宇宙情報掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用]





お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付 ( 10MB以内 )
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

歴史的大噴火の噴煙が北海道沖まで到達 tera 投稿日:2017年03月28日 14:37:57 No.992 【返信】
歴史的大噴火をしたロシア極東のカムチャッカ半島のカンバルニー山の噴煙が北海道沖まで到達しているのが衛星写真によって確認されました。このところカムチャツカ半島では相次いで火山が噴火していて、活動が激しくなっています。

ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19590.html





Yahoo!の自動運転バスシステム tera 投稿日:2017年03月27日 12:04:13 No.991 【返信】
これは、すぐ未来の出来事です。(4分42秒)






巨大竜巻をスパコンで再現 tera 投稿日:2017年03月21日 11:01:37 No.988 【返信】
ウィスコンシン大学の気象学者が、2011年5月24日にオクラホマを襲った巨大竜巻をスパコンで再現。

竜巻が発生した区画を18億4000万に分割してそれぞれで風向 /気温 /気圧 /湿度 /降水量をシミュレート。2万コアのスーパーコンピューターを約3日間フル稼働させて出来上がった画像がこれ。






BBC撮影中にエトナ山噴火 tera 投稿日:2017年03月17日 15:31:54 No.986 【返信】
エトナ山近くで撮影中に大噴火。これにより約8人が負傷した模様。噴石なども飛んできたが、運良く死者は出なかったようです。エトナ山は最近激しく噴火しています。

BBCニュース
http://www.bbc.com/japanese/video-39300172





また火球が tera 投稿日:2017年03月08日 16:18:03 No.983 【返信】
今日の朝、関東から西日本にかけて大火球が目撃されました。最近火球の報告が多いように感じられますが、映像に撮られる機会が増えたのも一因かも知れません。

TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3000224.html





宇宙飛行士や科学者が遭遇した不可解な現象 シリーズ放送開始 tera 投稿日:2017年03月04日 22:19:18 No.979 【返信】
9日から、ディスカバリーチャンネルでNASAの宇宙飛行士や科学者たちが遭遇した数々の謎や、不可解な現象に迫る。

・アポロ計画に関するテープの発見により、宇宙飛行士が月で謎の送信信号を確認したという衝撃の事実
・火星の大気で起こった不思議な現象
・無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が冥王星に近づいた時、地球との通信が途絶えてしまった原因を調査

その他、詳細は
niftyニュースで
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12223-149730/





巨大地震の前には電離層に異変が tera 投稿日:2017年03月01日 12:34:57 No.975 【返信】
この研究は京都大学が発表したもので、いかがわしい地震予知とは違います。ただこの現象はマグニチュード7以上でないと現れないようです。企業からの共同研究の依頼も来ているとか。

このサイトの動画で説明がされてます。
MBS
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170228/00000065.shtml





地球は温暖化に向かっているのか寒冷化に向かっているのか tera 投稿日:2017年02月14日 14:04:18 No.974 【返信】
地球は温暖化に向かっていると言われて久しい。しかし、専門家の中にもこれから地球は寒冷化するという意見もある。

この記事『小氷河期が到来してる。氷河期派の主張と反対派の主張』
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0213/kpa_170213_7407081506.html

を見ると、専門家の間にも混乱が生じている様子がうかがえる。温暖化の象徴として言われていた水没の危機にある南太平洋のツバルはどうか?なぜツバルやキリギスだけが危機的なのか?ツバルはもともと海面上に少ししか出ていない珊瑚礁の上に生活していた国。そこへ空港など建設したために、珊瑚礁全体が沈下したという説もある。真相はどうなのか?

では、こういった情報を抜きにして自分の考えや経験ではどうか?自分の子供時代に比べると明らかに暖かくなっている。特に冬に感じられる。自分の子供時代は、だいたい冬場の12月から3月ぐらいまでは、ここ静岡でもほとんど毎日、水たまりや水が張ってあるものは凍っていた。しかし今は真冬を通して凍るのは数日しかない。

温暖化はこの地球に限った事ではなく、太陽系全体に及んでいると言う情報もある。最近では遠く冥王星でも観測されているという情報もある。
http://takashi1016.com/pluto-warming-9251
http://nobuaki22.at.webry.info/200907/article_20.html

もちろん、この情報が真実とも限らない。
温暖化の原因の二酸化炭素はどうか?都市の影響を受けないハワイのマウナロア観測所の数値は明らかに上昇の一途をたどっている。しかし、この二酸化炭素さえ温暖化の原因にはならないという説もある。

太陽に異変が起こっている事は、保守的な科学者でも認めている。温暖化の原因が太陽にあるならば、遠く冥王星まで変調が起きているのは理屈として成り立ちます。しかし、その太陽が活発になるどころかこれから弱くなり小氷河期が訪れるという説もある。事実としては活発な時期に現れる黒点が最近かなり少なくなっている事があげられます。

どちらに向かうのか、見届けたいものです。





国際天文学連合、トランプ大統領を深く憂慮 tera 投稿日:2017年02月03日 09:28:48 No.973 【返信】
国際天文学連合は新米大統領の移民の排他的施策に深く憂慮すると声明を発表しました。
AstroArtsニュース
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/8933_iau


トランプ大統領の施策は、未来的で建設的なものでしょうか?私にはそうは思えません。先祖返りした保守的な退行的な考えにしか見えません。

もし、私たちが宇宙的、進歩的な世界に進みたいならば、国境がない、すべての人に可能性が与えられる世界にすべきです。

今回の国際天文学連合の声明は、宇宙開発などでも行われている、国籍に関係ない人種や宗教にも関係ない進歩的な思考から生まれているものと思われます。これはアダムスキーの宇宙哲学にも合致する崇高な考えです。

世界が平和で安定した方向に進むには、他人種や異宗教などを排除して国境を堅牢にして達成するものではありません。むしろそれは、より多くの紛争や不安定さを増すだけです。

世界の指導者がやるべき事は、富の公平な分配と軍事産業に使われている膨大なコストと人材を世界の平和の方向へ向かわせるよう努力する施策を行うようにすることです。しかし、残念ながらこの世界には平和になっては困る勢力が強力な陣営を引いています。世界が緊張状態にあることが好ましいのです。そして勇気を持ってその方向へ向かわせようとすれば、ケネディー大統領のような結果が待ち受けています。

私たちはいつまでこの大ペテンの世界に居続けなければならないのでしょうか?おそらく、この搾取的資本主義の終焉を迎えている今、私たちはそれを体験するかも知れません。トランプ大統領のような人物が担ぎ上げられて、横暴を振るっている事自体、この資本主義の終焉の終わりの始まりを見てる気がしてなりません。

国際天文学連合のこの様な声明に勇気づけられる人もいるのではないでしょうか。





月まで届いていた地球の酸素 tera 投稿日:2017年02月01日 15:21:33 No.972 【返信】
月周回衛星「かぐや」による観測から、地球由来の酸素が月まで届いていた事が判明しました。

AstroArtsニュース
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/8930_oxygen_moon





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -