東京昆虫館:画像掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [管理用]

東京昆虫館:画像掲示板(新)
管理人Genkaの日記も兼ねています。古い記事への投稿も遠慮なくどうぞ。

昆虫の名前を質問する時の注意事項

過去の投稿記事を確認しましょう
すでに同じ虫が質問されていることがよくあります。

「都道府県」を教えてください
地域ごとに候補となる虫の種類が変わるので重要な情報となります。

返信は返信画面から投稿しましょう
新規投稿すると親記事と離れてしまい関連がわからなくなります。

多少なりとも時間がかかります
回答には時間がかかることが多いです。丸1日(24時間)程度はお待ちください。

回答者には一言お礼を書きましょう
回答はボランティアで行われています。
最低限のマナーとして、回答者に一言お礼をしましょう。

東京の昆虫:縮小画像一覧
(質問する前にこちらを眺めてみると答えが見つかるかもしれません)

東京昆虫館に戻る

一度に投稿できる画像は3枚まで、画像の合計サイズは3メガバイトまでです。


お名前
タイトル
URL
画像添付 ( 3MB以内 )
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )

キオビコスカシバ幼虫の飼育 Genka 投稿日:2016年05月20日 22:37:57 No.1811 【返信】
 今年3月に伊豆でクロシオヨコヤマトラ材採集の際にキオビコスカシバ幼虫を採集した。エサとなるツルグミの枝の入手に少々時間がかかり、4月10日にようやく埋め込んだ。ノコギリで先端側に切れ込みを入れて幼虫を挟み、葉で包んでからテープを巻く。根元側は水をしみこませたティッシュで覆い、タッパーに立てかけて収納。

Re: キオビコスカシバ幼虫の飼育 Genka 投稿日:2016年05月20日 22:45:04 No.1813
 あれから1ヶ月余りが過ぎた。2本の枝からは糞がたくさん出ている。そろそろ蛹化も近いはずなので、テープを剥がして生存確認。
 1本目はまだ幼虫だったので、ティッシュを巻いて水で濡らして元に戻す。もう1本は幼虫の食痕が途中で途絶えていた。死んだら死骸が残るはずだが、見当たらない。剥がしたテープをもう一度見ると、ラグビーボール型の木屑の塊があった。これまでのスカシバガの飼育経験上、繭である可能性が高い。そっと暴いてみると、複眼が色づいてきた蛹が姿を現した。1週間以内に羽化するだろう。


Re: キオビコスカシバ幼虫の飼育 Genka 投稿日:2016年05月28日 08:51:36 No.1862
 昨日、無事に羽化。成虫を見るのは9年ぶり2回目。




虫の卵 野芥子 投稿日:2016年05月26日 11:27:24 No.1850 【返信】
わが家(東京都内)の庭のコウフクノキに泡状の虫の卵を今朝(26日)見つけました。泡状の大きさは縦横2cmほどで、泡の中で黒いものがしきりに動くのが見えます。何の卵でしょうか。教えてください。

Re: 虫の卵 Genka 投稿日:2016年05月26日 20:24:53 No.1853
 泡をそっとかきわけてみればわかると思いますが、アワフキムシの幼虫が作った「巣」です。
Re: 虫の卵 野芥子 投稿日:2016年05月28日 01:48:04 No.1860
Genkaさま
ご教示に感謝します。
ご提示のアワフキムシで確認できました。
ありがとうございました。



ハチの仲間? n.m 投稿日:2016年05月27日 23:21:44 No.1859 【返信】
ハチではないかと思います。
翅が小さいのが気になります。





教えて下さい 深場 投稿日:2016年05月23日 08:14:18 No.1824 【返信】
昨日 和歌山県の森林公園にて見つけました。
大きさは20ミリ足らずです。
チャボヒゲナガカミキリに似ていますが、
少し違うような気も致します。


Re: 教えて下さい Genka 投稿日:2016年05月23日 20:18:21 No.1834
 ご自身で調べたようですが、他に候補種はいませんでしたか。触角が長いのでヒゲナガカミキリの仲間をひとまず探してみたのかもしれませんが、もう少し視野を広げればもっとよく似たものがいると思います。注目は触角の形です。(東京にも分布しています)

東京カミキリムシ図鑑
http://www.k3.dion.ne.jp/~kamikiri/thumbnail_longicorn_tokyo.html
Re: 教えて下さい 深場 投稿日:2016年05月24日 08:02:42 No.1841
ありがとうございます。
早速探してみました。
シナノクロフカミキリかな?
Re: 教えて下さい Genka 投稿日:2016年05月24日 20:56:46 No.1844
 フトカミキリ亜科というところまでは合っています。シナノクロフだと体型が細すぎると思うのですが、絵合わせしていてそう感じませんでしたか。あと、体長も6~13mmで合わないですよ。チャボヒゲナガでもありません。
 ちなみに、どんな資料を使って調べていますか? 日本産カミキリムシは研究が進んでいるので全種掲載の図鑑やほぼ全種掲載のサイトが存在します。下記のサイトは長野県限定ですが、同定が正確なので大いに役立ちます。

長野県のカミキリムシ
http://www9.plala.or.jp/Tengyu/
Re: 教えて下さい Genka 投稿日:2016年05月26日 20:06:19 No.1851
Re: 教えて下さい 深場 投稿日:2016年05月25日 05:53:04 No.1848

ヒントありがとうごじます。
フトカミキリ亜科で探してみました。
センノキカミキリですね。
資料は こちらのサイトを利用させてもらっています。


(新規投稿されていたのでこちらに移動)
Re: 教えて下さい Genka 投稿日:2016年05月26日 20:23:32 No.1852
 確かに似ていて体長も合いますが、違うのではないでしょうか。センノキカミキリは上翅表面に微毛が密に生えているので表面はこのようには写らないはずです。

 このままではたどり着くのは難しそうですね。画像を見る限り、セミスジコブヒゲカミキリの♀です。画像同士だと両者は似ているように見えますが、本物のセンノキカミキリを見ればその差は一目瞭然です。

 あと、「東京カミキリムシ図鑑」を利用してくださるのは嬉しいのですが、セミスジコブヒゲカミキリも♂しか載っていないことからわかるように、現時点では情報量や写真の枚数・精細さなどは図鑑や他の有名サイトには到底及びません。他サイトや図鑑(「日本産カミキリムシ」「日本産カミキリムシ検索図説」など)といった他の資料も活用する必要があります。
Re: 教えて下さい 深場 投稿日:2016年05月27日 08:24:19 No.1855
鑑定ありがとうございます。
似たのがあるので迷ってばかりです。



話題:TKM更新 Genka 投稿日:2016年05月26日 22:25:40 No.1854 【返信】
 今日久しぶりにTKM(東京都本土部昆虫目録)のページを見たら、1年ぶりくらいに更新されていた。今回の追加分は膜翅目のみで132種増加。
 他の分類群は前回のままで、2015年前後の報文は反映されていない模様。「東京都初記録」として報文を書く場合は要注意。甲虫なら少なくとも東京近郊の同好会誌「うすばしろ」「神奈川虫報」「寄せ蛾記」、全国誌「月刊むし」「Elytra, New series」「さやばねニューシリーズ」「昆虫と自然」「鰓角通信」はチェックしておいた方が良いと思う。





何ムシでしょうか? taka 投稿日:2016年05月23日 11:34:44 No.1826 【返信】
5/19、神奈川県座間市の公園で撮影したものです。
体長約4mm、木の柵の上で小さな虫が動いているのを見て思わず撮影したものです。
画像を拡大しても何科かも見当がつかず、ネット上を見回しても判りませんでした。
何ムシでしょうか?


Re: 何ムシでしょうか? Genka 投稿日:2016年05月23日 20:41:12 No.1837
 何ムシかと言われれば、とりあえず「甲虫(鞘翅目)」ということになりますが・・・(あとは「ニカンムシ」でしょうか)。

 甲虫で科の見当をつけるには「触角」「各脚のフ節数とフ節の形」「全体的な体型」の3つが重要です。この画像では脚がほとんど見えませんが、他の角度からの画像はありますか?
Re: 何ムシでしょうか? taka 投稿日:2016年05月24日 17:55:56 No.1843
Genkaさん、有難うごさいます。
脚の見える画像とのことですが、小さくてチョコチョコ歩き回っているのを追いかけながら撮影したもので、不鮮明ではありますが参考に入れます。
よろしくお願いします。


Re: 何ムシでしょうか? Genka 投稿日:2016年05月24日 21:11:43 No.1845
 これでは不鮮明で見えませんね・・・。採集せずに写真だけで今後も同定しようとするのであれば、必要な部分が撮れなかったものは種名や科の同定を諦めることも選択肢に入れる必要があるのではないでしょうか。
 微小種では採集していたとしても種まで同定できないことは多々あります。それでも採集しておけば、比較用標本を集めたり交尾器観察の技術を身につけたりするなどして、自身の同定能力が向上すれば同定できるようになることもあります。
 今回は種名までお望みではないかもしれませんが、微小種の同定は一般的に難しいものです。それを、体の一部しか見えない写真だけでなんとかしようというのは無理な話だと思いませんか。

http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/frame2/photo1061.htm
Re: 何ムシでしょうか? taka 投稿日:2016年05月25日 10:14:20 No.1849
Genkaさん、有難うごさいます。
微小種の画像だけでの同定の難しさが良く分りました。
また、ご表示いただいたページから ツマアカマルハナノミダマシにそっくりに思われました。
ご丁寧なご説明を有難うございました。



Re: 教えて下さい 深場 投稿日:2016年05月25日 05:53:04 No.1848 【返信】
ヒントありがとうごじます。
フトカミキリ亜科で探してみました。
センノキカミキリですね。
資料は こちらのサイトを利用させてもらっています。





本日、山梨県にて。 dx-9 投稿日:2016年05月22日 22:42:59 No.1823 【返信】
ラスカルさん、虫林花山さんとい、
妙なメンバーで虫探してきました。
ピクニックには最高の天気。
トドマツキバチ
ルイスクビナガハムシ
です。


Re: 本日、山梨県にて。 Genka 投稿日:2016年05月23日 20:19:38 No.1835
 大型のキバチも出てくる季節になりましたね。ルイスクビナガハムシはまだ見たことないです。
Re: 本日、山梨県にて。 dx-9 投稿日:2016年05月23日 23:47:45 No.1840
大トラの産地でして、一瞬大トラに見えました(≧∇≦)
Re: 本日、山梨県にて。 Genka 投稿日:2016年05月24日 21:14:21 No.1846
 私も以前、驚かされた経験があります。近くで見ればなんてことないですが、遠くからだと鼓動が一気に速まります。



ナガバヒメハナカミキリ♀? JINBEI 投稿日:2016年05月20日 13:09:04 No.1805 【返信】
こんにちは。
Genkaさんが常々仰っている基本は標本同定との事でしたので
今回は、採集してきたのですが、それでもわからず投稿させて頂きました。
変異もあるとの事ですが、ナガバヒメハナのメスが一番近いと思いました。
しかし胸板の色や、黄色紋の入り方に疑問が残りどの程度までが
変異の許容かわからないもので、よろしくお願いしたいと思います。
 山梨県山間部のウワミズザクラ 大きさ11㎜ 


Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? JINBEI 投稿日:2016年05月20日 13:13:25 No.1806
採集場所を勘違いしていました。
ウワミズザクラではなく、伐採木の上を歩いていました。
Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? evita 投稿日:2016年05月20日 15:43:55 No.1808
ピドニアは標本でも同定は難しいですね
私にはナガバヒメハナには全く見えませんが....どのあたりでナガバヒメだとおもわれたのでしょう??
Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? JINBEI 投稿日:2016年05月20日 19:18:03 No.1809
evitaさん、こんばんは。
ピドニアの同定上の注意点を教えて頂き
ありがとうございます。
ナガバヒメハナと思ったのは
単に原色日本との絵合わせと
産地とサイズでした。
写真だけですと難しいとは思いますが
evitaさんは、何を候補に挙げたのか
よろしかったら教えて頂けますか?
Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? Genka 投稿日:2016年05月20日 20:42:13 No.1810
 採集しておいて正解だったと思います。ピドニアは日本産カミキリムシの中で最も難解な部類で、原色日本甲虫図鑑での同定はほぼ不可能だと思った方が良いです。雌雄で斑紋が違うことが多いこと、地域変異や個体変異が大きいことに加え、図鑑出版後の新種記載や1種が複数種に分かれたものなどがいます。原色日本甲虫図鑑で図示されているのは35(亜種含む)で、日本産カミキリムシの時点で67(亜種含む)、その後また少し増えてます。

 「日本産カミキリムシ検索図説」「日本産カミキリムシ」の検索と、「日本産カミキリ大図鑑」の図版を併用することである程度はなんとかなります。前提として、とにかく数を採って(少なくとも3桁)斑紋変異の幅を把握することが必要です。中部山岳地帯にいる種はそこまでしてようやくなんとかわかってくる世界らしいです。

 性別は♀ということは合っています。ナガバに似ているように見えるかもしれませんが、翅端の部分の斑紋パターンが明らかに異なります。
 この種も個体変異があるのですが、前胸が赤くなるこのタイプは比較的よく見ます(かつては別種とされていた)。

 ということで、「日本産カミキリムシ検索図説」または「日本産カミキリムシ」をあたるのが賢明だと思います。Web上ではカミキリ情報館には正確に同定されたほぼ全種の画像があるので1種ずつコツコツ見ていくことでも到達できるかもしれません(個体変異まではさすがに網羅されていないので注意)。でも、一度は図鑑の方も見ておいた方が良いのではないかと思います。

カミキリ情報館
http://www2.gol.com/users/nanacorp/johokan/0menu.htm
Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? JINBEI 投稿日:2016年05月20日 23:50:37 No.1814
Genkaさん、こんばんは。
詳しくご教示いただきありがとうございます。
ピドニアはスゴイ事になっているのですね。
原色の35種より倍の70前後になっているという事ですよね。
今カミキリ情報館に行きヒメハナカミキリ属/ハイイロハナカミキリ族は
全部見たのですが、明らかな合致は見当たりませんでした。
(ヒスイヒメハナが一番近かったのですが、分布が違うみたいなので)
時間を見て「日本産カミキリ検索図説」と「日本産カミキリ」を
図書館で探してみたいと思います。
ありがとうございました。
Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? Genka 投稿日:2016年05月21日 21:29:37 No.1819
 図鑑でうまく見つけられるといいですね。確信を持った同定報告をお待ちしております。
Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? evita 投稿日:2016年05月23日 08:53:14 No.1825
JINBEIさん、Genkaが書いておられるようにピドニアの同定は難解すぎてカミキリ屋さんでも普通種以外の同定は難しいです。
ただ、ナガバハナはその普通種にあたりますので3桁ほど採集し比較すると同種か別種かは判断がつくようになります。
しかし、その先が地獄で大抵の人が挫折します。
まあ、私もその一人で高額な図鑑を一揃い購入はしていますが活用できていません。
ですので私が出来るのは3桁以上採集して同定できる種以外は全て採集して画像記録だけ残し全て先生に送付して同定して貰うという情けない状況です。
将来的には先生に同定して頂いた基準標本を手元において自力同定したいとは考えておりますが....

JINBEIさんが挫折せずに正解にたどり着くのを期待しています
Re: ナガバヒメハナカミキリ♀? JINBEI 投稿日:2016年05月24日 17:22:52 No.1842
evitaさん、いろいろご説明ありがとうございました。



どちらでしょうか? Uchida 投稿日:2016年05月21日 19:52:04 No.1816 【返信】
5月21日、採集地は埼玉県の雑木林で、白い花に来ていました。
ツマグロハナカミキリかハネビロハナカミキリというところまでは絞り込めたのですが、どの特徴も今ひとつといった感じです。
恐らくツマグロハナカミキリかと思うのですがどうでしょうか?


Re: どちらでしょうか? Genka 投稿日:2016年05月21日 20:34:57 No.1817
 2種まで絞り込んだようですが、どんな資料を使って絞り込みましたか。
 簡単なのは体型(翅の幅、前胸の形)を比べることです。まず図鑑の標本写真で2種を比べて、違いがわかったら標本写真と同じく背面から真っ直ぐ見て標本写真と比べてみてください。

 この画像では「尻上がり」になっていて、背面から真っ直ぐ撮れているとはいえませんね。そのため、上記の比較をしていないと判断しました。
Re: どちらでしょうか? Genka 投稿日:2016年05月21日 20:40:59 No.1818
 実物で比較するとこの2種は体型の差が明らかです。これからも昆虫採集を続けていくのでしたら、現時点ではとりあえず2種のうちのどちらかで保留しておくのもひとつの方法だろうと思います。やがて明らかに体型が違うものが採れた時に比較すれば、すぐにわかると思います。まだ採れた当日ですし、そんなに焦って同定する必要があるのでしょうか。
Re: どちらでしょうか? takao_bw 投稿日:2016年05月22日 02:27:04 No.1820 【Home】
両種は典型的なものならひと目で違いが判るのですが、微妙に判り難い個体に時々出あいます。
Genkaさんがご指摘のポイントの他、翅端の色、翅端内角(会合線側)の尖り具合、前肢腿節の色もチェックポイントになります。

私もそうでしたが、興味が湧いて来た頃って、一刻も早く名前が知りたくなるんですよね。
いずれ同定でもがくのも楽しくなると思いますが・・・
Re: どちらでしょうか? Uchida 投稿日:2016年05月22日 12:09:12 No.1821
「カミキリムシハンドブック」とネットを使ったのですが、「カミキリムシハンドブック」にはツマグロハナカミキリしか載っていませんでした。
ツマグロハナカミキリはハネビロハナカミキリよりも羽の狭まり方が急とのことなので、これはツマグロハナカミキリですね。
見つけるカミキリムシはほとんど初見なのでわくわくします。
Genkaさん、takao_bwさんありがとうございました。
Re: どちらでしょうか? Genka 投稿日:2016年05月23日 20:14:48 No.1833
 紙媒体の資料は「日本のカミキリムシハンドブック」でしたか。一般向けの入門書の中でもさらに入門編にあたる本ですので、広く浅く概観するには適した本ですね。
 カミキリムシは結構な種数があるので、身近な種でもこの本に載っていない種は結構います。ある程度慣れてきたらこの本の内容では物足りなくなると思いますので、そうなったら中級者向けの資料にも手を出していってみてください。



ホソミオツネントンボの♂ではないでしょうか? ルリビタキ 投稿日:2016年05月22日 13:32:09 No.1822 【返信】
5月21日(土)、富士山西麓の朝霧高原にある人造池で撮った写真です。
青い縞模様が目についたので思わずシャッターを切りました。背中からの写真しか撮れなかったのですが、頭部(背面)の様子、翅胸側面斑紋(上からだが斑点状の黒点が見える))、腹部先端部の形(外側に反る)、体色(越冬後水色に変化するという)、分布図、出現期などをから、ホソミオツネンドンボの♂ではないかと推定しました。
昨年の夏からこの池でトンボの写真を撮り始めたのですが、これからどんな発見があるのか楽しみです。
先に投稿したハグロトンボと思われる写真ですが、同じような体色のアオハダトンボではないかとも考えました。同じ場所で撮った♂と♀の写真には両方共に縁斑がないこと、撮影地がアオハダトンボの生息地の外にあると思われることなどからハグロトンボではないかと考えました。
それにしても、いろいろ検討した結果入手した「日本のトンボ」は初心者の私にとって強い味方です。



Re: ホソミオツネントンボの♂ではないでしょうか? Genka 投稿日:2016年05月23日 20:08:01 No.1832
 ホソミオツネントンボだと思います。次回見た時にぜひ側面と背面の両方を撮ってみてください。そうすれば自信を持って同定できると思います。他の種でも同様です。

 あと、私からの質問への回答や補足情報などはなるべく元の質問投稿に「返信」で書くようにお願いします。「先に投稿した」と書いてあっても、間にたくさん投稿が挟まってしまって探すのに手間がかかることがあります。後ろの方に移動してしまった投稿を先頭に引き戻すことに遠慮しているのかもしれませんが、この掲示板はそういう仕様ですので気にしないでください。



ニホンカワトンブでしょうか2? ルリビタキ 投稿日:2016年05月18日 21:18:40 No.1797 【返信】
メスと思われる写真です。

Re: ニホンカワトンブでしょうか2? ルリビタキ 投稿日:2016年05月18日 23:01:06 No.1801
ありがとうございます。
2種の掲載頁をじっくり読み比べ、41頁と51頁を見て、アサヒナカワトンボノオスとメスではないかと判断しました。
根拠は、中部日本のアサヒナカワトンボのオスは腹部背面全体が白粉を生じるとのこと、メスの場合は縁紋が先端により近いとあったので、直接両種の比較はしていませんが、アサヒナカワトンボのメスと判断しました。
実は昨年の9月に同じ場所で撮ったトンボも同じ種と思っていたのですが、見比べてみるとかなり違っていました。
こちらはハグロトンボのオスとメスと思われます。時おり翅をパッと開くと書かれており、メスに縁紋が無いのでそのように判断しました。
いかがでしょうか?


Re: ニホンカワトンブでしょうか2? ルリビタキ 投稿日:2016年05月18日 23:02:09 No.1802
ハグロトンボのメスでしょうか?

Re: ニホンカワトンブでしょうか2? Genka 投稿日:2016年05月19日 20:45:49 No.1803
 正解・不正解を答えるのは簡単ですが、せっかく日本産全種が載っている「日本のトンボ」が手元にあるのですから、解説をじっくり読んで判断してみてください。近似種との比較はしてみましたか?
 ひととおり確認して少しでも似ている種がいれば相違点(出現時期、体長、分布)を確認して丹念に比較することで、ルリビタキさんの同定能力も向上していくと思います。肝心の部分が写っていないので比較できないというのであれば、比較のために必要な部位がわかっただけでも大きな収穫です。次回はその部分を写すように心がけることです。
 同定能力や観察眼はそうした努力の積み重ねで身についていくものです。短時間のうちに正解・不正解を求めていると、そうした力を身につける機会を自ら減らしていくような気がします。
Re: ニホンカワトンブでしょうか2? Genka 投稿日:2016年05月23日 19:56:03 No.1830
(別の投稿に書かれていたものを転載)

先に投稿したハグロトンボと思われる写真ですが、同じような体色のアオハダトンボではないかとも考えました。同じ場所で撮った♂と♀の写真には両方共に縁斑がないこと、撮影地がアオハダトンボの生息地の外にあると思われることなどからハグロトンボではないかと考えました。
Re: ニホンカワトンブでしょうか2? Genka 投稿日:2016年05月23日 20:02:50 No.1831
 アオハダとの比較もしっかりできていて、それで大丈夫です。今回の撮影地ではアオハダが分布していませんでしたが、2種とも分布している地域も多いので別の場所で撮影した時は注意が必要になります。



ニホンカワトンボでしょうか1? ルリビタキ 投稿日:2016年05月18日 21:17:25 No.1796 【返信】
5月18日、浜松市北区引佐町の山間部、小さな清流の近くにる民家の庭で撮影しました。毎年この時期になると同じ場所に現れます。縁紋はオスは赤(逆光で赤く見えました)でメスは白です。またオスの腹部は全面白い粉をふいています。
ニホンカワトンボの無色翅型と思うのですが、「ニホンのトンボ」には翅が無色のオスは中部日本には基本的にいないと書かれていました。アサヒナカワトンボの可能性もあるのでしょうか?
ファイルが大きいので2回に分けて投稿します。


Re: ニホンカワトンボでしょうか1? ルリビタキ 投稿日:2016年05月18日 21:42:23 No.1798
 メス

(複数の画像を分割して貼る場合、返信画面をご利用ください)


Re: ニホンカワトンボでしょうか1? Genka 投稿日:2016年05月18日 21:44:10 No.1799
 「日本のトンボ」をお持ちなのでしたら、2種の解説ページと41ページの「カワトンボ属の翅色多型」をじっくりと読めば解決するのではないでしょうか。
 少なくとも、撮影地では2種が混生するということは読み取れていますか?
Re: ニホンカワトンボでしょうか1? Genka 投稿日:2016年05月23日 19:52:50 No.1827
(別の質問投稿に書かれていたものを転載)

ありがとうございます。
2種の掲載頁をじっくり読み比べ、41頁と51頁を見て、アサヒナカワトンボノオスとメスではないかと判断しました。
根拠は、中部日本のアサヒナカワトンボのオスは腹部背面全体が白粉を生じるとのこと、メスの場合は縁紋が先端により近いとあったので、直接両種の比較はしていませんが、アサヒナカワトンボのメスと判断しました。
Re: ニホンカワトンボでしょうか1? Genka 投稿日:2016年05月23日 19:55:01 No.1829
 その判断で妥当だと思います。



日記:クロコガネ飼育 Genka 投稿日:2016年05月19日 20:57:42 No.1804 【返信】
 帰宅すると、クロコガネがタッパーに入っていた。怪獣2号が捕まえて「飼う」と言ったらしい。おそらく今朝階段にいた個体だろう。怪獣1号は「寿限無寿限無・・・」並みの長い名前をつけていたらしいが、最終的に短い名前になった。
 とりあえず近所で食べそうな植物の葉を6種ほどとってきて入れてみた。夜行性なので今はまだじっとしている。明日になって食べていた葉を追加すればしばらく飼育できるだろう。





ルリマルノミハムシ? taka 投稿日:2016年05月17日 18:53:36 No.1777 【返信】
初めての投稿です。
5/15、神奈川県相模原市の道路わきの草むらで撮影したものです。
体長5mm前後、ルリマルノミハムシのように思われましたが触角が気にかかります。
何ハムシでしょうか?


Re: ルリマルノミハムシ? Genka 投稿日:2016年05月17日 21:36:32 No.1783
 ルリマルノミハムシではないことは確かです。
 ヒゲナガルリマルノミハムシというものもいますが、体型や触角の長さに違和感があります。第一印象ではハンノキハムシやムナグロツヤハムシも撮り方によってはこのように写ることもあるのかなと感じました。

 5mm前後ということでしたが、正確には何ミリでしたか。慣れない方の目測だと7mmも3mmも「5mm前後」に含まれてしまいますが、この差は大きいものです。
Re: ルリマルノミハムシ? taka 投稿日:2016年05月18日 20:12:56 No.1791
Genkaさん、有難うごさいます。
大きさについてですが、比較写真を撮っていますので入れます。
改めて印刷して測ったところ 5.4mm前後位に思えました。
如何でしょうか?


Re: ルリマルノミハムシ? Genka 投稿日:2016年05月18日 21:01:38 No.1793
 一円玉(直径2cm)で比較写真も撮っていたのですね。これでほぼ正確な体長がわかりました。
 最初の画像をもう一度よく見てみました。触角の先端部分にピントが合っていないことに気づき、触角が斜め上に伸びていて画像で見るよりも実物の触角はもう少し長いということに気づきました。最初に感じた体型の違和感は頭の中で角度を微調整しているうちに解消されたので、ヒゲナガルリマルノミハムシだろうと思います。
Re: ルリマルノミハムシ? taka 投稿日:2016年05月18日 21:52:35 No.1800
Genkaさん、お手数をおかけしました。
ヒゲナガルリマルノミハムシで検索、納得しました。
親切な解説までしていただき有難うございました。
これからもよろしくお願いします。



宜しくお願い致します 投稿日:2016年05月17日 20:47:46 No.1779 【返信】
千葉県の房総半島の少し山深い場所のクヌギの木に付いておりました。体長は15ミリほどかと思います。初めて見た虫で図鑑で調べましたが分かりません。この虫の正確な名前までは知らなくてもいいのですが、珍しい虫でしょうか?
宜しくお願い致します。


Re: 宜しくお願い致します Genka 投稿日:2016年05月17日 21:20:16 No.1781
 オオアオゾウムシ、ヒメオオアオゾウムシ、フトアオゾウムシのいずれかだろうと思います(千葉には3種とも分布する)。

 図鑑を調べて分からなかったという方が結構多いので参考までにお尋ねしているのですが、どんな図鑑を使っているのですか。
回答ありがとうございます 投稿日:2016年05月17日 21:35:54 No.1782
わざわざ回答して下さり本当にありがとうございますm(__)m 見つけてから気になっていたのでスッキリしました。
図鑑は図書館などに置いてある小学館の厚めの本で、ゾウムシが載っていて形が似ていたのでゾウムシなのかなぁ…とは考えていたのですが緑色だったので違うのかなぁ…なんて考えていました。
Re: 宜しくお願い致します Genka 投稿日:2016年05月18日 20:11:35 No.1790
 図鑑についてありがとうございます。具体的な書名までわかれば他の方々にも参考になったかもしれませんね。ゾウムシの中でも大きくてわかりやすい虫なので、小学館の図鑑(新しいもの)だとおそらく載っていたのではないかと思います。



お礼 とも 投稿日:2016年05月18日 15:52:43 No.1788 【返信】
お返事ありがとうございます。あまり大きめのカメムシに遭遇しないので、ちょっと興奮してしまいました。どういうカメムシかわかって感謝します。




ヒメスギカミキリ? ろろ 投稿日:2016年05月14日 18:38:14 No.1765 【返信】
初めまして。
いつも貴サイトを楽しみに読ませていただいています。
さて、今回は先日採集したカミキリの同定をお願いいたしたく、初めて投稿させていただきました。

5月上旬に北関東の標高約400Mの植林地帯にある、小規模な杉材の土場で採集しました。
ヒメスギカミキリを第一候補としていますが、体長が尾部の突起(産卵管と呼んで良いのでしょうか)を除いても、12.2mmもあり、断定しかねています。
腿節の形状からもヒメスギだと思うのですが・・・。

自分が同定する際参考としているのは、主に貴サイト、吉崎ネット、日本の昆虫1400くらいです。
よろしくお願いいたします。


Re: ヒメスギカミキリ? Genka 投稿日:2016年05月14日 21:57:37 No.1766
 ヒメスギカミキリはこれが初めての採集でしょうか。もし過去に採集しているのであれば、その個体と詳しく比較して形態に差がなければ同種と判断します。私にはヒメスギカミキリにしか見えませんが。

 体長がどの範囲の長さを示すのか図鑑の凡例を確認してほしいのですが、甲虫の場合は一般に頭部の先から翅端までで腹部の突出部は含まないはずです(標本の状態によって腹部の露出部分の長さは変動するため)。ハネカクシなど腹部が露出するのが普通である虫は別ですが・・・。
 工業製品ではないので、図鑑に示された体長の範囲を超える個体も時々出現します。オオクワガタの飼育個体が良い例で、他の虫でも野外で栄養状態が特別に良ければ大きな個体が出ます。また、図鑑にはヒメスギカミキリの体長は「7~12mm」と小数点以下は示されていないので、今回のように四捨五入してその範囲に収まるのであれば誤差の範囲内と捉えるのが普通です(中学の数学で「誤差」について学ぶと思いますが、12mmは「11.6~12.4mm」、12.0mmは「11.94~12.04mm」、測定値には必ずある程度の幅を伴います)。

 あと、「日本の昆虫1400」はあくまで入門書ですし、ネットのものは紙媒体に比べて誤同定が多かったり情報が少なかったりもするので、少し踏み込んだことを調べようと思ったらそれなりの書籍をあたる必要があります。カミキリムシは研究が進んでいる分類群なので、日本産の全種(出版当時)が掲載された図鑑も約30年前から出ています(「日本産カミキリ大図鑑」「日本産カミキリムシ検索図説」「日本産カミキリムシ」の3冊)。買うと高いので、図書館に足を運んで読んでみると良いです。
Re: ヒメスギカミキリ? ろろ 投稿日:2016年05月17日 21:46:13 No.1784
早速の回答ありがとうございました。
ヒメスギカミキリは、これまで数十頭見ていますし、採集も数頭しているのですが・・・。
今回、ヒメスギと確信できなかったのは、自分が昆虫の体長の定義と、小数点の取り扱い方を知らなかったことが一番大きな原因です。
あと、頭と前胸の幅が、狭いように見えたことも混乱の一因でした。

今回は大変勉強になりました。
図鑑は、古書店街で探してみようと思います。




教えてください miyamahoojiro 投稿日:2016年05月16日 11:20:07 No.1772 【返信】
大阪府北部の渓流沿いで観察しました。翼開長は10Cmくらい。オオミズアオかオナガミズアオかの区別が解りません。宜しくお願いします。


Re: 教えてください Genka 投稿日:2016年05月16日 20:11:06 No.1774
 区別点は下記のページにまとめられています。私にはこの角度の画像では断定できません。見る人が見れば断言できるのかもしれませんが・・・。

似た蛾の比較図鑑
http://www.jpmoth.org/~moth-love/HIKAKU/omizu_onaga/omizu_onaga.html
Re: 教えてください takao_bw 投稿日:2016年05月17日 00:24:13 No.1775 【Home】
オオミズアオではなかろうかと思えます。
このアングルだと後翅の模様が判り難いのですが、前翅前縁の白い部分(特に胸に近い方)にオナガミズアオは赤い毛の混じりが見えないはずです。
Re: 教えてください miyamahoojiro 投稿日:2016年05月17日 03:42:32 No.1776
Genkaさん、takao_bwさん 有難うございました。オオミズアオで整理しておきます。
Re: 教えてください Genka 投稿日:2016年05月17日 21:16:33 No.1780
 「これらの比較ポイントに全て例外があるので一つの比較ポイントで判断するのではなく。総合的に見て判断するべきである」
 どこまで厳密に同定するかにもよりますが、単に整理のためファイル名に名前をつけておきたいだけならオオミズアオでも良いかもしれませんね。



フタスジカタビロハナカミキリ dx-9 投稿日:2016年05月15日 19:39:54 No.1767 【返信】
どうにか一匹。

山芍薬は沢山あるのに
花が少ないです。

まさか花が他の野生動物2種食べられたり
してませんよね。

例年よりかなり少ない印象でした。


Re: フタスジカタビロハナカミキリ dx-9 投稿日:2016年05月15日 20:03:29 No.1768
訂正です。

野生の動物園に食べられたり

の間違いでした。

あと、日記にも書きましたが、
謎の甲虫です。


Re: フタスジカタビロハナカミキリ Genka 投稿日:2016年05月15日 20:24:39 No.1769
 山の高いところでも山芍薬の季節になってきましたね。増えすぎたシカは本来食わないとされていた植物も食べ始めているようなので安泰ではないかもしれません。

 謎の甲虫はオカモトツヤアナハネムシです。アカハネムシ科です。原色日本甲虫図鑑では「まれ」となっていました。
Re: フタスジカタビロハナカミキリ dx-9 投稿日:2016年05月15日 20:49:47 No.1771
Genkaさん、ありがとうございます。
まだ、鹿と決めつけておりませんが、
あれ程あったつぼみはなく、花が少ないのは、
何者かの影響があったと思いました。

オカモトツヤアナハネムシ
ありがとうございますm(_ _)m




教えてください 横田 投稿日:2016年05月12日 10:27:17 No.1761 【返信】
図鑑で探してもわかりません
滋賀県東近江市芝原町の山
宜しくお願いします


Re: 教えてください Genka 投稿日:2016年05月12日 20:08:31 No.1762
 画像が投稿できたようで良かったです。おそらく前回は画像容量オーバーだったのでしょう。
 昆虫全般を扱った図鑑でこの虫が載っていないものはなかなか思いつかないのですが、どんな図鑑を調べたのでしょうか。
 あと、URL欄になぜか入力されていたメールアドレスは削除しました(アドレスが自動収集されて迷惑メールがそちらに届くのを防ぐため)。

http://www.insects.jp/kon-kameyokozuna.htm


無題 横田 投稿日:2016年05月13日 10:23:37 No.1764 【Home】
ありがとう御座いました
子供達も 驚きと興味深く見て
又、知らない昆虫を探しに出掛けようて
言ってました
また、解らなければ 宜しくお願いします



草原の虫 Genka 投稿日:2016年05月11日 06:32:36 No.1756 【返信】
 日曜は怪獣1号2号とともに関東某所へ。かねてから出会ってみたいと思っていた虫を見つけることができた。現地情報を教えてくれたNT氏に感謝。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/activity2016/seaka160508.html


Re: 草原の虫 クプクプ 投稿日:2016年05月11日 21:50:26 No.1757
セ!ア!カ!いいね♡おやすみなさい。
Re: 草原の虫 Genka 投稿日:2016年05月12日 20:10:01 No.1763
 クプクプさんなら色々な場所で出会っているかもしれませんね。初めて見たのですがとても美しいです。



教えてください まつした 投稿日:2016年05月10日 09:42:09 No.1748 【返信】
はじめまして。滋賀県の朽木というところで見つけた昆虫です。
家の中にいてじっとしていました。周囲は山の奥で畑があり山野草がいっぱいあるところでした。背中側は甲冑をきているようで、触角が黒白に見えました。
初めてみる昆虫でした。さわって見たかったのですが、触れませんでした。
何科で検索したら良いのかもわかりませんでしたのでよろしくお願いいたします。


Re: 教えてください クプクプ 投稿日:2016年05月10日 18:16:51 No.1750
はじめまして。カミキリムシ科で飛べないため、地域変異があって、愛好家に人気の昆虫です。「カミキリムシ科 飛べない」などで検索してください。管理人のGenkaさんの専門の昆虫です。
Re: 教えてください Genka 投稿日:2016年05月10日 20:20:43 No.1753
 東京にはいない虫なので「東京の昆虫」には載せていませんが、「日本各地の昆虫」には掲載しています。

日本各地の昆虫
http://tokyoinsects.web.fc2.com/insects_japan_thumbnail.html
Re: 教えてください まつした 投稿日:2016年05月12日 05:57:10 No.1760
クプクプ樣、ありがとうございます。飛べないカミキリムシで調べてコブヤハズカミキリとわかりました。珍しい虫に出逢ってとても不思議でした。

Genka樣、このたびはお世話になりありがとうございます。地域名がそれぞれついていて日本各地でそれぞれすみ分けてすんでいる虫がこんなにもいるということがよく分かりました。これからはいろんな虫がたくさん出る季節なのでドキドキしながらさがしてみたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。



初めて見ました 横田 投稿日:2016年05月11日 23:19:16 No.1759 【返信】
初めまして 横田です
子供達と タケノコ掘り行った時の事です
桜の木に 初めて見る 色鮮やかな虫がいたので写メを撮り
帰ってから 調べても解らない為 教えてもらえますか
宜しくお願いします
滋賀県東近江市芝原町の山です





初めて見ました 横田 投稿日:2016年05月11日 23:07:48 No.1758 【返信】
初めまして 横田です
子供達と タケノコ掘り行った時の事です
桜の木に 初めて見る 色鮮やかな虫がいたので写メを撮り
帰ってから 調べても解らない為 教えてもらえますか
宜しくお願いします
滋賀県東近江市芝原町の山です





イトトンボの仲間だと思うのですが? ルリビタキ 投稿日:2016年05月08日 18:17:45 No.1743 【返信】
5月7日、富士宮市の朝霧高原にある池(人造池)の近くの遊歩道で見つけた小さなトンボです。
この池では夏にはアオイトトンボやキイトトンボがよく見られるのですが、5月に出会ったのは初めてです。
左右の眼後斑がつながっているように見えるので、図鑑で調べたらホソミイトトンボかアジアイトトンボが候補にあがりました。その他の特徴をみても判別できません。
名前を教えていただけたらと思いますので、よろしくお願いします。


Re: イトトンボの仲間だと思うのですが? Genka 投稿日:2016年05月08日 21:08:44 No.1744
 画像を見る限り、候補に挙げた2種のどちらかが正解だと思います。この2種で迷っているのでしたら、胸部の斑紋をよく比べてみてください。トンボは雌雄で斑紋が違うことが多いので性別に注意が必要です(この個体は♀ということはお気づきでしょうか)。
Re: イトトンボの仲間だと思うのですが? ルリビタキ 投稿日:2016年05月09日 21:59:20 No.1747
ありがとうございます。
胸部の斑紋を見比べるということですが、「日本のトンボ」(文一総合出版)によるとアジアイトトンボの♀には黒色条がないとのことですので、ホソミイトトンボの♀ということでしょうか?
Re: イトトンボの仲間だと思うのですが? Genka 投稿日:2016年05月10日 20:16:14 No.1751
 画像を見る限りはそれで合っていると思います(同定の基本は現物比較ですので、図鑑もあることですし最終的にはご自身でご判断ください)。

 参照した図鑑は「日本のトンボ」だったのですね。斜め上からの撮影になっているため、図鑑の写真とは印象が違って見えると思います。今後もトンボを撮影していくのでしたら、作品としての写真とは別に、真横から撮影する同定用の写真も撮るように心がけていくと、同定眼が少しずつ養われていくと思います。あと、雌雄の区別は早い段階で覚えておいたほうが良いと思います。
Re: イトトンボの仲間だと思うのですが? ルリビタキ 投稿日:2016年05月11日 00:26:37 No.1755
Genkaさん、ありがとうございます。
これまでは観賞用の写真を撮ろうとしていたのですが、これからは真横からと、できれば真上と腹部の先端も撮るように心がけたいと思います。



教えてください。 でっぱら 投稿日:2016年05月10日 18:15:20 No.1749 【返信】
大阪府で5月8日(日)に見た物です。
教えてください。
よろしくお願いいたします。


Re: 教えてください。 Genka 投稿日:2016年05月10日 20:18:57 No.1752
 「虫虫画像掲示板」で時々お見掛けするお名前ですね。
 翅がないものはまず幼虫を疑うのが基本ですが、こちらはご覧になりましたか。少なくとも近い種は載っています。

芋虫とも毛虫ともつかない幼虫
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/thumb-imokemu.html
Re: 教えてください。 でっぱら 投稿日:2016年05月10日 22:10:25 No.1754
Genka様
早速のご教授ありがとうございます。
スズキクサカゲロウ(幼虫)なんですね。
ありがとうございました。



日記:公園散策 Genka 投稿日:2016年05月08日 21:29:18 No.1746 【返信】
 昨日は怪獣2号とともに葛飾区の公園へ。すでに夏のような陽気になっていて、シオカラトンボの未成熟個体がそこそこ飛んでいた。
 怪獣2号はお気に入りのナナホシテントウをあちこちで発見し、見つけるたびに「テントムシ」と呼びかけていた。





こんにちは。 dx-9 投稿日:2016年05月08日 12:03:51 No.1741 【返信】
ヒラヤマコブは何十匹も見てますが、こういうシチュエーションは無いです。かつて幻の虫だった頃は飛翔個体やこうした感じで得られたんでしょうか。


今年は季節がの進み具合が早すぎて、カエデで惨敗してきました。

副産物のヤマネです。


Re: こんにちは。 Genka 投稿日:2016年05月08日 21:14:12 No.1745
 ヤマネ、可愛いですね。実物見たことないのですが、洞の中を覗いてこれがいたらヒラヤマ採れなくても十分です。

 生態がわかる前の偶然の遭遇を体験できたようなものでした。洞から次々に飛び立つという場面に遭遇した人もいるようなので、そういう光景をいずれ見てみたいです。

 今年も暑くなるのが早いですね。クリの花が5月中には咲きそうな勢いです。



奥多摩探索 Genka 投稿日:2016年05月02日 22:51:36 No.1714 【返信】
 今日は今年初めて奥多摩へ。連休の合間の平日ということもあり、登山者には出会わず。今回は状況把握とトラップ設置が目的だったので、ゆっくりと新緑の中を歩いてきた。

Re: 奥多摩探索 Genka 投稿日:2016年05月08日 09:11:05 No.1740



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -