東京昆虫館:画像掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [管理用]

東京昆虫館:画像掲示板(新)
管理人Genkaの日記も兼ねています。古い記事への投稿も遠慮なくどうぞ。

昆虫の名前を質問する時の注意事項

過去の投稿記事を確認しましょう
すでに同じ虫が質問されていることがよくあります。

「都道府県」を教えてください
地域ごとに候補となる虫の種類が変わるので重要な情報となります。

返信は返信画面から投稿しましょう
新規投稿すると親記事と離れてしまい関連がわからなくなります。

多少なりとも時間がかかります
回答には時間がかかることが多いです。丸1日(24時間)程度はお待ちください。

回答者には一言お礼を書きましょう
回答はボランティアで行われています。
最低限のマナーとして、回答者に一言お礼をしましょう。

東京の昆虫:縮小画像一覧
(質問する前にこちらを眺めてみると答えが見つかるかもしれません)

東京昆虫館に戻る

一度に投稿できる画像は3枚まで、画像の合計サイズは3メガバイトまでです。


お名前
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )

福島のお山にて yuumin 投稿日:2017年06月21日 10:17:58 No.2638 【Home】 【返信】
お早うございます~(*^-^*)
ムネアカオオアリの件では御迷惑をお掛けしまして申し訳ございませんでした。
先週の金曜日から花友さん達と福島へ花散策に出かけて来ました。
その時に出合った昆虫をお届けさせて頂きます。
一応、名前を調べたのですが間違っていましたらご教示お願いいたします。
透き通った黒い翅の美しい蛾だと思ったのですが調べるとウスバシロチョウのようでした。
ウスバシロチョウ、ハッチョウトンボです~(^^♪


Re: 福島のお山にて yuumin 投稿日:2017年06月21日 10:20:57 No.2639 【Home】
?のトンボ(湿原にて)ダイセンヤマナメクジ、ヤマキマダラヒカゲだと思うのですが

Re: 福島のお山にて yuumin 投稿日:2017年06月21日 10:23:57 No.2640 【Home】
ジョウカイボン、ハルゼミ、?のトンボです。

Re: 福島のお山にて Genka 投稿日:2017年06月21日 22:22:37 No.2641
 季節のお便りありがとうございます。お出かけの場所はまだ晩春~初夏のようですね。

 調べた虫の名前はだいたい合っているので、再検討が必要なものだけ書きます。

?のトンボ(湿原)
腹部全体が白く粉を吹いているのが特徴的なトンボです。胸部の斑紋にも着目すれば種名がすぐわかることでしょう。

ハルゼミ
分布を確認してみてください。福島には分布していないはずです。

?のトンボ(2枚目)
サナエトンボの仲間に見えますが、胸部側面の斑紋が翅で隠れて見えません。この部分が見えないと難しいです。
Re: 福島のお山にて Genka 投稿日:2017年06月21日 22:37:18 No.2642
ジョウカイボン
ジョウカイボンも似たものがいろいろいます。ただのジョウカイボンLycocerus suturellusとは違うように見えます。



大豆の葉っぱにいる虫の名前 ちか 投稿日:2017年06月17日 19:40:23 No.2632 【返信】
畑で大豆を育てているのですが、葉っぱに写真の虫(3mmほどの小さな虫)が何匹も発生しています。
オンブをして、交尾?もしているようなのですが、何という名前の虫でしょうか。
どなたか教えていただけませんか。


Re: 大豆の葉っぱにいる虫の名前 ちか 投稿日:2017年06月17日 19:42:48 No.2633
場所は岐阜県です。
Re: 大豆の葉っぱにいる虫の名前 Genka 投稿日:2017年06月17日 20:30:58 No.2634
 メダカナガカメムシです。畑以外ではクズの葉の裏でよくみかけます。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/hemiptera/medakanagakamemushi.html
Re: 大豆の葉っぱにいる虫の名前 ちか 投稿日:2017年06月17日 21:30:56 No.2636
ありがとうございます。
とても助かりました!!



クロサワヒメコバネカミキリ dx-9 投稿日:2017年06月13日 22:18:04 No.2626 【返信】
こんばんは!
知人に情報を頂き、早速相模原市の有名産地へ行って来ました。自分は撮影をしたいのでルッキングだけで探しましたので、満開の栗の花に来る副産物は殆ど無しです。クマノミズキがホストらしいのですが、栗の枯れ枝に付いた状態で見られるのが謎です。後はカシコスカシバなんかを見かけました。


