画像掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

おはようございます ととろ 投稿日:2017年09月19日 09:41:43 No.168 【Home】 【返信】

 takkyさん

  お世話になります。私も阪神タイガースの大ファンですが、今季は、広島がセリーグ優勝でいたね。さて、て、「四国霊場八十八カ所と四国別格二十霊場の巡礼を終えた、フランス人のフレデリック・テスさん(41)が、鳴門市大麻町の1番札所・霊山寺で外国人のお遍路さんらに参拝方法を伝えている。『人を助けると、その人がまた違う誰かを助ける。そうして輪が広がっていく」と充実した表情で話す。テスさんは、フランスの女性作家が書いた四国霊場についての本などを読み、歩き遍路に挑戦することを決めた。7月9日にスタートしたが、途中、体調を崩して思うように歩けなかったときもあった。それでも1日約25キロのペースを保ち、八十八カ所と別格二十霊場で結願を果たした。」とのことです(9月17日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは ととろ 投稿日:2017年09月16日 18:31:12 No.166 【Home】 【返信】

takkyさん

  ここもよろしくです。さて、「大正、昭和初期の遍路に関する資料を集めた展示会「100年前の四国遍路」が、徳島市南常三島町2の徳島大付属図書館で開かれている。当時の巡礼やお接待の様子が分かる写真パネル、札所の絵はがきなどが並び、遍路文化の歴史を感じさせる内容となっている。カナダ出身の遍路研究者、モートン常慈(じょうじ)・同大教養教育院准教授(48)が、同図書館から依頼を受けて初めて企画した。自身が収集したものを中心に、一般にはほとんど知られていない貴重な資料約70点を展示している。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。


ありがとう takky 投稿日:2017年09月17日 14:03:19 No.167
ととろさん 四国遍路の展示会のニュース お知らせありがとうございます
カナダ出身のモートン准教授の貴重な資料は見応えがあるでしょうね





こんちわ~ 魚心 投稿日:2017年09月10日 16:57:33 No.163 【返信】
ホームレスニャンコが増える公園
ですが、殆どが捨て猫です~


Re: こんちわ~ takky 投稿日:2017年09月11日 23:22:33 No.165
ホームレスにゃんこの多い公園ですか
可愛い猫ちゃん達の行く末はどうなるのでしょう





こんにちは ととろ 投稿日:2017年09月10日 15:52:34 No.162 【Home】 【返信】

takkyさん

  お世話になります。ここも、よろしくです。


Re: こんにちは takky 投稿日:2017年09月11日 23:20:09 No.164
今晩は(*^_^*)
四国は阿波踊りの本場ですね





おはようございます。 秋桜倶楽部 投稿日:2017年09月08日 03:39:17 No.160 【返信】
おはようございます。タッキーさん♪

画像を連写です^^;


Re: おはようございます。 takky 投稿日:2017年09月09日 18:24:07 No.161
秋桜倶楽部さん こんにちは(*^_^*)
連写の力作の写真有難うございます





こんにちは ととろ 投稿日:2017年08月28日 14:25:02 No.158 【Home】 【返信】

takkyさん

  お世話になります。さて、「ドイツ訪問中の徳島少年少女合唱団は、25日午後8時(日本時間26日午前3時)から、中西部の都市・ラーンシュタインの聖マーティン教会で公演し、約120人が聴き入った。公演は、ライン川沿いの町で開かれている「『ゲーゲン・デン・シュトローム音楽祭』の一環として行われた。大きな拍手で迎えられた合唱団員は、ミサ曲『平和の賛歌』や祖谷のかずら橋を題材にした『四国の子ども歌』など24曲を披露。浴衣姿でも舞台に立ち、澄んだ歌声を教会に響かせた。」とのことです(昨日の徳島新聞ニュースより)。


Re: こんにちは takky 投稿日:2017年08月29日 15:52:53 No.159
徳島少年少女合唱団は40名の大所帯なんですね
ドイツで四国の子供唄を歌われたのですね
素敵な事です





こんにちは ととろ 投稿日:2017年08月26日 13:31:50 No.157 【Home】 【返信】

takkyさん

  お世話になります。さて、「サントリー文化財団(大阪市)は25日、地域文化の活性化に貢献した個人、団体を顕彰する『第39回サントリー地域文化賞』を、徳島市の『阿波木偶箱まわし保存会』(中内正子会長)に贈ると発表した。戦後、消滅の危機にあった1人遣いの人形芝居『箱廻(はこまわ)し』を継承し、正月に人形と共に家々を回って幸せを祈る『門付け』の伝統行事を引き継いだ点などが高く評価された。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。

  





<< | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -