画像掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

こんにちは ととろ 投稿日:2017年12月23日 17:56:20 No.266 【Home】 【返信】
 takkyさん
  ここもお世話になります。さて、「阿波市阿波町北正広の入浴施設『阿波土柱の湯』に、さまざまな形の突起物に手足を掛けて壁をよじ登る『ボルダリング』の施設が市内で初めてできた。大塚正士所長(35)が気軽に楽しめる場所を作ろうと設営した。『入浴と一緒に楽しんで』と来場を呼び掛けている。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは ととろ 投稿日:2017年12月22日 15:02:27 No.264 【Home】 【返信】
 takkyさん
   ここもお世話になります。さて、「クリスマスを前に、徳島県勝浦郡上勝町で葉わさびの小さなサイズを商品にした『マイクロ葉わさび』の注文が相次いでいる。ハート型の葉っぱが料理やデザートに彩りを添えるとして人気を呼び、生産者は出荷作業に追われている。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。


Re: こんにちは takky 投稿日:2017年12月22日 16:43:55 No.265
ハート型の葉っぱがポイントなんですね




こんにちは ととろ 投稿日:2017年12月21日 15:12:17 No.262 【Home】 【返信】
takkyさん
  ここもお世話になります。さて、「『マンガ大賞2017』で大賞を受賞した、徳島市出身の柳本(やなもと)光晴さんの漫画『響(ひびき)~小説家になる方法~』が実写映画化され、2018年秋に公開されることになった。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。


Re: こんにちは takky 投稿日:2017年12月21日 17:53:03 No.263
漫画大賞2017が実写映画化されるのは楽しみですね




こんにちは ととろ 投稿日:2017年12月20日 17:10:44 No.261 【Home】 【返信】
 takkyさん
   ここもお世話になります。さて、「徳島市出身の漫画家で四国大特認教授の柴門ふみさんが19日、徳島市の同大で公開授業を行い、コミュニケーション能力を高めるこつとして『いつもの自分と違う<女優>になればいい。対人関係などで悩んでいる人はちょっと演技してみませんか』と呼び掛けた。約200人が参加。『創作』『言葉』などをテーマに、柴門さんが学生の質問に答える形式で授業を進めた。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは ととろ 投稿日:2017年12月17日 12:59:07 No.259 【Home】 【返信】
 takkyさん
   お世話になります。さて、「吉野川市美郷大神の観光名所『高開ここもの石積み』で16日、恒例のライトアップが始まり、山里は幻想的な雰囲気に包まれた。17日まで。午後5時すぎ、段々畑に築かれた石積みが照明約100基の淡い光に照らされ、暗闇に浮かび上がった。来場者はちょうちんを持って周辺を散策したり写真を撮ったりして、昼間とは一味違う光景を楽しんでいた。17日も午後5時から9時までライトアップする。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。


Re: こんにちは takky 投稿日:2017年12月17日 15:55:28 No.260
ととろさん 徳島ニュースのお知らせ有難うございます




こんにちは ととろ 投稿日:2017年12月13日 15:19:50 No.258 【Home】 【返信】
 takkyさん
  ここもお世話になります。さて、「徳島市南二軒屋町1の市民ランナー酒井喜美子さん(79)が、海外のマラソン大会に毎年挑戦している。64歳でランニングを始め、ボストンやロンドンといった『世界6大マラソン』を完走するなど、十数回のレースに出場した。『走りながら見える景色や吸う空気が国によって全く異なるのが面白い』と、国外レースの魅力に引き込まれている。酒井さんは2003年、健康づくりを目的にランニングを始めた。徳島大大学開放実践センターの公開講座『ホノルルマラソン講座』を受講し、同年12月の同マラソンで初の海外レースを体験した。以降は年1、2回、海外大会に参加。ランナー仲間4、5人と一緒に出向き、5時間台後半から6時間台前半のペースで完走している。世界6大大会のニューヨークシティー、ボストン、シカゴ(以上米国)、ロンドン(英国)、ベルリン(ドイツ)、東京の各マラソンは14年までに全て出場した。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは ととろ 投稿日:2017年12月12日 12:33:59 No.257 【Home】 【返信】
 takkyさん
  ここもよろいくです。さて、「県内有数の洋ランの産地・阿波市で、クリスマスや歳暮の贈答用に人気の高いシンビジウムの出荷が最盛期を迎え、生産者は花の包装や箱詰めに追われている。作業は12月下旬まで続く。同市吉野町柿原の農家、阿部勉さん(43)方では、5棟のハウスで淡いピンクの『花の絆』や深みのある緑の花が特徴的な『ショパンの調べ』など約30種、1万鉢を栽培。1日200~300鉢を関東や京阪神、九州の市場に順次出荷している。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。





<< | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -