東京昆虫館:画像掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [管理用]

東京昆虫館:画像掲示板(新)
管理人Genkaの日記も兼ねています。古い記事への投稿も遠慮なくどうぞ。

昆虫の名前を質問する時の注意事項

過去の投稿記事を確認しましょう
すでに同じ虫が質問されていることがよくあります。

「都道府県」を教えてください
地域ごとに候補となる虫の種類が変わるので重要な情報となります。

返信は返信画面から投稿しましょう
新規投稿すると親記事と離れてしまい関連がわからなくなります。

多少なりとも時間がかかります
回答には時間がかかることが多いです。丸1日(24時間)程度はお待ちください。

回答者には一言お礼を書きましょう
回答はボランティアで行われています。
最低限のマナーとして、回答者に一言お礼をしましょう。

東京の昆虫:縮小画像一覧
(質問する前にこちらを眺めてみると答えが見つかるかもしれません)

東京昆虫館に戻る

一度に投稿できる画像は3枚まで、画像の合計サイズは3メガバイトまでです。


お名前
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )

桜の衰弱木 Genka 投稿日:2017年08月25日 22:11:44 No.2767 【返信】
 夕方、怪獣1号2号とともに近所を散策。目当てはサクラの衰弱木。周囲の木と比べて明らかに葉の量が少なく、樹勢が衰えているのは遠目にも明らか。数日前にはヤマトタマムシが高所に飛来しているのを目撃している。

 そっと近づくと、根元付近に産卵しているヤマトタマムシを発見。すぐに逃げようとしたので撮影する間もなく確保。腹に卵はほとんど残っていないようで、とても軽い。卵も初めて見ることができた。

 怪獣1号は幼い頃に自分で見つけて拾っているが記憶に残っていないらしく、初めて見たような反応をしていた。追加個体を狙う怪獣たちを連れて部分枯れや他の衰弱木を巡ったが、大量発生しているわけでもないのでそう簡単に出会える虫ではない。





ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月17日 07:55:24 No.2729 【返信】
大阪府北部の渓流沿いの遊歩道で観察しむました。体長は1Cmくらいです。いろいろな図鑑で調べましたが、ミカドトックリバチが一番近いように思いました。合っていますか?

Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月18日 11:09:24 No.2734
 miyamahoojiroさんは長年撮影に取り組んでいるようなので、今後の撮影に生かせるよう初心者向けとは違う回答をします。

 いろいろ調べたということですが、ミカドトックリバチだと思った図鑑・サイトはどこでしょうか。サイトにもピンキリあって、写真はそこそこ綺麗なのに誤同定だらけのものもあります。

 信頼できるサイトのひとつを挙げておきますが、腹部の斑紋をもう一度よく比べてください。斑紋の位置、大きさや形、合致しますか?

ミカドトックリバチ(虫ナビ)
http://mushinavi.com/navi-insect/data-hati_tokkuri.htm
Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月18日 11:11:49 No.2735
 あと、体長をもう少し正確に把握するようにしてはどうでしょうか。日常生活ではそれほど意識しなくても支障ありませんが、昆虫の同定という非日常の場面では大きさもより厳密に把握しておく必要があると思います。

 1cmといったら、身近なものだと一円玉の直径の半分です(直径は2cm)。そんなに小さかったでしょうか。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月18日 12:06:38 No.2736
Genkaさん、いろいろご指導有難う御座います。参考にしたサイトは昆虫エクスフローラです。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月19日 07:30:12 No.2739
Genkaさん、度々申し訳ありません。ムモントックリバチは如何でしょうか?
Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月19日 11:13:58 No.2741
大きさはどうでしたか(記憶に残っていないのでしょうか)。

写真を撮るだけだと被写体の記憶があまり残らないという研究結果もあるそうです(ただし、各部をズームアップして撮影した場合は比較的記憶に残る)。現地での観察もしっかりしておくことが大事です。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月19日 11:47:52 No.2742
今朝、もう一度確認に行きました。仰るように大きさは2Cmちかくあったと思います。今朝の写真を添付しますので宜しくお願いします。


Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月19日 21:56:43 No.2744
 もう一度確認しに行ったのですね。まだ残っていたようで良かったです。

昆虫エクスプローラ:アシナガバチ・ドロバチ図鑑
http://www.insects.jp/konbunmakuhatiasinaga.htm

1.腹部の斑紋はムモントックリバチに似ていますが、後方の黄色紋が太すぎると思いませんか? (日常生活よりも眼の解像度を高めて見ないと違いが見えてきませんよ)

2.胸部の斑紋は合致しますか?

3.ムモントックリバチは体長10~15mmで、少し小さいと思いませんか?
Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月20日 07:39:04 No.2747
Genkaさん、度々申し訳ありません。後方の黄色班の違いは個体差の範囲だと思っていました。胸部の斑紋の違いは私にはよくわかりません。結局、ご案内のお蔭でスズバチだと分かりました。有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月21日 21:07:59 No.2752
 結果的に昆虫エクスプローラの「アシナガバチ・ドロバチ図鑑」で、似ていそうなものを上から順番に挙げていった形になりましたね・・・。

 次回からは似たものがある際にはご自分でよく比較検討してみてください。胸部の斑紋の違いはまだ認識できないかもしれませんが、いずれわかるように自分で識別眼を養っていくことをお願いいたします。昆虫はよく似た種がいることが多いので、すでに撮影した種によく似た初物を撮影した時に気づけるように。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月22日 03:39:19 No.2756
Genkaさん、私は今まで鳥やの端くれでしたが、虫屋のシビアなことに感銘を受けています。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? sundog 投稿日:2017年08月22日 23:36:46 No.2757
横から失礼します。
鳥屋さんの感覚だと「捕獲して殺して観察する」ことに抵抗があるかもしれません。
しかし実際に虫を手元に置いて体長や部位の比率を測り、上から、横から、下から眺め、顕微鏡で拡大し、さらには交尾期をひっこ抜かないと判らない虫もいます。
「数で勝負の生き物だから」と言い訳しながら、自信をもって名前が言える種を増やしていくのが(コレクターではない)虫屋の基本のような気がします。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? miyamahoojiro 投稿日:2017年08月23日 11:58:27 No.2758
sundogさん、始めまして、鳥屋も以前は散弾銃で撃ち落としていろんなデータをとっていた時代があったそうです。探鳥会などで興味ある鳥が出現すれば、リーダーが「皆、充分見たか?」と参加者の了解を得て撃ち落としていたそうです。今なら大問題ですよね。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? sundog 投稿日:2017年08月25日 00:34:36 No.2761
鳥屋の七つ道具は散弾銃でしたか。物騒な時代があったんですねぇ。
今時、鳥で新種は出ないかもしれませんが、虫で新種(未記載種)は居て当然です。
変わった環境で5mm以下の虫(特にハエ)を20種も採れば名前が付いていない虫が出てくることも珍しくありません。
なので、昆虫の分類屋さんには「現物がなくちゃ話にならん」と言われます。
Re: ミカドトックリバチでしょうか? Genka 投稿日:2017年08月25日 17:55:13 No.2765
 sundogさん補足情報ありがとうございます。小さい虫を中心に、現物が手元にないと話にならない虫は結構多いですよね(現物があっても難しかったりしますが・・・)。

 前の投稿で言及した「写真撮影と記憶」に関する研究を紹介した記事がありました。

写真を撮るほど記憶が薄れる「写真撮影減殺効果」を確認(米研究)
http://karapaia.com/archives/52148415.html

 カメラの進歩により小さな昆虫も簡単に綺麗に撮れるようになってきていますが、「撮れているのに違いが見えてない」という人も同時に増えているように感じます。研究者の話「こうした結果は『心の眼』と『カメラの眼』が同じではないことを示している」に通じるところがあります。
 技術は日進月歩ですが、個々人の観察眼は地道な積み重ねでしか進歩していきません。



お願いいたします 名無しの権兵衛 投稿日:2017年08月19日 14:34:01 No.2743 【返信】
ゲンゴロウの棲息している所を教えて下さい、

Re: お願いいたします けのきい 投稿日:2017年08月19日 23:18:28 No.2746
Re: お願いいたします けのきい 投稿日:2017年08月21日 22:52:17 No.2755
Genka様、訪問者の皆様
余計な書き込みで雰囲気を悪くして申し訳ありませんでした。



この時期のブナ帯 dx-9 投稿日:2017年08月20日 11:42:08 No.2749 【返信】
若干自慢みたいになってしまいますので、
申し訳ございません。

お盆休みの関東は天気に恵まれず、多くの虫屋さんはもちろん、観光に携わる方々には本当に切実な問題だったと思います。我々はまあ遊びなんで、残念だったね?で終わりますが。

その後も天候不順が続き、昨日、珍しく山梨方面の天気が良さそうなんで、友人と出撃して参りました。目的はノリウツギに来る若干珍なハナカミキリでしたが、花は咲いているものの、ほとんど虫は来ないので、付近のブナ帯に午後から転進することにしました。

気温は26度位あったものの、モミの樹皮は濡れていて、大虎は諦めました。

友人がヨコヤマを是非!というのでどうにか一つ見つけて、まあこれで連敗は止まったとホッとして、更に追加を求めるべく、徘徊。
オニクワガタ オス2
ツヤハダクワガタ オス2
セダカコブヤハズカミキリ オス2
オオチャイロハナムグリ 1

主な虫はこんな感じでした。

Genkaさんの採集記を見てミズナラなどのある標高の高い場所にに注目してますが、とても楽しいですね。



Re: この時期のブナ帯 Genka 投稿日:2017年08月21日 21:30:56 No.2754
 天候不順が続きますが、貴重な晴れ間を狙って出撃できたのですね。
 虫の方も少ないチャンスを狙っているようで、一斉に出てくるようです。チャンスがある時にすぐ動ける行動力があればこその出会いですね。



桜の外来カミキリ Genka 投稿日:2017年07月02日 20:55:41 No.2657 【返信】
 今日は桜の害虫として各地で問題になっているクビアカツヤカミキリを探しに東京都西部へ。事前に生態情報も得ていたので早く感覚をつかむことができ、同行のゾウムシ屋さんと一緒にそれなりの数を捕獲。
 現地で出会ったカミキリ屋さんは面識のある方々ばかり(ほとんどの方が久しぶりの再会)。梅雨の合間の蒸し暑い中、お疲れさまでした。


Re: 桜の外来カミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月02日 23:36:11 No.2658 【Home】
あれこれ対策(思い切りも規模も足りないように感じますが)して、毎年のように[討伐隊]が遠征しても、減る気配は無さそうですね。
いわゆる“採集圧”と呼ばれるものが、こと成虫に限っていえば、現実的ではないこと多いということでしょうか?

いっとき、クロジャコウで決着したかと思ったんですが、その後クビアカツヤカミキリが標準和名ということで落ち着いたんでしょうか?
Re: 桜の外来カミキリ Genka 投稿日:2017年07月03日 21:01:42 No.2661
 地域絶滅した数々の昆虫が教えてくれるように、採集圧単独では決定打にならないようです(相当なレベルの環境悪化とセットでないとだめ)。ただし、埼玉県草加市ではカミキリ屋よりも強力な地域のパトロール隊による相当な採集圧がかかっていて個体数は明らかに減っているようです。でも、根絶には至っていないようです。

 この日に採集した♀の多くは産卵済で腹部が凹んでいる個体ばかりで、採集される前に少しでも時間を与えてしまうと交尾・産卵をしてしまうようです。現地で探索していて気づきましたが、カミキリ屋ですら本種の一日の活動時間のほんの一部しか視界に入っていません。そのため、羽化脱出するまでの段階(幼虫、蛹、蛹室内の新成虫)に有効な対策を講じることが重要だと思います。

 その対策も、限られた予算を理由に「安価で不十分な方法」を続けているために生息範囲が拡大し、総額が膨らむ結果になっていること、農薬や防除用資材の開発という企業・研究機関等の思惑も絡んでいるように思えてなりません。

 6~7月、金属製で目の細かい網を幹に密着させて地上2mまでの範囲を覆い、成虫が羽化脱出できなくなるようにすることを3年繰り返せば劇的に個体数を減らせて根絶につながるはずなのですが・・・(2m超の部分は人海戦術で見回り、羽化脱出孔を接着剤で塞ぐ)。
Re: 桜の外来カミキリ Genka 投稿日:2017年07月03日 21:14:31 No.2662
 和名ですが、一般の方々にも周知して協力をお願いするために姿形を現した分かりやすい和名を国・自治体を中心として使うようにしているのだと思います。
 カミキリ屋なら「ジャコウカミキリの黒いヤツ」で通じますが、一般の人には「首が赤くて、ツヤツヤと黒光りする」という方が覚えてもらいやすいでしょう。学名のカタカナ読み「アロミア ブンギ」も口頭では使われていますが活字ではほとんど見ません。
Re: 桜の外来カミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月04日 01:32:02 No.2663 【Home】
丁寧な解説をありがとうございました。

クロジャコウが素直で判り易いと思ってましたが、ジャコウカミキリを知っている人がどのくらいいるかを考えたら、今回のようなケースでは特に『名は体を表す』ことが重要なファクターになるんですね。
Re: 桜の外来カミキリ ita 投稿日:2017年07月04日 12:11:47 No.2664 【Home】
クロジャコウ、ってたしか台湾の虫が「国産」だった時代に付けられた
名前だったと思います。一般に分かりやすい、というのはいいですね。
農薬は一つ、最近認可されたようです。幼虫のいる穴はかなり目立つのが救いでしょうか。
各穴に農薬使うようです。
千葉のケブカトラは若い農業試験場の研究者さんのお陰でかなり減って
表彰されたとか。徳島でクビアカツヤ対策のクラウドファンディングして
目標額達成したようで、こちらも期待です。
Re: 桜の外来カミキリ Genka 投稿日:2017年07月04日 20:37:14 No.2667
 和名「クロジャコウカミキリ」の起源は結構古い可能性があるんですね。その時代に発行された図鑑を見ると載っているかもしれません。

 ケブカトラは防除に力を入れている所ではだいぶ減っているようですね。自治体によって予算のかけ方が違うようで、まだまだ健在・勢力拡大している場所も見受けられます。今後の動向に注目ですね。

 研究も予算がないと進みませんので、良い方向に進むことを願っています。
Re: 桜の外来カミキリ ペプチドグリカンA 投稿日:2017年08月20日 10:29:03 No.2748
遅レスすみません・・・

完全にミーハー根性ですが、私も7月中旬に大阪の某木材団地周辺の公園で採集しました。
近い将来、法的には採集できなくなると聞いたもので急ぎ。

百聞は一見にしかず、被害の現状を目の当たりにし「あ、これは終わったな」と感じた次第です。エグい被害ですね。

ただし近隣であっても、広さや桜の本数に関係なく、いる公園にはいて、いない公園にはいない、そんな印象でした。
ありがちですが、幼虫が排出したフラスの匂い等に新成虫が誘引されてくるのでしょうかね?

農業部門(防除のプロ)と公園管理部門は自治体の中できっちり仕分けされている場合があるらしく、防除のプロも公園の桜が対象では対応にスピード感が出せないなどの事情があるようです。難しい問題ですね。


Re: 桜の外来カミキリ Genka 投稿日:2017年08月21日 21:25:42 No.2753
 ご無沙汰しております。画像を見る限り、大阪でも結構な勢いで広がりそうですね。即効性かつ確実性がある防除方法「発生木の伐採」が社会的事情により実施できない以上、虫屋による採集圧で少しでも密度を低くするくらいしか方法がないです。

 「法的に採集できなくなる」という話は聞いたことがないですが、特定外来生物へ指定される動きのことでしょうか。
 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」では「生きた個体」に限って「飼養、栽培、保管又は運搬」が制限されます。死んだ個体には規制が及ばないですし、殺すこと自体は(鳥獣等の場合には苦痛を与えない方法という規定はありますが)規制されていないはずです(防除することが違法行為になると法律の目的を達することができないので)。

環境省:特定外来生物等の新規指定の検討について
https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/list/kentou.html



フタモンカスミカメの幼虫でしょうか n.m 投稿日:2017年08月18日 19:56:49 No.2737 【返信】
2017.8.13 赤城山覚満渕散策道で撮りました。アザミに多くのフタモンカスミカメが見られましたが、この幼虫も1匹だけ見つけました。成虫がいたのでその幼虫かと思いますが、ネットでも図鑑でもフタモンカスミカメの幼虫の映像が見当たりません。体長は1cm未満だったと思います。

Re: フタモンカスミカメの幼虫でしょうか Genka 投稿日:2017年08月19日 22:08:11 No.2745
 一般論として、幼虫・成虫が一緒にいたとしても親子とは限らないです。カスミカメは成虫になったら好きな植物のところへ飛んで行けますが、幼虫は飛べません。幼虫が別の植物からたまたま移動途中ということもあります。

 ネット上には映像はありませんが画像はあるようです。確実なもの(飼育の結果、成虫で同定したもの)は1枚だけでした。日本原色カメムシ図鑑には残念ながら成虫写真のみでした。

フタモンカスミカメ(鎮(チン)さんの自然観察記~写真録~)
http://tanatyan.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post-9b90.html
お礼 n.m 投稿日:2017年08月20日 21:14:20 No.2750
Genkaさん、たびたびお世話になります。
お手数をおかけしました。お陰様でフタモンカスミカメの幼虫と判断してよさそうです。
ありがとうございました。
Re: フタモンカスミカメの幼虫でしょうか Genka 投稿日:2017年08月20日 21:20:38 No.2751
 n.mさんはカスミカメムシの専門家ですか?

 どうしても種名を確定させたい気持ちはわかりますが、情報が少ない種ほど慎重になる必要があると思います。よく見ると違うところもあり、それ1枚の比較画像だけで個体変異と断定するのはちょっと待った方が良いのではないでしょうか。



ご教授ください ryujumihou 投稿日:2017年08月17日 13:51:17 No.2731 【Home】 【返信】
6月下旬に木の切り株のキノコの上で見たものです。8~10mm程度の甲虫類ですが、ハムシ類、コガネムシ類(スジコガネ類)、ゴミムシ類などネット上で調べたのですが、判りません。基本的に黒い筋のある甲虫で羽の両サイドに虹色の輝きの入ったものです。名前をお教えくださいい。

Re: ご教授ください ryujumihou 投稿日:2017年08月17日 23:59:07 No.2732
これは、「ナガニジゴミムシダマシ」と判明しました。ありがとうございました・

Re: ご教授ください Genka 投稿日:2017年08月18日 11:02:30 No.2733
 近似種が3種います(ナガニジゴミムシダマシ、ホソナガニジゴミムシダマシ、フトナガニジゴミムシダマシ)。それらとの比較検討の結果で確信が持てたということなら良いのですが、そうでなければ再検討してみてください。識別点がこの画像ではよく見えませんので、識別点を把握しておくことは今後の撮影に役立つと思います。
Re: ご教授ください ryujumihou 投稿日:2017年08月18日 23:29:45 No.2738
「フトナガニジゴミムシダマ」では、点刻列のみで条溝列がないので、これではないようです。「ホソナガニジゴミムシダマシ」と「ナガニジゴミムシダマ」には点刻列と条溝列があり、この質問のものは「ホソナガニジゴミムシダマシ」か「ホソナガニジゴミムシダマシ」と思われたのだが、この虫はネット上でのいろいろな写真では「ホソナガニジゴミムシダマシ」ほど細長くないようで、「ナガニジゴミムシダマ」の方と判断しました。
Re: ご教授ください Genka 投稿日:2017年08月19日 09:42:17 No.2740
 3種を検討した上での結論だったのですね。
 ホソナガニジとナガニジを体型の差で判断したようですが、細い・太いの差は微妙だと思いますよ(同種の雌雄でも差がある)。ネット上の画像もいろいろご覧になったと思いますが、参照画像の同定が合っているかどうかは正直なところ未知数です。

 体形の比較はこの角度の画像では無理があると思いますので、きっと背面から撮影した画像が別にあって、それを基に厳密に比較したのだろうと想像しています。最終的な判断は撮影者であるryujumihouさんになると思います。



この甲虫の名前を教えてください。 R.U 投稿日:2017年07月16日 22:09:20 No.2698 【返信】
再び申し訳ありません。この甲虫を調べるヒントを下さい。
 2017.7.12 福岡の林道の木製ガードレールの突端でじっとしていました。キスイの仲間などを中心に調べましたが該当せず。手掛かりがありません。前翅に斑点があり、胸部が特徴的で体長は1cm程度。
宜しければご教示ください。


Re: この甲虫の名前を教えてください。 Genka 投稿日:2017年07月17日 00:04:52 No.2699
 甲虫は科の数が多いので(日本だけで120科以上)、まずは甲虫全体を俯瞰して科の特徴をおおまかに掴むことが大事です。それができていない今の段階では2、3科では足りず、かなり多くの科を見ていくことになります。

 とりあえずホソカタムシの仲間です(昔は1つの科でしたが今は解体されて複数の科に散らばる)。
 体長1cmはちょっと大きすぎませんか。せいぜいその半分程度だろうと思います。1cm未満の虫だと1mm違うだけで10%以上の誤差になるので、小型の定規を携帯してミリ単位で計測しておく必要がありますよ。

 あと、甲虫を俯瞰するには別の方への記事で紹介した図鑑をご覧ください。急がば回れ、です。

http://rara.jp/tokyoinsects/page2643
Re: この甲虫の名前を教えてください。 R.U 投稿日:2017年07月18日 21:01:12 No.2703
ありがとうございました。
早速紹介して頂いた図鑑を購入したいと思います。
Re: この甲虫の名前を教えてください。 ryujumihou 投稿日:2017年08月17日 13:40:36 No.2730 【Home】
「ホソマダラホソカタムシ」というホソカタムシの仲間ではないでしょうか?
⇒ [ http://mikura-museum.info/nature/result.php?class=ks&id=ks200026 ]



無題 dx-9 投稿日:2017年08月09日 22:26:06 No.2724 【返信】
本日山梨で、Genkaさんに影響されて、また丁度、知人から情報を頂き、ウロにいる珍品を探しに行きましたが、全く撮れる気がしません。
実績のあるウロのある木まで教えて頂いたのに。お盆休みにまたチャレンジします。

副産物は思いの外豪華で、ヨコヤマヒゲナガオスメス、オオトラカミキリメスでした。


Re: 無題 Genka 投稿日:2017年08月10日 06:47:36 No.2725
山梨も猛烈に暑かったでしょうね。狙いの虫は撮れなくても豪華な副産物ですごいです。むしろどれも主役級。
Re: 無題 ita 投稿日:2017年08月13日 00:12:29 No.2726 【Home】
副産物むちゃくちゃ羨ましい!
そういえば、ヒラヤマ探して洞を覗いた時にカマドウマを見た記憶はありませんが、
パキピドの季節には多いですよね。カマドウマは雑食性なので、パキピドは
洞の中をゆっくり歩き回っているヒラヤマより警戒心が強い気がします。
フラッシュで撮影していると穴などに逃げようとしました。
洞虫は線香やアースジェットを使って採る人が多く、実際パキピドの場合は
確率が上がるんでしょうけど、自分は個人的に使いません。
Re: 無題 Genka 投稿日:2017年08月15日 21:14:12 No.2728
 「カマドウマは洞から出てくるカミキリムシを結構食べているのでは?」という話を聞いたことがあり、それで警戒心が強いのではと思ったりします。撮影目的だと刺激を与えない方が良さそうですね。
 私は線香を使ってましたが良い虫が出てきたことがあまりありません。ヒラヤマもベニバもほとんど目視で見つけているので最近は積極的に使おうという気がおきません。



トラフカミキリ Genka 投稿日:2017年07月19日 18:19:56 No.2704 【返信】
夕方、怪獣2号とともに近所の桑へ。道路脇に1本だけ生えている大木で下草は定期的に刈られており、風通しが良い。毎年少しだけ採集しているからか安定して発生しており、今年もその姿が見られた。

Re: トラフカミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月20日 03:31:27 No.2705 【Home】
トラフは好いですね。[梅雨明けカミキリ]の印象です。
残念ながら棲息場所追加は、思うようにできていません。
逆にこれまで苦労していたアカアシオオアオの方が楽に見つかります。
灯火でチェックできることも大きいのでしょうか?(写真は野田市で灯火に来ていたものです)


Re: トラフカミキリ ita 投稿日:2017年07月20日 23:45:46 No.2706 【Home】
言われてみるとトラフは道路脇に一本だけある桑で見たことが多いです。
奄美でもそうでした(別亜種ですが)
アカアシオオアオは千葉県動物誌(1999)で最近の記録は市川市(1980)
だけで、あまりいないのかと思ってましたが、クヌギ林はあちこちにあるから
実際はいるんですね。野田にマルクビケマダラをとりに行ったとき(コンビニにいました)、
樹液の匂いがしたので、いるかなーと思っていました。
Re: トラフカミキリ Genka 投稿日:2017年07月21日 22:39:46 No.2707
 晩夏の大虎採集の運試しとして毎年見るようにしています。トラカミキリの仲間なので風通しの良い場所を好むのだろうと思います。

 アカアシオオアオも出てくる季節ですね。学生時代に大学周辺で見て以来、もう10年ほど出会っていません。千葉県動物誌も発行からずいぶん経っているので、それ以降の記録の蓄積がどの程度あるかですね。それほど珍種でもないのでなかなか発表しにくい面もあると思いますが、報文として記録に残しておくことは大切だと思います。
Re: トラフカミキリ r.nakamura 投稿日:2017年07月26日 21:03:33 No.2713
アカアシオオアオカミキリ、千葉県の記録はかなり少なく、習志野、市川の古い記録の後は2013年に流山市で記録されている程度です。千葉県レッドデータブックでもBランク(重要保護生物)に指定されています。
Re: トラフカミキリ sundog 投稿日:2017年07月26日 23:39:43 No.2714
さいたま市辺りに住んでいるとアカアシオオアオカミキリが稀種だと言われても信じられません。
樹液の出てる木にベタベタ付いているので、遠くから来たカミキリ屋さん以外は皆スルーしてます。
千葉県でも埼玉に近い野田市では時々見ます(野田は千葉じゃないという声も聞きますが)。
Re: トラフカミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月27日 11:36:33 No.2715 【Home】
sundog さま

情報ありがとうございます。
そこそこのクヌギがあれば、しっかり生活しているように感じてます。
確かに野田はちょっと雰囲気が違います。都会派(喧騒好き?)には一段落ちなんでしょうけど、散歩には圧倒的に野田です。ただ、ソーラーパネルの侵略が激しいのが心配です。
埼玉は都市近郊に公園がとても多いですね。残念ながら千葉はゴルフ場ばかりが目立ちます。
Re: トラフカミキリ Genka 投稿日:2017年07月31日 21:11:47 No.2719
 千葉県では未だに記録が少ないのですね。さいたま市のあたりはよく聞きますが、距離的にはそんなに遠くないのに不思議です。同じように見えても雑木林の歴史がちょっと違うとか、何かあるんでしょうね。



奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年07月31日 21:08:19 No.2718 【返信】
 岩手旅行から中1日、昨日は奥多摩へ。ゾウムシ屋のY氏とともにナツツバキの倒木を探し回るが、あいにくの天気で肝心の虫がほとんどいない。かろうじて1頭発見して案内人の役目は果たしたが、晴れている時はあんなにたくさんいるのに雨の日はどこに隠れているのだろうか。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/activity2017/okutama170730.html





岩手旅行 Genka 投稿日:2017年07月31日 20:07:52 No.2717 【返信】
 先週は家族旅行で岩手県へ。最終日の前日には八幡平まで足を伸ばした。高層湿原というものはこれが初めて。山頂周辺のハイキングコースを怪獣2号もなんとか一周できた。
 駐車場からすでに特別保護地区なので虫は撮影のみ。林縁の花にはピドニアが点々とみられ、トウホクヒメハナカミキリが最も多かった。





奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年07月17日 22:36:58 No.2701 【返信】
 昨日は奥多摩へ。例年この時期はクリやリョウブの花を掬っているところだが、今回は立ち枯れと倒木に専念。花掬いのエリアまで行かないと体力的にかなり楽なので、広大な原生林に点在するギャップを渡り歩きながら夏の虫を探す。事前にイメージしていた状況とは若干違ったものの、長年狙っていた虫にはだいたい出会うことができた。

 ただし、その代償も大きかった。3連休ということで、ものすごい数の観光客。帰りはバスに乗れず自主的に駅まで歩き、温泉も入場制限があったので電車の時刻の都合で入れず。登山靴で舗装道路を下るのは負荷が大きく、両足のかかとの裏には大きなマメ。温湯消毒もできなかったため、帰宅後にシャワーを浴びていると臀部に小さな塊が固着していた。


Re: 奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年07月22日 08:07:16 No.2708
Re: 奥多摩探索 yamahachi 投稿日:2017年07月22日 10:49:27 No.2709
こんにちは。これから奥多摩です。
先週行くつもりだったのですがトムヤンクンラーメンを食べてお腹を壊してしまいました。このカミキリハイシーズンに体調管理はなにより大事です。ねらいは当然、東京最難関ネキです。
Re: 奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年07月23日 21:43:42 No.2710
最難関を狙える目星がありそうですね。成果はどうだったでしょうか。
体調も大事ですが天気も問題ですね。
Re: 奥多摩探索 yamahachi 投稿日:2017年07月24日 01:18:04 No.2711
今回は街灯の見廻りと原生林探索の二本立てでしたが、
原生林の方はご察しの通り雨でお話になりませんでした。
しかし街灯の方では思わぬ収穫が有りました。
なんとパキピド、それも2匹。
別々採集でなくいっぺんにです。
オスメスのようなので交尾中だったと思われます。
灯火に来るというのは本当のようですね。
Re: 奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年07月24日 18:42:09 No.2712
雨は残念でしたが灯火で良い虫が見つかって良かったですね。道路沿いにも生息していそうな木はあるのでそこから飛んできたかもしれません。



千葉県北西のフタオビミドリトラカミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月14日 16:11:41 No.2692 【Home】 【返信】
最近定点にしているポイントのひとつで、フタオビミドリトラカミキリに初遭遇しました。
千葉県で北西での情報は得難く、嬉しい初遭遇でした。

トラフカミキリを撮影しようとしていた桑についていたのですが、あまりに落着きがないため、息子に確保してもらっての撮影になりました。
沿岸のカミキリといわれているようですが、長野県での記録もあるようですし、それなりに内陸まで進出しているようです。


Re: 千葉県北西のフタオビミドリトラカミキリ ita 投稿日:2017年07月14日 21:00:47 No.2694 【Home】
私も柏の葉の昔ゴルフ場だった公園で全く同じシチュエーションで見つけました。
肝心のトラフは何年か探してますが見つかりません。
Re: 千葉県北西のフタオビミドリトラカミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月14日 23:46:47 No.2695 【Home】
itaさま
いつもお世話になっております。
柏のトラフは河川敷で息子が見つけてくれましたが、茨城側のような簡単なポイントは少ないみたいです。
Re: 千葉県北西のフタオビミドリトラカミキリ H&F films 投稿日:2017年07月15日 16:18:31 No.2696
2014’6/末に市川市北部の自然公園にて撮影しました。この時は数頭いた記憶があります。
その後はここに行っていませんので現在の状況は判りません。


Re: 千葉県北西のフタオビミドリトラカミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月15日 17:39:18 No.2697 【Home】
H&F films さま

写真と情報ありがとうございます。
八千代市で撮られたらしい写真も拝見したことがあるので、それなりに進出しているとは思っていましたが、目の前にするとやはり嬉しいものです。
かつてテツイロヒメカミキリも港町系とされていましたが、10年ほど前、つくば野で初遭遇した頃から、かなり広がりを見せているように思います。
虫屋さん的に珍品感がなかったり、虫に興味が無い人にはスルーされてしてしまうような種類は、いつの間にか分布域が大きく変わっていたりしますね。
Re: 千葉県北西のフタオビミドリトラカミキリ Genka 投稿日:2017年07月17日 22:00:08 No.2700
 もっと海が近いエリアにいるというイメージでしたが、ちょっと離れていてもいるものなのですね。実はこのカミキリほとんど材採集でしか見たことがないので、野外での自分なりの知見は全然ありません。
 内陸部への進出ですが、以前月刊むしに「奥多摩でも目撃してびっくり」というような記事があったように記憶しています。イッシキキモンカミキリの記事だったと思うので目次で検索すると2007年10月号あたりでしょうか(現物手元になし)。
Re: 千葉県北西のフタオビミドリトラカミキリ takao_bw 投稿日:2017年07月18日 00:25:28 No.2702 【Home】
Genkaさんがご覧になった記事や、itaさんや我が家の状況からすると、桑との関係はありそうですね。
なお、その後、利根川に近い桜の幹で追加を得ています。



名前、種類がわかりません えのぐ 投稿日:2015年09月08日 13:02:06 No.996 【返信】
滋賀県の高島市の公園にて、環境としては周りに田畑の多い地形でした。動きの速い昆虫でしたので、手が入ってしまいました。判断が難しかもしれません。

目立った顎も見受けられず、狩りをするタイプではない。手に乗せてもすぐ落っこちてしまうので、あまり登ったりするより地上を歩くタイプだと感じました。翅は甲虫特有の2対で、手に乗せていたら飛んで行きました。

最初はゴミムシ、オサムシ、ハンミョウかなにかの種類かと思いましたが、少し調べただけではわかりませんでした。

せめて何の種類かだけでもわかればと
よろしくお願いします。


Re: 名前、種類がわかりません しまちゃん 投稿日:2015年09月08日 14:23:59 No.1000
素手で捕まえていますが、カンタリジンという有毒成分を有している昆虫ですので注意が必要ですよ。
開設によれば、皮膚からも吸収してしまうとの一文もありますので…

マメハンミョウというちょっと危ない昆虫です。

危ないといってもハチのように攻撃してくるようなことはありません。
Re: 名前、種類がわかりません えのぐ 投稿日:2015年09月08日 20:53:55 No.1002
しまちゃんさま、返信ありがとうございます!

まさか毒虫でしたか…手で触ったのは迂闊でした。今のところ手荒れとかも無いですが…

ともあれどんな虫かわかりすっきりしました!しかし、マメハンミョウなかなか腹部の丸みがキュートでかなり気にいっています。今度見かけた時は注意して観察したいです。

重ね重ねありがとうございました!



なんの虫が教えて下さい らぁゆ 投稿日:2017年07月14日 02:33:56 No.2690 【返信】
室内で出てきました。
なんの虫が気になって眠れません。
足は六本あります


Re: なんの虫が教えて下さい らぁゆ 投稿日:2017年07月14日 03:23:56 No.2691
分かりました。
ありがとうございました!
紙魚でした



この昆虫の名前を教えてください。 R.U 投稿日:2017年07月12日 20:10:15 No.2679 【返信】
 2017/7/12 福岡の雑木林で見つけました。倒木の上にとまっており、撮影後すぐに飛んで行ったため、手に取って細部を確認することは出来ませんでした。体長は2.5cm程度。タマムシの一種ではないかと図鑑及びネットで調べましたが該当するものがありませんでした(クリタマムシが最も近いように見えますが頭部から胸部に掛けてのフォルムが違うようです)。この昆虫の名前を教えて下さい。よろしくお願いします。

Re: この昆虫の名前を教えてください。 Genka 投稿日:2017年07月12日 20:48:55 No.2682
 タマムシではありません。頭部の形、突出した腹部末端に注目してください。ハナノミ科です。
 外観がよく似た種が多いので、採集できなかった場合は「ハナノミの一種」までわかれば良いのではないでしょうか。
Re: この昆虫の名前を教えてください。 R.U 投稿日:2017年07月12日 21:19:57 No.2683
Genkaさん、ご返信ありがとうございます。
ハナノミ科で調べたところ「オオオビハナノミ」が最も近いようです。
有難うございました。
Re: この昆虫の名前を教えてください。 Genka 投稿日:2017年07月12日 21:54:10 No.2684
 せっかく調べていただいたのに水を差すようですが、外観が似た種がいてハナノミのようにそれほどメジャーでない虫の場合、Web上の画像(専門家が撮っているわけではない)の種名はあまり信頼できません。

 腹部を含めた体長が2.5cmということなら、翅端までなら2.0cmくらいですね。オオオビハナノミは体長10.7~16.5mm(頭部から翅端まで、腹部の突出部は含まず)なので、一回り小さいことになります。アヤオビハナノミという種も九州に分布し、外観は良く似ています。
Re: この昆虫の名前を教えてください。 ムシムシQ 投稿日:2017年07月12日 23:48:56 No.2685
割り込み失礼します。
斑紋はオオオビハナノミでは無いように見えます。
画像は羽化したオオオビハナノミです。


Re: この昆虫の名前を教えてください。 R.U 投稿日:2017年07月13日 00:07:20 No.2686
Genkaさん、ムシムシQさん
貴重な時間を裂いて調べて頂きありがとうございます!確かに比較すると違いが分かりますね。
子供の頃から虫を追いかけては来ましたが、恥ずかしながら『ハナノミ』自体を存じておりませんですした。もっといい図鑑を探しに行きたいと思います。今回初投稿でした。今後とも宜しくお願いします。
Re: この昆虫の名前を教えてください。 Genka 投稿日:2017年07月13日 22:01:28 No.2689
 ムシムシQさんご無沙汰しております。
 正確に同定された貴重な写真ありがとうございます。上翅の紋のパターンが違いますね。カミキリムシ狙いの材採集はしてきましたが、ハナノミが出てきたことがありません。きっと材の朽ち方が違うんでしょうね。



ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月04日 18:30:07 No.2666 【返信】
第2弾は斑紋変異の王道テントウです。
この個体は今年先月初めに県南部にて撮影しました。かなり変わった斑紋と思います。

種としては、ナミorダンダラor独立種?と思います。いろいろ調べましたが、独立種の線は無いようです。もしあるとすると「ボウソウイチモンジテントウ」?辺りでしょうか?
ナミかダンダラかですが資料にはいくつも相違点を示されています。触角の長さ、体長
ベース色等々・・・。
が、これについては自分達は全く自信がありません。昆虫を生業にされている専門家でさえこの件で何度も痛い目にあっているのか、この件はアンタッチャブルにされておられる方もおられるようですね。

で、自分達は今個体はナミテントウと考えています。

撮影地は私達の撮影エリアで唯一、大好きななイチモンジハムシに逢える場所として大事にしている場所で、この日もいつも通り撮影でき喜んでおりましたら今個体が目に入ってきたのです。オレンジバンドに四つ並んだ黒ドット(胸上、上翅上も違います)でしたので全く違和感なく撮影を続けましたが、帰宅後、確認すると「何だこれ!!!?」でした。

あと違和感があったのはシダの葉上にいた事です。幼虫や蛹も見つけられました。
テントウは草食ではない筈?ですしシダに何か好物がいるのか、考えると不思議です。
ここに行くのはいつも田植え前の頃で来年確認しようと思っています。

ともかくも、ネットや図鑑にこの様なナミの斑紋変異画像は見つけられないために投稿
させて頂きました。


Re: ボウソウイチモンジテントウ? Genka 投稿日:2017年07月04日 20:38:32 No.2668
 貴重な画像ありがとうございます。
 このような個体は私も1回だけ遭遇したことがあります。存在は知っていたので「これがあの斑紋か!」と感動した記憶があります。
 発見状況についてですが、シダの葉の周辺(特に上方)にアブラムシのコロニー(またはその痕跡)があったりしませんでしたか。エサを食い尽くすと周辺を探索しますし、風などの衝撃で落下することもよくあります。

 種名については私もナミテントウだと思います。いろいろと調べているようなのでご存じと思いますが、ナミテントウの斑紋にはいくつかの遺伝的な型があって、人間の血液型と同じく2つの型の組み合わせで斑紋が発現します。この個体もすでに知られている2つの型の組み合わせで発現すると考えられますが、一方の型の出現頻度が非常に稀なため滅多にお目にかかれません。詳しくは次の書籍をご覧ください。

佐々治寛之. 1998. テントウムシの自然史. 東京大学出版会
(第4章 ナミテントウ種群)
http://www.utp.or.jp/bd/4-13-060171-7.html
Re: ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月05日 06:41:24 No.2669
Genka様

ご覧頂きありがとうございました。

撮影時今年もイチモンジハムシに逢えた事が嬉しく、テントウの食料まで気が回らず残念な事でした。何か写っていないかと撮影時間前後を探してみたのですが、記録は見付かりませんでした。また近くに行く事がありましたら確認してみようと思います。


Re: ボウソウイチモンジテントウ? くまじろう 投稿日:2017年07月09日 18:12:02 No.2676
テントウムシですが、紅型と横帯型(かなり少ない)が混ざってる感じですね。
ナミテントウでよいかと思います。
Re: ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月11日 18:14:32 No.2677
くまじろう様ご教示ありがとうございます。今後共宜しくお願い致します。

テントウムシの斑紋変異で、図鑑やネットに載っていないパターンの変異です。
1)プリントズレタイプ(ヒメカメノコテントウ)
2)片側のドットが擦れたように薄くなったタイプ(ナミテントウ)


Re: ボウソウイチモンジテントウ? Genka 投稿日:2017年07月12日 20:45:15 No.2680
 くまじろうさんが書いているように紅型と横帯型の組み合わせで発現する斑紋だと思います。敢えて具体的な型名を書かなかったのは紹介した書籍を一度は見てほしかったからです。まだまだわからないことが多い昆虫の世界ではありますが、「ネットや図鑑にない」ということでも、意外と昔に研究されて解明されていることもあります。そういうことに気づくきっかけになればと思っていました。

 追加の写真ですが、2の方は翅の負傷によるものですね。時々野外でも見かけます。1の方は羽化した後の斑紋の形成異常というところでしょうか。
Re: ボウソウイチモンジテントウ? H&F films 投稿日:2017年07月13日 18:38:49 No.2688
Genka様 こんばんは

なるほどです。確かに特に完全変体をする虫の最終脱皮時のリスクは大きいものなのでしょうね。可哀相な姿を時々目にします。体が硬くなる前に怪我をしてしまったり、色素が十分回らなかったりする事もあるのですね。



テントウムシの名を教えてください n.m 投稿日:2017年07月12日 14:56:35 No.2678 【返信】
2017.7.8 乗鞍岳で撮影 剣が峰山頂でも見かけました。
体長は7mmくらいだったと思います。


Re: テントウムシの名を教えてください Genka 投稿日:2017年07月12日 20:47:51 No.2681
 高山帯のハイマツがあるところまで行かないと見られない虫ですね。先日紹介した山溪の甲虫図鑑には載っておらず、東京都未記録なので「東京の昆虫」にも載せていませんが、「日本各地の昆虫」には載せています。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/insects_japan_thumbnail.html
お礼 n.m 投稿日:2017年07月13日 16:35:53 No.2687
 Genkaさん、ご指摘ありがとうございました。お陰様でダイモンテントウと判明しました。3000mを超える剣が峰山頂では、ダイモンテントウだけでなくカメノコテントウも見られました。
 また、よろしくお願いします。



海浜散策 Genka 投稿日:2017年07月07日 22:49:21 No.2675 【返信】
 午後は怪獣1号2号とともに外房の海岸へ(怪獣3号は発熱のため家でお昼寝)。二人が貝拾いを楽しむ間、砂浜を歩いて漂着物をひっくり返す。すでに息絶えていたがシロスジコガネが1匹だけ見つかった。松林が津波でかなりやられてしまったが、虫の方は生き残っていることを知った。




奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年06月15日 21:26:09 No.2628 【返信】
 10日は2週連続で奥多摩へ。新しいLEDライトで蛾像収集を思い切り楽しみ、新しい長竿で林道のカミキリムシに再挑戦。

Re: 奥多摩探索 Genka 投稿日:2017年07月07日 22:14:22 No.2674



無題 dx-9 投稿日:2017年07月06日 21:30:48 No.2672 【返信】
こんばんは!
昨日、夕方に神奈川県でトラフホソバネカミキリを見つけました。まず、相模原市内でイッシキキモンを5つ。それからアカメガシワの材がある炭焼き小屋を春からチェックしてて、ダメ元で行ったら、アカメガシワじゃなくてケヤキに張り付いてました。思えばこの時期は標高の高い場所でオオホソコバネカミキリやアサムネハナ、ハセガワなんかを狙ってばかりだったので、
平地の材をおざなりにしてました。
神奈川県では2回目、珍品ではないですが、なかなか縁の無い虫です。

あと、兵庫県明石付近で、チビクワガタ。
夕方から増えてきますね。


Re: 無題 Genka 投稿日:2017年07月07日 21:41:49 No.2673
 季節の便りをありがとうございます。夏の虫が出てきていますね。トラフホソバネカミキリはまだ1回しか見つけたことないので今年こそはと思っています。神奈川だと平地に近いところで見られて良いですね。
 チビクワガタは私も関西で初めてみました。夕方は観察していなかったので個体数はあまり見られずでした。



教えて下さい 虫好き 投稿日:2017年07月05日 21:08:45 No.2670 【返信】
本日 和歌山県南部
里山にて見つけました。


Re: 教えて下さい 虫好き 投稿日:2017年07月06日 03:54:03 No.2671
昨日からずっと調べていました。
タテジマカミキリみたいですね。
お騒がせ致しました。



初めて投稿させて頂きます H&F films 投稿日:2017年07月01日 23:31:37 No.2654 【返信】
初めて投稿させて頂きます。当方千葉県東葛地区在住の昆虫撮影好き夫婦です。宜しく
お願い致します。
今回は県内にて去る6/11撮影の珍しい?斑紋変異のヤハズカミキリを投稿させて頂きます。
ちなみに同日同所にて通常のヤハズカミキリも撮影できました。

撮影時はシナノクロフかセンノ辺りと思って撮影していたのですが、帰宅後PCにてよく
見ますと両上翅後端がヤハズのように尖っていました。体型からハイイロやコブとは
明らかに違います。色々調べたのですが判らないため、県中央博物館のS先生にご質問
させて頂きました。先生によると斑紋が違うトカラヤハズカミキリという亜種がいるが
今個体はその分布によりヤハズカミキリの斑紋変異個体であろうとのご教示を頂きました。


Re: 初めて投稿させて頂きます Genka 投稿日:2017年07月02日 20:36:49 No.2656
 貴重な写真ありがとうございます。翅端の形状からもトカラヤハズではなくヤハズカミキリのようですね。私は翅の中央付近の褐色紋が明瞭な個体しか見たことないですが、この個体はかなり不明瞭ですね。
 参考ですが、「日本産カミキリ大図鑑」には「秋期の特に小型個体は上翅の紋が不明瞭となる傾向がある」と書いてあり、斑紋が不明瞭になる変異は昔から知られているようです。
Re: 初めて投稿させて頂きます H&F films 投稿日:2017年07月03日 04:33:26 No.2659
Genka様

ご覧頂きありがとうございました。追加で同日同所(5~600m離れた)にて撮影の通常と
思われるヤハズです。

今年は他の種でも斑紋変異が多いように感じます。いくつかの例がありますので、また
投稿させて頂きます。今後共宜しくお願い致します。


Re: 初めて投稿させて頂きます Genka 投稿日:2017年07月03日 20:39:06 No.2660
 追加画像ありがとうございます。こちらの方が見慣れたヤハズカミキリですね。
 斑紋変異は狙って出会えるようなものではないので、この機会にいろいろ出会えるといいですね。



久し振りのシロスジカミキリ takao_bw 投稿日:2017年06月28日 15:38:48 No.2645 【Home】 【返信】
ご無沙汰しております(いつも本家サイトともに拝見させていただいてます)。
何年か振りにシロスジカミキリを手にしました。ここ数年探していたのですが、なかなか見つからず、息子が探してくれました。
クリは少ないもののクヌギも多い環境ですが、なぜかコナラに集中していました。コナラ育ちの親はコナラを優先的に産卵木にするんでしょうか?
以前は当たり前だったのに、いつの間にか姿を見なくなってしまった虫たちがたくさんいて、『あのとき採(撮)っておけば良かった』と後悔することがますます多くなりました。
採集はともかく、『身近をしっかり撮っておこう』プロジェクト発動中です(∩_∩)ゞ


Re: 久し振りのシロスジカミキリ Genka 投稿日:2017年06月29日 21:50:28 No.2651
 ご無沙汰しております。
 シロスジカミキリいいですね。私も仕事で久しぶりに見る機会がありました。普段はプレパラート標本にするような小さい虫ばかり見ているので、大きい虫はとても迫力があります。成田市ではまだあちこちで生息の痕跡を見るのですが、成虫そのものはなかなか見つかりません。

 「コナラ育ちの親はコナラを優先的に産卵木にする」
 そういうことはあるかもしれませんね。同じフトカミキリ亜科のゴマダラカミキリを使った実験では、羽化後に後食した植物(手近にある自分が育った樹種のことが多い)の枝の傷口から出る匂いに最も誘引されることが確認されたそうです(岩淵喜久男 編(2015)「SCIENCE WATCH カミキリムシの生態」より)。
Re: 久し振りのシロスジカミキリ takao_bw 投稿日:2017年06月30日 02:34:36 No.2652 【Home】
Genkaさま

貴重な情報ありがとうございます。
やはり“育ての親”との関連は少なからずありそうですね。
わが家から近い、野田市の一隅で、元々谷津田だったろう一部が比較的良好に保全されている場所でしたので、定点にしてみようと思っています。
Re: 久し振りのシロスジカミキリ Genka 投稿日:2017年07月02日 20:32:08 No.2655
 開発を免れて、かつ人の手が適度に入り続けている場所はかなり少なくなっていますよね。虫がいた痕跡は標本で残すことができますが風景は写真でしか残せないので、この先10年ほどでどう変わるか、あるいは変わらないのか、記録していくことは大事ですね。



コメツキムシの名前を教えてください n.m 投稿日:2017年06月27日 09:06:14 No.2643 【返信】
2017.6.24 赤城山小沼畔で撮影
体長は測らなかったのですが1.5~2cmくらいだったと思います。
コメツキムシは同定されてない種が多いとのことですが‥。


Re: コメツキムシの名前を教えてください Genka 投稿日:2017年06月27日 21:18:28 No.2644
 コメツキムシは単色のものが多く、微妙な形の差異を見極める必要があるので慣れてない人にとって同定はなかなか難しいです。特に撮影だけの人にとっては難関で、近似種との比較ができず未同定のものが多く残ってしまうようです(誤同定も多い)。

 この個体は単色ではないので、色彩には多少の個体変異があることを念頭に、次のページを探せば見つかると思います。

あおもり昆虫記
http://www.toonippo.co.jp/photo_studio/insects/mushi-index.asp?daibunrui=kouchu&chubunrui=tamakome

 次の図鑑は値段も手頃なので甲虫の入門図鑑として手元に置いても良いのではないでしょうか。

新装版山溪フィールドブックス 甲虫
http://www.yamakei.co.jp/products/2807060630.html


お礼 n.m 投稿日:2017年06月28日 18:48:04 No.2646
 Genkaさん、お陰様でメスグロベニコメツキ♂と判明しました。ありがとうございました。また、図鑑の推薦感謝します。早速手に入れたいと思います。
 またよろしくお願いします。
Re: コメツキムシの名前を教えてください Genka 投稿日:2017年06月29日 21:35:38 No.2650
メスグロベニコメツキで合っていると思います。

 甲虫はとにかく科数・種数が多いので、まずは図鑑で全体を俯瞰することが遠回りなようで近道です。
 図鑑で同定するためには背面からの写真が重要となるので、撮影時には同定用写真として意識して撮影することも併せてお勧めします。



この蟻?のようなものの名前を教えてください。 あゆみ 投稿日:2017年06月28日 23:39:42 No.2647 【返信】
夜分にすみません。はじめましてm(_ _)m
今日家に居た羽アリが見たこともなく、大きかったので気になって色々調べてみたのですがよく分からず、こちらのサイトを見つけたので教えていただけると助かります。住んでいるところは山口県です。
大きさは1センチ程度で、夫が捕まえた時に羽音?がすごく、お尻から針が出たりひっこんだりしてました。幼い子どもがいるのと、今2人目を妊娠中なので万が一何か害があるのであれば心配です。宜しくお願いします。


Re: この蟻?のようなものの名前を教えてください。 sundog 投稿日:2017年06月29日 00:26:15 No.2648
ルリジガバチという単独性(群れを作らない)の狩り蜂です。
家屋の周りだと外壁の裏側や床下、石垣の隙間など、人目に付かない場所に泥でできた俵状の巣を作り、狩ってきたクモを詰め込んで産卵します。
ほとんど人には干渉しない(攻撃しない)ハチですが、毒針(獲物の麻酔用)は持っています。
洗濯物を取り込む時に巻き込むと、着る時に刺されることがありますが、あとは手でつまんだりしなければ、まず刺されることはありません。
Re: この蟻?のようなものの名前を教えてください。 あゆみ 投稿日:2017年06月29日 07:24:19 No.2649
おはようございます!
さっそくお返事ありがとうございます!
蜂だったのですね…!
夫は思いっきり手で叩いてました…。。最近は刺されなくて良かったです。
助かりました、ありがとうございましたm(_ _)m



福島のお山にて yuumin 投稿日:2017年06月21日 10:17:58 No.2638 【Home】 【返信】
お早うございます~(*^-^*)
ムネアカオオアリの件では御迷惑をお掛けしまして申し訳ございませんでした。
先週の金曜日から花友さん達と福島へ花散策に出かけて来ました。
その時に出合った昆虫をお届けさせて頂きます。
一応、名前を調べたのですが間違っていましたらご教示お願いいたします。
透き通った黒い翅の美しい蛾だと思ったのですが調べるとウスバシロチョウのようでした。
ウスバシロチョウ、ハッチョウトンボです~(^^♪


Re: 福島のお山にて yuumin 投稿日:2017年06月21日 10:20:57 No.2639 【Home】
?のトンボ(湿原にて)ダイセンヤマナメクジ、ヤマキマダラヒカゲだと思うのですが

Re: 福島のお山にて yuumin 投稿日:2017年06月21日 10:23:57 No.2640 【Home】
ジョウカイボン、ハルゼミ、?のトンボです。

Re: 福島のお山にて Genka 投稿日:2017年06月21日 22:22:37 No.2641
 季節のお便りありがとうございます。お出かけの場所はまだ晩春~初夏のようですね。

 調べた虫の名前はだいたい合っているので、再検討が必要なものだけ書きます。

?のトンボ(湿原)
腹部全体が白く粉を吹いているのが特徴的なトンボです。胸部の斑紋にも着目すれば種名がすぐわかることでしょう。

ハルゼミ
分布を確認してみてください。福島には分布していないはずです。

?のトンボ(2枚目)
サナエトンボの仲間に見えますが、胸部側面の斑紋が翅で隠れて見えません。この部分が見えないと難しいです。
Re: 福島のお山にて Genka 投稿日:2017年06月21日 22:37:18 No.2642
ジョウカイボン
ジョウカイボンも似たものがいろいろいます。ただのジョウカイボンLycocerus suturellusとは違うように見えます。



大豆の葉っぱにいる虫の名前 ちか 投稿日:2017年06月17日 19:40:23 No.2632 【返信】
畑で大豆を育てているのですが、葉っぱに写真の虫(3mmほどの小さな虫)が何匹も発生しています。
オンブをして、交尾?もしているようなのですが、何という名前の虫でしょうか。
どなたか教えていただけませんか。


Re: 大豆の葉っぱにいる虫の名前 ちか 投稿日:2017年06月17日 19:42:48 No.2633
場所は岐阜県です。
Re: 大豆の葉っぱにいる虫の名前 Genka 投稿日:2017年06月17日 20:30:58 No.2634
 メダカナガカメムシです。畑以外ではクズの葉の裏でよくみかけます。

http://tokyoinsects.web.fc2.com/hemiptera/medakanagakamemushi.html
Re: 大豆の葉っぱにいる虫の名前 ちか 投稿日:2017年06月17日 21:30:56 No.2636
ありがとうございます。
とても助かりました!!



クロサワヒメコバネカミキリ dx-9 投稿日:2017年06月13日 22:18:04 No.2626 【返信】
こんばんは!
知人に情報を頂き、早速相模原市の有名産地へ行って来ました。自分は撮影をしたいのでルッキングだけで探しましたので、満開の栗の花に来る副産物は殆ど無しです。クマノミズキがホストらしいのですが、栗の枯れ枝に付いた状態で見られるのが謎です。後はカシコスカシバなんかを見かけました。


Re: クロサワヒメコバネカミキリ ita 投稿日:2017年06月15日 20:37:53 No.2627 【Home】
こんばんは
以下は去年同じエリアの栗の枯れ枝で撮影したものですが、最初は菌類を食べているのかと思ったけど、どうもメスが産卵してるように見えます。栗がホストなのかも?
https://www.flickr.com/photos/itarex/27592780051/
Re: クロサワヒメコバネカミキリ Genka 投稿日:2017年06月15日 21:29:38 No.2629
 クロサワヒメコバネの生態写真すばらしいです。私もクマノミズキがホストと記憶していましたが、クリで見られるんですね。良い具合に枯れているので引き寄せられて、産卵できるか探りをいれているんでしょうか。
Re: クロサワヒメコバネカミキリ dx-9 投稿日:2017年06月15日 23:57:00 No.2630
itaさんGenkaさん
こんばんは、本日仕事帰り、16時ごろから18時まで観察してました。
先行者は殆ど知り合いで、今日はメスがほとんど取れないと言われてましたが、皆が帰ったあと一人でルッキングで探索。結局、18時まで4匹のメスを見つけました。飛翔してる個体も栗の枯れ枝を徘徊している個体もありました。偶然かもしれません、夕方はメスの時間なんでしょうか?
また、栗以外の枯れ枝で採集されてます。
Re: クロサワヒメコバネカミキリ eichan 投稿日:2017年06月16日 21:53:13 No.2631
こんばんは。
太めのクマノミズキの樹皮下を食べるクロサワヒメコバネがクリの細枝に産卵するとは思えませんね。
クリの花に集まった♂♀が、クリの細枝で交尾することはあるかもしれませんが、その後はクマノミズキの太めの枯枝で産卵すると思いますよ。
Re: クロサワヒメコバネカミキリ Genka 投稿日:2017年06月17日 20:41:04 No.2635
 同じ場所でも時間をずらして観察して、他の人とは違った景色が見えたようですね。夕方は産卵場所を探してウロウロしているんだろうと思います。時期を覚えておいて、来年以降に行ってみたいです。

 itaさんの写真では産卵管らしきものが出ていますが、その先には産卵できそうな樹皮の隙間もないし卵も見えてないので、この瞬間は産卵ではなさそうですね。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -