紳士と淑女の青春18きっぷクラブ


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

トワイライトEXP旅行の思い出 2002 (3)
鉄道おたく 投稿日:2022年08月06日 22:15 No.173
https://rara.jp/18tsurutsuru/page169…からの続き

トワイライトエクスプレスは敦賀に到着しました。
この当時、トワイライトエクスプレスは運用の関係か、敦賀で
機関車を交換していたので、列車から降りてその様子を見学
しました。もちろんEF81からEF81への交換です。
見学している人はかなり多く感じました。

敦賀を発車した後は食堂車であるダイナープレヤデスへ。
ダイナープレヤデスでは昼間、ランチタイムとして営業して
いたので何か食べようと思ったんですよ。
ダイナープレヤデスに入ると…あれ?…お客は僕しか
居ませんでした。

メニューをみるとカレーライスの他、サンドイッチがあったので
そのサンドイッチを注文。なぜサンドイッチを注文したのかと
言うと、一番安かったからです。飲み物はコーラを注文しました。
ホントはアイスコーヒーが欲しかったのですが、置いていない
との事。アイスコーヒーは氷が要るので設備的に無理があったの
かも知れませんね。

程なくしてサンドイッチとコーラが運ばれてきました。
サンドイッチはハムときゅうりのヘルシーな内容、美味しく
(゚д゚)ウマーしました。きゅうりのカットを見て気付いたのですが、
サンドイッチは注文を受けてから作ったのかな?…なんか、
そんな感じがしました。きゅうりは揺れる車内で懸命に
切ったかのような形跡がありましたよ。
お会計はいくらか忘れました。1000円を少し超えたくらいかな。

サンドイッチを(゚д゚)ウマーしたあとは、福井に到着する前に
ダイナープレヤデスを出て、しばらくは自分の部屋である
シングルツインで過ごしたと記憶しています。
ぼけーとしながら流れ去る景色を眺めていたのでしょう。

金沢では通路を挟んだ向かい側のシングルツインの部屋に
お客が1人乗り込みました。トワイライトエクスプレスの
お客はみんな大阪や新大阪、京都から乗るんかな…と
勝手な想像をしていましたが、このようなに北陸から乗る
お客も居たんですよ。だから何?…て?

↑で書いた通り、自分の部屋であるシングルツインで
しばらく過ごしたわけですが、直江津を発車した辺りで
ロビーカーであるサロンデュノールへ。
なぜ、この車両へ向かったのか?…と言うと、日本海と夕日が見たかったからです。
サロンデュノールに居たお客の数はめちゃめちゃ多かったわけでもなく、
十分自分の場所を確保するできました。それでも海に面した席は全て先客で埋まっていました。
で、肝心の日本海と夕日の眺めは?…と言うと、それについては、
うーん、晴れていたのですが、雲が多かったような記憶があります。
因みに日本海が見える区間は柿崎→鯨波に限られています。

このあと…シャワーの予約時間である23時頃までは
自分の部屋であるシングルツインやサロンデュノールで
思い思いに過ごしました。
もう長岡に着く頃には日が暮れて、外は街の明かりが点々と見える程度で真っ暗でしたね。
23時頃までは全体の3分の2くらいは自分の部屋で過ごし、
部屋の照明をオフにして、並走する車のヘッドライトの明かりを眺めたりしていました。

サロンデュノールの方も夜になればお客も少なく静かでした。
それにしても、このような贅沢な空間は、時刻表に掲載される列車では
もう二度と出現しないのかも知れません。

あ、そうそう、夜、食堂車であるダイナープレヤデスは
パブとして営業しており、ちょっと覗いてみたのですが、
結構、満席に近い状態でした。
フランス料理を食べたあと、そのまま呑み続けていた人が多かったのかも知れません。
で、ビールが欲しかったのでボーイさんに訊いてみれば
店内で飲まなくても350ミリの缶ビールを打ってくれました。
値段はキオスクと同程度で良心的でした。

トワイライトエクスプレスは特急列車なので主要な駅しか停まりません。
また、時刻表上、新津から翌朝の洞爺までノンストップになっていましたが、
運転士の交替で本州内では酒田・秋田・青森に停車していました。
あと、単線区間では、どこの駅か覚えていませんが、
反対列車の行き違いにより数分間停車していました。
その反対列車は上野行きの「あけぼの」だったような記憶があります。

23時頃、シャワーを浴びるためシャワー室へ。
前もってこの時間に予約していました。
シャワー室はロビーカーであるサロンデュノールの
端の方に設けられていました。
構造的には手前に脱衣場があり、その横がシャワー室でした。
シャワーの湯は使い放題ではなく、1人あたり5分やったかな、
ちょっとそこまでは忘れましたが、残り時間が表示される電光式のタイマーがあったので
最初はちょっと焦りましたよ。でも、とりあえずは余裕のよっちゃんイカでした。
あと、水量は十分でした。列車の中のシャワー、初めて故に感動しました。

(4)に続く


写真はパソコンサイトでは左から順に個室寝台のカードキー、
表と裏、エンジ色の奴はシャワー券です。




お名前
URL
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用 )
文字色