画像掲示板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

こんにちわ~ 魚心 投稿日:2018年10月17日 17:27:18 No.464 【返信】

昨日は釣りでしたがもう寒いです、
シラサギは釣竿も持たないで魚を
ゲットしています~
池の周りにはガマの穂が生えてる。


Re: こんにちわ~ takky 投稿日:2018年10月19日 16:49:44 No.467
琵琶湖畔の風景でしょうか
釣りには今が最適のころですね





びっくりしました ポロン 投稿日:2018年10月16日 16:28:53 No.463 【返信】

う~~っ!トラさん大変なことになってましたね!
松葉杖で難儀でしたねお気の毒やわ~~ 
トラさん 器用だから波板の張替えを 頑張ってたんですね
うちは 誰も出来ないので 飛んで行ったなり 放ったらかしです
かかとは体重もかかって 完治に時間が掛かりそうですね 頑張ってください!


ありがとう takky 投稿日:2018年10月19日 16:47:58 No.466
ポロンさん 有り難うございます
あと1月もすれば全快すると思います





こんにちは ととろ 投稿日:2018年10月15日 14:01:53 No.462 【Home】 【返信】

takkyさん
  ここもお世話になります。さて、「2月に死去した小松島市出身の俳優大杉漣さん=享年(66)=を追悼する音楽ライブが12月1日、同市小松島町の市ミリカホールで開かれる。同郷のギタリスト堀尾和孝さん(63)と音楽家住友紀人さん(54)が『大杉さんの地元で追悼ライブを』と企画した。漣『大杉漣トリビュートライブ』と銘打ち、堀尾さんがリーダーを務める『大杉漣BAND』と、『住友紀人BAND』が出演する。」とのことです(昨日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは ととろ 投稿日:2018年10月13日 12:58:07 No.461 【Home】 【返信】

takkyさん
  ここもお世話になります。さて、「徳島県海部郡勝浦町坂本の坂本八幡神社周辺を、住民が手作りした約680個のあんどんで彩るイベント『あかりの里』が13、14の両日の夜に開かれる。あんどんは、町内外の子どもや地区を訪れたお遍路さん、老人会など21個人・団体が6月から絵付けした。神社の境内につながる約300段の石段などに竹灯籠などと共に設置する。点灯時間は両日とも午後6~9時で小雨決行。13日は地元和太鼓グループ「坂本おんな神楽」の演奏がある。14日は400~500発の花火が打ち上げられる。」とのことです(昨日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは! ととろ 投稿日:2018年10月11日 14:26:23 No.460 【Home】 【返信】

 takkyさん
  何時もお世話になります。さて、「徳島県鳴門市大麻町を巣立ったコウノトリの『百(もも)』が9、10の両日、和歌山県白浜町内ノ川の田んぼで確認された。9日夕、稲刈りが終わった田んぼに大きな鳥がいると住民の話題になった。個体を識別するための足輪が付いており、兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(同県豊岡市)に問い合わせて百と分かった。田んぼでバッタなどを食べた後、近くの電柱で一夜を過ごし、10日もとどまっている。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは ととろ 投稿日:2018年10月10日 16:08:48 No.459 【Home】 【返信】

takkyさん
  ここもお世話になります。さて、「農産物の生産販売を手掛ける吉村農園インターナショナル(鳴門市)が、県内では珍しいサツマイモの食用若葉の栽培に取り組んでいる。昨年2月にスタートし、今では関東圏を中心に販路を広げ、2019年度にも香港への本格輸出を目指す。栽培しているのは、農研機構九州沖縄農業研究センターが健康に作用する機能性野菜として開発し、04年8月に種苗登録された『すいおう(翠王)』。血糖値や血圧の上昇抑制、抗酸化作用などの効果があるとされるポリフェノールやルテイン、ビタミン類などを豊富に含む。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。





こんにちは ととろ 投稿日:2018年10月08日 15:29:14 No.458 【Home】 【返信】

takkyさん
  ここもお世話になります。さて、「徳島・三好の平家落人伝説劇 最終公演を惜しむ」との見出しで、「祖谷地方に伝わる『平家落人伝説』を題材にした創作劇が7日、徳島県三好市東祖谷京上の東祖谷歴史民俗資料館であり、住民や観光客ら約250人が今年限りの最終公演を惜しんだ。壇ノ浦合戦で亡くなった安徳天皇が、平家と共に祖谷に落ち延びたとされる伝説に基づいた内容で、タイトルは『別離(わかれ)二つ』。東祖谷の住民団体『祖谷十八人会』が上演した。幼い安徳天皇と身代わりとなった千代松、付き添った重臣たちの情愛が物語の柱。千代松との別れや、祖谷に逃れた安徳天皇が病死する場面では、けなげで気丈に振る舞う子役2人が観客の涙を誘った。十八人会は存続するが、来年以降の活動は未定。」とのことです(今日の徳島新聞ニュースより)。





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する