Re: クロサワヒメコバネカミキリ ita 投稿日:2017年06月15日 20:37:53 No.2627 【Home】
こんばんは
以下は去年同じエリアの栗の枯れ枝で撮影したものですが、最初は菌類を食べているのかと思ったけど、どうもメスが産卵してるように見えます。栗がホストなのかも?
https://www.flickr.com/photos/itarex/27592780051/
Re: クロサワヒメコバネカミキリ Genka 投稿日:2017年06月15日 21:29:38 No.2629
 クロサワヒメコバネの生態写真すばらしいです。私もクマノミズキがホストと記憶していましたが、クリで見られるんですね。良い具合に枯れているので引き寄せられて、産卵できるか探りをいれているんでしょうか。
Re: クロサワヒメコバネカミキリ dx-9 投稿日:2017年06月15日 23:57:00 No.2630
itaさんGenkaさん
こんばんは、本日仕事帰り、16時ごろから18時まで観察してました。
先行者は殆ど知り合いで、今日はメスがほとんど取れないと言われてましたが、皆が帰ったあと一人でルッキングで探索。結局、18時まで4匹のメスを見つけました。飛翔してる個体も栗の枯れ枝を徘徊している個体もありました。偶然かもしれません、夕方はメスの時間なんでしょうか?
また、栗以外の枯れ枝で採集されてます。
Re: クロサワヒメコバネカミキリ eichan 投稿日:2017年06月16日 21:53:13 No.2631
こんばんは。
太めのクマノミズキの樹皮下を食べるクロサワヒメコバネがクリの細枝に産卵するとは思えませんね。
クリの花に集まった♂♀が、クリの細枝で交尾することはあるかもしれませんが、その後はクマノミズキの太めの枯枝で産卵すると思いますよ。
Re: クロサワヒメコバネカミキリ Genka 投稿日:2017年06月17日 20:41:04 No.2635
 同じ場所でも時間をずらして観察して、他の人とは違った景色が見えたようですね。夕方は産卵場所を探してウロウロしているんだろうと思います。時期を覚えておいて、来年以降に行ってみたいです。

 itaさんの写真では産卵管らしきものが出ていますが、その先には産卵できそうな樹皮の隙間もないし卵も見えてないので、この瞬間は産卵ではなさそうですね。



奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年06月06日 21:59:21 No.2624 【返信】
 例年より1ヶ月遅い6月4日に今年初の奥多摩探索へ。天候には恵まれたものの、開始早々にアクシデントに見舞われて当初の計画は断念。別の虫に狙いを切り替えて続行し、今まで見えていなかった世界を垣間見ることができた。

Re: 奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年06月09日 09:15:31 No.2625



この甲虫の名前を教えてください n.m 投稿日:2017年06月05日 13:56:10 No.2614 【返信】
2017.6.4 葛西臨海公園で撮影
体長は4mmほど。クズの葉上にいました。
ハムシ、テントウダマシなどを当たったのですが、…。


Re: この甲虫の名前を教えてください Genka 投稿日:2017年06月05日 20:45:58 No.2620
 湿地の虫という印象ですが、あんな場所にもいるのですね。

 甲虫は科の数が多く、違う科でも似たような体型をしているものが多いので2、3の科をあたっただけでは該当種なしということがよくあります。n.mさんはもう長年撮影を続けていることですし、東京都の昆虫にも載せている種なので根気強く探してみてください(科としてはテントウダマシが最も近く、惜しいところです)。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/tokyo_coleoptera-top.html
お礼 n.m 投稿日:2017年06月06日 08:25:36 No.2622
指摘とリンクのお陰でジュウクホシテントウと判明しました。
新しくテントウの仲間が増えました。ありがとうございました。
Re: この甲虫の名前を教えてください Genka 投稿日:2017年06月06日 21:51:16 No.2623
 ジュウクホシテントウで合っています。
 甲虫の科の見当をつけるコツは「体型、触角、ふ節」で、テントウムシ科は次の特徴があります。

1.体型:おおむね半球形(多少なりとも扁平または細長くなる場合あり)
2.触角:短く、先端が球桿状
3.ふ節:4-4-4で擬3節(第3節が非常に小さい)

 ふ節は標本だと確認が容易ですが、生態写真では高画質・高精細と適切な撮影角度が要求され難易度が高いです。比較的写し取りやすい体型と触角に注目してみると、甲虫の世界がさらに見えてきますよ。



キスジトラ 酒好き7R 投稿日:2017年06月03日 14:09:10 No.2612 【返信】
どうもです。
先ほど近所の公園の伐採木置き場に3匹ほど徘徊しているのをみつけました。
他は尾の長い小型の寄生蜂などを見つけて喜んでいました。


Re: キスジトラ Genka 投稿日:2017年06月03日 21:39:54 No.2613
 平地でも個体数が増えてくる時期になりましたね。キスジトラはトラカミキリの中でも好きなもののひとつで、行く先々で見かけると採っています。



アサヒナカワトンボとラミーカミキリ ルリビタキ 投稿日:2017年06月01日 22:02:34 No.2610 【返信】
またトンボの季節がやってきました。
静岡県浜松市北部山間地の小川で、交尾中のアサヒナカワトンボとラミーカミキリ(?)の撮影に成功しました。
アサヒナカワトンボの交尾は初撮影です。
オスの腹部背面全体は白粉に覆われていました。
同じ日、川岸のヤブマオ(?)の葉の上にとまっているきれいなカミキリ虫を見つけました。
後で図鑑で調べてみて、ラミーカミキリではないかと思いますがいかがでしょうか。


Re: アサヒナカワトンボとラミーカミキリ Genka 投稿日:2017年06月02日 06:11:53 No.2611
 ご無沙汰しております。
 今年もトンボの撮影に勤しむ時期になりましたね。ラミーカミキリで合っています。特徴的な斑紋なので日本には他に似ている種はいません。



ゲンゴロウ対タガメ くっさー警報発令中 投稿日:2017年05月30日 12:38:44 No.2607 【返信】
虫ばっかり、追いかけてたら、奥さんに逃げられるぞ子どもにも相手にされないぞ!

ばか正直に本当の事を書くな! ヘコキムシの臭い 投稿日:2017年06月05日 15:07:33 No.2615
正に、その通り、年齢を考えろよ、この馬鹿たれが



キイロミヤマカミキリ dx-9 投稿日:2017年05月30日 23:19:27 No.2608 【返信】
こんばんは!
10年くらい前から確認してたんですが、
昨夜神奈川県相模原市にてキイロミヤマカミキリを確認しました。
例のポイント、県境付近なので、東京都まで、1キロ位でしょうか。
東京都にも記録があるんですね。


Re: キイロミヤマカミキリ Genka 投稿日:2017年05月31日 21:29:43 No.2609
 キイロミヤマカミキリですか、いいですね。遠い昔、人の手で雑木林に変えられる前はスダジイ林が広がっていて本種も広く生息していたんだろうと思いますが、今となっては社寺林などにわずかに残る程度のようです。
 東京都では高尾山の記録のみですが、現在も生息しているかは不明です。丘陵地でスダジイ林が残っている場所なら可能性があるかもしれません。



ムネアカオオアリ yuumin 投稿日:2017年05月21日 22:37:26 No.2600 【Home】 【返信】
ご無沙汰して居ります。
今日、花友さん達と皿ヶ嶺へ出かけた際に大きなアリを初めて目にしました。
ムネアカオオアリの女王さまでしょうか?
他には居なくて1匹だけ活動していました。


Re: ムネアカオオアリ yuumin 投稿日:2017年05月21日 22:44:28 No.2601 【Home】
今季お初のアサギマダラ、ヤマキマダラヒカゲ、ヒメジャノメでしょうか?

Re: ムネアカオオアリ Genka 投稿日:2017年05月22日 21:19:50 No.2602
 ご無沙汰しております。
 チョウ3種は合っていると思います。
 アリの方は女王で、愛媛県だと候補が2種ありますが残念ながらどちらなのか区別がつきません。

ムネアカオオアリ(日本産アリ類画像データベース)
http://ant.miyakyo-u.ac.jp/J/Taxo/F80903.html

ニシムネアカオオアリ(日本産アリ類画像データベース)
http://ant.miyakyo-u.ac.jp/J/Taxo/F80923.html

女王の比較(ありんこ日記)
http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51770502.html
Re: ムネアカオオアリ yuumin 投稿日:2017年05月23日 17:19:19 No.2604 【Home】
ご多忙の最中ご教示いただきまして有難うございます。
ズームアップして見比べてみるとニシムネアカオオアリのようでした。
お陰さまで一つお勉強をさせて頂き感謝です。

オオスズメバチの女王蜂を初めて目にしました。


Re: ムネアカオオアリ Genka 投稿日:2017年05月24日 09:21:38 No.2605
 この記事を同定の参考にする方もいるので補足しておきます。

・日本産アリ類画像データベースの形態解説は「働きアリ」のもので、女王アリには適用できません。

・ありんこ日記の女王の比較にもあるように、「腹部の赤色部分の広さ」は個体差があります。

 以上のことから、候補の2種を女王アリの画像だけで区別するのは無理があると思います。
Re: ムネアカオオアリ yuumin 投稿日:2017年05月25日 06:33:00 No.2606 【Home】
度々コメントを頂きまして申し訳ございません。
女王アリの判別は良く似ているので難しいそうですね。
相変わらず、そそっかしいので働き蜂と比較していました。
此れからは気を付けるよう心掛けたいと反省しています。
ご多忙の最中ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。



内房の海岸 Genka 投稿日:2017年05月22日 21:48:14 No.2603 【返信】
 日曜日は貝焼き食べ放題を目当てに内房へ。入店前に怪獣3号に栄養補給をしている間、怪獣1号2号とともに磯を散策。貝殻をたくさん集めていた。
 漂着した海藻をひっくり返してハマヒョウタンゴミムシダマシ(ニセではない方)を採ったり、岩場に止まっていたイソジョウカイモドキ(♀なので普通の触角)を見つけたりした。





小蛾類の幼虫採集 Genka 投稿日:2017年05月19日 22:24:43 No.2599 【返信】
 最近は休日に採集以外での遠出が多く、乗り換えなどの短い時間を利用して小蛾類の幼虫採集をする程度。
 この前の土曜日は雨だったが、鉄道好きの怪獣2号の希望で京王線に乗車。終着駅からはもちろんケーブルカー。意外と多い観光客に驚きつつ、道沿いの新緑を眺めながら虫食い痕を探し、チャック付きビニール袋に葉ごと入れていく。天候が悪くてもそれなりに成果はあるのが幼虫採集の良い所。小蛾類なのでエサ植物も少量で済むので飼育も比較的簡単。





この甲虫の名前を教えてください n.m 投稿日:2017年05月13日 16:01:48 No.2589 【返信】
2017.5.11 群馬県渋川市の赤城自然園で撮影 オオバギボウシの葉で見つかりました。体長4~5mm ハムシだと思うのですが、ネットの映像や本で探してもヒットしません。もう4~5年前からわからないままでいます。

Re: この甲虫の名前を教えてください Genka 投稿日:2017年05月14日 06:25:11 No.2590
 お久しぶりです。
 ハムシ科というところは合っています。どんな図鑑を参照したかにもよりますが、日本に600種以上いるので小さな図鑑では載っていない種の方が多いです。
 少なくとも「ハムシ ハンドブック」には掲載されている種ですが、この本はご覧になりましたか。ハムシは色彩変異があることを念頭に、形(特に背面から見た時の輪郭、体表面の点刻)をよく見ることが大事です。
Re: お礼 n.m 投稿日:2017年05月18日 08:38:23 No.2595
Genkaさん、お陰様でナガトビハムシと判明しました。
ありがとうございました。長年つかえていたものがとれました。
また、よろしくお願いします。
Re: この甲虫の名前を教えてください Genka 投稿日:2017年05月18日 21:42:12 No.2598
 ナガトビハムシで合っていると思います。
 「ハムシ ハンドブック」には点刻がはっきり見える鮮明な写真が載っており、「原色日本甲虫図鑑4巻」には前胸背の点刻・溝について解説があり、両者を見比べるとこの種の特徴がわかりやすいと思います(標本が手元にあれば、腹面部分の解説とも照らし合わせることができます)。

 撮影対象が小さい場合、細かな違いに気づくために撮影者自身の眼の解像度を上げる必要があります。カメラの性能は日進月歩ですが、微妙な違いは撮影者自身が気づいていないと的確に写し込むことができません。また、写っていたとしても眼が低解像度のままでは同定の際に認識できないこともあります。

 最初は種名を答えないので意地悪と感じる方もいると思いますが、撮影を今後も続けていきそうな方には敢えてこのような回答をしていますので、またの投稿をお待ちしています。



名前を教えてください。 山田 豊 投稿日:2017年05月17日 15:39:56 No.2592 【返信】
この虫(虻?)の名前を教えて下さい。宜しくお願い致します。

Re: 名前を教えてください。 Genka 投稿日:2017年05月17日 21:39:59 No.2594
 とても鮮明に撮れているので申し訳ないのですが、この角度からの撮影では難しいです。他の角度(背面、側面)で撮影した写真はありますか?
Re: 名前を教えてください。 black_reg 投稿日:2017年05月18日 17:11:47 No.2596
こんにちは。
お尋ねのものは複眼の模様からたぶんツマグロキンバエの♂であろうと思われます。
Re: 名前を教えてください。 Genka 投稿日:2017年05月18日 21:23:00 No.2597
 black_regさん回答ありがとうございます。
 私もツマグロキンバエが候補ですが、複眼の模様だけで断定するのは難しいのではないかと思って別角度の写真を尋ねてみました(この角度で名前が簡単にわかるなら背面や側面といった同定の助けとなる角度からの撮影に今後取り組む必要がないと判断してしまうことも考慮して)。
 複眼の模様だけなら、よく似ているコシアキツマグロキンバエという種もいます。

http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_abu_hae/koshiakitsumagurokinbae.htm



クチキクシヒゲムシ dx-9 投稿日:2017年05月14日 22:25:56 No.2591 【返信】
マーク、おめでとうございます!
最近は激減してるらしいです。

ところでいつものポイントでクチキクシヒゲムシを撮影しました。クロコガネと思いいい加減に撮影したのが悔やまれます。


Re: クチキクシヒゲムシ Genka 投稿日:2017年05月17日 21:38:40 No.2593
 以前のようには採れなくなっているという話があるので採集記では詳細を割愛しました。今回の狙いはあくまでミチノクスカシバです。

 クチキクシヒゲムシの貴重な瞬間を捉えましたね。単にマークを採るよりもはるかに難しいのではないでしょうか。



津軽遠征 Genka 投稿日:2017年03月26日 23:30:17 No.2565 【返信】
 土日で青森へ。天気にも恵まれ、狙いの虫にはだいたい出会うことができた。

Re: 津軽遠征 クプクプ 投稿日:2017年03月28日 17:46:56 No.2566
キタカブリorマーク?
Re: 津軽遠征 Genka 投稿日:2017年04月01日 21:57:42 No.2567
 青森でオサムシならまずその2種ですよね。でも今回の狙いは別の虫です。標本作製がようやく終わったので、明日の飼育準備を終えてから採集記にとりかかります。
Re: 津軽遠征 Genka 投稿日:2017年04月23日 21:57:30 No.2582
 ようやく採集記執筆にとりかかっています。とりあえず1日目(前半)を公開しました。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/activity2017/tsugaru170325.html
Re: 津軽遠征 Genka 投稿日:2017年04月24日 22:29:39 No.2583
 1日目(後半)を公開しました。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/activity2017/tsugaru170325pm.html
Re: 津軽遠征 Genka 投稿日:2017年04月25日 21:32:07 No.2584
 2日目を公開しました。飼育結果編は準備中です。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/activity2017/tsugaru170326.html
Re: 津軽遠征 sundog 投稿日:2017年04月26日 19:49:59 No.2585
いつものことながら、狙った虫を既産地を避けてゲットする剛腕に感心します。
さすが、虫のプロだわぁ

画像は近況。 セイヨウミツバチ分蜂群の捕獲風景


Re: 津軽遠征 Genka 投稿日:2017年04月27日 22:34:57 No.2586
 ご覧いただきありがとうございます。寄主植物がどこにでも生えているものだったので敢えて未記録地域を狙ってみました。飼育の方も順調に進んでいるので、あとは記録として残すことを検討中です。

 季節がずいぶん進行して分蜂がみられる時期になっていたんですね。このところ野外に出ていないのでまだ春先の気分でいました・・・。
Re: 津軽遠征 ペプチドグリカンA 投稿日:2017年05月02日 21:18:01 No.2587
採集記最後に登場するオサムシ、超うらやましいです♪
Re: 津軽遠征 Genka 投稿日:2017年05月04日 06:24:59 No.2588
 ご無沙汰しております。連休でこちらに戻ってきているのでしょうか。
 オサムシは有名な生息地が近くにあったのでついでに探してみました。



ネジロカミキリ dx-9 投稿日:2017年04月22日 19:33:20 No.2580 【返信】
こんばんは!
あのエリアは面白いですね。
神奈川側ではネジロカミキリがいました。
春のカミキリを結構楽しめそうです。


Re: ネジロカミキリ Genka 投稿日:2017年04月23日 21:44:11 No.2581
 こんばんは。ネジロカミキリいいですね。身近にいると言われながら縁がないカミキリムシのひとつで、まだ1回しか出会ったことがないです。
 大型連休が近づいてきましたが、春のカミキリムシはもう少し楽しめそうですね。



ビャクシンカミキリ dx-9 投稿日:2017年04月20日 16:02:34 No.2578 【返信】
こんにちは。
再び町田市のポイントにビャクシンカミキリを
探しに行きました。
やっぱりいますね。
あの辺の新鮮な材をこの時期に探せば
いそうです。昨日露○さんとご一緒させていただきまして、露○さんが昔ビャクシンカミキリを見つけた場所は神奈川側だそうです。


Re: ビャクシンカミキリ Genka 投稿日:2017年04月21日 06:26:25 No.2579
 ご無沙汰しております。
 あのあたりにもビャクシンが見られるようになるとは驚きです。深く調査するとまだまだ発見がありそうなエリアですね。



この時期の蝉の抜け殻は? blue0504 投稿日:2017年04月14日 12:04:33 No.2574 【返信】
はじめまして。一昨日、東京都渋谷区の公園で、蝉の抜け殻を複数個見つけました。
あまりにも早いなと思って少々調べてみると、ハルゼミは和名のとおり4月末から6月にかけて発生するとありました。ただし、ハルゼミは都内では絶滅とも報告されているようです。他の蝉の可能性と、昨年の蝉の抜け殻の可能性がありますか?ご存じの方いらっしゃいましたらお教え下さいませ。よろしくお願い致します。


無題 Genka 投稿日:2017年04月14日 21:01:24 No.2575
昨年またはそれ以上前の羽化殻と考えるのが普通だと思いますが・・・。

羽化場所が雨風の影響が少ないと羽化殻は長期間そこに留まっていますし、地面に落ちても乾燥してるとなかなか分解されずに残っています。見つけた場所はそんなところではないですか?
Re: この時期の蝉の抜け殻は? blue0504 投稿日:2017年04月16日 08:29:05 No.2577
風通しは悪くなさそうなところで、背丈よりは高いところにありましたが…去年の夏の名残と考えるのが妥当ですよね。たまに通る場所なので、今後も気をつけて見てみようと思います。ありがとうございました!



アシナガモモブトスカシバの休眠打破 Genka 投稿日:2017年04月15日 21:19:43 No.2576 【返信】
 アシナガモモブトスカシバの幼虫飼育については「擬態する蛾スカシバガ」に解説がある。それによると、本種は年2化で、晩夏に採集した幼虫は飼育下で簡単に蛹化・羽化するが、冬季に採った幼虫は飼育下では蛹化せず、低温処理や湿度条件の変更などで休眠からの覚醒を試みてもほとんど死んでしまうとある。

 最近、飼育しているアシナガモモブトスカシバが羽化したが、これは昨年秋にゴキヅルの実から幼虫で採集したもの。過去の3回の飼育でも秋に幼虫を採集して春に羽化している。どうやら、短日処理で休眠を打破できるようだ。

 短日処理といっても簡単で、机の引き出しに収納して週に1回加湿する時以外は暗黒条件下においておくだけ。1ヶ月ほどしたら普通の照明条件に戻して加温すればやがて羽化する。





紛らわしいテントウムシ KURO 投稿日:2017年04月10日 19:17:15 No.2570 【返信】
こんばんは。
初めて投稿させていただきます。
画像は先日、平地の河川敷(徳島県)で見つけたものです。
テントウムシには間違いなさそうですが、
「シロホシ」か「ムーアシロホシ」かで迷っています。
全体的には「ムーアシロホシ」に近いと思いますが、前胸背の白紋に違和感があって困ってしまいました。
管理人様のご見解を聞かせて頂ければ幸いです。


Re: 紛らわしいテントウムシ Genka 投稿日:2017年04月10日 22:16:37 No.2571
 はじめまして。
 ネット上にあるこの仲間の画像は誤同定が多いですね。何かしらの資料を使って2種に絞り込んだと思うのですが、シロジュウゴホシテントウは検討してみたでしょうか。検討するにあたり、このような斜めからの画像ではなく背面からの画像があるとわかりやすいと思います。

シロジュウゴホシホシテントウ
http://www2.mus-nh.city.osaka.jp/learning/Ent/Ladybeetle-key/calvia-quindecim.html
Re: 紛らわしいテントウムシ KURO 投稿日:2017年04月11日 19:16:12 No.2572
Genka 様。
早速のご教示ありがとうございます。
代表的な2種だけで検討してみたのですが、
よく調べてみるとこのタイプは類似種が結構いるみたいですね。
恥ずかしながら「シロジュウゴホシテントウ」も知りませんでした。
このタイプは過去にも幾つか撮っていますが、よく調べないまま「シロホシ」か「ムーアシロホシ」の名前で保存していますので、これを機に再検討してみます。
どうもお世話になりました。
Re: 紛らわしいテントウムシ Genka 投稿日:2017年04月11日 20:49:04 No.2573
 橙色に白い紋のテントウムシは近似種が意外といて、生態写真だけだと難しい場合も最初は多いと思います。前の投稿で紹介した大阪市立自然史博物館のサイトのように信頼できる情報と、そうでない個人の画像が混在しているので参照する場合は注意が必要です。

 おそらく採集して標本に残すことはしていないと思いますので、これからは「作品」としての写真とは別に「同定用」の写真を撮影しておいてはいかがでしょうか。「作品」だけの場合、区別点がうまく写っていなければ種名の確定を諦めることになります。再検討がうまくいくといいですね。



海浜のグミ群落 Genka 投稿日:2017年03月09日 06:17:56 No.2559 【返信】
 3月1日に怪獣2号とともにスカシバガ探索。昨年夏に目星をつけていたこともあり、狙いの幼虫を発見できた。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/activity2017/hasunuma170301.html


Re: 海浜のグミ群落 Genka 投稿日:2017年04月05日 21:31:21 No.2569
 一番大きな幼虫は加温して飼育。採集から2週間あまりで蛹になり、今日無事に羽化した。




稲荷山図書館 Genka 投稿日:2017年04月04日 22:53:32 No.2568 【返信】
 今日は久しぶりに練馬区にある稲荷山図書館へ。ここは昆虫コーナーがとても充実していることで虫屋さんの間では有名。さまざまな分類群の図鑑や地域の昆虫を取り扱った本がずらりと並び、雑誌も月刊むしや昆虫と自然といった全国誌はもちろん、各地の同好会誌も揃っている。最近は虫の同定や情報収集はネットでしかやらないという人が増えていると思うが、ネット上で得られる情報はほんの一部ということがこの場所に来ればきっと実感できるはず。

 昼食は近所の公園へ。カタクリの自生地として有名で、見物客でにぎわっていた。散策路には所々でハナアブがホバリングをしており、花を撮影していたらトラフコメツキも飛んできた。


練馬区立稲荷山図書館
https://www.lib.nerima.tokyo.jp/institution/12





河川敷散策 Genka 投稿日:2017年02月12日 20:53:22 No.2543 【返信】
 今日は怪獣2号とともに多摩川河川敷へ。かつて訪れたことがある場所はニセアカシアの勢力が拡大しており、その一角はアオゴミムシを見つけることすら困難な死の林になっていた。この樹木は多摩川でも場所によっては除去対象となっていて、非常に厄介な存在。
 怪獣2号の目的は電車鑑賞で、普段見られない特急列車が通るたびに満足そうにしていた。


Re: 河川敷散策 Genka 投稿日:2017年02月13日 22:26:54 No.2544
 ほとんど虫は出てきませんが、採集記を書きました。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/activity2017/tamagawa170212.html
Re: 河川敷散策 sundog 投稿日:2017年02月16日 17:10:56 No.2545
ハチの巣、モンスズメバチのモノのように見えますが、いかがでしょうか?

添付の画像は
オオ外皮 オオ コガタ
モン外皮 モン キイロ


Re: 河川敷散策 Genka 投稿日:2017年02月19日 21:02:55 No.2546
 sundogさんご無沙汰しております。
 外皮が見当たらなかったのと巣の大きさでアシナガバチと思っていましたが、現物を見直してみると確かにスズメバチのもののようですね。大きさがわかるように改めて撮影してみました。色合いからみるとオオよりはモン・キイロが近いように見えますが、いかがでしょうか。


Re: 河川敷散策 sundog 投稿日:2017年02月24日 16:50:34 No.2554
Genkaさん、お久しぶり。

巣の色に関しては、以下の傾向があります。ご参考まで。
オオスズメ:黒に近い(杉樹皮を多用)
ヒメスズメ:赤っぽい(杉朽ち木の赤芯)
モンスズメ・チャイロスズメ:白っぽい(広葉樹朽ち木)
コガタスズメ・キイロスズメ:一定しない(何でも使う)

樹洞営巣の頻度は、以下です。
モン・チャイロ>ヒメ>キイロ>オオ
コガタは樹洞に営巣しない。

育房サイズが中型Vespaの末期サイズなので、モンかチャイロだと思います。
Re: 河川敷散策 Genka 投稿日:2017年02月24日 22:11:20 No.2555
 巣の情報ありがとうございます。チャイロは可能性がほとんどなさそうなのでモンでしょうね。採集記も修正しておきます。
 それにしても、たくさんの巣を見てきていると見る眼が違いますね。
Re: 河川敷散策 Genka 投稿日:2017年03月21日 22:06:48 No.2562
 モンスズメバチの巣で見つけた幼虫が羽化しているのを発見(すでに力尽きていた)。ギンモンシマメイガでした。

Re: 河川敷散策 sundog 投稿日:2017年03月23日 19:46:19 No.2563
おー! 派手な方が出ましたね。
当方でも昨秋オオスズメの巣から3回育てましたが、全部ギンモンシマメイガになりました。
モモイロシマメイガはキイロスズメの若い巣(7月)でしか見たことがないので、発生時期が違うのかもしれません。

