもらい、えきねっとで東北新幹線(新青森~盛岡)を予約して、
品川駅で受け取っていたのでそれを乗車変更をして、こまち(E3)のグリーンになりました。
ちなみに払い戻しがあったので出費は5000円程度でしたが
Q 今回のご旅行の最終的な目的地は仙台だったんですか?
A 東北2泊3日旅で2日目でした。
  その日の目的地は新白河のビジネスホテルルートインです。


Re: 返信 貫通扉 投稿日: 2014年01月07日 01:16:02 No.131
管理者用こんばんは、ご回答ありがとうございます。

あけぼの号が近々なくなる列車として注目されていますが、そういえば、こまち号のE3系も、E6系による置き換えの完了が近いんですよね。
そういう意味では、こまち号のグリーン車に乗ることができたのは、(あけぼの号の遅延によるものとはいえ)良いことだったと言えるかもしれませんね。

冬の東北、特に北東北への旅行では、荒天という難敵が待ち構えていますから、やはりなかなか思うようにはいきませんよね。



1月1日上野発あけぼの号 いちぽん 投稿日: 2014年01月04日 09:52:17 No.126 【返信】

新年あけましておめでとうございます。
元旦に上野発のあけぼの号は羽越線の遊佐駅で長時間抑止を喰らい、青森到着が5時間遅れだったそうです。
ちなみに私は遊佐から代行バスで秋田へ行き、秋田から新幹線グリーンで仙台までいきました。
でも、秋田でまた乗車すれば良かったなあと後悔しています。
(^O^)/


Re: 1月1日上野発あけぼの号 貫通扉 投稿日: 2014年01月04日 17:45:19 No.128
管理者用こんばんは。あけましておめでとうございます。

冬季のあけぼの号ほど”読めない”列車もなかなかないと思いますが、やはり、元日発のあけぼの号も抑止や大幅な遅延がありましたか・・・。
私は昨年に、11月12日発の下りあけぼの号に乗りましたが、そのときも、雪による倒木のために、大館から先はバスによる代行輸送になってしまいました。
もっとも、我々はまだましなほうで、あけぼの号は、冬季は運休になることも珍しくないんですよね。

私が大館から代行バスに乗ったときは、「運転再開はいつになるか分からない、場合によっては編成を秋田に返して秋田発の上りあけぼの号にする」と車掌氏がおっしゃっていましたが、代行バスで青森に着いた後、大幅な遅れがありながらも青森にやってきた下りあけぼの号を見て、私も「バスに乗り換えないでそのまま乗っておけば良かったな」と後悔しました。

ところで、今回のご旅行の最終的な目的地は仙台だったんですか?
また、秋田~仙台は新幹線のグリーン車で移動されたとのことですが、あけぼの号のシングルデラックスにご乗車されていたため、無料でグリーン車に振り替えてもらえたんですか?





あけましておめでとうございます JANE 投稿日: 2014年01月02日 09:20:07 No.124 【返信】

いつも更新おつかれさまです。去年1年間、ブログを楽しませてもらいました。おかげさまで、少しずつてつこ化している私です(^▽^;)
夜行列車といえば冬、冬といえば夜行列車のイメージがあるのですが、今冬はどんな夜行列車の旅を計画されているのでしょう。楽しみです(^ー^)ノ


Re: あけましておめでとうございます 貫通扉 投稿日: 2014年01月02日 18:12:00 No.125
管理者用私のサイト(の特に旅行記)をご覧になることで、「旅を好きになる人が増えれば良いなあ」とは常々思っていましたが、鉄道までもを好きになっていただけると、私としては更に嬉しく思います。

今冬もひとつ旅行を計画していますが、その旅行として、北斗星号を利用した北海道の旅、というものを実行しようと思っています。
もちろん、旅が終われば、そのときのことを旅行記としてまとめ、DISCOVER どこかで公開します。ご期待いただければ幸いです。





あけましておめでとうございます。 貫通扉 投稿日: 2014年01月01日 19:57:00 No.123 【返信】

管理者用皆さん、あけましておめでとうございます。
今年も66.7‰をよろしくお願いいたします。

今年のサイト運営方針としては、ご好評をいただいている旅行記(DISCOVER どこか)と、夜行列車の姿を記録する夜汽車の残像の充実を中心に進めていく、ということを考えています。
夜行列車に関しては、いよいよその全廃が見えてきたところでもありますから、私としても、今以上に積極的に記録していかなければ、と思っています。





ありがとうございました 貫通扉 投稿日: 2013年12月31日 00:20:28 No.122 【返信】

管理者用2010年10月11日に誕生した66.7‰にとっては、2013年という年は、開設4年目にあたる年でした。

66.7‰には、「大宮鉄道館」という、その前身にあたるサイトがありました。その開設は、(記憶が合っていれば)2005年11月のことです。開設当初は「鉄道フォトページ」という名前で、当時の私は小学4年生でした。
早いもので、それから8年以上の年月が経過しました。「サイトの管理人」としての生活は、もう9年目になります。
「自分のウェブサイトを持ってみたい」という、ただそれだけの思いで始めたウェブサイト運営ですが、「我ながら、よくここまで続けてこられたなあ」という感があります。

来年、2014年という年は、66.7‰にとっては5年目にあたる年です。また、私にとっては、「サイトの管理人」としての生活の10年目にあたる年です。どちらにおいても、ひとつの節目の年になります。

この66.7‰が、決して有名な大人気のサイトではないということは、私自身もよく認識しています。それでも、ここ最近増えつつある、皆さんからの掲示板への書き込みを見て、「多い少ないは別にして、ここを訪れている人はたしかにいるんだ」という事実を改めて認識することができました。その事実は、私のサイト運営のやる気の源になっています。

そんなやる気を”動力源”として、2014年も、皆さんが楽しめるコンテンツを提供していけるように努めていきたいと思っています。
本年も大変お世話になりました。2014年も、66.7‰をどうぞよろしくお願いいたします。





はじめまして kai 投稿日: 2013年12月15日 11:38:51 No.114 【返信】

はじめまして。
kaiと申します。

数週間前にこのサイトを見つけてから、毎日のように見ています。
DISCOVERどこかは、きれいな写真と丁寧な文章、見ていて旅に出たくなります(笑)
お忙しいとは思いますが、更新楽しみにしております。


Re: はじめまして 貫通扉 投稿日: 2013年12月15日 18:56:02 No.115
管理者用はじめまして、こんばんは。66.7‰へようこそ。<br>毎日のように見ている、とのお言葉をいただけて、大変光栄に思います。<br><br>DISCOVER どこかは私としても、ある程度の誇りと自信を持っている、この66.7‰を代表するコンテンツの1つであると思っています。<br>写真はピント、傾き、角度、全体的な構図など様々な点において、最も優れた仕上がりになるものを追求し(例えば、駅舎や車両を撮るときは、「やや左に傾き気味」「ほぼ水平」「やや右に傾き気味」など、複数のパターンで撮影します。後からパソコンでそれぞれを比較し、最も優れていると思うものを採用します)、少しでも質の良い写真をご覧いただけるように努めています。<br>また文章は、その場の臨場感や空気感、雰囲気を、ご覧になっている方々に少しでもよく伝わるようにすることを考えて書いています。もっとも、それゆえ文章量がかなり多いので、「かえって読みにくいのではないか」と思うこともあるんですが・・・。<br><br>忙しく、時間があまりないことはたしかですが、皆さまのご期待に沿えるよう、今後も頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。
Re: はじめまして kai 投稿日: 2013年12月20日 16:39:34 No.116
お返事ありがとうございます。

私もこのサイトを見て、この冬旅に出ようと考えております。

さて、サイト内の記述を見る限り、貫通扉さんは学生さんのようですが、沢山旅行に行かれていてうらやましい限りです。
そこで質問なのですが、学生さんということでやはり旅費はアルバイトなのでしょうか。質問内容として、個人の範囲のような気もして、失礼にあたるかもしれませんが、可能ならばお答えいただけると幸いです。
私も学生なのですが、旅費をどうしようかと今悩んでいます(笑)
無理に、とは言えないので、よろしければご回答いただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
Re: はじめまして 貫通扉 投稿日: 2013年12月20日 17:41:24 No.117
管理者用冬の旅行には、強風や大雪など、厄介な存在があることはたしかですが、それを補って余りある素晴らしさがあります。私のサイトが、「冬の旅に出てみよう」と思われたきっかけであったのならば、大変嬉しく思います。

さて、私は高校生という身分(来春より大学生)ですが、アルバイトはしていません(校則で禁止されているので)。
旅費は、基本的には、これまでの貯金(いわゆる”お年玉”などからの)や月々の小遣いを切り崩して充てています。このほか、月々の小遣いや臨時収入から数千円を抜いて貯金していく、旅費以外には絶対に充ててはならないと定めた「旅行用積立金」を準備するようにしているので、そこのお金も充てています。
主な財源はそのあたりですが、実際に旅行をするときには、親から総旅費の1~2割の補助が出ることが慣例になっています。

大学生になったら、月々の小遣いや親からの補助もなくなり、アルバイトをして、全ての旅費を自分で賄うことになるのではないかと思いますが、自分で稼いでお金を作り出すことができるようになる分、旅行に行ける回数が増えたり、より長期間の旅行ができるようになったりするなど、メリットもあるのかなあと思っています。

お金の問題って、切実ですよね(笑)


Re: はじめまして kai 投稿日: 2013年12月21日 17:21:45 No.120
ご回答ありがとうございます。
参考になりました。

冬は冬しか出来ない体験を、ということで、信越方面への旅行をダイヤ乱れ覚悟で計画しています(笑)

まあ、例の問題によりまだ行くと決まった訳ではありませんが(笑)

お忙しいとは思いますが、これからも更新楽しみにしています。
Re: はじめまして 貫通扉 投稿日: 2013年12月21日 19:39:21 No.121
管理者用こんばんは、私の例がご参考になれば幸いです。

通常、私は旅行には時刻表を持っていかないんですが、冬に雪国や日本海側に行くときは、ダイヤの乱れが発生するということを前提として、時刻表を持っていくようにしています。
万一の場合があることに対する覚悟と備えがあれば、ダイヤが乱れたときにもきちんと対応できるようになるので、冬の旅行も安心して行えます。

忙しい身ではありますが、最短1週間~最長2週間に1回は更新するように頑張りますので、よろしくお願いいたします。





<< | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する