東京昆虫館:画像掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [管理用]
~ ResForm ~
記事No.2729に対する返信フォーム

ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月17日 07:55 No.2729
大阪府北部の渓流沿いの遊歩道で観察しむました。体長は1Cmくらいです。いろいろな図鑑で調べましたが、ミカドトックリバチが一番近いように思いました。合っていますか?

Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月18日 11:09 No.2734
 miyamahoojiroさんは長年撮影に取り組んでいるようなので、今後の撮影に生かせるよう初心者向けとは違う回答をします。

 いろいろ調べたということですが、ミカドトックリバチだと思った図鑑・サイトはどこでしょうか。サイトにもピンキリあって、写真はそこそこ綺麗なのに誤同定だらけのものもあります。

 信頼できるサイトのひとつを挙げておきますが、腹部の斑紋をもう一度よく比べてください。斑紋の位置、大きさや形、合致しますか?

ミカドトックリバチ(虫ナビ)
http://mushinavi.com/navi-insect/data-hati_tokkuri.htm


Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月18日 11:11 No.2735
 あと、体長をもう少し正確に把握するようにしてはどうでしょうか。日常生活ではそれほど意識しなくても支障ありませんが、昆虫の同定という非日常の場面では大きさもより厳密に把握しておく必要があると思います。

 1cmといったら、身近なものだと一円玉の直径の半分です(直径は2cm)。そんなに小さかったでしょうか。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月18日 12:06 No.2736
Genkaさん、いろいろご指導有難う御座います。参考にしたサイトは昆虫エクスフローラです。

Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月19日 07:30 No.2739
Genkaさん、度々申し訳ありません。ムモントックリバチは如何でしょうか?

Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月19日 11:13 No.2741
大きさはどうでしたか(記憶に残っていないのでしょうか)。

写真を撮るだけだと被写体の記憶があまり残らないという研究結果もあるそうです(ただし、各部をズームアップして撮影した場合は比較的記憶に残る)。現地での観察もしっかりしておくことが大事です。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月19日 11:47 No.2742
今朝、もう一度確認に行きました。仰るように大きさは2Cmちかくあったと思います。今朝の写真を添付しますので宜しくお願いします。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月19日 21:56 No.2744
 もう一度確認しに行ったのですね。まだ残っていたようで良かったです。

昆虫エクスプローラ:アシナガバチ・ドロバチ図鑑
http://www.insects.jp/konbunmakuhatiasinaga.htm

1.腹部の斑紋はムモントックリバチに似ていますが、後方の黄色紋が太すぎると思いませんか? (日常生活よりも眼の解像度を高めて見ないと違いが見えてきませんよ)

2.胸部の斑紋は合致しますか?

3.ムモントックリバチは体長10~15mmで、少し小さいと思いませんか?


Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月20日 07:39 No.2747
Genkaさん、度々申し訳ありません。後方の黄色班の違いは個体差の範囲だと思っていました。胸部の斑紋の違いは私にはよくわかりません。結局、ご案内のお蔭でスズバチだと分かりました。有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。

Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月21日 21:07 No.2752
 結果的に昆虫エクスプローラの「アシナガバチ・ドロバチ図鑑」で、似ていそうなものを上から順番に挙げていった形になりましたね・・・。

 次回からは似たものがある際にはご自分でよく比較検討してみてください。胸部の斑紋の違いはまだ認識できないかもしれませんが、いずれわかるように自分で識別眼を養っていくことをお願いいたします。昆虫はよく似た種がいることが多いので、すでに撮影した種によく似た初物を撮影した時に気づけるように。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月22日 03:39 No.2756
Genkaさん、私は今まで鳥やの端くれでしたが、虫屋のシビアなことに感銘を受けています。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? sundog 投稿日:2017年08月22日 23:36 No.2757
横から失礼します。
鳥屋さんの感覚だと「捕獲して殺して観察する」ことに抵抗があるかもしれません。
しかし実際に虫を手元に置いて体長や部位の比率を測り、上から、横から、下から眺め、顕微鏡で拡大し、さらには交尾期をひっこ抜かないと判らない虫もいます。
「数で勝負の生き物だから」と言い訳しながら、自信をもって名前が言える種を増やしていくのが(コレクターではない)虫屋の基本のような気がします。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月23日 11:58 No.2758
sundogさん、始めまして、鳥屋も以前は散弾銃で撃ち落としていろんなデータをとっていた時代があったそうです。探鳥会などで興味ある鳥が出現すれば、リーダーが「皆、充分見たか?」と参加者の了解を得て撃ち落としていたそうです。今なら大問題ですよね。

Re: ミカドトックリバチでしょうか? sundog 投稿日:2017年08月25日 00:34 No.2761
鳥屋の七つ道具は散弾銃でしたか。物騒な時代があったんですねぇ。
今時、鳥で新種は出ないかもしれませんが、虫で新種(未記載種)は居て当然です。
変わった環境で5mm以下の虫(特にハエ)を20種も採れば名前が付いていない虫が出てくることも珍しくありません。
なので、昆虫の分類屋さんには「現物がなくちゃ話にならん」と言われます。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月25日 17:55 No.2765
 sundogさん補足情報ありがとうございます。小さい虫を中心に、現物が手元にないと話にならない虫は結構多いですよね(現物があっても難しかったりしますが・・・)。

 前の投稿で言及した「写真撮影と記憶」に関する研究を紹介した記事がありました。

写真を撮るほど記憶が薄れる「写真撮影減殺効果」を確認(米研究)
http://karapaia.com/archives/52148415.html

 カメラの進歩により小さな昆虫も簡単に綺麗に撮れるようになってきていますが、「撮れているのに違いが見えてない」という人も同時に増えているように感じます。研究者の話「こうした結果は『心の眼』と『カメラの眼』が同じではないことを示している」に通じるところがあります。
 技術は日進月歩ですが、個々人の観察眼は地道な積み重ねでしか進歩していきません。




お名前
タイトル
URL
画像添付


削除キー ( 記事を削除する際に使用します )