最近、熱心な蛾屋さんと親しくしているので、今年は虫入りの巣を全部送ることにしました。
Re: 河川敷散策 Genka 投稿日:2017年03月26日 23:23:16 No.2564
 軟化が成功して無事に展翅できました。
 モモイロシマメイガというのも出てくるんですね。こっちも見てみたいですが、若い巣を狙う勇気はありません・・・。





春の足音 Genka 投稿日:2017年03月15日 17:53:42 No.2561 【返信】
暖かくなったり寒くなったりを繰り返しながら少しずつ春が近づいている今日この頃。畑ではエンドウの花が次々と咲き、近所の川では数日前に亀を見た。活動するアリの姿も見られ、そろそろスギカミキリも出てくるだろう。




材割採集 Genka 投稿日:2017年02月26日 21:22:22 No.2556 【返信】
 今日はお世話になっているゾウムシ屋さん一家とともに採集。梅の花が見頃を迎えて春の訪れを感じる陽気の中、広く薄く生息する虫を求めて歩き回る。最初の方は苦戦したものの、最後に旬な木が見つかって大きな個体も得られた。虫の発生から年数が経過していることもあり、地元の方々の認知度も高まっているようだった。
 怪獣2号は最初のうちは人見知り全開だったものの、最後の方はお兄ちゃんたちと楽しそうに遊んでいた。





日記:怪獣3号 Genka 投稿日:2016年09月23日 21:04:33 No.2426 【返信】
 今月19日に怪獣3号(♀)が誕生し、今日ようやく家にやってきた。怪獣1号(♀)はお姉さんぶりを発揮しているのに対し、怪獣2号(♂)はライバル意識むき出し。しばらくは身動きがとれません。

Re: 日記:怪獣3号 sundog 投稿日:2016年09月26日 23:51:15 No.2429
おめでとうございます。 がんばれとーちゃん!
Re: 日記:怪獣3号 takao_bw 投稿日:2016年09月27日 04:16:47 No.2430 【Home】
子供は大変ですが・・・座敷の華とも言われてきました。そして、あっという間に大きくなります。
思い返すと、手がかかって大変なころが一番幸せだったように感じます。
たっぷり楽しんでください( ^o^)
Re: 日記:怪獣3号 Genka 投稿日:2016年09月28日 18:49:10 No.2431
 ありがとうございます。楽しみながらがんばります。
Re: 日記:怪獣3号 しまちゃん 投稿日:2017年02月22日 17:01:05 No.2551
大変、ご無沙汰しております。

3号が誕生していたんですね…

いったいどんだけご無沙汰していたのやらですね。

おめでとうございます。
Re: 日記:怪獣3号 Genka 投稿日:2017年02月23日 21:24:35 No.2553
 しまちゃんさん、ご無沙汰しております。ずいぶん過去の記事まで遡ってご覧になったのですね。1号2号の時と違って、3号になるとようやく少しだけ余裕が出てきます。



教えてください わかたけ 投稿日:2017年02月20日 15:23:16 No.2547 【返信】
はじめまして。
庭のユズの木で見かけたものです。
初めは「ナミアゲハ」の蛹かな?と思ったのですが
よく見ると蛹ではなく 葉っぱを丸めたものでした。
なにか生活感があるような。
(山梨県)
1、2月5日撮影
2、2月13日撮影・・裏返してよく見たら もう一枚の葉を使いこんなに上手に
         接着させていました。

と、いうことは 自分で丸めたものではなく 卵でも産みつけて巻いたのでしょうかしら。

中に何がいるのか気になります。
今の段階で考えられるものは、何でしょうか。
教えてください。
よろしくお願いいたします。

※ 
NO.3 2月14日 蛹もいました! 幼虫はいっぱい見るのですが蛹は初めて。


Re: 教えてください Genka 投稿日:2017年02月20日 22:34:21 No.2548
 お気づきとは思いますが、枯葉を糸で綴っているようですね(2枚目の画像で糸が見えます)。ご自宅の庭にあるのでしたら、静かにゆっくりと開いて中を覗いてみてはいかがでしょうか。「暴いてしまってもし中に何かいたら、この寒いのに可哀想」では、何もわかりません。
Re: 教えてください  わかたけ 投稿日:2017年02月20日 23:33:06 No.2549
Genka様、
こんばんは。
お世話になりました。
確かにあけてみなければ わかりませんね。開けてからこれは何?とお尋ねしてもよかったとも思います。
「この寒いのに可哀想」・・ご想像の通りです。ネット検索した時に 葉を巻いているのは大体が「害虫」・・
でも、この姿を見るとなんだか「けなげさ」を感じておりました。中を見て 幼虫でしたらいいのですがたくさんの卵だとしたら困りもの・・・あけるかどうかまだ決めかねています。蛹は羽化の時を見られそうですので楽しみにしておきます。
ありがとうございました。



振り返り クプクプ 投稿日:2017年02月10日 06:52:15 No.2541 【返信】
Genkaさん、みなさん、おはようございます。
最近、私生活の充実とSNSへの参加などで、以前と掲示板との付き合い
が変わっていました。しかし、私生活のつまずきから、生活を振り返ると
東京昆虫館や幼虫図鑑で、昆虫の質問に回答していたのは、私の精神を
落ち着かせていたと気づきました。今は色々と恰好つけて背伸びしていますが
昆虫の質問に答えていたときは、背伸びしていなかったのがよかったです。
これを機に、また、気分転換に昆虫の質問に答えたり、近況を報告
するようにします。これからも、よろしくお願いします。


Re: 振り返り Genka 投稿日:2017年02月12日 20:41:32 No.2542
 クプクプさんしばらくご無沙汰でしたが、私生活も充実ということで何よりです。SNSと従来型の掲示板の両方を同じように続けるのはなかなか大変で、時間の制約があるとどちらかになってしまいますよね。複数のものはなかなか両立できないからこそ、SNS、ブログ、掲示板でそれぞれ違った顔ぶれの人々と交流できる面白味があるわけですが。
 啓蟄もまだ先のことで冬眠中のところが多いようですね。暖かくなれば探しに行かなくとも虫たちが目の前に現れてくれるようになって、そうなったら名前を求めて訪れる人が増えてくると思います。その時にはまた回答にご協力いただければうれしいです。



日記:月刊むし短報特集号 Genka 投稿日:2016年11月24日 21:52:51 No.2519 【返信】
 今年も月刊むしの短報特集号が届いた。今回は78編。
 以前この掲示板で問い合わせがあったカメムシ幼虫が県初記録として掲載されていた。報文という形で残すことはとても大事なことなので、そのきっかけとなる場を提供することができて良かった。

 掲載本数は減少傾向にあるようだが、書き手は新しい人がだいぶ加わってきている模様。先細りが心配されて久しい虫屋の世界において、新規参入はとてもありがたいこと。短い短報であっても慣れない人がいきなり書くのは想像以上に難しい(私も学生の時に最初に投稿する時は結構苦労した)。これをきっかけとしてブログやSNSでの話題に終わらずに後世に残る形で発表することにこれからも挑戦していってほしいなと思った。

 気になることとしては、短報なのにやたら長い文章が多いこと。編集後記でも指摘されるほど近年目立っている。「都道府県○例目の記録」なのに採集に至るまでの状況が長々と書かれていたり、話がどんどん展開していってタイトルから推定される内容を大きく逸脱したり、その虫や自然環境に対する個人の想いを述べ始めたりと、いろんな例を見ることができる。

 目次では「KIROKU・HOKOKU」となっているように、元々は都道府県○例目、新しい寄主植物など、ごく短い記録となるものが「たんぽう」として掲載されていた。古い昆虫雑誌などを見るとわずか数行という短報の方がむしろ普通。時代は変わったのでそこまでそぎ落とす必要はないと思うが、「日記」「エッセイ」「読み物」ではなく、短いながらも「科学論文」であるという意識を持って簡潔明瞭な報文を目指すことは必要だと思う。


Re: 日記:月刊むし短報特集号 r.nakamura 投稿日:2016年12月25日 13:52:45 No.2529
遅ればせながら短報特集読みました。件のカメムシの報文は早く県内の公式記録を出してほしいと思っていたので良かったです。ただ、謝辞の部分でこの掲示板上のユーザー名が使われていたのはいかがなものかと思いました。最近はネット上で情報を得ることも多いので今後このような形式が増えてくるのかもしれませんが、僕としては謝辞にはきちんと実際の個人名がないと少し違和感があります。(なお、掲示板上で報告を進めたのは僕のような気もしますが、それは大して気にしておりません)
Re: 日記:月刊むし短報特集号 Genka 投稿日:2016年12月25日 22:13:10 No.2530
 私も短報を読んだ際に「発表を勧めてたかな?」とふと疑問に思いましたが、改めて過去記事を読み返してみるとr.nakamuraさんでしたね。実名でないことに対しては私も同意見です。「知らないところで勝手に名前を使われた」として喧嘩になった事例も聞いたことがあり、謝辞は時として難しいものとなります。

 この件についてお手紙を出そうと思ったものの、すっかり忘れていました。当事者がご覧になっているか不明な状況でこれ以上掘り下げることは好ましくないと思いますので、まずは連絡をとってみます。
Re: 日記:月刊むし短報特集号 r.nakamura 投稿日:2016年12月26日 17:19:01 No.2531
早速の返信ありがとうございます。以降のことはよろしくお願いします。
Re: 日記:月刊むし短報特集号 Genka 投稿日:2016年12月27日 12:37:34 No.2532
 一昨日、はがきを書いて投函しました。久しぶりに書いたのでなんだか堅苦しい書きぶりになってしまいましたが・・・。連絡があることを願っています。
Re: 日記:月刊むし短報特集号 ita 投稿日:2017年01月28日 10:23:42 No.2539 【Home】
以前お世話になりました御岳山のヒトオビチビカミキリについて、
無事むしNo.552に掲載されました。
Genkaさんへの謝辞を入れさせていただきました。
投稿前にメールでお名前等チェックしていただき、参考文献の記載などについても
アドバイスいただきました。有難うございました。
Re: 日記:月刊むし短報特集号 Genka 投稿日:2017年01月29日 21:51:46 No.2540
 ご連絡ありがとうございます、月刊むしの記事拝見しました。地味ですが意外と採りにくく、採っても発表されなかったりで記録が少ない種のひとつですね。短報として記録に残してくださってありがとうございます。
 調べ尽くしたと思っているエリアでも実は見落とされていた種がいたという報文が近年そこそこ出てきているので、いろんな人が違った視点で地道に探すことが大事ということを感じます。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -